プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

BIG PINKレーベルの中古品をピックアップ。

BIG PINKレーベルの中古品をピックアップいたします。

ニッチなSSWやロック作品を多数リイシューしている有り難いレーベルです。

もう廃盤になってしまい、カケレコで取り扱わないタイトルもありますので、お早めにどうぞ~

1、米ルーツ・ロック/SSW

ROY HEAD / DISMAL PRISONER

テキサス出身のスワンプ・シンガー、メンフィス録音のスワンプ・ロック傑作。

グルーヴィーなホーン・セクションやゴスペル・コーラス、軽快に転がるピアノ、そして、ソウルフルでいて人懐っこくメロウなヴォーカル。

泥臭さや渋みはあまりなく、英パブ・ロックにも通じるような陽気さや牧歌性が印象的です。

試聴 Click!

ジョン・ヘンリー・クルツ / リユニオン

ウェストコーストの名手たちがこぞって参加して作り上げたスワンプ・ロック名作、72年唯一作。

タメの効いたアーシー&メロウなアンサンブル、哀愁いっぱいのセンシティヴなメロディ、憂いたっぷりの力強いヴォーカルが胸に迫ります。

試聴 Click!

BRENDA PATTERSON / BRENDA PATTERSON

可憐なルックスとは裏腹の豪快なスワンピー・ヴォーカルに驚かされる、フィメール・スワンプの73年大傑作!

試聴 Click!

BOBBY DOYLE / NINE SONGS

アーシー&グルーヴィーなアンサンブルと白人とは思えない豊かな声量と艶とエモーションに溢れたソウルフル・ヴォーカルが聴き手を圧倒するソウル?スワンプ・ロックの名曲ぞろいです。

動画が1つしか見つからず残念…

試聴 Click!

GREAT METROPOLITAN STEAM BAND / GREAT METROPOLITAN STEAM BAND

米国のジャグ・バンド、69年唯一作。

ブルース、ラグタイム、ジャズなど古き良きアメリカン・ミュージックをゴッタ煮にしたご機嫌で郷愁いっぱいの佳曲ぞろい。

試聴 Click!

SUSAN & RICHARD THOMAS / A BURST OF LIFE

米ミルウォーキー出身の夫婦デュオ、73年に自主制作された唯一作。

アコースティック・ギターの軽快なバッキングを軸にエレキやピアノのオブリガードやさらりと挿入されるアンサンブルをバックに、ジョニ・ミッチェルをちょっぴりコケティッシュにしたような女性ヴォーカルが軽やかにたゆたうフォーク・ロックが印象的。

試聴 Click!

レヴィット&マクルーア / リヴィング・イン・ザ・カントリー

後にBEAU BRUMMELSで活躍する、DAN LEVITTと、後にJOYOUS MOISEを結成するMARC McCLUREが手を組んだフォーク・ロック・デュオによる69年の唯一作。

フォーク・カントリー・ロックを基調としながらも、アコギの鮮烈な音像に大きく力を入れた音作りが素晴らしい!

試聴 Click!

RANDY HOLLAND / CAT MIND

米ニュージャージー出身のSSW、72年に自主制作された唯一作。

ちょっぴりソウルフルでちょっぴりアシッド感もあるハイ・トーン寄りのヴォーカル、味わい深いです。

試聴 Click!


じんわり沁みる、米南部の哀愁SSW特集

【関連記事】

じんわり沁みる、米南部の哀愁SSW特集

無骨なボーカルとアーシーなサウンドでじんわりと沁みる、米南部SSWをピックアップいたしました。

TRAVIS SHOOK & THE CLUB WOW / ESSENTIAL

NRBQのアルバム「WORKSHOP」にゲスト参加していたCHANDLER TRAVISとSTEPHEN SHOOKが結成したバンドの74年発表の唯一作。

洗練されたアコースティック・サウンドの心地良さと、ドリーミーな甘くもほろ苦い、グッドタイム・アメリカン・フォーク・サウンドを実現させています。

試聴 Click!

DAVID LEWIS / JUST MOLLIE AND ME

あの英国のアンドウェラのリーダーとは同姓同名のアメリカのSSW、TIGER LILYより76年にリリースされた作品。

フックのあるメロディと存在感あるヴォーカルが特筆。ビートリッシュなニッチ・ポップのファンは是非、聴いてみてください。

試聴 Click!

PAUL LEVINSON / TWICE UPON A RHYME

現在はSF作家(!)として活躍するSSW、アシッド・メロウ・サイケ名盤として名高い72年唯一作!

アメリカン・フォークを基調としていながらも、ちょっと素っ頓狂な歌い方をするPAUL LEVINSONの独特なヴォーカル、オルガンやギターの屈折し捩れたような表現が、どうもサイケデリックな時空間を生み出し、なんとも奇妙な聴き心地です。

試聴 Click!

ジェフ・フィスク / イッツ・オール・ルートビア and フォー・サム

米ミシガンのSSW、JEF FISKが74年と77年にささやかにプライヴェート・リリースした二作品。

アコースティック・ギターと歌という基本的なスタイルに、スティール、フィドル、マンドリン、フルート等をさり気無く配し、深い味わいのある静かに主張するアメリカン・カントリー・フォークを紡いでいます。

試聴 Click!

2、英国

ナイジェル・オルソン / ナイジェル・オルソンズ・ドラム・オーケストラ・アンド・コーラス

エルトン・ジョンのドラマーとして知られるナイジェル・オルソンの71年ファースト・ソロ・アルバム。

ポップでメロディアスな楽曲にナイジェル・オルソンのエネルギッシュなボーカルが響きます。

試聴 Click!

デイヴ・ケリー/キープ・イット・イン・ザ・ファミリー

ロニー・レインが泥臭いブルースをやったら、こんな音になるかな?「米南部ブルースへの憧れ」に「英国田園風景が目に浮かぶ牧歌性」をふりかけると?

試聴 Click!


エルトン・ジョンの3rdから辿る、英国的カントリー・ロック特集

【関連記事】

エルトン・ジョンの3rdから辿る、英国的カントリー・ロック特集

カントリー・ミュージックに魅せられた、英国ミュージシャンの作品を聴いてまいります!

ラブ・ノークス / ドゥ・ユー・シー・ザ・ライツ?

スコットランド出身のSSW、70年にDECCAよりリリースされたデビュー作。

英フォークの格調高さ、英フォーキー・ロック的牧歌性、ソフト・サイケ的リリシズムとが絶妙にブレンドした英フォーク/フォーク・ロックの逸品。

試聴 Click!

マーク・エリントン / マーク・エリントン(髭面マーク登場)

FAIRPORT CONVENTIONの「UNHALFBRICKING」にゲスト参加し、その存在が注目視されたSSW、69年作。

サウンドはMATTHEWS SOUTHERN COMFORTのメンバーからBIG JIM SULLIVANR等をゲストとして迎え、英国に亡命したアメリカン・カウボーイよろしく、アウトローな風貌も相まって素晴らしい英国産カントリー・フォークを大展開。

試聴 Click!

KING HARRY / DIVIDED WE STAND

キング・クリムゾン界隈のメンバーにより結成された英ロック・バンド、77年の唯一作。

ヌケが良くノリの良いギター、ハイ・トーンのヴォーカル、豊かなハーモニーは確かにPILOTに近い感じ。

でも、PILOTみたいなニッチ・ポップかというと、ちょっと違う印象で、キーボードの感じやアコギのアルペジオなど、英国ロック然としているのが印象的。なんとも中庸な感じなのですが、その煮え切らなさがまた魅力でしょう。

試聴 Click!

BRONCO / SMOKING MIXTURE

ソウルフルな名シンガーのジェス・ローデンを中心に結成されたバンド、73年作。

ジェス・ローデンはソロ活動のため抜けましたが、英国らしいパブロッキン&スワンピーなフォーク・ロックを聴かせる円熟の3rdにしてラスト作!

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。少しでもお気に召す作品がありましたら幸いです。

【BIG PINKレーベル新品】在庫一覧


【BIG PINKレーベル中古】】在庫一覧


関連カテゴリー

BIG PINKレーベル

  • BRENDA PATTERSON / BRENDA PATTERSON

    可憐なルックスとは裏腹の豪快なスワンピー・ヴォーカルに驚かされる、フィメール・スワンプの73年大傑作!

    しぼり出すようなソウルフル&エネルギッシュなシャウトが魅力の女性ヴォーカル。スワンプ・ファンに人気のプレイボーイ・レコードから73年にリリースされた作品。マッスル・ショールズの名セッション・ピアニストでありプロデューサーとしても活躍するジム・ディキンソンやライ・クーダーやマッスル・ショールズの名セッション・ギタリストでストーンズの作品にも参加したウェイン・パーキンス、名スティール・ギター奏者のラスティ・ヤングなどが参加。無骨かつしなやかなライ・クーダーのギターをバックに、熱く太いシャウトが炸裂し、ホーンと女性コーラスがゴージャズに彩るオープニング・ナンバーから熱気は最高潮!ピアノとペダル・スティール・ギターが郷愁を誘う曲での、しっとりとエモーショナルな歌唱も胸に迫ります。熟練のミュージシャンによる演奏はもちろん、ブレンダのヴォーカルには本格感ぷんぷん。メロディもどの曲も素晴らしい。こ、これは米スワンプ・ロック屈指と言えるほどの傑作。悶絶ですよ!

  • RAB NOAKES / DO YOU SEE THIS LIGHTS ?

    スコットランド出身のSSW、70年にDECCAよりリリースされたデビュー作、幻想的かつ牧歌的な愛すべきフォーク・ロック逸品!

    スコットランド出身のSSW、70年にDECCAよりリリースされたデビュー作。スモーキーな幻想性と人懐っこさとが同居したヴォーカル、ノリの良いアコギのコード・ストロークとリチャード・トンプソンを牧歌的にしたようなリード・ギター、洗練された管弦楽器。伝統的な英フォークの格調高さ、英フォーキー・ロック的牧歌性、ソフト・サイケ的リリシズムとが絶妙にブレンドした英フォーク/フォーク・ロックの逸品。収録曲の「Together Forever」は後にLINDISFARNEが、「Somebody Counts On Me」は、BARBARA DICKSONが後にカヴァーしたことでも知られています。

  • DAVE KELLY / KEEPS IT ON THE FAMILY

    ジョ・アン・ケリーの弟で、ジョン・ダマー・ブルース・バンドのギタリスト、69年作の1stソロ、英国田園ブルース!?

    英国のブルース・クイーンと言われるジョ・アン・ケリーの弟で、ジョン・ダマー・ブルース・バンドのギタリスト。69年作の1stソロ。基本的にアコースティック・ギターの弾き語りブルース・アルバムですが、泥臭さはあまりなく、左右のチャンネルに録音されたギターがリズミックにからみ、ドラム・レスながら、グルーヴ感に思わず体が揺れます。米南部ブルースとロニー・レインあたりに通じる英国田園風景が目に浮かぶ牧歌性とが絶妙にブレンドしたサウンドは、これぞブリティッシュ・ブルース!味わい深くも心躍る名作です。

  • NIGEL OLSSON / NIGEL OLSSON’S DRUM ORCHESTRA AND CHORUS

    エルトン・ジョン・バンドで活躍したドラマー、71年ソロアルバム。

    エルトン・ジョンのドラマーとして知られるナイジェル・オルソンの71年ファースト・ソロ・アルバム。同じくエルトン・ジョンバンドのDEE MURRAY・CALEB QUAYE、プロコルハルムのMICK GRABHAM、B.J.COLEなどが参加。ポップでメロディアスな楽曲にナイジェル・オルソンのエネルギッシュなボーカルが響きます。またKATHI MCDONALDが2曲参加しており、パワフルなボーカルを聴かせてくれます。

  • MARC ELLINGTON / MARC ELLINGTON

    『邦題:髭面マーク登場』、英国フォーク界の怪男児SSW、69年デビュー作!

    FAIRPORT CONVENTIONの「UNHALFBRICKING」にゲスト参加し、その存在が注目視されたSSW、MARC ELLINGTONの鮮烈な69年デビュー作がこちら!邦題が『髭面マーク登場』というまんまのタイトルでしたが、サウンドはMATTHEWS SOUTHERN COMFORTのメンバーからBIG JIM SULLIVANR等をゲストとして迎え、英国に亡命したアメリカン・カウボーイよろしく、アウトローな風貌も相まって素晴らしい英国産カントリー・フォークを大展開。英国的ハープシコード風サウンド・アレンジも秀逸です。

  • BRONCO / SMOKING MIXTURE

    73年作、ジェス・ローデンはソロ活動のため抜けましたが、英国らしいパブロッキン&スワンピーなフォーク・ロックを聴かせる円熟の3rdにしてラスト作!

    ソウルフルな名シンガーのジェス・ローデンを中心に結成されたバンド。2ndリリース後にジェス・ローデンはソロ活動のために脱退し、元BAND OF JOYのギター/VoのPaul Lockeyをフロントマンに迎えて制作された3rdにしてラスト・アルバム。タイトなリズム隊、ふくよかなアコースティック・ギターとタメの効いたエレキ・ギターが豊かに絡み合うバッキング、ハイ・トーン寄りのグッとくるヴォーカルと英国らしい憂いたっぷりのキャッチーなメロディ。パブロッキン&スワンピーな味わい深いブリティッシュ・フォーク・ロックを聴かせる円熟の好盤です。ホーン・セクションに女性コーラスが彩るバラードやアコギ爪弾きによる繊細な曲、オーケストラが彩るメロウな楽曲など、泣ける佳曲も素晴らしい!

  • BOBBY DOYLE / NINE SONGS

    テキサス出身の盲目の白人ジャズ・ピアニスト&シンガー、圧倒的なソウル/スワンプ・ロックを聴かせる73年作2nd

    テキサスはヒューストン出身の盲目の白人ジャズ・ピアニスト&ヴォーカリスト。73年作の2nd。名手スティーヴ・クロッパーの豪快かつ伸びやかなスライド・ギターが冴え渡るスワンプ・ロック・チューン、ラリー・カールトンの奔放なギター・ソロ炸裂のジャンプ・ナンバー、ランディ・ニューマン「Sail Away」の芳醇なゴスペル・カヴァー、メランコリックなピアノにビターなテナーヴォイスが乗るR&Bバラードなど、アーシー&グルーヴィーなアンサンブルと白人とは思えない豊かな声量と艶とエモーションに溢れたソウルフル・ヴォーカルが聴き手を圧倒するソウル?スワンプ・ロックの名曲ぞろい。1stと並び、ソウル?スワンプのファンは必聴の名作です。

  • PAUL LEVINSON / TWICE UPON A RHYME

    現在はSF作家(!)として活躍するSSW、アシッド・メロウ・サイケ名盤として名高い72年唯一作!

    現在はSF作家として活躍し音楽活動からは遠ざかってしまった、PAUL LEVINSONが69年〜71年の二年間に吹き込んだ、72年発表の唯一作がこちら。ジャケのプードルのような愛嬌のあるアメリカン・フォークを基調としていながらも、ちょっと素っ頓狂な歌い方をするPAUL LEVINSONの独特なヴォーカル、オルガンやギターの屈折し捩れたような表現が、どうもサイケデリックな時空間を生み出し、なんとも奇妙な聴き心地です。SSW、ソフト・ロック、メロウ・サイケ、その周辺を愛するリスナーの方には、かなり乙な一枚です。

  • GREAT METROPOLITAN STEAM BAND / GREAT METROPOLITAN STEAM BAND

    ブルース、ラグタイム、ジャズをゴッタ煮した米国のジャグ・バンド、69年唯一作

    米国、男女ヴォーカルのジャグ・バンド、69年唯一作。スウィングするリズム隊をバックに、アコースティック・ギター、ハープ、フィドルがオールドタイミーで哀愁いっぱいのアンサンブルを繰り広げるスタイル。オープニング・ナンバーなんかアコースティックながらジェファーソン・エアプレインばりの力づよさを感じさせたり、ヴォーカルなんかちょっぴりグレース・スリックみたいだし、カッコ良い!2曲目は、英国だとキンクスあたりに通じるような人懐っこさでハートウォーム。ブルース、ラグタイム、ジャズなど古き良きアメリカン・ミュージックをゴッタ煮にしたご機嫌で郷愁いっぱいの佳曲ぞろい。演奏はうまいし、本当に愛すべき好作品です。

  • RANDY HOLLAND / CAT MIND

    米ニュージャージー出身のSSW、72年に自主制作された唯一作、ソウルフルさとアシッド感がバランスした歌声が魅力的

    米ニュージャージー出身のSSW。72年に自主制作された唯一作。ちょっぴりソウルフルでちょっぴりアシッド感もあるハイ・トーン寄りの何とも「いなたい」ヴォーカルが魅力的。ゆるーいファズ・ギターのリードが垂れ流されるアシッド・フォーキー・ロックあり、ストリングス入りの泣けるメロウ・ナンバーあり、ホーン・セクションがむせぶサザン・ソウル的なナンバーあり、アコギの爪弾きをバックに囁くようなドリーミー・フォークあり、どの曲も味のある歌声とアレンジが光る佳曲ぞろいです。

  • LEVITT & McCLURE / LIVING IN THE COUNTRY

    後にBEAU BRUMMELSで活躍するDAN LEVITT等が結成したフォーク・ロック69年唯一作!

    後にBEAU BRUMMELSで活躍する、DAN LEVITTと、後にJOYOUS MOISEを結成するMARC McCLUREが手を組んだフォーク・ロック・デュオによる69年の唯一作がこちら。プロデューサ
    ーはRON ELLIOTで、アコースティック・ギターのアルペジオの絡みつくサウンド・スケープが何処までも美しい「PARADISE」は特に必聴。フォーク・カントリー・ロックを基調としながらも、アコギの鮮烈な音像に大きく力を入れた音作りが素晴らしい!BOB DYLAN、「TOMORROW IS A LONG TIME」、RON ELLIOTの「EMPTY BOXES」等、カヴァーもGOOD…!

  • TRAVIS SHOOK & THE CLUB WOW / ESSENTIAL

    ラヴィン・スプーンフル+レイ・デイヴィスといった雰囲気。NRBQゲスト参加の二人による74年唯一の作品!

    NRBQのアルバム「WORKSHOP」にゲスト参加していたCHANDLER TRAVISとSTEPHEN SHOOKが結成したバンドの74年発表の唯一作。80年代にはNRBQの弟分的バンド、INCREDIBLE CASUALSを結成するボストンの二人である彼らだけあって、既にこの時点で洗練されたアコースティック・サウンドの心地良さと、ドリーミーな甘くもほろ苦い、グッドタイム・アメリカン・フォーク・サウンドを実現させています。LOVIN’ SPOONFUL、KINKSからNRBQファンは勿論、ルーツ・ロック〜BEATLES、BEACH BOYSファンまで虜にする最高のサウンドです。

  • DAVID LEWIS / JUST MOLLIE AND ME

    あの英国のアンドウェラのリーダーとは同姓同名、76年作、ハイ・トーンの美しいヴォーカルが特筆もののニッチ・ポップ

    あの英国のアンドウェラのリーダーとは同姓同名のアメリカのSSW、TIGER LILYより76年にリリースされた作品。バッドフィンガーのバラードを彷彿させる、流れるような気品ある美しいアンサンブル、そして、特筆はちょっぴりデヴィッド・ボウイを彷彿させるハイ・トーンの繊細かつエモーショナルなヴォーカル。中域よりのマイルドなトーンでタメの効いたメロディアスなギターも英ロック風でたまりません。このオープニング・ナンバー「Daydreamer」を聴いて心躍らないポップ・ファンは居ないでしょう。アコギ弾き語りの曲、ツイン・リードが炸裂するハード・エッジな曲などでも、フックのあるメロディと存在感あるヴォーカルが特筆。ビートリッシュなニッチ・ポップのファンは是非、聴いてみてください。

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事