プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

MAGMA好きにもカンタベリー好きにもオススメ。芸術性溢れるフレンチ・ジャズ・ロック名作選

スタッフ増田です。

フレンチ・プログレと言えばATOLLのような幻想性あふれるシンフォニック・ロックや、MAGMAのような荘厳で強靭なZEUHL系アヴァン・プログレの印象が強いですが・・・。

実は英国のカンタベリー・ミュージックを彷彿とさせるような、流麗さやたおやかさを持ったジャズ・ロックも沢山生まれているんです。

今回はMAGMAなどフレンチ・プログレ好きは勿論、カンタベリー好きにもオススメできそうな新旧フレンチ・ジャズ・ロックの名作たちをピックアップしてみました!

SPEED LIMIT/SPEED LIMIT

まずはMAGMA~ZAOのサックス奏者ヨシコ・セファーなどが参加したプロジェクト、SPEED LIMITによる74年作1st。

マグマ直系のサウンドかと思いきや、朗々と歌うようなサックスはかなりエルトン・ディーン風だし、ギターの奔放に音数を詰め込む速弾きはかなりジョン・グッドソールだし、ベースも時にパーシー・ジョーンズばりにうねってるし。

ソフツやBRAND Xなど英ジャズ・ロック好きには堪らないはず!

試聴 Click!

ZAO/KAWANA

ついでにZAOの作品もご紹介しておきましょう。MAGMAの傑作ライヴで最高にスリリングなプレイを聴かせていたVln奏者ディディエ・ロックウッドも参加した76年4th。

彼のヴァイオリンとヨシコ・セファーによるサックスが織り成すインタープレイがとにかく圧巻…。フレンチ・ジャズ・ロック史上の傑作です。

試聴 Click!

WEIDORJE/WEIDORJE

またまたMAGMA関連作、MAGMAのメンバーであったBernard PaganottiとPatrick Gauthierが結成したジャズ・ロック・グループによる78年唯一作。

マグマの熱気にソフト・マシーンのミニマルなクールネスをブレンドし、さらにスペーシーな浮遊感を加えたようなサウンドがいいですねえ。

こちらもフレンチ・ジャズ・ロックが誇れる傑作!

試聴 Click!

EX VITAE/MANDARINE

ここまではMAGMA色が強めでしたが、ここからはたおやかさ溢れるグループを紹介してまいりましょう。

こちらは今年めでたく再発がリリースされたフランスの隠れた名ジャズ・ロック・バンド。

手数多くシャープに畳み掛けるアンサンブルと印象的なメロディメイクを特徴とする、ARTI E MESTIERIタイプと言えるジャズ・ロックが絶品!

試聴 Click!

MOVING GELATINE PLATES/MOVING GELATINE PLATES

え!? この音でゴングよりデビュー早いの? 怪しさムンムンのジャケも堪りません。

このフランスのジャズ・ロック・グループ、恐るべし。

試聴 Click!

アビュ・ダンジュルー/第四楽章

こちらはMAGMA直系の張り詰めた緊張感と、カンタベリーからの影響を感じさせるふくよかな幻想性&柔軟性を共存させた見事な逸品!

柔らかな女性ヴォーカルのスキャット&エレピと、タイトで切れ味鋭いリズム隊のアンサンブルが絶妙。

試聴 Click!

NEMO/NEMO

これ、ジャズファンク+カンタベリーと言えちゃうかな?

ヴァンデ総帥からMAGMAの2ndドラムに抜擢されるメンバーやB.パガノッティがいたCRUCIFERIUSの元メンバーなど実力者が集った仏ジャズ・ロック・バンド、強靭かつ気品高い73年デビュー作!

試聴 Click!

ANAID/LIBERTAD

次はかのヒュー・ホッパーも在籍し80年代後半に活動したジャズ・ロック/アヴァン・ロック・バンドによる16年復活作!

サウンドは・・・SLAPP HAPPYのダグマー・クラウゼがMAGMAをカヴァーしたようだって?!

カンタベリーとZEUHL系のエッセンスがブレンドしたアンサンブルが堪りません。

試聴 Click!

ここからは新鋭フレンチ・ジャズ・ロックをご紹介していきますよ~!

CAILLOU/CAILLOU

仏新鋭グループの2013年作なんですが、ソフト・マシーンやハットフィールドやナショナル・ヘルスなどカンタベリーのファン、『レッド』期キング・クリムゾンやマグマのファンは必聴。

強靭なギター、ベース、ドラムの渦の中をフリーフォームに疾走するエレピ…。これは恐るべきデビュー作です。

試聴 Click!

CYCLONE QUEST/DARK WORLD

このグループはまるで、ポスト・ロックとコンテンポラリー・ジャズとカンタベリー・ロックを融合させてしまったみたい!?

NATIONAL HEALTHやベルギーのCOSがお好きであれば、是非お試しあれ!

試聴 Click!

GRUGRU/333

最後はこちらの18年作。

カンタベリー・ロックも思わせるしなやかなパートからクリムゾンやMAGMAばりの強靭なパートまでを自在に行き来する、疾走感いっぱいのアンサンブル!

スリリングかつ毒気あるユーモアがふんだんに散りばめられた、変幻自在のインスト・ジャズ・ロック作です。

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


SOLEIL ZEUHLレーベル特集~マグマに魅せられたZEUHL(ズール)系作品セレクション

【関連記事】

SOLEIL ZEUHLレーベル特集~マグマに魅せられたZEUHL(ズール)系作品セレクション

マグマに魅せられたZEUHL(ズール)系の新旧作品をリリースするフランスのSOLEIL ZEHULレーベルのカタログから注目の作品をピックアップ。


暗黒で切迫感みなぎるZEUHL系ジャズ・ロック特集!

【関連記事】

暗黒で切迫感みなぎるZEUHL系ジャズ・ロック特集!

Christian Vnderを中心に「コバイア」という架空の文化を生み出し、凶暴にして荘厳、エキセントリックなアクの強い作風で70年代を駆け抜けたグループ=MAGMAのフォロワー、いわゆるZEUHL(ズール)系と呼称されるグループをピックアップ!


マイナー・フレンチ・ジャズ・ロック探求!

【関連記事】

マイナー・フレンチ・ジャズ・ロック探求!

知られざるマイナー・フレンチ・ジャズ・ロックを一挙ご紹介!

「ユーロ・ジャズ・ロック」の在庫リストへ

「ZEUHL~コバイア星とその衛星たち~」の在庫リストへ

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • WEIDORJE / WEIDORJE

    78年リリース、フレンチ・ジャズ・ロック屈指の傑作

    MAGMAのメンバーであったBernard PaganottiとPatrick Gauthierが結成した、MAGMAの76年作である「UDU WUDU」収録曲をバンド名に冠したZeuhl系の個性派ジャズ・ロックグループ、78年唯一作。その内容はMAGMAのサウンドを独自に再構築した、まさに直系のサウンドとなっており、即興も巧みに取り入れながらBernard Paganottiの偏執的なベースとPatrick Gauthierのミニマルな反復が圧迫感を持って迫ってくる名盤です。もっともMAGMAほどエキセントリックな構成ではなく、MAGMAのサウンドとストレートなジャズ・ロックの融合を図っており、充分個性的ながらもMAGMA系の中では比較的耳に馴染みやすい作品となっています。

  • ZAO / KAWANA

    76年リリース、ヴァイオリンとサックスのスリリングな応酬に息つく暇もないフレンチ・ジャズ・ロック史上の傑作!

    MAGMAのメンバーであったYochk’o SefferとFrancois Cahenが73年に結成したジャズ・ロックグループの76年4th。前作でバンドとしての個性を手に入れることに成功した彼らですが、本作では超絶ヴァイオリニストDedier Lockwoodが参加し、Yochk’o Sefferとの凄まじいインタープレイを聴かせています。楽曲自体も前作の構築性は影を潜めており、よりメンバーの力量に頼った即興色とソロパート押し出しており、彼らの超絶技巧を余すところなく収録したテクニカル・ジャズ・ロック最高峰の1枚と言えるでしょう。

  • GRUGRU / 333

    強靭かつユーモアたっぷりに疾走するサウンドがとことん痛快な、仏産インスト・ジャズ・ロック18年作!

    2010年結成の仏産インスト・ジャズ・ロック新鋭、18年作。こ、これは痛快!手数多く畳み掛けるドラムと硬質なベース、パワフルなサックスに太く歪んだギター。時折顔を覗かせる、70’sロック・ファンの心をくすぐるヴィンテージなオルガン。それらが一体となって繰り広げられるスピーディーかつタイトなアンサンブルは、まるでGONGのように柔軟でKING CRIMSONのようにスリリング!ラウンジ・ジャズ風の洒脱なパートを展開したかと思えば瞬時に歪んだベースが地を這うMAGMAばりのヘヴィ・パートに移り替わったり、かと思えばディスコ風のゴキゲンなリズムが突如飛び出してきたりなど、目まぐるしく千変万化する掴みどころのないサウンドには終始翻弄されっぱなし!毒気あるユーモアをたっぷりと散りばめながら疾走する、一筋縄ではいかないジャズ・ロック・サウンドに虜になること間違いなしの一枚です!

  • CAILLOU / CAILLOU

    新鋭フレンチ・アヴァン/ジャズ・ロック、2013年作、MAGMAはもちろん、クリムゾンやカンタベリー・ミュージックのファン必聴の名作

    復活したOFFERINGのメンバーとしても名を連ねるドラマーPhilippe Gleizes率いる新鋭アヴァン/ジャズ・ロック・グループ。2013年デビュー作。幻想的に広がるフェンダー・ローズ、そして、手数多くフリー・フォームなリズムを刻むドラムによる静謐なオープニング。そこから、ロバート・フリップやフィル・ミラーを彷彿させる浮遊感とテンションいっぱいのギターが入り、ドラムが静かに暴走をはじめ、ギター、キーボードが左右にちりばめられながら、カンタベリーにも通じる流麗なサウンドを描く。ギアを一段あげ、ギターとベースがクリムゾン『レッド』ばりにヘヴィにうねると、クリムゾンやマグマのDNAを継ぐ暗黒プログレへと突入。ソフツのマイク・ラトリッジばりのクールなエレピも入ってきて、オープニングから凄まじい10分間を展開。ソフト・マシーンやハットフィールドやナショナル・ヘルスなどカンタベリーのファン、『レッド』期キング・クリムゾンやマグマのファンは必聴と言えるグループ。これは恐るべきデビュー作です。

  • SPEED LIMIT / SPEED LIMIT

    MAGMA〜ZAOのヨシコ・セファーなどによるプロジェクト・バンド、BRAND Xなどの英国ジャズ・ロックを志向したサウンドを聴かせる74年作1st

    MAGMA〜ZAOのサックス奏者ヨシコ・セファーが同じくZAOのベーシストJoel DugrenotやキーボーディストJean-Louis Bucchiらと結成したプロジェクト、74年作1st。本作はMAGMA影響下のサウンドを聴かせる所謂ズール系ジャズ・ロックとはやや毛色が異なり、フリージャズ色はあるものの中期SOFT MACHINEやBRAND Xなど英国ジャズ・ロックに接近したサウンドを聴かせるのが特徴です。セファーのサックスもエルトン・ディーンを思わせる朗々とした歌うようなプレイが印象的だし、ギターの奔放なフレージングセンスや音数を詰め込むような速弾きはかなりジョン・グッドソール的だし、ベースは曲によってはもろパーシー・ジョーンズだったりと、アンサンブルの端々に英国ジャズ・ロック的な流儀が感じ取れるのが本作の面白み。しかしフレンチ・ジャズ・ロック・シーンの猛者たちだけあって隙のないサウンドに仕上がっているのはやはり流石と言うべきでしょう。フレンチ・ジャズ・ロックとしては異色ながら、英国ジャズ・ロックの名盤たちと同列に聴かれるべきクオリティを持った好盤です。

  • NEMO / NEMO

    MAGMAやCRUCIFERIUSのメンバーらによるフレンチ・ジャズ・ロック・グループ、73年デビュー作、ファンキーさとカンタベリーに通じる気品が合わさった名盤!

    フランスのジャズ・ロック・グループによる73年リリースの1stアルバム。まず注目すべきはメンバーで、後にMAGMAのセカンドドラマーに抜擢されるClement Bailly、タイ・フォンやマリコルヌのメンバーらとALPHA RALPHAを結成するパーカス奏者Emmanuel Lacordaire、バーナード・パガノッティが居たCRUCIFERIUSの元メンバーであるkey奏者Francois BreantとギタリストMarc Perruなど、実力者が集結しています。そのサウンドは、ファンクの躍動感と英国風の奥ゆかしい気品を合わせたような唯一無二のもの。ファンク由来の「跳ね」の感覚を持つリズム・セクションに、陰影を帯びたエレピ、ワイルドに唸るオルガン、合間を縫うようにスリリングなフレーズを放つギターらが、一糸乱れず繰り出すテクニカルなアンサンブルは抜群の強度とカッコよさを誇ります。直接的ではないものの、英国的な端正さのあるキーボードや多くの曲で漂う淡い叙情性など、カンタベリー・ロックを思わせる要素も随所で感じられるのも聞き所。名盤です。

  • MOVING GELATINE PLATES / MOVING GELATINE PLATES

    フランス、カンタベリー・タッチのジャズ・ロック、70年の名作

    フランスのジャズ・ロック・グループ、70年作の1st。手数多く軽快なドラムと動き回るベースによる疾走感溢れるリズム隊を土台に、ギターがテンションいっぱいにカッティングを刻み、フルートやサックスがエネルギッシュに炸裂!シリアスなだけでなく、ユーモアも盛り込むなど、ソフト・マシーンやヘンリー・カウなどカンタベリー勢からの影響大。まだゴングが1stをリリースしていない70年ということを考えると、恐るべしな作品。北欧のサムラに通ずる痛快さもあり。カンタベリーのファンは必聴の名作です!

  • EX VITAE / MANDARINE

    7人組のフレンチ・ジャズ・ロック・バンドによる78年唯一作、メロディアスにしてフランスらしい緊張感にも富んだユーロ・ジャズ・ロックの隠れた名品!

    フランス出身、ツイン・ギター、キーボード、サックス、ヴァイオリン、リズム隊という7人編成によるジャズ・ロック・バンドによる自主制作リリースされた78年唯一作。フランスのジャズ・ロックと言うとMAGMA影響下のいわゆるZEUHL系が想像されますが、このバンドはより手数多くシャープに畳み掛けるアンサンブルと印象的なメロディメイクを特徴とする、ARTI E MESTIERIタイプと言えるジャズ・ロックを展開します。とは言え、サックスのプレイを筆頭に気品あるエレガントな音色使いや、アブストラクトに音が拡散するミステリアスなパートの挿入など、フランスらしい要素は満載。メロディアスながら終始緊張感が途切れない演奏が見事なフレンチ・ジャズ・ロックの隠れた逸品です。

  • ABUS DANGEREUX / LE QUATRIEME MOUVEMENT

    80年リリース、マグマ系/カンタベリー系双方からの影響を独自に練り上げたフレンチ・ジャズ・ロック屈指の傑作!

    フレンチ・ジャズ・ロックの最高傑作の一つ。ギタリスト、ピエール・ジャン・ゴーシェを中心に、女性スキャットやキーボード類を効果的に配し、安定したリズム・セクションを伴って息をもつかせぬインタープレイでスリリングに進行するアルバム。(国内盤帯より)

  • CYCLONE QUEST / DARK WORLD

    フランスの新鋭ジャズ・ロック・バンド、17年作、コンテンポラリー・ジャズ+カンタベリー・ロックと言える、モダンとヴィンテージを絶妙に取り合わせたハイブリッドな現代ジャズ・ロック作

    フランスの新鋭ジャズ・ロック・バンド、17年作。ミニマル・タッチも交えた浮遊感あるジャズ・ロック・アンサンブルに、モノローグ調の英語ヴォーカルがたゆたう、コンテンポラリーなジャズ・ロックを展開。演奏が白熱してくると、NATIONAL HEALTHあたりのカンタベリー・ジャズ・ロックを意識した激しくも芳醇な演奏へと発展していき、かなり聴き応えあります。女性スキャットをフィーチャーしたパートではベルギーのCOSあたりも彷彿。コンテンポラリー要素/アヴァンギャルド要素はありますが、カンタベリー・ロックを中心とする70年代憧憬の味わいあるアンサンブルと上手く組み合わせ、個性的なジャズ・ロック・サウンドを提示している力作です。

  • ANAID / LIBERTAD

    ヒュー・ホッパーも在籍し80年代にアルバムを残した仏ジャズ・ロック・バンド、2016年の復活作

    あのヒュー・ホッパーも在籍して80年代後半に活動し、アルバムも残したフランスのジャズ・ロック/アヴァン・ロック・バンド。オリジナル・メンバーの女性ヴォーカルやドラム兼ヴィブラフォン奏者を中心に再結成しての2016年作。持ち味であるZAOやベルギーのCOSに通じる、カンタベリーとズール系のエッセンスがブレンドしたサウンドは健在。まるでSLAPP HAPPYのダグマー・クラウゼがMAGMAをカヴァーしたような歌唱がとにかく圧倒的です。『RED』期クリムゾンでのロバート・フリップを彷彿させる浮遊感と硬質さのあるリードから、テクニカル・フュージョン系の速弾きまで表現力豊かでテクニック抜群のギタリストも特筆。ヨーロピアンな香りがただようジャズ・ロックの快作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事