プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ASIA MINORが好き?世界のニッチな「秘宝的」シンフォ名盤を発掘!

スタッフ増田です。

ASIA MINOR、PULSAR、そして先月来日したばかりのATOLL。フレンチ・シンフォの魅力と言えば、ダイナミックな中にもどこか漂うクールでアーティスティックな幽玄さですよね。

それを際立てているのが、サウンドを彩るひんやりとしたトーンのシンセサイザー。粛々と紡がれるその音色に耳を傾けていると、暑い夏でも冷気の立ちこめる幻想世界に迷い込んだような気分になります。

という訳で今回はASIA MINORを起点に、クールな幻想性に満ちた「秘宝」的シンフォ作品をピックアップしてまいりましょう!

ASIA MINOR/CROSSING THE LINE

フランスのキャメルと言えばこのグループ!79年デビュー作。エキゾチックな旋律や変拍子を駆使したアンサンブルはテクニカルかつ硬質ながら、同時に肌触りのよいキーボードがフランスらしい幻想性を醸し出していて非常にファンタジック。フレンチ・シンフォの名作ですね。

試聴 Click!


雪景色にぴったりの幻想プログレ紀行~ユーロ、北米、南米周遊の旅~

【関連記事】

雪景色にぴったりの幻想プログレ紀行~ユーロ、北米、南米周遊の旅~

『雪景色にぴったりの幻想プログレ紀行』と題しまして、透明感あるファンタスティックでリリカルな作品を求めて、世界中をご案内!

PENTACLE/LA CLEF DES SONGES

フレンチ・シンフォの名作をもう一作品ご紹介。ANGEのVoクリスチャン・デキャンがプロデュースを務めた75年唯一作なのですが、何とも言えない奥ゆかしいメランコリーがたまらないなぁ。初期クリムゾンやジェネシスのファンは是非一聴を!

試聴 Click!

MEMORIANCE/L’ECUME DES JOURSE: D’APRES BORIS VIAN

ジェネシスやキャメル影響下のフランスのグループ、76年のデビュー作と並び評価される79年作!ジャケには秘宝感ないですが、奥ゆかしく叙情的なシンフォニック・サウンドはいかにもフランスならではで秘宝感ぷんぷん。

試聴 Click!


ドイツの新興レーベルPAISLEY PRESSのマニアックすぎるプログレ・リイシューを一挙ピックアップ!

【関連記事】

ドイツの新興レーベルPAISLEY PRESSのマニアックすぎるプログレ・リイシューを一挙ピックアップ!

欧米各国の「ど」がつくマイナープログレを発掘リリースしている注目の新興レーベルPAISLEY PRESS。リリース作品を一挙ご紹介!

OCARINAH/PREMIERE VISION DE L’ETRANGE

フランスのキーボード・トリオ、77年に自主制作された唯一作。エッグ~カーン時代のデイヴ・スチュワートを彷彿させる淡いトーンのオルガン、そして、仏カルプ・ディアンに通じるほの暗い幻想美。こちらもまさにフレンチ・シンフォの秘宝!

試聴 Click!


辺境地オルガン・ロック探求☆

【関連記事】

辺境地オルガン・ロック探求☆

あるときはクラシカルに格調高く、あるときはジャジーかつ芳醇に、あるときはグルーヴィーで熱量たっぷりに…。辺境地で鳴らされた個性豊かなオルガン・ロックの数々をピックアップしてまいりたいと思います。

ACINTYA/LA CITE DES DIEUX OUBLIES

この作品を知っていたら、貴方もかなりのフレンチ・シンフォ・マニア!?フランスのキーボード奏者PHILLIPPE DE CANCK率いるグループの78年作。幻想的なキーボードと壮麗なヴァイオリンが織り成す、優雅でいてちょっぴり毒のある耽美なサウンドがGOOD!

試聴 Click!

SAGA/TO WHOM IT CONCERNS

こちらはオランダのグループなのですが、もしもムーディー・ブルースに、スティーヴ・ハケットとピート・バーデンスが加入したら、って感じ!?仄暗く繊細さに満ちたサウンドがたまりませんね~!

試聴 Click!

LETHE/LETHE

こちらもジャケから「秘宝臭」漂ってていいですね~!さぁ、音の方はどうかと言うと・・・瑞々しい響きの管弦楽器、シャープに躍動するリズム隊、クラシックとジャズの両方の素養を感じさせるキーボード。溢れるイマジネーションにイチコロ・・・。オランダのシンフォニック・ロック・バンドによる81年作!

試聴 Click!

MARAKESH/MARAKESH

オランダのプログレ・バンド、原盤は激レアとされる76年の唯一作。クリムゾンとキャメルを合わせたような、ジャジーでメロウでマイルドなサウンドが心地良い・・・。オランダの地に眠る、ロマン溢れるシンフォニック・ロック。

試聴 Click!

AMENOPHIS/AMENOPHIS

ここからはシンフォの本場、ドイツの作品をご紹介!中でも秘宝的名盤といえばこちらでしょうか。83年作ですが、どこまでもジェネシスやキャメルへの愛情に満ち溢れたサウンドが見事。時代を考えると自主制作なのは仕方がないけど、泣きの美メロに溢れた叙情派シンフォの名品!

試聴 Click!

FAITHFUL BREATH/FADING BEAUTY

ジャーマン・シンフォの隠れた名バンドといえばこちら。自主制作でリリースされた73年1st。ゲルマンの深い森の奥からひっそりと聴こえてくるような神秘性、そして、深く内省へと沈み込んだような、はたまた中世の古城にとらわれてしまったかのような暗鬱なメランコリー。この繊細に紡がれるロマンティシズムこそジャーマン・シンフォの醍醐味!

試聴 Click!

MADISON DYKE/ZEITMASCHINE

NEUSCHWANSTEINと同じドイツはラケット・レーベルよりリリースされたのですが、どうにもNEUSCHWANSTEINの陰に隠れてしまった感のある彼らの77年唯一作。とはいえドイツ産らしい深みと翳り、そして格調高いフルートが木霊する様はまさにジャーマン・シンフォ!GENESIS系屈指の名作☆

試聴 Click!

ジャーマン・シンフォはこちらの記事でも詳しくご紹介しております!


ジャーマン・シンフォニック・ロック特集 - プロテスタントの敬虔主義が息づくドイツならではのシンフォニック・ロック -

【関連記事】

ジャーマン・シンフォニック・ロック特集 – プロテスタントの敬虔主義が息づくドイツならではのシンフォニック・ロック –

プロテスタントの敬虔主義をベースにして生まれた職人的ストイシズムと人間の感情にフォーカスしたロマン主義が息づくドイツで生まれた、器楽的に繊細でいてファンタスティックなリリシズムに溢れたジャーマン・シンフォニック・ロックを特集!

PHYLTER/PHYLTER

こちらはベルギーのプログレ・グループですが、音像はジャーマン・シンフォの重厚さとフレンチ・シンフォの冷ややかさが交わり合った感じ!?噛めば噛むほど味が出る「するめシンフォ」な78年作です。

試聴 Click!

MESS/MESS

ひんやりとしたシンフォならこちらもオススメ。名シンセ奏者SVEN GRUNBERGが率いたエストニアの名シンフォ・グループ、76年作。ジャーマン・エレクトロやシンフォニック・ロックを思わせる荘厳さに、エストニアならではの透明感が加わったサウンドはどこまでも美麗・・・。

試聴 Click!

OSIRIS/MYTHS AND LEGENDS

さてここまではユーロで来ましたが、最後はなんと・・・バーレーン!?80年代はじめの中東にジェネシスやキャメル直系のこれほどまでにハイレベルなシンフォ・バンドが居たとは・・・。ASIA MINORが好きならぜひチェックして頂きたい名作!

試聴 Click!

反対に、暖かみのある叙情的シンフォ作品はこちらで紹介しております!


CAMELから巡る春の叙情派シンフォ特集

【関連記事】

CAMELから巡る春の叙情派シンフォ特集

春が来た!ということで、優しい旋律が胸を打つ叙情性たっぷりのシンフォ作品をピックアップ☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • PENTACLE / LA CLEF DES SONGES

    どこを切っても歌心に溢れるフレンチ・シンフォの傑作、75年作

    ドイツやスイスとの国境にほど近いフランス東部はベルフォールにて71年に結成されたグループ。75年にリリースされた唯一作。プロデュースは、ANGEのVoのクリスチャン・デキャン。ファンタスティックで叙情的なシンフォニック・ロックが特徴で、KING CRIMSONというか、同郷のCARPE DIEMに通じる神秘性、そしてGENESISを彷彿させる繊細さと丹念なアンサンブルが印象的です。ANGEと関連のあるバンドではありますが、ボーカルはいわゆるシアトリカル系ではなくストレートな語り口であり、メランコリックなストリングス・キーボードの広がりが、フレンチ・ロックならではのなんとも言えない奥ゆかしい幻想を描きます。

  • ASIA MINOR / CROSSING THE LINE

    トルコ系フランス人のメンバー達が結成したグループ、神秘的な美しさと粛々としたメランコリー、フレンチ・シンフォを代表する名作

    非常にフランスらしい冷ややかな質感を持ち、流麗なメロディーとフルート奏者によるリリカルな調べでCAMEL系の名グループとして知られるバンドの79年デビュー作。ロマンチック且つファンタジックなシンフォニック・ロックを構築しており、専任フルート奏者の存在に加えて変拍子を織り交ぜながらジャジーなアプローチを聴かせるあたりはCAMELフォロワーらしい側面が伺えます。全体的に演奏はテクニカルで硬質なものですが、冷ややかながらも肌触りの良いキーボードのロングトーンが効いており、マイルドな雰囲気を演出しています。

  • AMENOPHIS / AMENOPHIS

    83年作、キャメルやジェネシスのファンは必聴と言えるジャーマン・シンフォの名作

    78年に結成されたドイツのプログレ・バンドによる83年のデビュー作。スティーヴ・ハケットゆずりの繊細なタッチのメロディアスなフレーズ、ゴリゴリと高速ピッキングで畳みかけるフレーズ、さらにフラメンコ・ギターまでこなすテクニック抜群のギター。そして、いかにもジャーマンらしい古色蒼然とした味わいのキーボード、涼やかなフルート、線の細いセンチメンタルなヴォーカル。自主制作ということもあって、音質はクリアではありませんし、多少バタバタとしたところもありますが、それがまたこのグループの持つメランコリックな質感を引き立てている印象。キャメルやジェネシスのファンは間違いなくグッとくるでしょう。泣きの美メロとドラマティックなアンサンブルに溢れた叙情派シンフォの名品です。

  • OSIRIS / MYTHS AND LEGENDS

    中東バーレーン出身のグループ、84年作2nd、ジェネシスやキャメル直系の哀愁溢れるシンフォニック・ロック

    79年に結成され、82年にデビューしたなんと中東はバーレーンのプログレ・グループ。84年作の2ndアルバム。高らかなトーンで幻想的に鳴り響くキーボード、スティーヴ・ハケットを彷彿させる一音一音丁寧に紡がれるエレキ・ギター、よく動くリッケンバッカー・ベースと手数多くシャープで安定感あるドラムによる魅力的なリズム隊、そして、クセのないジェントルな歌声の英語のヴォーカル。70年代末〜80年代はじめの中東にこれほどまでハイ・クオリティなジェネシス/キャメル直系のプログレ・バンドが居たとは。フランスのASIA MINORあたりにも比肩する名作です。

  • MADISON DYKE / ZEITMASCHINE

    77年作、ジェネシス憧憬を滲ませるジャーマン・シンフォの名作

    GENESIS系の名盤との呼び声高いNEUSCHWANSTEINの影に隠れてしまう不遇もあった、NEUSCHWANSTEINと同じドイツはラケット・レーベルよりリリースされたシンフォニック・ロックバンドの77年唯一作。冒頭からドイツ産らしい深みと翳りを持ったサウンドを構築しており、格調高いフルートが木霊する様はまさにジャーマン・シンフォニックロック。また、やはりNEUSCHWANSTEINと同じGENESISフォロワーとしての側面を持ち合わせており、12弦ギターによるファンタジックな調べはPeter Gabriel期GENESISを彷彿とさせます。全4曲から成る大作指向で聴かせる名作です。

  • LETHE / LETHE

    オランダのシンフォニック・ロック・バンド、81年作、クラシカルかつプログレッシヴな逸品

    76年にイエスやフォーカスに通じるプログレ・ハードの名作『DAYBREAK』を残したMIRRORのギタリスト、ベーシスト、管楽器奏者が結成した、MIRRORの後継と言えるオランダのプログレ・バンド。81年の唯一作。小刻みなハイハットワークで軽やかに疾駆するドラム、ハイ・ポジションで動き回るベースによる躍動感いっぱいのリズムを土台に、クラシカル&ジャジーで洗練されたピアノのリード、粒立ちがよくハード・エッジでメロディアス&エモーショナルなギターのリードがめくるめくインスト・プログレが持ち味。優しくメロディを奏でるオーボエと格調高くリリカルなピアノによる穏やかな情景が浮かんでくるようなパートなど、溢れるイマジネーションも魅力です。フォーカスやフィンチのファンは必聴と言える逸品です。

  • FAITHFUL BREATH / FADING BEAUTY

    73年1st、リリカルで幻想性溢れるジャーマン・シンフォの決定盤!

    73年に自主制作により発表された1stアルバム。バロック音楽の流れにあるクラシカルな旋律の数々、どこか沈み込むような暗鬱な雰囲気、ゲルマンの深い森を想わせる奥ゆかしいアコースティック感覚、叙情的なオルガンやメロトロンと無機的なシンセ音とのアーティスティックなコントラストなど、これぞジャーマンの魅力に溢れたジャーマン・シンフォの名作。

  • MEMORIANCE / L’ECUME DES JOURSE: D’APRES BORIS VIAN

    ジェネシスやキャメル影響下のフランスのバンド、79年作2nd、叙情的なユーロ・ロック名作

    ジェネシスやキャメル影響下のメロディアスなサウンドが人気のフランスのシンフォニック・ロック・バンド。76年のデビュー作と甲乙つけがたく人気の79年作2ndで、フランスの作家ボリス・ヴィアンによるSF青春小説『日々の泡』をモチーフにしたコンセプト・アルバム。前作から、ドラムが代わり、キーボーディストが加わってツイン・キーボード編成となって録音されています。ラインナップの変化はプラスとなった印象で、シャープに引き締まったドラム、左右チャンネルから鳴らされてシンフォニックに広がりドラマ性を高めるキーボード・アンサンブルは特筆。スティーヴ・ハケットやアンディ・ラティマーを彷彿させる繊細なタッチのリリシズム溢れるギターは相変わらず絶品だし、奥ゆかしさがフランスらしいヴォーカルもまた魅力的だし、ジェネシスやキャメルのファンにはたまらない「詩情」と「ドラマ」に満ちています。マイナーながら叙情的なシンフォニック・ロックの名作です。

  • MARAKESH / MARAKESH

    マイルド&メロウなロマン・プログレを聴かせるオランダのバンド、76年の唯一作

    オランダのプログレ・バンド、原盤は激レアとされる76年の唯一作。神秘的でフォーキーなパートと、夢想的にたなびくハモンド・オルガンや沈み込むようなトーンのスペーシーなムーグをフィーチャーしたジャジー&プログレッシヴなパートとが織りなす、オランダらしいマイルドな幻想サウンドが印象的。木霊のような男女ヴォーカルのハモり、幻想的にたゆたうようなサックス、ここぞでエモーションを解き放つエレキ・ギターなど、なんとも味わい深いです。ロマン溢れるシンフォニック・ロックの秘宝と言えるでしょう。

  • SAGA / TO WHOM IT CONCERNS

    オランダのシンフォニック・ロック・バンド、ユーロ・ロックの秘宝と言える79年の唯一作

    オランダのシンフォニック・ロック・バンド、79年の唯一作。サウンドはずばり「もしもムーディー・ブルースに、スティーヴ・ハケットとピート・バーデンスが加入したら!?」って感じ。フォーキーなメロディ、朗らかでジェントルなヴォーカル、陰影を描くメロトロンなどはムーディー・ブルースを彷彿させながら、アンサンブルにはジェネシスやキャメルに通じるドラマティックさがあります。ハモンド・オルガンのクラシカルなキメとシャープなリズム・チェンジで緊張感を生むリズム隊との組み合わせはまるでジェネシスだし、ギターの繊細なアルペジオにムーグの柔らかなリードが乗るパートはキャメルを思い出します。ローカルなレーベルからのリリースで原盤は激レアのようですが、クオリティの高さは特筆もの。これはユーロ・ロックの秘宝と言える名作です。

  • ACINTYA / LA CITE DES DIEUX OUBLIES

    優雅なフランス産シンフォ・バンド、78年作

    キーボード奏者PHILLIPPE DE CANCKが率いるフランスのグループによる78年作。フレンチ・プログレらしい、シンセを中心とした幻想性溢れるキーボード・ワークが描き出す清らかさに満ちたシンフォニック・ロック。天を駆けるように壮麗なヴァイオリンの音色も大変に素晴らしいもので、たおやかなシンセと共にあまりにも優美な情景を紡いでいきます。そんな中に突然アヴァンギャルドな展開が挟み込まれるところもあり、フレンチ特有の、美しい中にも少し毒のあるサウンド、というものをしっかりと味わうことができます。派手に展開するところは殆ど無いものの、耽美さという点では他のフランチ・プログレ・バンド以上のものを堪能できる力作です。

  • PHYLTER / PHYLTER

    ベルギーのシンフォニック・ロック・グループ78年作、冷ややかなファンタジックさとハード・ロック的熱さが同居する逸品

    ベルギーのプログレ・グループ、1978年唯一作。フレンチ・シンフォを思わせる冷ややかな質感のシンセをフィーチャーした、YESやGENSIS影響下のファンタジックなシンフォニック・ロック。・・・と思いきや、時折そこへガッツリと歪んだギターが絡み、ENIDばりの熱く重厚なアンサンブルを展開するのが印象的。穏やかでリリカルなパートとハードでエネルギッシュなパートをダイナミックに使い分けつつ、複数人で歌い上げられる多声合唱的なヴォーカル・メロディや柔らかなエレピ、ヴァイオリンなどを交えた音像はユーロらしくアーティスティックで、全体的に心地よく聴かせています。位置的にドイツとフランスに挟まれたベルギーですが、このバンドはまさにANYONE’S DAUGHTERなどジャーマン・シンフォの熱さと、PULSARなどフレンチ・シンフォの冷ややかさが交わり合った感じ。味のある作品です。

  • OCARINAH / PREMIERE VISION DE L’ETRANGE

    カルプ・ディアンに通じるほの暗い幻想美を持つフランスのキーボード・トリオ、77年に自主制作された唯一作

    スイスはジュネーブ近くのフランス中東部の街、オヨナで結成されたキーボード・トリオ。77年に自主制作された唯一作。ゴリゴリと強いアタックでよく動くベースとキレのある手数多いドラム、ほの暗い幻想美に包まれたキーボード。フランスの名グループ、カルプ・ディアンにも通じる、フランチ・シンフォならではの耽美的でクールなサウンドが印象的です。スペーシーかつ淡いトーンのオルガンには、エッグ〜カーン時代のデイヴ・スチュワートも彷彿させます。80年代に発掘されて日本に紹介されていれば、ユーロ・ロック・ファンに人気が出ていたかもしれません。フレンチ・シンフォの秘宝と言える逸品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。