プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

世界のハード・ロック新鋭特集~70’sハード・ロックのDNAを受け継ぐカケレコ一押し作品をセレクト!

イギリスのLED ZEPPELIN、BLACK SABBATHにDEEP PURPLE、アメリカのMOUNTAINやLYNYRD SKYNYRD・・・偉大なる70年代ハード・ロックの遺伝子は時を超え、脈々と現代に受け継がれています。

そんな70’s直系のヴィンテージ感を擁するハード・ロック・リバイバル・バンドの中から、今回はカケレコらしく世界の様々な地域から登場したグループをご紹介いたしましょう。

勿論プログレ・ファンにも気に入って頂けそうな作品を取り揃えておりますので、是非お楽しみ下さい♪

【イタリア】WITCHWOOD/LITANIES FROM THE WOODS

まずはイタリアより、キーフへのオマージュに溢れたジャケ通りのヴィンテージなハード・ロックを聴かせる15年デビュー作!

歪んだギターやオルガンのトーンはもちろん、JETHRO TULLを思わせるフルートもめいっぱいフィーチャーしたサウンドがたまりません!

試聴 Click!

【イタリア】STANDARTE/STANDARTE

キーフオマージュのジャケと言えば…イタリアのこの作品もありましたね。サバス直系の強靭なリフ、火を噴くようなオルガン、そして轟々と鳴るメロトロン!

「70年代英国」への愛に溢れたイタリアン・リバイバル・ハードの名作95年作。

試聴 Click!

【イタリア】LONDON UNDERGROUND/FOUR

ジャズ・ロック寄りですが、STANDARTEのドラマーが結成したこのバンドも70’sへの憧憬溢れていてオススメですよ~。

CARAVANやブライアン・オーガーなどの英国カンタベリー&オルガン・ロックが好きなら要チェック!

試聴 Click!

【ベルギー】TALIESYN/TALIESYN

続いてはなんとベルギー産新鋭ハード・ロック!ヴォーカルはあまり聴きなれない現地語ながら、ザクザクとしたキレの良いギターとマイルドなトーンのオルガン、パワフルなドラムが織り成すアンサンブルはツェッペリンやパープル直系のヴィンテージ感!格好いいです・・・。

試聴 Click!

【スペイン】WHITE COVEN/OVERSEAS

トリプル・ギター編成によるアメリカン・ハード&サザン・ロック直系の抜けの良いリフ、そして、パワフルで艶のある姉御ヴォーカルのシャウト!なんと、これがスペインの新鋭による18年作とは!

カントリー・テイスト散りばめた爽やかなナンバーやフロイドを思わせるスペーシー&ブルージーなナンバーもあったりと、表現力の豊かさも特筆。

試聴 Click!

【ポーランド】WHITE HIGHWAY/HITTIN’ THE ROAD

ポーランドからも女性ヴォーカリスト擁するハード・ロック18年作をご紹介。しかしこちらは70年代ではなく80~90年代ハード・ロックやプログレ・ハードを思わせる煌びやかなサウンドが特徴!

まるでデイヴィッド・カヴァーデイルみたい!?な紅一点ヴォーカルKasiaのシャウトが痺れますっ!

試聴 Click!

【アルゼンチン】COMEFLOR/COMEFLOR

最後は南米アルゼンチンからハード・ロック新鋭をご紹介!

サバスばりの重く引きずるようなリフが炸裂するヘヴィ・ハード・ロックかと思いきや、時には繊細で幻想性たっぷりのパートも織り交ぜてゆくプログレッシブな展開がグッド。

ジャケは気持ち悪いですが、センス抜群の新鋭です。

試聴 Click!

【アルゼンチン】DAGG/DAGG

こちらもアルゼンチンより15年にデビューしたバンド。

ツェッペリンやサバスを受け継いだハード&グルーヴィーなアンサンブル、そこに注入される南米の熱気と野暮ったさ。ライヴはさぞ爆音なんだろうなぁ…体験したい!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


DEEP PURPLE影響下のスピード感溢れるハード・ロックを探求!

【関連記事】

DEEP PURPLE影響下のスピード感溢れるハード・ロックを探求!

スピーディーに畳みかけるリフ、アグレッシヴなギターとハモンドの掛け合い…。DEEP PUPLEに影響を受けた古今東西のハード・ロック(+プログレ)をご紹介いたします!


エモーショナルなブルース・ロック&ハード・ロックの女性ヴォーカリスト選!

【関連記事】

エモーショナルなブルース・ロック&ハード・ロックの女性ヴォーカリスト選!

ブルース・ロックやハード・ロックは男性ヴォーカリストのイメージも強いですが…。男顔負けのソウルフル&エモーショナルな歌声を聴かせてくれる女性ヴォーカリストたちをピックアップ!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • TALIESYN / TALIESYN

    ヴィンテージ感覚溢れるベルギー産ハード・ロック、ハードかつ荘厳なサウンドにノックアウト!

    ヴィンテージ感覚溢れるベルギーのハード・ロック・グループ。08年作。 レーベルからのインフォには、LED ZEPPEINやDEEP PURPLEなど60年代?70年代のハード・ロックからの影響を軸に、ジャジーなエッセンスを加えたサウンド、とありましたが、たしかにその通り!中域が太くコシのあるギター・リフ、淡くむせぶオルガン、全体に流れる荘厳な雰囲気など、70年代の発掘音源と言われても分からないヴィンテージ感覚いっぱいのサウンドが印象的。クラシカルなフルートをフィーチャーし、叙情性溢れるメロディとヘヴィなアンサンブルで畳み掛ける楽曲などは、往年のジャーマン・ハードを彷彿とさせます。好グループ。

  • LONDON UNDERGROUND / FOUR

    カンタベリー・スタイルや60-70年代英ロックを取り入れたイタリア産キーボード・プログレ新鋭18年作、ヴィンテージ感たっぷりのたまらない逸品!

    伊ハード・ロック・グループSTANDALTEのドラマー/ヴォーカリストDaniele Caputo率いるプログレ・グループ、18年作4th。ヴィンテージ感あふれるハモンドやメロトロンをこれでもかとフィーチャーし、バンド名の通り60〜70年代の英ロックさながらの叙情的なサウンドを展開する彼ら。本作ではダイナミックなハード・プログレ色の強かった過去作に比べて洒脱なジャズ色がかなり強まっており、CARAVANやBRIAN AUGER’S OBLIVION EXPRESSあたりを思い出さずにはいられない暖かみいっぱいのオルガン・ジャズ・ロックを聴かせています。ブライアン・オーガーのようにコロコロと転がるモッズ・テイストのハモンドに、デイヴ・シンクレアへのリスペクト溢れる甘いファズ・オルガン。70年代の英国ジャズ・ロック憧憬をベースに置きつつも、スペーシーにたゆたうシンセや轟々と鳴るメロトロンも豊富に重ね、ファンタジックかつ重厚な奥行きを感じさせる彼らならではのサウンドに仕上げているのがまた見事。英国オルガン・ロックやカンタベリー・ロック・ファンは要注目の逸品です。

  • WHITE COVEN / OVERSEAS

    ハスキー&ソウルフルな姉御ヴォーカリストをフィーチャーしたスペイン産新鋭ハード・ロック、18年デビュー作

    トリプル・ギターとソウルフルな姉御ヴォーカルを擁するスペインの新鋭ハード・ロック・バンド、18年デビュー作。新鋭ハードと言ってもサバス直系グループのようなドロドロとしたヘヴィさはなく、GRAND FUNK RAILROADあたりの北米ハード・ロックやサザン・ロックを彷彿とさせる爽やかで抜けの良い音作りが特徴。3人のギタリストが奏でる歯切れよくブルージーなリフ、メロディアスでパワフルなギターソロ。エネルギッシュかつちょっぴりハスキーなのが色っぽい女性ヴォーカルもかなりの実力派!11分に及ぶ最終曲「Overseas」では浮遊感いっぱいのキーボードに乗せて女性ヴォーカルがしっとりと歌い上げ、そこへブルージーなギターが切り込むなど、PINK FLOYDを彷彿とさせるプログレッシヴな展開も。MAMA LIONからBLUES PILLSまで、姉御ヴォーカル・ハード・ロックが好きなら要チェックの好グループです。

  • WHITE HIGHWAY / HITTIN’ THE ROAD

    WHITESNAKEやRUSH好きは注目!パワフルな紅一点ヴォーカリスト擁するポーランドの80’sリバイバル・ハード・ロック・バンド、18年デビュー作!

    2013年にポーランドで結成された新鋭ハード・ロック・バンド、18年のデビュー・アルバム。ザクザクとメロディアスなリフを刻むギター、明るくカラフルなシンセ。WHITESNAKE、DEF LEPPARD、MOTRY CRUEなど80’sハード・ロックを彷彿とさせる歯切れよく暖かみあるサウンドがなかなか小気味よいのですが、特に痛快なのが紅一点ヴォーカリストKasia嬢の男顔負けのシャウト!妖艶というよりは中性的でエネルギッシュなヴォーカルが骨太なグラム・ハード的サウンドにマッチしていて実にGOOD。一部では壮大に広がるシンセをフィーチャーしたプログレ色の強いナンバーも聴かせていますが、それもまた際立ってモダン過ぎず、RUSHや初期DREAM THEATORにも通ずるちょっぴりノスタルジックな雰囲気を醸し出していて好感が持てます。上記の80’s〜90’sサウンドがお好きな方は是非。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。