プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ジーン・クラークやラウドン・ウェインライト3世とも繋がりが深い米SSW、トーマス・ジェファーソン・ケイ特集

こんにちは。スタッフみなとです。

今日は、アメリカのSSW、トーマス・ジェファーソン・ケイを特集いたします。

ジーン・クラークの74年作『NO OTHER』のプロデュース、スリー・ドッグ・ナイトの70年のヒット曲「One Man Band」の作者としても有名なSSWで、70年代に2枚、90年代に1枚のソロ作をリリースしています。

彼の魅力は何と言っても、「レイドバック」したサウンドです。

「レイドバック(laid-back)」とは、「くつろいだ、リラックスした」といった意味ですが、トーマスの作品では、泥臭さと洗練のバランスが絶妙で、渋みのある低めのボーカル、肩の力の抜けたバンド・サウンドが聴く人を心地良くさせてくれます。

まずは一曲

♪American Lovers

試聴 Click!

こちらの曲はドナルド・フェイゲン、ウォルター・ベッカーによる楽曲です。

トーマス・ジェファーソン・ケイの73/74年の2作品とも、スティーリー・ダンのプロデューサーやエンジニアをしていたゲイリー・カッツがバックアップしています。

ゆったりとしたリズムで刻むギター、トーマスの落ち着いたボーカル。

ストリングスや女性コーラスも入って、奥行きのあるサウンドです。

THOMAS JEFFERSON KAYEの略歴

1942年、米ノース・ダコタ州生まれ。

14歳の頃には既にニュー・ヨークにてヴォーカル・グループで活動し、18歳でセプター・レコードのA&Rとして働いていました。

60年代後半~70年代初頭には、スワンプ・ロック・バンド、WHITE CLOUDに参加。

72年リリースの『WHITE CLOUD』では、パワフルな女性ボーカル、ジョーン・ヴェントとは対照的なマイルドなボーカルを聴かせてくれます。

WHITE CLOUD / WHITE CLOUD

試聴 Click!

また、同時期にトーマスは、LOUDON WAINWRIGHT IIIのアルバムのプロデュースも手掛け、ヒット・シングル「Dead Skunk」を生み出しました。

LOUDON WAINWRIGHT III / ALBUM III

試聴 Click!

70年代初頭にはサンフランシスコへ引越し、

LINK WRAYの73年作『BE WHAT YOU WANT TO』
BOB NEUWIRTHの74年作『BOB NEUWIRTH』
MIKE BLOOMFIELD / JOHN PAUL HAMMOND / DR. JOHNの73年作『TRIUMVIRATE』

などをプロデュース。

そして、73年に初のソロ・アルバムをリリースしました。

THOMAS JEFFERSON KAYEの作品

73年作、74年作のどちらにも、仕事をする中で出会ったゲイリー・カッツ、ドナルド・フェイゲンやウォルター・ベッカーをフィーチャーしています。

スワンプ・ロックやカントリー・ロックの混ざり合うなかで、陰影あるストリングスやリリカルなピアノ、ギターを効かせた洗練されたサウンドを展開しています。

THOMAS JEFFERSON KAYE/THOMAS JEFFERSON KAYE

73年作。

クラプトンのソロ曲にも通じるフォーキー&ブルージーな楽曲、ホーンが入る軽快かつリラックスしたムードの楽曲まで、アクのないグッド・メロディに溢れた佳曲ぞろいです。

試聴 Click!

THOMAS JEFFERSON KAYE/FIRST GRADE

74年作。

しっとりとした歌声、土臭さとメロウネスが絶妙にバランスしたメロディ。素晴らしいです。

試聴 Click!

上記2作は、これといったヒットに恵まれず、他のミュージシャンのプロデュースなどの仕事をしていきます。

なかでもジーン・クラークの『NO OTHER』は、カントリー、フォーク、ゴスペルなどの要素が見事に融合した傑作として、高い評価を得ています。

最後のソロ作

1992年にTHOMAS JEFFERSON KAYEは再びソロ・アルバムをリリースしました。

元イーグルスのティモシー・B・シュミット、リック・ダンコ、スティーヴ・ミラー、DR.JOHN、そしてエリック・クラプトンまで参加という豪華ゲスト陣。

いかにトーマスがミュージシャンに信頼されていたかが分かります。

THOMAS JEFFERSON KAYE / NOT ALONE

試聴 Click!

試聴 Click!

THOMAS JEFFERSON KAYEは、94年にまだ50代の若さで糖尿病などの合併症のため亡くなっています。

数々の名盤の裏方として活躍し、またソロとして素晴らしい作品を残してくれたトーマス・ジェファーソン・ケイ。

いつまでも大切に聴き続けたいものです。


じんわり沁みる、米南部の哀愁SSW特集

【関連記事】

じんわり沁みる、米南部の哀愁SSW特集

無骨なボーカルとアーシーなサウンドでじんわりと沁みる、米南部SSWをピックアップいたしました。


デラニー&ボニーから辿る、芳醇な米英フォーク・ロック~スワンプ・ロック~SSW特集!

【関連記事】

デラニー&ボニーから辿る、芳醇な米英フォーク・ロック~スワンプ・ロック~SSW特集!

秋にぴったり、芳醇な米英フォーク・ロック~スワンプ・ロック~SSW特集!

THOMAS JEFFERSON KAYEの在庫

  • THOMAS JEFFERSON KAYE / THOMAS JEFFERSON KAYE

    プロデューサーや作曲家としても名作を残した名ミュージシャン、73年のソロ・デビュー作で米スワンプの名作

    WHITE CLOUDとして72年に東海岸スワンプ・ロックの名作を残し、元バーズのジーン・クラークのソロ作『NO OTHER』やゴードン・ウォーラーのソロ作をはじめ数多くの作品のプロデュースや楽曲提供で活躍した名ミュージシャン。ダンヒル・レコードより73年にリリースされたソロ・デビュー作。しっとりと湿った柔らかな歌声、優美でいてスワンピーなコクも溢れるメロディがまず印象的。陰影ある艶やかなストリングス、静かにリリシズムを添えるピアノやギターによるメロウな楽曲をはじめ、クラプトンのソロ曲にも通じるフォーキー&ブルージーな楽曲、ホーンが入る軽快かつリラックスしたムードの楽曲まで、アクのないグッド・メロディに溢れた佳曲ぞろいです。リック・デリンジャーなど腕利きの参加も特筆。スワンプ〜SSWのファンは必聴の名作です。

  • THOMAS JEFFERSON KAYE / THOMAS JEFFERSON KAYE and FIRST GRADE

    プロデューサーや作曲家としても名作を残した名ミュージシャン、73年1st+74年2nd。

「THOMAS JEFFERSON KAYEの在庫」をもっと見る

GENE CLARKの在庫

  • GENE CLARK / GENE CLARK WITH THE GOSDIN BROTHERS

    BYRDS脱退後の67年にリリースされた1stソロ、哀愁いっぱいの美メロ満載!

    BYRDSを脱退したGene Clarkが67年にリリースした1stソロ。Leon Russell、Clarence White、Chris Hillmanなどがバックアップ。BYRDS時代を彷彿とさせるビートリッシュかつ哀愁に溢れた楽曲を中心に、カントリーのフレイヴァーを加えた楽曲が彩る構成が見事。ソングライティングは相変わらず冴え渡っています。Clarence Whiteのギターも聴き所で、カントリー・タッチの楽曲はもちろん、初期BYRDSライクなフォーク・ロック曲でのギターも絶妙。BYRDSファンは必携!

「GENE CLARKの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。