プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

SYMPHONIC NIGHT VOL.1~BAROCK PROJECT&MOON SAFARI来日公演ライヴレポート(6/22)

スタッフ佐藤です。

6月22日に渋谷のTSUTAYA O-EASTで行われた、「SYMPHONIC NIGHT VOL.1」BAROCK PROJECT&MOON SAFARI来日公演を観てきました!

今回は写真撮影がOKだったのでステージ写真を交えてお届けいたします。スマホのズーム撮影だったため鮮明ではありませんが、ステージ上の雰囲気が伝われば幸いです。

今回の出演バンドは、初来日となるイタリアの新鋭BAROCK PROJECTと、3年ぶり3度目の来日となるスウェーデンのMOON SAFARI。

BAROCK PROJECTは、00年代中頃に結成され07年にデビューしたイタリアの新鋭シンフォニック・ロック・グループ。キース・エマーソンを敬愛してやまない超絶技巧キーボーディストLuca Zabbiniを中心に活動、現在までに5作品をリリースしています。因みに84年生まれの33歳Luca Zabbiniを筆頭に、5人中3人が20~30代のメンバーという注目の若手バンドです。来日メンバーはこの5人。

キーボード/アコースティックギター – Luca Zabbini
ベース – Luca Pancaldi
ドラム – Andy Bartolucci(Eric Ombelli?)
ヴォーカル/アコースティックギター – Alex Mari
リードギター – Marco Mazzuoccolo


MOON SAFARIについては説明不要かもしれませんが、今や新世代プログレを代表する存在となったスウェーデンの6人組バンド。03年結成、05年にTHE FLOWER KINGSのメンバーThomas Bodinのプロデュースによってデビュー作をリリースします。その後08年の3rdアルバム『LOVER’S END』で大ブレイク、日本でもその名が一躍知られるようになりました。難解で取っ付きにくいというプログレのイメージを覆す、ハートフルなメロディメイクと開放感いっぱいのファンタスティックなサウンドで、プログレ・ファンを魅了し続けています。

リードヴォーカル/アコースティックギター – Petter Sandstrom
リードヴォーカル/キーボード – Simon Akesson
リードギター – Pontus Akesson
キーボード(オルガン)/パーカッション – Sebastian Akesson
ベース – Johan Westerlund
ドラム – Mikael lsraelsson


イタリアとスウェーデンを代表する実力派2バンドが一度に観られるとあって、会場はもちろん満席状態。19:00、BGMのチェルベッロが止まり、会場が暗転します。

まずはBAROCK PROJECTが登場!

一曲目は、15年作『SKYLINE』収録の「OVERTURE」。テクニカルなインストナンバーで一気にギアを上げていきます。

キース・エマーソン愛が滲み出るようなド派手なハモンド(をシミュレートしたキーボード)速弾きで、のっけから観客を沸かせるLuca Zabbini。細身の体型にレザーを着込んだスタイリッシュな出で立ちが決まっています。

変拍子満載であるにもかかわらず、一糸乱れず突き進む安定感抜群の演奏は凄すぎて呆気にとられるほど。小気味良い疾走感に思わず体を揺らしながら聴いていました。
どこかP.F.M.「CEREBRATION」を彷彿させる祝祭感溢れるリズミカルなアンサンブルに、イタリアの血を感じさせます。 

いやはや冒頭からの超絶技巧アンサンブルに圧倒されてしまいました~!これぞBAROCK PROJECT!!


続いては、アルバムでは「OVERTURE」の前に収録されているオープニングナンバー「GOLD」をプレイ。

オルガンとアコースティックギターの軽快なストロークが交わる躍動感いっぱいの演奏をバックに、抜けの良いポップなメロディーをAlex Mariが力強く歌い上げます。17年作『DETACHMENT』から参加しているヴォーカリストですが、張りのある歌声を持つかなりの逸材。
ロック・ヴォーカリストらしく激しく身体の動かしステージ上を駆け回ります。

男性的な声量豊かなヴォーカルを披露するAlexと、少し翳のある艶やかな声質で歌うLuca。
2人のヴォーカルの対比がまた素晴らしく、時おり聴かせるハモりも絶品でしたね。

またインストパートでのギターとシンセの超絶ユニゾンもゾクゾクするようなカッコよさでした~!




そして間違いなくハイライト、彼らを代表する一曲と言える3rd「COFFEE IN NEUKOLLN」収録の「FOOL’S EPILOGUE」もやってくれました!
個人的に彼らの曲で一番好きなナンバーなのでこれは嬉しかった~!

まずは「KYRIE」。バッハかと思うようなチャーチオルガン(をシミュレートしたキーボード)の重厚な独奏が会場に響き渡ると、まさにクラシックを聴くかのように息をのんで聴き入る客席。バロック音楽に由来する厳しくも格調高いサウンドは雰囲気抜群です。

やがてオリジナル通りの優雅なオーケストラ音源が挿入されると、Alexが粛々とあのドラマチックなメロディを歌い始めます。
スタジオ・バージョンではLucaが歌っていますが、ライヴということもありAlexの声量あるヴォーカルの方がより映えている印象でした。

後半はハード・ロック調のノリの良い演奏へとなだれ込んでいき、シンセ&オルガンのスリリングなソロが炸裂!左右に設置したキーボードを同時に弾くLucaの何とカッコいいこと!演奏の質もスタイルも、まさにエマーソンが乗り移ったかのようなパフォーマンスで観客を圧倒します。

BAROQUE + ROCK = BAROCK というバンド名を見事に体現するサウンド、存分に堪能いたしましたっ!

最新作からの「BROKEN」、15年作の表題曲「SKYLINE」をプレイして、アンコールは15年作『SKYLINE』より「THE LONGEST SIGH」。初期ジェネシスへの憧憬に溢れた可憐で優美なシンフォニック・ロック・アンサンブルに、伸びやかなヴォーカルが映える美しいナンバーです。シンセとギターが紡ぐ天上を描くかのようなユニゾンパートが極上でした~!アンコールというとノリの良いロックチューンを演ることが多いですが、しっとりとメロディアスな曲で締めてくれてこれもまた良いものでしたね。


20分ほどのインターバルを置いて、続いてはMOON SAFARIです。
彼らのライヴを観たのは2013年1月の「ヨーロピアン・ロック・フェス」以来なので4年半ぶりでした。

演奏が始まると、ゆっくりと幕が開きメンバー6人が登場。会場中が待っていたとばかりに割れんばかりの拍手で迎えます。

清涼感いっぱいの多声コーラスが彩る「welcome back~」というサビのフレーズが印象的なナンバーでスタート。
聴き覚えのない曲だなと思ったら「1987」という新曲だったようです。いい曲でした~。


続いては、ライヴでは定番となっている「LOVER’S END」収録の名曲「A KID CALLED PANIC」!
個人的にも大好きな曲ですが、やはり人気は高いようでイントロのギターが鳴った瞬間に「おお~」というどよめきとともに大きな拍手が沸き起こります。

ドライヴ感いっぱいだけどよく聴くと非常に複雑なパターンの技巧的なリズム・セクションに乗ってAkesson兄弟のキーボードとギターが歌心溢れるソロを披露するインストパート、そこからSimonが自身のキーボードを伴奏に切々とした美声で歌い上げるヴォーカルパート、そして最後のサビへと力強く移行していく後半のドラマチックな展開には、わかっていても感動を禁じえません。なんといい曲なのだろう、とこの曲に出会えた幸せを生で聴いていて実感します。

間奏ではアコギを抱えてステージ上を所狭しと跳ね回ったりステージ縁に座ったり寝転がってみたりと、Petterのパフォーマーぶりが楽しかったです。


2nd収録の「Southern Belle」も美しかったなぁ~。まずはドラマーのMikaelを除く5人がセンターのマイクに集まり、透き通るようなコーラスワークを披露。水を打ったように会場が静まり返り、美しい重唱に聴き入ります。

Simonだけがマイク前に残りMikaelがピアノで伴奏を弾き始めると、優しく繊細に歌い始めます。CDで何十回と酔いしれた歌声を今目の前で聴いていることに喜びがこみ上げてきます。メインヴォーカルをそっと支えるソフトな三声コーラスも至福の響きでした…。

続いての「HEARTLAND」も大好きなナンバー!太く柔らかなトーンのシンセを主体とする愛らしいナンバーで、突き抜けるようなポップなメロディをPetterとSimonが代わる代わる歌います。スタジオ・バージョンの印象通り、思わず一緒に歌いだしたくなるような魅力溢れるマジカルな一曲でした。

14年作『HIMLABAKEN VOL.1』からは「TOO YOUNG TO SAY GOOD-BY」と「DIAMONDS」を披露してくれました。
コロコロしたピアノとシンセの愛らしい音色と雄大にメロディを紡ぐギター、コーラスを多用しながらスケールいっぱいに展開していく、
清涼感100%の突き抜けるような「TOO YOUNG TO SAY GOOD-BY」はオリジナル通り!心地よい多幸感を与えてくれる名曲、堪能しました~。

「DIAMONDS」は、可憐なピアノのフレーズに導かれて幕を開ける胸躍るようなファンタジック・チューン。優しすぎるハモりヴォーカルが沁みます。
途中のシンセとギターが疾走するスピーディーなインストパートがアクセントになっていて、優美なだけではない起伏ある構成に生で聴いて改めて唸らされます。

ただ、とても残念なことにここで最終電車で帰れるギリギリの時間が来てしまい、泣く泣く途中退席…。

この後も、新曲「BEYOND THE BLUE」、14年作4thより「MEGA MOON」、2nd収録「CONSTANT BLOOM」などを演奏したそうで、アンコールもかなり盛り上がったようです…。どれも聴きたかったなぁ(泣)



エマーソン愛溢れるカリスマ・キーボーディストを中心に、バロック音楽のダイナミズムとモダンなメロディアスさが融合したパフォーマンスで観客を魅了したBAROCK PROJECT。

貫禄すら漂う安定感抜群のパフォーマンスながら奏でる音はどこまでも瑞々しくフレッシュな魅力に満ちていたMOON SAFARI。

それぞれのバンドの良さがしっかりと引き出された素晴らしいステージだったと思います。
是非また日本のプログレ・ファンに素敵な一夜を届けに来てください!

BAROCK PROJECTの在庫

  • BAROCK PROJECT / REBUS

    注目のイタリア新鋭グループ、09年作、キーボードとピアノが躍動し、次々とスリリングに畳みかけるダイナミックなクラシカル・プログレ

    Keith Emersonから強く影響を受け、クラシックからジャズまで豊富な音楽的バックグラウンドを持つキーボード兼コンポーザーのLuca Zabbini率いるグループ。09年作2nd。バロックなピアノ&ストリングス、エッジの立ったスリリングなギター、タイト&スピーディーなリズム隊、エネルギッシュかつエモーショナルなヴォーカル、アグレッシヴなフルートによる鮮烈なクラシカル・プログレ。コロコロとスピーディーに転がるフレーズからしっとりと格調高いフレーズまで自在にクラシカルなフレーズを操るピアノはテクニック、センスともに抜群。長いトンネルから視界が一気に開けた時のような、光に溢れた明瞭なサウンドは躍動感いっぱい。これでもかとスリリングに畳みかけるパートのダイナミズムと切れ味は圧巻です!クラシカルなキーボードのファンは必聴!

  • BAROCK PROJECT / COFFEE IN NEUKOLLN

    イタリア新鋭シンフォニック・ロックバンドによる12年作3rd、メロディアスなポップ感覚とバロックな格調高さを共存させたハイセンスなプログレ!

    イタリア出身新鋭シンフォニック・ロックバンドによる12年作3rd。スピード感いっぱいに弾けるように展開するファンタジックなアンサンブルに、ドラマティックかつ洗練されたポップセンスを感じさせるメロディーが気持ちよく響くシンフォニック・ロック。アンサンブルを彩るキラキラしたアコギやフルートのリリカルな音色からは、イタリアン・ロックらしい溢れ出すような瑞々しさを存分に感じることができます。しかし聴きどころはやはり重厚に鳴るストリングスやコラール風の合唱、荘厳なオルガンなどを用いた本格派バロック・サウンドが展開されるところで、そこにヴォーカルが切々と歌声を響かせると一気に匂い立つようなロマンが現れてきます。流麗なギターが活躍するプログレ・ハード風のアンサンブルも随所で聴かれ、一曲の中でも静と動を巧みに同居させる曲展開が見事。現代イタリアン・シンフォの新たな潮流を感じさせる充実の一枚です。

  • BAROCK PROJECT / SKYLINE

    バンド自身がここまでの最高傑作と自認する2015年作4th、往年のプログレやハード・ロックやクラシックを見事に料理しきった傑作!

    クラシック音楽やキース・エマーソンに影響を受けたキーボード奏者&コンポーザーのLuca Zabbini率いるグループ。Luca自身がこれまでの最高傑作と評する2015年作4thアルバム。新たなドラマーとギタリストを迎え4人編成となっており、ゲストとして、なんとあのニュー・トロルスのVittorio De Scalziが3曲目に参加して録音されています。爽快なアカペラの多声コーラス・ワークではじまり、アコギとエレキによる弾むようなバッキング、透明感あるリリカルなピアノ、ファンタスティックなキーボードが豊かに広がるアンサンブルの何と素晴らしいこと!このオープニングを聴いて、ムーン・サファリを思い出すリスナーはきっと多いはず。前のめりに突っかかるようなリズムのキメとともに、ハモンド・オルガンがうねりを上げるところは、往年のプログレのDNAを継ぐ幻想性とともに、現代的なエッジが絶妙にバランスしててカッコ良いし、ガツンと歪んだギターとハモンドが突っ走るところなんかは70年代ハード・ロックも継いでてグッとくるし、管楽器風のトーンのキーボードが高らかに鳴り響いたかと思うとクラシックそのままの流麗なピアノが流れてメロディアスなパートにスイッチしたり、溢れんばかりのアイデアとそれを軽々とこなす演奏も特筆ものだし、すごいワクワク感いっぱい。EL&Pやジェスロ・タルへの愛情たっぷりなパートなんかもニンマリだし、往年のプログレ・ファンにも激レコメンド。前作も素晴らしい出来でしたが、さらに突き抜けた傑作!

  • BAROCK PROJECT / VIVO: LIVE IN CONCERT

    イタリア出身、クラシカルなキーボード・プログレ新鋭バンド、渾身の2015年ライヴ盤

    クラシック音楽やキース・エマーソンに影響を受けたキーボード奏者&コンポーザーのLuca Zabbini率いるグループ。15年11月のミラノ公演を収録したライヴ・アルバム。2015年リリースの4th『SKYLINE』時のメンバー4人に、新加入したベーシストを加えた5人編成で行われています。CD2枚組で、CD1は1st〜3rdアルバム曲+GENESISのカバー「Los Endos」、CD2は、4th『SKYLINE』収録曲+アルバム録音時の未発表曲1曲で構成されています。バロック音楽とともにEL&PやジェネシスのDNAを受け継いだクラシカルなキーボード・プログレ・サウンドが、クリアな音像でダイナミックに鳴り響いています。

  • BAROCK PROJECT / DETACHMENT

    イタリア出身、クラシカルなキーボード・プログレ新鋭バンド、17年作。

    クラシック音楽やキース・エマーソンに影響を受けた技巧派キーボード奏者&コンポーザーのLuca Zabbini率いる新鋭イタリアン・プログレ・グループ、17年作5th。今作でも変わらずのキャッチーでドラマチックなメロディメイクと、変拍子を交えながら疾走感いっぱいに駆け抜けていくテクニカルな演奏の組み合わせが痛快です。エマーソン譲りの速いタッチで派手に畳み掛けるシンセ、ここぞというパートでアグレッシヴに噴き出すハモンド、クラシックの素養滲むロマンティックなタッチのピアノなど、各鍵盤を自在に操り70年代プログレへのリスペクトに溢れたプレイを聴かせるLuca Zabbini、やはり並ではない才能を感じさせます。一方ハード・ロック調の重量感あるプレイを主とするギターが現代的なエッジあるサウンドを担当。ポップに洗練された親しみやすいモダン・プログレの中に絶妙にヴィンテージ質感を織り込むセンスの良さが今作でも光ります。またリズム隊も特徴的で、民族舞曲に通じるリズミカルな躍動感を持つプレイを随所で織り交ぜることでイタリアらしい祝祭感を生み出しているのが特筆。得意とする荘厳で格調高いバロック調スタイルを取り入れたナンバーの完成度も高いです。メリハリの効いたスピード感ある展開で一気に聴かせる快作!

「BAROCK PROJECTの在庫」をもっと見る

MOON SAFARIの在庫

  • MOON SAFARI / A DOORWAY TO SUMMER

    05年リリースの1stアルバム、これでもかと叙情性溢れるファンタスティックでメロディアスな北欧シンフォ、これは名作!

    スウェーデンのメロディアス・シンフォ・グループ。05年のデビュー作。FLOWER KINGSのTomas Bodinによるプロデュース。アコギのアルペジオをバックに、キーボード、フルート、ピアノ、エレキが控えめながらリリカルなフレーズを奏でるファンタスティックなアンサンブルがなんとも素晴らしい。夢見心地の優美なメロディも絶品に一言。1音1音の響きを確かめるように丁寧に編み上げた精緻でいて暖かみ溢れるアンサンブル。アルバム全編を貫く叙情性。メロディ好きにはたまらない逸品です!

  • MOON SAFARI / LOVER’S END

    これでもかと叙情性溢れるファンタスティックな北欧シンフォ、名作の1st&2ndに次ぐ、大傑作3rd!

    スウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ、2010年作3rd。もう1曲目のイントロから必殺!コロコロとしたトーンの愛すべきリリカルなピアノではじまり、ハーモニカがそっと叙情を添えるイントロ。こんなファンタスティックで郷愁を誘うサウンドってそうそうありません。そして、透明感と親しみやすさに溢れたヴォーカルがハートウォーミングなメロディを伸び伸びと歌う。キーボードが柔らかく広がり、哀愁のオルガンが入り、そしてドラムがビートを刻み出すと、もうこのグループから溢れる叙情が聴き手の全身を幸せいっぱいに満たします。左から右からと聴き手を包み込むコーラス・ワークも見事!2曲目も躍動感いっぱいのイントロからもう素晴らしすぎます!心躍るリズムをバックに、ヌケの良いトーンのギターがどこまでも上っていくように美しいメロディを奏で、キーボードとコーラス・ワークが空間をパーっと広げる。フックのあるメロディがまたなんという素晴らしさ!3曲目も賛美歌のようなイントロからグッときてしまいますし、このまま行くとレビューがとんでもない長さになりそうです。1st、2ndも傑作&カケレコのベストセラーでしたが、本作もそれを上回る極上のメロディとアンサンブルに溢れた大傑作!凄い作品です。

  • MOON SAFARI / LOVER’S END TRILOGY

    「ラヴァーズ・エンド」のパート1〜3を収録したEP

  • MOON SAFARI / HIMLABACKEN VOL.1

    まさか前作『LOVER’S END』を超える作品を作るとは・・・ソングライティング、バンド・アンサンブルの両方で「覚醒」した2013年の大傑作

    05年にデビューしたスウェーデンのグループ。2010年の『LOVER’S END』でブレイクし、2013年1月には来日。ライヴ・アルバム、ミニ・アルバムをはさんでリリースされた2013年作。フル・スタジオ・アルバムとしては通算4作目。

    聖歌隊のように壮麗なコーラスではじまり、キーボードとリズム・ギターが高らかに静寂を突き破ると、高音域に向かって伸びやかに飛翔するリード・ギター、コロコロと叙情がこぼれ落ちるピアノがとめどなくメロディアスなフレーズを奏で、ムーン・サファリならではのアンサンブルに胸が高鳴ります。歌メロもこれでもかとキャッチーで切なくて、豊かなコーラス・ワークも相変わらず絶品。これまでのムーン・サファリの良いところを全て盛り込んだような完璧なオープニング!リード・ヴォーカルのPetterが作曲で、彼らしい躍動感みなぎるメロディがとめどなく溢れた名曲です。

    続いては、もう一人のソングライターでKey奏者のSimon Akessonの曲で、これがまた素晴らしい!10ccの「アイム・ノット・イン・ラヴ」を彷彿させるような陰影あるヴォーカル・パートではじまり、うっとりしているとこれでもかの急展開の幕開け。クイーンばりのオペラチックなパート、ジェントル・ジャイアントばりの変拍子でテンションみなぎるパート、ダークに渦巻くオルガン・プログレなパートを織り交ぜながらめくるめく展開します。後半は、ムーン・サファリらしくリリカルなフレーズと美しすぎるヴォーカル・パートの応酬で盛り上げ、まるでアルバムのフィナーレのようにとめどなく盛り上がっていきます。す、すごすぎるぞムーン・サファリ!

    次の曲も凄くって、クリムゾン『レッド』ばりのヘヴィなパートではじまり、クイーンというかジェリーフィッシュのようなコーラス・パート、そこからのまさかのジョージ・ハリスン風スライド・ギターが飛び出して、溢れ出るアイデアとそれを流れるように聴かせるバンドの一体感にはただただうなるばかり。

    歌心いっぱいの小曲2曲をはさんでからのSimon作曲によるラストの2曲がまた素晴らしくて、ソングライターとしての覚醒を感じます。詳細にレビューしたいですが、あまりにレビューが長すぎちゃうので、聴いてのお楽しみに!

    『LOVER’S END』であれだけの高みに上りつめた後で、次の展開はどうなるのかと思っていましたが、まさか『LOVER’S END』が序章だったとは・・・。ビートルズで言えば、『ラバーソウル』の後の『リヴォルヴァー』ぐらいの尖りっぷり!恐るべし才能。バンドの最高傑作であり、00年代以降のプログレ最高到達地点と言っても過言ではない大傑作!圧倒的なメロディ・センスはジャンルを超越していて、プログレ・ファンのみならず、キャッチーなメロディが好きなポップ・ファンも間違いなく心躍ることでしょう。これは必聴です!

  • MOON SAFARI / LIVE IN MEXICO

    2014年4月3日のメキシコのプログ・フェス出演時のライヴ音源、ハートフル&ドラマティックな名ライヴ

    2014年4月3日のメキシコのプログ・フェス出演時のライヴ音源。この時点での最新作である2013年の『Himlabacken Vol.1』の2曲目に収録のムーン・サファリらしいハートフル&ドラマティックな名曲「Too Young To Day Goodbye」からただただ感泣。ロング・トーンで奏でられる泣きのギター、リリシズムがこれでもかとこぼれ落ちるピアノ、木漏れ日のように柔らかに広がるシンセ、安定感抜群のタイトなリズム隊。そして、ハイ・トーンの伸びやかな歌声とフックに富んだメロディ、何より素晴らしい多声のコーラス・ワーク。会場に息をのむ観客の感動がひしひしと伝わってきます。出世作『Lover’s End』と『Himlabacken Vol.1』の曲に加え、シングルリリースされた「Lover’s End Part 3」がライヴで聴けるのがファンにはたまりません。スタジオ以上にヘヴィなところはヘヴィに、幻想的なパートはこれでもかとファンタスティックに、ライヴらしいメリハリの中にパフォーマーとしての彼らの卓越したセンスと実力がみなぎる名ライヴ盤!

    DISC 1:
    1. TOO YOUNG TO SAY GOODBYE
    2. HEARTLAND
    3. BARFLY
    4. MEGA MOON
    5. A KID CALLED PANIC

    DISC 2:
    1. CROSSED THE RUBICON
    2. LOVER’S END PT.III: SKELLEFTEA SERENADE

  • MOON SAFARI / LOVER’S END PT 3: SKELLEFTEA SERENADE

    北欧シンフォの最高峰バンドの一つMOON SAFARIの、10年作『LOVER”S END』収録曲の続編として発表された全1曲24分のシングル!

    現代プログレ・シーンに彗星の如く現れたスウェーデン出身のシンフォ・バンドMOON SAFARIによる、10年作『LOVER’S END』に収録された「LOVER’S END PART1&2」の続編として発表された全1曲24分のシングル。ファンタジックに高鳴るシンセ&オルガン、メロウなトーンで揺らめくギター、繊細なタッチでアンサンブルをひたすらドラマティックに彩るピアノ、そしてあたかも天空から降り注ぐような流麗なメロディーと美しすぎるコーラス・・・。まさにあの名作3rdの次に来るべき一曲としてにこれほど相応しきものがあろうかというほどの名曲に仕上がっています。今回は、前作では若干薄れていたシンフォ色もしっかりと堪能できるのも嬉しいところです。1st、2ndでのシンフォニックな優美さと3rdの躍動感溢れるメロディの素晴らしさが一緒になった珠玉の一曲。これは全プログレ・ファンにとってあまりにも素敵な贈り物でしょう。

「MOON SAFARIの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。