プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【カケレコ中古棚探検隊】たまには原点に立ち返って…世界のシンフォ・プログレ名盤をピックアップ。

スタッフ増田です。

カケレコ中古棚から「これは!」という作品をピックアップしてご紹介する【カケレコ中古棚探検隊】。

普段は知る人ぞ知る!?ニッチな作品に偏ってしまいがちなこのコーナーですが、今回は原点に立ち返って、プログレ・ファンなら必聴と言える世界の名作シンフォをご紹介してまいりますよ。

まずは英国からどうぞ!

キャメル/ムーンマッドネス「月夜の幻想曲」

キーボードとフルートが幻想的すぎる「静」のパートと、引き締まったドラミングにギターとキーボードが泣きのフレーズを応酬させる「動」のパートとの鮮やかすぎる対比。ファンタスティックさではプログレ史上最高峰ですね。

試聴 Click!

次はイタリアから!

P.F.M/L’ISOLA DI NIENTE

『甦る世界』のイタリア語盤。クラシックの構築美、地中海のたおやかさやエキゾチズムを土台に、英プログレのエッセンスをブレンドしたイタリアン・プログレの最高峰!

試聴 Click!

もう一つイタリアからこちらのシンフォ傑作を。

LOCANDA DELLE FATE/FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIU

ダブル・ギター&ダブル・キーボードの分厚く安定感のあるアンサンブルが印象的な、伊シンフォ屈指の名作。粒立ちがいいクリーントーンと繊細に泣くヴァイオリン奏法が交錯する瞬間の美しさときたら!

試聴 Click!

伊の次は仏。フレンチ・シンフォと言えばやっぱりこれでしょうか。

ASIA MINOR/BETWEEN FLESH AND DIVINE

フランスのバンドだけど、キャメル・フォロワーの筆頭格と言っちゃって良いかな?流麗なフルートが彩るロマンチックさと、このバンドならではのしっとりとしたメランコリーが絶品なシンフォニック・ロック名品。

試聴 Click!

続きましては数々のロマン溢れるシンフォを生んだドイツから、こちらの作品!

ANYONE’S DAUGHTER/ADONIS

ドイツを代表する幻想のシンフォニック・ロック・バンドによる記念すべきデビュー作。ギリシャ神話に登場するアドニスをテーマにしたコンセプト作で、ギターとシンセが繊細に紡がれ、折り重なりながら壮大なシンフォニック絵巻を繰り広げるデビュー作にして傑作。

試聴 Click!

隠れたプログレ名産地と言えるオランダからもご紹介いたしましょう!

CODA/SOUNDS OF PASSION

オランダ・プログレを代表する作品であり、80年代のユーロ・シンフォ屈指と言える傑作。ジャケットのイメージ通りにこれでもかとファンタスティック。

試聴 Click!

続いては北欧から、今も現役で活動するこの伝説的バンド!

KAIPA/INGET NYTT UNDER SOLEN

FLOWER KINGSのリーダー、Roine Stoltが在籍することで知られる北欧の名シンフォ・グループ。デビュー作のファンタスティックな雰囲気はそのままに、20分の大曲など楽曲構成力を増した名作2nd!

試聴 Click!

ユーロ編の締めくくりは東欧。その代表と言ったらやはりハンガリーの彼ら!

SOLARIS/MARSBELI KRONIKAK (MARTIAN CHRONICLES)

東欧プログレの頂点に君臨する金字塔ですよね。硬質なシンセを中心にエネルギッシュかつとんでもない迫力で突き進むアンサンブルに完全ノックアウト・・。

試聴 Click!

さて、ここからは海を渡って南北アメリカ大陸のシンフォをご紹介。まずはアメリカ!

CATHEDRAL/STAINED GLASS STORIES

硬質なギター&ベースはYES、ドラムはKING CRIMSON、キーボードはGENESIS。おまけにメロトロンの洪水が襲ってくるとあってはプログレ・ファンには必殺でしょう。米シンフォの名作ですね!

試聴 Click!

その次はカナダ!多くのプログレ作品を生んだケベックでも指折りのシンフォ名作と言えば・・・。

POLLEN/POLLEN

ケベック・プログレと言えばやはりコレ。YES、GENESIS、GGをバランスよく混ぜ合わせて、ケベック特有の耽美さとセンチメントをまぶしたら、こんな素敵なシンフォができちゃいましたって感じ?

試聴 Click!

最後は南米ブラジルのこの作品ですが、イタリアやフランスのシンフォと比べても遜色ないくらい繊細でファンタスティック!オススメですよ~。

バカマルテ/誕生

YESばりのテクニカルさと明るい叙情性を兼ね備えつつ、透明感溢れる女性ヴォーカルやリリシズム溢れるフルートも取り入れちゃって、もう胸が詰まりそうなくらいに素晴らしい…。南米屈指のシンフォ傑作!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


勝手に「北欧」vs「南米」シンフォ対決!

【関連記事】

勝手に「北欧」vs「南米」シンフォ対決!

世界でも随一の旋律美を誇る!?北と南の二つの地域が生んだシンフォ名作を勝手に対決させちゃいました!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • LOCANDA DELLE FATE / FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIU

    イタリアン・シンフォニック・ロックの頂点に君臨する名盤中の名盤、77年作

    単発ながらイタリアン・シンフォニック・プログレッシブ・ロックの頂点に君臨する名盤を生み出したグループによる77年作。テクニカルでタイトなリズム・セクションをボトムに、アコースティック・ピアノやアナログ・シンセサイザー、チェンバロ、ギター、フルートといった楽器がふくよかなサウンドを彩る作風であり、ツイン・キーボード、ツイン・ギター編成で聴かせるその叙情性とファンタジアはイタリアン・シンフォニック・ロックの中でも飛びぬけたクオリティーを誇ります。PREMIATA FORNERIA MARCONIやMAXOPHONEといった叙情性と牧歌的な雰囲気を持ったグループにも全く引けを取らない奇跡の1枚であり、且つスリリングな技巧に裏打ちされた名盤となっています。

  • KAIPA / INGET NYTT UNDER SOLEN

    ROINE STOLT在籍、北欧を代表するシンフォ・グループ、76年作

    スウェーデンのみならず北欧を代表するシンフォ・グループ、76年2nd。FLOWER KINGSのリーダー、Roine Stoltが在籍することで知られています。本作は、デビュー作での牧歌的なメロディやクラシカルな持ち味はそのままに、冒頭に21分の組曲を配するなど楽曲構成力を発揮した名作です。Roine Stoltによる端正なギター・アルペジオのイントロから、瑞々しい音色を奏でるエレピと情熱的にむせび泣くヴォーカルによる哀愁溢れる導入部。軽やかにリフを刻むベースとオルガンが絡み合い疾走したかと思えば、テンポを落とし、シンセサイザーと泣きのブルース・ギターがユニゾンする雄大且つメロウなパートが湧き上がるなど、終始惹きつけられる構成が素晴らしい。GENESIS、YESを彷彿させるファンタステイックな叙情を堪能出来る名盤です。

  • CODA / SOUNDS OF PASSION

    オランダ産シンフォニック・ロックの大傑作、86年作

    オランダを代表するシンフォニック・ロックの大傑作。86年作。ファンタスティックなハモンド、煌びやかなトーンのシンセ、流麗かつクラシカルなピアノなどで構築された重厚なキーボード・アンサンブルを軸に、叙情性溢れる泣きのギターとエモーショナルなヴォーカルがこれでもかとメロディを奏でます。ジャケットのイメージどおりのファンタスティックなシンフォニック・ロック。

  • P.F.M / L’ISOLA DI NIENTE

    名作『甦る世界』のイタリア語バージョン、74年発表

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの74年4th。バロックを強く意識したクラシカルな前作から、プログレッシブな魅力はそのままに、よりポピュラリティーを持ったサウンドを提示した傑作であり、前作同様、イタリアのシンフォニック・ロックを代表する1枚となっています。本作は、イタリア語盤。シンフィールド作詞の「Is My Face On Straight」以外はイタリア語詞。英語版収録の「World Became The World」は収録されていません。

  • SOLARIS / MARSBELI KRONIKAK (MARTIAN CHRONICLES)

    圧倒的な構築美、東欧シンフォニック・ロックの一大傑作、84年作

    ハンガリーを代表するプログレッシヴ・ロック・グループ。84年作の1st。クラシカルで荘厳なシンセ、格調高いピアノ、たおやかなフルート、スリリングな泣きのギターを中心に、1音1音が有機的に結びついたダイナミックなアンサンブルは雰囲気抜群。叙情性と緊張感が見事に調和した圧倒的な構築美。シンフォニック・ロックの一大傑作。

  • ASIA MINOR / BETWEEN FLESH AND DIVINE

    トルコ系フランス人のメンバーが結成したシンフォ・グループ、CAMELを想わせるファンタジックかつメランコリックなフレンチ・シンフォの名作、80年作

    非常にフランスらしい冷ややかな質感を持ち、流麗なメロディーとフルート奏者によるリリカルな調べでCAMEL系の名グループとして知られるバンドの80年2nd。基本的な路線は前作から受け継がれたものですが、よりバンドとしてメリハリがつき、フルート、ボーカルのメロディーの洗練も素晴らしい名盤となっています。また、もともとトルコ系の人物を中心に結成されていることから、前作よりもエキゾチックなフレーズが目立ち、物悲しく郷愁を誘っています。はかなくも美しい美意識の詰まったシンフォニック・ロックの傑作です。

  • POLLEN / POLLEN

    76年リリース、カナダ・ケベックを代表するシンフォニック・ロックの傑作、ジェネシス、イエス、GGを融合させたような作風、とにかく圧倒的な存在感!

    同郷HARMONIUMとも関連のあるカナダのシンフォニック・ロックグループの76年作。非常にテクニカルなプレイの応酬で迫るその内容は、YESの構築的なアンサンブルを基本に、変拍子を多用し、ピアノ、オルガン、アナログ・シンセサイザーが盛り上げていく技巧派シンフォニック・ロックであり、加えてGENTLE GIANTのような音数の多さとフックに富んだ曲調、アコースティック・ギターの鮮やかな響きにはGENESISのファンタジアを内包させています。ドライ且つクールな響きを発するカナダのグループの中にあって、英国然としたサウンドが強調された名盤と言えるでしょう。

  • ANYONE’S DAUGHTER / ADONIS

    叙情派ジャーマン・シンフォの最高峰、79年の傑作デビュー作

    プログレッシブ・ロックが衰退し死滅しかけていた79年に彗星のごとくデビューを果たし、甘く深みを持ったファンタジックなサウンドとジェントルな歌声、そしてジャーマン・シンフォニック・ロックらしいロマンを兼ね備えたドイツを代表するシンフォニック・ロックバンドの作品。79年デビュー作である本作は、20分を超える大曲を備えANYONE’S DAUGHTERの売りであるメロディアスな甘みのあるサウンドと、タイトなリズム隊でシンフォニックに盛り上げる名盤であり、CAMELばりのまろやかさと、ドイツというお国柄の成せる叙情が素晴らしい大傑作となっています。

  • CAMEL / MOONMADNESS

    前作「スノーグース」と並び初期キャメルの持ち味が最大限に発揮されたファンタジックな大名作、76年作

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの76年4th。前作「スノー・グース」と並んでファンタジックなCAMELの音楽性をダイレクトに伝える作品であり、Andrew Latimerの消え入るような儚げなフルート、Peter Bardensの堅実かつ時に奔放なキーボードの妙技、そして軽やかに変拍子を紡ぐリズムセクションのトータル感で聞かせます。シンフォニックに、そしてジャジーに、肌触りの良いマイルドさを持った傑作であり、ゆったりと身を任せられるような自然なサウンドが一貫して個性的な1枚です。

  • BACAMARTE / DEPOIS DO FIM

    ギター名手マリオ・ネト率いるブラジルのグループ、83年発表の南米シンフォ大名作!

    ブラジルを代表するシンフォニック・ロック・バンド、BACAMARTEが83年にリリースした1stアルバム。スティーヴ・ハウからの影響が感じられる超絶テクニックのギターを中心に、伸びやかなシンセ、リリカルなフルートが奔放なフレーズを繰り広げる魅力的なシンフォニック・サウンド。変拍子の連続で畳み掛けるスリリングなパートからアコースティカルなパートまで、一瞬も緩むことのない展開は圧巻。ラテン的な明るいパート、暗黒の重いパートなど、そのサウンドもヴァラエティに富んでおり、アルバム一枚通して、まったくだれることがありません。インスト曲がほとんどながら、歌ものも数曲収録されており、それがまた絶品。感情表現豊な女性ヴォーカルにより、美しいメロディーが感動的に響いています。南米シンフォを代表する傑作。

  • CATHEDRAL / STAINED GLASS STORIES

    北米シンフォ・プログレの逸品、78年唯一作

    アメリカのシンフォニック・ロックグループの78年作。硬質な演奏を聴かせるギターとベースはYES系の構築美を持ち、ドラムはKING CRIMSONの緊張感とタイトな質感。キーボードはGENESISのファンタジックさを持ち、それらをブレンドすることで独自のテクニカル・ヘヴィー・シンフォニック・ロックへと落とし込んだ作品です。特にその楽曲からはYES、GENTLE GIANTのような構築的な雰囲気が感じられますが、アメリカのプログレッシブ・ロックバンドのような抜けの良さとは無縁であり、英国的な湿り気と叙情を持ったタイプ。また、メロトロンの名盤としても有名であり、GENESISを彷彿とさせるファンタジアを描きます。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。