プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

2017年、何聴いてた?皆様のご投稿を大発表!!

カケレコでは、「2017年、何聴いてた?」と題しまして、皆様から今年よく聴いていたアルバムを募集しておりました。

投稿して下さった皆様、本当に、ありがとうございました!!

順に紹介させていただきます!

プログレ編

YES / CLOSE TO THE EDGE

パニャーロ 様

フロイドのアニマルズか危機のどっちかなんだけども、多分こっちの方が聴いてる。なんだかんだ これが最高の一枚。
収録の構成もよくて 何気なく流しておくのにも邪魔にならないし、もちろん集中して聴いても悪いところが見当たらない名作中の名作。
今年一番っていうか今までトータルでずっと一番聴いてる。
それでも飽きない。

試聴 Click!

PINK FLOYD / 炎~WISH YOU WERE HERE

プログレ二年生のチコ 様

理由・たまたま

プログレにハマったのは二年前、CANのタゴマゴからだった。

以来、新宿DUなどで物色するも、よくわからず…市川先生の本を読みながら、まずはキングクリムゾンとピンクフロイドからかな、と。
タンジェリン、ゴブリン、オサンナ、カンタベリーとあちこち聴き散らかしてみたけれど、やっぱり、この2グループは凄い、と改めて思う…

高校時代は敬遠していたプログレ、男子が難しい解説をしたがるプログレ、男の世界風近づきにくさを醸してるプログレ、やたらとロッキンオンでページをさいていたプログレ(当時は読まなかった)、新宿に専門館まであるプログレ…一体どんな音楽なんだ? 聴き始めて納得&これを知らずして生きてきたことに若干の後悔。でも今から知れば良いのですよね。プログレの森は広く、いくら聴いても終わりがないくらい深い。70年代からこんなカッコイイ曲を作っていたなんて!全く古さを感じない斬新さや前衛に驚きつつ、プログレを好きになって良かった、と実感するこの頃です。

試聴 Click!

KING CRIMSON / RED

baystars225 様

今年ジョン・ウエットンが亡くなったので。

試聴 Click!

JOHN WETTON / ARKANGEL

SIN 様

ジョン・ウェットン追悼。
さすがにショックが大きすぎて現在も事実を消化出来ていない感じです。

試聴 Click!


「音楽歳時記」 第二十六回 番外編: 追悼ジョン・ウェットン 文・深民淳

【関連記事】

「音楽歳時記」 第二十六回 番外編: 追悼ジョン・ウェットン 文・深民淳

深民淳によるコラム「音楽歳時記」。季節の移り変わりに合わせて作品をセレクト。毎月更新です。


「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」 第一回 ジョン・ウェットンはなぜ<いいひと>だったのか? 文・市川哲史

【関連記事】

「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」 第一回 ジョン・ウェットンはなぜ<いいひと>だったのか? 文・市川哲史

昨年末、話題のプログレ本『どうしてプログレを好きになってしまったんだろう』を出版した、あの市川哲史氏がカケレコでコラムを執筆!その名も「どうしてプログレを好きになってしまったんだろう@カケハシ」!!

ATOLL / L’ARAIGNEE MAL(組曲「夢魔」)

カテドラル 様

時々無性に聴きたくなる1枚です。ジャズロック、シンフォニックロックの要素が程よくブレンドされた緻密なサウンドは圧倒的な完成度!
特にドラムが大好きで、他のバンドでは聴けない独特のリズムが病みつきになります!
フランス語の歌唱もシアトリカルで、歌詞もユニークです!ジャケットも曲の世界にマッチしており、聴くたびに発見がある飽きないアルバムです。

試聴 Click!

IL BALLETTO DI BRONZO / YS

コバケンメタル 様

沢山のプログレを聴きましたが結局行き着く先は必ずこの作品になります♪

試聴 Click!

カテリーナ・カセッリ / 組曲「春」

ハミルファン 様

ボッティチェリの名画に迫る程に神々しく、それでいて良質なポップスのように親しみやすい。一生もののアルバムです。
優美で気品に満ちたヴォーカルが素晴らしいですが、これ以前のアルバムでは、ローリングストーンズ、レイ,チャールズ、ドノバン、レアバードのカバーなどなど驚くほど多彩な歌声を聴かせてくれます。以前の作品も素晴らしく、よく聴きました。

試聴 Click!

ANGELO BRANDUARDI / ALLA FIERA DELL’EST

EASY LIVIN’ 様
今年1番良く聞いたCDはANGELO BRANDUARDIで、CDトレイに乗る事が多かったです。
古き良き時代に居る様な、でもポップ感もあるからだったのでしょう。現実逃避的音楽の楽しみ方です。

試聴 Click!

CONRAD SCHNITZLER / CON、CON3、CONVEX

T 様

今年、一番はまっていたのは御社から購入したコンラッド・シュニッツラーです。彼の音楽性は他者のものとは全く違い、ものすごいオリジナリティを感じています。どうも有難うございます。
(特によく聴いていたのは)Conrad Schnizer 1st,Con3,Convexあたりでしょうか。あと、クラスターやタンジェリン・ドリーム1stで、コンラッド・シュニッツラーが参加しているのもいいですね。

試聴 Click!

CAN / SINGLES

スタッフ増田

カケレコの取り扱い作品でなくて申し訳ないのですが、新人増田の今年一番聴いたアルバムはコレ。
シングル集なのでコンパクトな曲で構成されているのも聴きがちな所以かもしれません。

今年頭にはドラマーのヤキ・リーベツァイト、そして9月にはベーシストのホルガー・シュカイという二人のオリジナル・メンバーを失ってしまったのがまだ記憶に新しいCAN。
「40年先の音楽」と呼ばれるのも納得の、現代においてすら先進的に聴こえるこのサウンド!
誰にも真似できない、唯一無二の音楽性を改めて聴き味わいました。

試聴 Click!

X-LEGGED SALLY / LAND OF THE GIANT DWARFS

わらびもち 様

x-legged sallyは全アルバム聴きましたが、特に気に入ったのがkilled by charityとland of the giant dwarfsです。
人間関係や仕事でまいっている時、聴くと元気が出るからです。元気が出ると言うか前向きになれるからです。他にもいろいろ聴きます。

試聴 Click!

PORTICO QUARTET / ART IN THE AGE OF AUTOMATION

takechico 様

プログレに含まれる音なのかどうかわかりませんけど、ミニマルでありながらストリングスやエレクトロニクスの導入で非常に情感豊かに仕上がっており、個人的には2010年代を代表する1枚になるのでは、とすら思っています。

試聴 Click!

BAROCK PROJECT / DETACHMENT

まぐろ 様

Moon Safariが好きなのですが、Moon Safariよりもプログレ度が強いと感じました。
一曲一曲の構成が素晴らしい。6月に一緒に来日してくれて嬉しかったです。

試聴 Click!


ヴィンテージとモダンの絶妙なる融合、センス溢れるイタリア新鋭BAROCK PROJECTを特集!

【関連記事】

ヴィンテージとモダンの絶妙なる融合、センス溢れるイタリア新鋭BAROCK PROJECTを特集!

毎回ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は新鋭より、70年代プログレを受け継ぐヴィンテージ感と現代のバンドらしいモダニズムを見事に融合させたサウンドを聴かせる、イタリア期待の新鋭BAROCK PROJECTにフォーカスしてまいりましょう!


SYMPHONIC NIGHT VOL.1~BAROCK PROJECT&MOON SAFARI来日公演ライヴレポート(6/22)

【関連記事】

SYMPHONIC NIGHT VOL.1~BAROCK PROJECT&MOON SAFARI来日公演ライヴレポート(6/22)

6月22日に行われた「SYMPHONIC NIGHT VOL.1」BAROCK PROJECT&MOON SAFARI来日公演を観てきました。イタリアとスウェーデンの新世代を代表する実力派プログレ・バンド2組のステージの模様をお伝えいたします!

BIG BIG TRAIN / SECOND BRIGHTEST STAR

pureblues 様

今を生きるプログレバンド、Big Big Trainの「The Second Brightest Star」です。
前作「Grimspound」から3か月でリリースという驚愕のペースに踊らされましたが、内容は本当に素晴らしい。決して「勢いで作った」作品でもなく、もちろん「やっつけ仕事」でもない。彼らの作品の中でもひときわ丁寧に作られているなと感じさせるところは流石です。特に「英国らしさ」とダイナミズム、叙情性に溢れた表題曲はバンド史上最高の名曲です。

試聴 Click!

MARILLION / BRAVE

ひとり囃子 様

今年の10月に23年ぶりに来日公演を行ったMarillion。
そのライブ前の予習で彼らのアルバムの中で一番よく聴いたのがBraveでした。名作です。

試聴 Click!


マリリオン来日公演1日目@クラブチッタ川崎 ライヴレポート

【関連記事】

マリリオン来日公演1日目@クラブチッタ川崎 ライヴレポート

10月20日にクラブチッタ川崎でおこなわれた、マリリオンの来日公演1日目にいってまいりました!

ロック編

FLEETWOOD MAC / RUMOURS(噂)

しまあじ 様

いつ聴いても何回聴いても変わらない素晴らしさ。

試聴 Click!

STEELY DAN / KATY LIED

愛宕町私設ライブラリ 様

ウォルター・ベッカー氏の訃報に接し。2nd とどっちを採るかいつも迷うんだが、少し背伸びをして。リスナーだって成長しなきゃね。

試聴 Click!

WENDY & BONNIE / GENESIS

ひーちゃん 様

二、三年前から欲しかったのですが、やっと今年購入できました!
クオリティーの良さとwendy&bonnieとして活動する前のcrystal fountainの曲もサイケファンなら絶対大好きになっちゃうのが感じられました!

試聴 Click!

BANCHEE / BANCHEE

スタッフ青山

ジャケットの可愛らしさに惹かれて手に取り、内容も気に入って繰り返し聴きました。
ファズ・ギターが炸裂したりとサイケ・ハードな曲もありますが、ハーモニーが美しいゆるやかなフォーク・ロックがとても良いです!グレイトフル・デッドやCSN&好きな方におススメです。

試聴 Click!

BEATLES / LIVE AT BUDOKAN 1966

EASY LIVIN’ 様

beatlesがかつて投げた地球規模の巨大なブーメラン効果が今頃になってJASRAC公認という運びになったとでも言えましょうか?
1年中とはなりませんが、これもよく聴きますね(微笑)

試聴 Click!

※映像は収録されているものと違う場合がございます。ご了承くださいませ。

BEATLES / PAST MASTERS VOLUME TWO

田中店長

ようやく、この時がきたか!ようやく、息子が音楽に興味を示してくれました。
中二の息子を車に乗せる時は、いつもビートルズ。
なぜか「We Can Walk It Out」が一番のお気に入りで、
結果として一番よく聴いた一枚が『PAST MASTERS VOLUME TWO』となりました。
ちなみに私が好きなのは「Day Tripper」。
「ここ聞いて!これだよ、このドラム!」と、イントロで切れ込むリンゴのドラムを熱く語っています。

試聴 Click!

TERRY ALLEN / JUAREZ

harrison8068 様

テキサスの伝説的なSSWらしいのだがその1st。ジャケ見てほぼ確実に良盤確定、聴いてびっくり超傑盤でした。
カントリー、フォークを基調にピアノ主体で泥臭くなくアレンジも軽妙洒脱。すばらしい1枚でした。

試聴 Click!

MILLER ANDERSON / BRIGHT CITY

スタッフ佐藤

一番聴いたかはわかりませんが、今年よく聴いていた実感があるのが英国のSSW/ギタリストMiller Andersonの71年作『BRIGHT CITY』です。
ジャケットはどこか寂しげな風情ですが、格調高くも味わいあるメロウ・スワンプなサウンドは、不思議とどの季節にもフィットする気がします。
きっと来年以降も聴いてたランキング上位に居続けることになるだろう生涯の一枚です^^

試聴 Click!

LOS CHEYENES / POP DE LOS 60

ヨーソロー大泉 様

フリーキーな演奏とやけっぱちシャウトなガレージパンクバンドのシングル集。
KinksやHolliesのカバーも荒れてて格好いい。曲名が読めない!バンドの見た目はGSっぽい。

試聴 Click!

Y&T / EARTHSHAKER

n🍺oOta 様

車にはこれしかないので。

試聴 Click!

KAREN BETH / HARVEST

スタッフみなと

カケレコの在庫でなくて申し訳ないのですが、カレン・ベスの2ndをよく聴いていました。
柔らかい木管楽器のようなボーカルと、さり気ない演奏が素晴らしくて・・・
遅く起きた休日に、これを聴きながらコーヒーを飲むのが幸せのひと時でした。

試聴 Click!

それぞれの思い入れが詰まったアルバム、いかがでしたでしょうか。

投稿してくださった皆様、ありがとうございました!!


2017年11月のカケレコ月間ベストセラーTOP10を発表!

【関連記事】

2017年11月のカケレコ月間ベストセラーTOP10を発表!

2017年11月の月間ベストセラーを発表いたしましょう!世界中からロック&プログレ作品が集まるカケレコらしく、国際色豊かなラインナップとなっておりますよ~☆


2017年ベストアルバムTOP25-米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表

【関連記事】

2017年ベストアルバムTOP25-米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表

米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表の今年の25枚です!


今年多く読まれたカケレコWEBマガジン記事TOP15!

【関連記事】

今年多く読まれたカケレコWEBマガジン記事TOP15!

少し早いですが2017年の振り返りに、今年注目を集めたWEBマガジン記事をランキング形式で発表!最も人気のあった記事は…?


「妄想プログレ・フェスティヴァル 2017」ライブレポート【1日目/2日目】

【関連記事】

「妄想プログレ・フェスティヴァル 2017」ライブレポート【1日目/2日目】

8月某日、カケレコが主催する「妄想プログレ・フェスティヴァル2017」が開催されました!


「お好きなメロトロン・ソング」結果発表!!

【関連記事】

「お好きなメロトロン・ソング」結果発表!!

皆様から募集した「お好きなメロトロン・ソング」を大発表!定番からニッチな一曲、そして90年代以降の新世代による曲まで、いろんなメロトロン・ソングをお寄せいただきました!是非どの曲が入っているか想像しながら読み進めていただければ幸いです☆

関連カテゴリー

2017年、何聴いてた?皆様のご投稿を大発表!!

  • YES / CLOSE TO THE EDGE

    72年作5th、緊張感、幻想美、構築性、ダイナミズム、超絶技巧!これぞプログレと言うべき要素が詰まった超傑作!

    その構築的に練り上げられた楽曲と凄まじい演奏技術により、今なお多くのフォロワーを生み出しているイギリスのグループの72年作5th。その内容は前作「こわれもの」と並ぶ、プログレッシブ・ロック史に留まらず70年代ロック史に残る屈指の大名盤であり、20分近い表題曲をメインに据えたコンセプト・アルバムとなっています。Keith Emersonと人気を分かつRick Wakemanによる華麗なキーボード・オーケストレーション、カントリーからフラメンコまでを自在に操る個性派ギタリストSteve Howeの超絶プレイ、難解な哲学詞を伝えるハイトーン・ボーカリストJon Anderson、テクニカルでタイトなBill Brufordのドラム、そしてリッケンバッカーによる硬質なベースさばきを見せるChris Squire、今にも崩れそうな危ういバランスを保ちながら孤高の領域に踏み入れた、まさに「危機」の名に相応しい作品です。

  • KING CRIMSON / RED

    フリップ、ウェットン、ブルーフォードの三人が尋常ならざる緊張感の中で生み出したクリムゾンを代表する傑作、74年作7th

    奇才Robert Frippを中心に結成され常に先鋭的なサウンドを作り出し、デビュー以来プログレッシブ・ロックの頂点に君臨し続けるイギリスのグループの74年7th。「太陽と戦慄」からの布陣であるRobert Fripp、John Wetton、Bill Brufordのトリオによるラストアルバムであり、その内容はへヴィ・メタルの原型とも言われる評価も納得の重々しいギター・リフで幕を開け、これまでの活動の集大成といった趣の幅の広さをもったものです。「クリムゾン・キングの宮殿」でプログレッシブ・ロック・シーンの夜明けを作った彼らは本アルバムをもって解散、ジャケット裏のメーター表示がレッド・ゾーンを振り切っていることが全てを伝えています。第一期KING CRIMSONの終焉は衰退の様相を見せたプログレッシブ・ロック・シーンを象徴する出来事であり、時代の移ろいを感じさせます。

  • PINK FLOYD / WISH YOU WERE HERE

    前作「狂気」に劣らない内容と人気を誇る75年作

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの75年9th。前作「狂気」を発表しツアーも成功のうちに終了、休業解散状態であったバンドが再びシーンに返り咲いた作品であり、創設時のメンバーSyd Barrettを想起させるテーマを盛り込んだ、Roger Watersの色濃いコンセプト・アルバムとなっていますが、その内容は「狂気」のクオリティーをそのままに別なベクトルへ向けて発信した傑作です。トータル志向という意味では確かに「狂気」に軍配が上がるも、各楽曲のクオリティーは全く見劣りせず、彼らの代表作の1枚に上がることも多い名盤です。

  • ATOLL / L’ARAIGNEE MAL

    仏プログレを代表するグループ、仄暗くも幻想的なサウンドに惹きこまれる大傑作2nd、75年リリース

    構築的な楽曲アレンジ、美しいコーラス・ワーク、そして華やかな音像で「フランスのYES」などと評されている、フレンチ・シンフォニック・ロックを代表するグループの75年2nd。前作での構築的なサウンドはさらに磨きをかけながら、ギタリストChristian Beya、ヴァイオリンのRichard Aubertの新加入が大きくバンドに影響を与え、YESの構築美やジャズ・ロックアンサンブルに加えてKING CRIMSONの屈折したヘヴィネスまで織り交ぜて聴かせています。多少荒さのあった前作から比べると、フランス産らしい耽美な質感も現れており、まさしく彼らの代表作とするにふさわしい名盤です。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲。

  • MILLER ANDERSON / BRIGHT CITY

    元KEEF HARTLEY BANDのG&Vo、哀愁溢れる絶品英ロック、おすすめ!

    元KEEF HARTLEY BANDのギタリスト/ヴォーカリスト。71年作のファースト・ソロ。渋いブルース・ロック、いぶし銀のスワンプ・ロック、哀愁のフォーク・ロックなど、多彩な楽曲群により彼のギタリスト&ヴォーカリストとしての魅力が十二分に発揮された名作。特にヴォーカルが素晴らしく、ソウルフルなシャウトだけでなくバラードでの優美な歌声も見事です。名オルガン奏者MICK WEAVERも味わい深いフレーズで好サポート。いかにも英国的なジャケットに惹かれた方はまず買って損はありません。

  • FLEETWOOD MAC / RUMOURS

    77年発表の代表作、31週にわたり全米No.1の座に君臨したモンスターアルバム!

  • BIG BIG TRAIN / SECOND BRIGHTEST STAR

    90年結成、今や名実ともに現英国プログレの頂点に位置するバンド、なんと前17年作『GRIMSPOUND』に続いての17年リリース作!

    90年に結成され、今や名実ともに現英国プログレの頂点に位置するバンド、なんと先ごろリリースされた17年作『GRIMSPOUND』に続く17年リリース作!ヴァイオリン、ピアノ、アコースティックギターなどを主体に紡がれる、英国の神秘的な森の情景を想わせる美麗なアンサンブルに支えられ、ジェントルで気品あるヴォーカルが前面に出された珠玉の叙情ナンバーで構成された作風です。オリジナル楽曲は7曲40分のボリュームですが、その後待ち受けるのが、前々作「FOLKLORE」と前作「GRIMSPOUND」収録楽曲の拡張バージョンをパーツに持つ30分に及ぶ組曲。前半の作風を踏襲するメロウで落ち着いたサウンドを基本としつつも、変拍子でダイナミックに突き進むパートも登場し、ドラマチックに物語が描き出されていく傑作組曲に仕上がっています。前作『GRIMSPOUND』と対をなす構成として優美なパートばかりで作り上げられた叙情シンフォ・ファンには堪らない一枚となっています!

  • BAROCK PROJECT / DETACHMENT

    イタリア出身、クラシカルなキーボード・プログレ新鋭バンド、17年作

    クラシック音楽やキース・エマーソンに影響を受けた技巧派キーボード奏者&コンポーザーのLuca Zabbini率いる新鋭イタリアン・プログレ・グループ、17年作5th。今作でも変わらずのキャッチーでドラマチックなメロディメイクと、変拍子を交えながら疾走感いっぱいに駆け抜けていくテクニカルな演奏の組み合わせが痛快です。エマーソン譲りの速いタッチで派手に畳み掛けるシンセ、ここぞというパートでアグレッシヴに噴き出すハモンド、クラシックの素養滲むロマンティックなタッチのピアノなど、各鍵盤を自在に操り70年代プログレへのリスペクトに溢れたプレイを聴かせるLuca Zabbini、やはり並ではない才能を感じさせます。一方ハード・ロック調の重量感あるプレイを主とするギターが現代的なエッジあるサウンドを担当。ポップに洗練された親しみやすいモダン・プログレの中に絶妙にヴィンテージ質感を織り込むセンスの良さが今作でも光ります。またリズム隊も特徴的で、民族舞曲に通じるリズミカルな躍動感を持つプレイを随所で織り交ぜることでイタリアらしい祝祭感を生み出しているのが特筆。得意とする荘厳で格調高いバロック調スタイルを取り入れたナンバーの完成度も高いです。メリハリの効いたスピード感ある展開で一気に聴かせる快作!

  • X-LEGGED SALLY / LAND OF THE GIANT DWARFS

    ベルギーのアヴァンギャルド/レコメン系バンド、単独名義でのスタジオ最終作、95年発表

  • WENDY & BONNIE / GENESIS

    69年発表、ソフト・ロックの名作

  • CONRAD SCHNITZLER / CON(BALLET STATIQUE)

    KRUSTER〜初期TANGERINE DREAMにも在籍したジャーマン・エレクトロを代表するミュージシャン、78年作

    • CTCD556

      希少、紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲、定価2500

      盤質:全面に多数傷

      状態:良好

      帯無

      帯無、盤に研磨跡あり、紙ジャケに若干スレあり、特典ボックス・デフジャケ付(本来はCON/CON 2/CON 3/エレクトロコンの4枚組ボックスセットと思われますが、『CON』1枚と特典のみの商品となります)

  • CONRAD SCHNITZLER / CON 3

    KRUSTER〜初期TANGERINE DREAMにも在籍したジャーマン・エレクトロを代表するミュージシャン、CONシリーズ第三弾、80年録音

    • CTCD558

      廃盤、紙ジャケット仕様、06年リマスター使用、ボーナス・トラック6曲、1000枚限定プレス、定価2500

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。