プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの「日々是ロック」19/08/26:夏の終わりに聴きたい哀愁のブラス・ロックをセレクト。

スタッフ増田です。

暑さのピークは過ぎ去ったようで、朝晩には少し肌寒さも感じる今日この頃ですね。

嫌いな人も多い季節でしょうが、それでも夏の終わり際にはちょっぴりセンチメンタルな気分にならざるを得ません。

今日はそんな夏の終わりにピッタリのブラス・ロック作品を各国からセレクトいたしました。

KEEF HARTLEY BAND/BATTLE OF NORTH WEST SIX

まずはジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成した英国のグループによる69年作2nd。

本場アメリカのリスナーも魅了するほどブルース・ロックを極めたキーフ兄貴がホーン・セクションを導入し、BS&Tやシカゴにも負けないブラス・ロックを鳴らした傑作!

試聴 Click!

BRAINCHILD/HEALING OF THE LUNATIC OWL

英国ブラス・ロックの名バンドといえば彼らですね。

熱気ムンムンのオルガンをバックにむせび泣くブラス!ジャジーなギターはセンス良いし、ソウルフルなヴォーカルも哀愁たっぷり。英国叙情に満ちた名作です。

試聴 Click!

SATISFACTION/SATISFACTION

次はキャラヴァン『グレイとピンクの地』でお馴染みのデヴィッド・ヒッチコックがプロデュースしたニッチな英国ブラス・ロック盤。

ブラスを交えたコクのあるアンサンブルに、穏やかで哀愁あるヴォーカルとコーラスのハーモニー。こちらも英国ロックのファンの心をくすぐる逸品。

試聴 Click!

アーチー・ホワイトウォーター/アーチー・ホワイトウォーター

次は米国から、こちらの管楽器奏者を含む9人組グループをご紹介。

サイケ、ジャズ、ファンク、ソウルをごった煮にしたこの濃厚かつ洗練されたサウンド!これぞアメリカン・ロックならではのコクですね…。

試聴 Click!

FOREST GREEN/FOREST GREEN

こちらは「初期シカゴとキンクスとプロコル・ハルムがセッションしてるようなアルバム」!?

サイケ・ポップとブラス・ロックとジャズ・ロックを混合したようなサウンドですが、メロウさと爽やかさ、そして英国ロックも思わせる繊細な哀愁が漂っていて実に良いです。

試聴 Click!

WOMEGA/A QUICK STEP

最後はベルギーから75年の名作をピックアップ。

まるで初期シカゴとウィッシュボーン・アッシュとクレシダが合体したような感じ?荘厳かつメロディアスで哀愁にまみれたこのサウンド、グッと来ますね~。

試聴 Click!

ブラス・ロックはこちらの記事もどうぞ!

【関連ジュークボックス】

米ブラス・ロック特集


ブリティッシュ・ブラス・ロック特集!

【関連記事】

ブリティッシュ・ブラス・ロック特集!

イギリスのブラス・ロック名作をピックアップ!ついでに、ユーロのブラス・ロックも紹介しちゃいますよ~。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • BRAINCHILD / HEALING OF THE LUNATIC OWL

    70年リリース、英国的な陰影に富んだブラス・ロックの名作

    イギリス出身、70年の唯一作。力強くむせび泣くブラス、熱気ムンムンのオルガン、流れるようにジャジーなフレーズを奏でるギター、ソウルフルなヴォーカル&哀愁のメロディ、エネルギッシュにスウィングするリズム隊。英国的な陰影に富んだブリティッシュ・ブラス・ロックの名作。

  • SATISFACTION / SATISFACTION

    David Hitchcockプロデュース、70年作の才能溢れる英ロック

    イギリスはロンドン出身のグループ、70年作。プロデュースは、キャラヴァンやジェネシスで有名なデヴィッド・ヒッチコック。基本はサックスがむせび泣くブラス・ロックですが、あまり土臭さは無く、ハードな中にも格調高さが感じられます。穏やかな歌声のヴォーカル、英国的叙情性に溢れるメロディ、アコギや管楽器をフィーチャーしながらもタイトなバンド・アンサンブルなど、同じくヒッチコックがプロデュースしたキャラヴァン「グレイとピンクの地」をイメージさせます。特筆すべきは、メンバー6人中5人に作曲クレジットがあること。ハードなブラス・ロックからリリカルなフォーク・ロックまで、音楽的幅が広く、彩り豊かで起伏に富んだ好作品に仕上がっています。かなり良いグループです。英ロック・ファンにはオススメ

  • KEEF HARTLEY BAND / BATTLE OF NORTH WEST SIX

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したグループ、69年作2nd

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したグループ。69年にデラムからデビューした同年のうちにリリースされた2nd。前作ではゲスト参加だったヘンリー・ローザーが正式にメンバーとしてクレジットされ、BS&Tやシカゴなど米ブラス・ロック・ムーヴメントとも呼応し、ヘンリー・ローザーを中心とするホーン・セクションをフィーチャーした英ブルース/ブラス・ロックが印象的。ブラス・ロックといっても米国勢のように華やかにならず、むせび泣くように叙情的なのがいかにも英国。ジャジーなフルートとゲスト参加したミック・ウィーヴァーによる淡いオルガンが醸し出す叙情美に心奪われます。ミラー・アンダーソンの憂いたっぷりのヴォーカルも相変わらず絶品。キーフ兄貴のボコスカと重くタイトなドラムもキマってます。米ブラス・ロックの「逞しさ」「華やかさ」に英国ならではの叙情性で対抗したブラス・ロック名作。最高のグルーヴ!

  • ARCHIE WHITEWATER / ARCHIE WHITEWATER

    サイケ、ジャズ、ファンク、ソウルをごった煮にしたグルーヴィ−&メロウなニューヨークの9人組、佳曲ずらりの70年大傑作!

    ニューヨーク出身、管楽器奏者を含む9人編成のグループ。70年作。サイケ、ジャズ、ファンク、ソウルをごった煮にしたグルーヴィ−&メロウなサウンドが聴き所。しなるリズム、ブイブイと引っ張るベースによるグルーヴィ−なリズム、軽快かつ陰影に富んだブラス、ソウル・フレイヴァーなヴォーカルが印象的なオープニング・ナンバーからたまりません。これぞアメリカン・ロックならではの濃厚な旨味に溢れています。サイケデリック&メロウな2曲目、野外フェスで聴いたら気持ちいいだろうなぁ、と思ってしまうメロウにたゆたう3曲目。次々とグルーヴィ−かつ洗練されたアンサンブルが繰り広げられます。そして、極めつけは、エモーショナル&ソウルフルなヴォーカルに柔らかなヴァイブが寄り添い、ブラスがむせぶ必殺のメローナンバー「Cross Country」。とにかく、どの曲もキャッチーかつ味わい深い佳曲ぞろい。雰囲気たっぷりのジャケにビビっときたら、聴いて損は絶対にありません。ロック・ファン、ソウル・ファン双方にとっても、これは必殺の傑作!

  • WOMEGA / A QUICK STEP

    ベルギー出身、ツイン・ギター、ブラス&フルート奏者を擁する雑食性プログレ・バンド、75年唯一作

    ベルギー出身、ツイン・ギターに加え、ブラス&フルート奏者、キーボード奏者を含む7人組グループ、EMIより75年にリリースされた唯一作。ブラス・ロックを彷彿させる逞しくもシャープなリズム・セクション、クラシックな気品もあるドラマティックに盛り上がるツイン・リード・ギター、英VERTIGOの作品群を彷彿させる流麗なフルートや淡いオルガン、そして、多声コーラスを交えて荘厳に盛り上がっていくヴォーカル&ハーモニー。まるで初期シカゴとウィッシュボーン・アッシュとクレシダが合体したような何とも魅惑的なサウンドが全編で繰り広げられていてビックリ。演奏は安定感抜群だし、変拍子のキメを織り交ぜながら忙しなく畳み掛ける展開もプログレッシヴだし、メロディもフックたっぷりだし、これは素晴らしい作品。ユーロ・ロック名作!

  • FOREST GREEN / FOREST GREEN

    フィラデルフィア出身の7人組グループ、ブラス・ロック/サイケ・ポップ/ジャズ・ロックを混合したような一筋縄ではいかないサウンドが特徴の73年作!

    フィラデルフィア出身の7人組グループによる73年の唯一作。芳醇な鳴りのオルガン、重厚なブラス・セクション、リリカルに舞うフルートらが交差する、サイケ・ポップ〜ブラス・ロック〜ジャズ・ロックを混合したような一筋縄ではいかない音楽性を持ちます。とはいえ混沌とした印象はなく、青空へ抜けるように豊かな広がりあるハーモニーで爽やかに聴かせるセンスが特筆。60sKINKSのようなひねくれたサイケ・ポップあり、PROCOL HARUMばりの叙情派オルガン・ロックあり、さらにブラスが前に出る骨太なナンバーでは初期CHICAGOを想起させる迫力あるアンサンブルが炸裂していて実にカッコ良し。英国ロック・ファンにもアピールする叙情性とアメリカらしいヌケの良いサウンドを上手くブレンドしたような力作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。