プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

JUDEE SILLが好きな人におすすめの、ニッチな作品セレクション

こんにちは。スタッフのみなとです。

たった2枚のアルバムを残して波乱の生涯を駆け抜けた、ジュデイ・シル。その音楽は、異様とも言えるくらい美しく崇高な輝きを放っていますよね。

個人的にもとても特別なSSWで、正直なところ、これ以上広まって欲しくないなあ、なんて思ってしまいます。CD屋店員としてあるまじき考えですね!すみません。

さてさて、そんなジュディに心奪われた同士の方、こんなの、聴いてます??という感じの作品を、カケレコ棚から探してみました。

ジュディとは全き別物ですが、根底に横たわるスピリットには繋がるものがあるかと思います!

ではまずジュディの曲から。

JUDEE SILL / JUDEE SILL

♪JUDEE SILL / LADY O

試聴 Click!

この優しいアコギ!繊細なメロデイ!そしてジュデイの静かに染み渡る歌声・・・!

もう何だか、ジュディのアルバムがあれば何もいらないような気がしてきました。

CHUCK & MARY PERRIN / LAST WORD

試聴 Click!

60年代後半から活動していたイリノイ州のフォーク・デュオ。

『アシッドフォーク・ディスク・ガイド』にて「アシッドなカーペンターズ」と紹介されていましたが、まさにそんな感じで。

アコースティックギターに兄妹の飾り気のないボーカルが響くのですが、どこか気だるげな、寂れた村の夏の夕暮れ、みたいなメロディーがたまりません。

KATE WOLF/SAFE AT ANCHOR

試聴 Click!

70年代~80年代に活動した、米SSWケイト・ウルフ。86年に白血病で亡くなるまで、地元サンフランシスコで歌い続けました。

昔母が歌ってくれた子守歌のような、コマーシャリズムと全く無縁の、歌とギターの世界・・・

爪弾かれるアコースティックギターに、ケイトの何もかもを許容するような優しいボーカルが広がります。弱っている時に聴いたら何だかもう、号泣してしまいそうです。

FB.WORSTER/GOD DON’T MAKE JUNK

試聴 Click!

米東海岸出身の女性フォークSSW、74年作。

ギター一本でライヴ会場の空気を支配するオーラをまとってますよね。聴き手の時間を止める深遠なる米SSW名品。

MEG BAIRD/SEASONS ON EARTH

試聴 Click!

00年頃から活動している米フォークシンガー、メグ・ベアード。その透き通った歌声は本当に素晴らしいです。

爪弾かれるアコースティックギターに、鳥のさえずりのような絶妙な揺らぎをもつボーカルが入り、えも言われぬ清らかさがあります。

このアルバムを聴いていると、まるで禊をしたかのように心身が清められる気がします。

KATHY McCORD/KATHY McCORD

試聴 Click!

アメリカの女性SSW。69年の唯一作。

うつむき加減のジャケット、どっしりとしたボーカルですが、録音時17歳。

「夜」の香り漂うアルバムです。

FRANCOISE HARDY / TOUS LES GARCONS ET LES FILLES

試聴 Click!

60年代から活躍するフランスのシンガー、フランソワーズ・アルディ。

いったいジュディと何の関連が、と思うかもしれませんが、全く、無いですね。

けれども、アルディのこの、常に憂いを含んだ歌唱とメロディーには、心震えずにはいられません!!FEMALE FOLK好きは、アルディも好きですよね!?


LAURA NYROが好きならば

【関連記事】

LAURA NYROが好きならば

ニューヨークのSSW、ローラ・ニーロ。彼女に近い雰囲気のシンガーをカケレコ棚から探してみました。


虚ろフォーク特集

【関連記事】

虚ろフォーク特集

どこか浮世ばなれした旋律で、何もかも忘れていつまでも聴いていたくなるような幻想的なフォークを紹介します。ちょっと人生を一時停止して、ひと休みしませんか。

CHUCK & MARY PERRINの在庫

「CHUCK & MARY PERRINの在庫」をもっと見る

SANDY DENNYの在庫

  • SANDY DENNY / 19 RUPERT ST

    サンディ・デニー20歳。真夏のグラスゴーで録音された、プライベートセッション!フォークシンガーとしてのサンディを心ゆくまで味わえます。

    1967年8月に、グラスゴーのフォークシンガー、アレックス・キャンベルの自宅で録音された、サンディ・デニーのプライベート・セッション音源。フェアポート・コンヴェンション加入前ですね。アレックスの妻、パッツイ・キャンベルのフラットから2005年に発見されたテープだそう。曲はトラッドを中心に、ジャクソン・C・フランク「Milk And Honey」、カーター・ファミリー「Jimmy Brown The Newsboy」、ジョン・マーティン「Fairy Tale Lullaby」などのカバー、そしてサンディの代表曲「Who Knows Where The Time Goes」も素朴な歌声で聴かせてくれます。特にサンディのギター弾き語りによるスコットランドのバラッド「Balulalow」は物悲しい旋律にサンディの澄んだボーカルが響き、鳥肌の立つよう美しさです。アレックスとパッツィも控えめなボーカルをとっており、リラックスしたムードのなかアレックスの歌う「Trouble In Mind」にサンディの見事なコーラスが合わさり、次第に白熱していく様子には胸が熱くなります。会話交じりの和やかなセッションで、CDを再生するとまるでサンディ達のいるリビングで一緒に聴いているかのような親密な録音になっています。サンディのフォークシンガーとしての真髄に触れられる、貴重な作品!

  • SANDY DENNY / ORIGINAL SANDY DENNY

    フェアポート・コンヴェンション〜フォザリンゲイに在籍、ツェッペリン「限りなき戦い」への参加でも広く知られる女性シンガー、フェアポート加入前のキャリア初期音源集、全10曲

    フェアポート加入前夜の67年にアレックス・キャンベル等とレコーディングしたアルバムの中から、サンディのソロ・ナンバーを集めるかたちで78年にリリースされた初期音源集。アメリカン・フォークの影響を受けたそのサウンドからは、当時、弱冠20歳だった彼女のリアルな感性がダイレクトに伝わってくる。

  • SANDY DENNY / LIKE AN OLD FASHIONED WALTZ

    フェアポート・コンヴェンション〜フォザリンゲイに在籍、ツェッペリン「限りなき戦い」への参加でも広く知られる英女性フォークSSW、73年作

    73年作3rdソロ。柔らかな陽光に包まれたサンディのジャケット通りの優しくリリカルな作品。前作において数曲で導入したオーケストラを全体的にフィーチャーし、前作以上に優雅で開放的なサウンドを聴かせています。綺麗なアルバムです。

  • SANDY DENNY / GOLD DUST LIVE AT THE ROYALTY

    不慮の事故によってこの世を去る半年前、77年のファイナル・コンサート音源、全17曲

  • SANDY DENNY / BEST OF SANDY DENNY

    ex.FAIRPORT CONVENTION、ツェッペリン4th収録「限りなき戦い」への参加で広く知られる女性シンガー、全16曲

  • SANDY DENNY / COLLECTION

    フェアポート・コンヴェンション〜フォザリンゲイに在籍、ツェッペリン「限りなき戦い」への参加でも広く知られる女性シンガー、16曲入りコンピレーション

  • SANDY DENNY / I’VE ALWAYS KEPT A UNICORN: THE ACOUSTIC SANDY DENNY

    ソロ〜フェアポートから選曲した全40曲

「SANDY DENNYの在庫」をもっと見る

J.D.SOUTHERの在庫

「J.D.SOUTHERの在庫」をもっと見る

MEG BAIRDの在庫

  • MEG BAIRD / SEASONS ON EARTH

    米サイケフォークESPERSのヴォーカル、11年作

    米ニュージャージー州出身のシンガー。2002年よりサイケ・フォーク・バンドESPERSのボーカルとして活躍し、07年よりソロでも活動しています。アン・ブリッグスやブリジット・セント・ジョンなどの英国フォークに通じる、少し陰りある清冽なボーカルが大変美しく、アコースティックギターとメグの歌を中心に、時代を超えたフォークを聴かせてくれます。今作はMARK-ALMOND「Friends」とHOUSE OF LOVE「Beatles And The Stones」以外はすべて自作曲で、トラッドフォークを正当かつ現代的に引き継いでいるそのソングライティングに、感服してしまいます。

「MEG BAIRDの在庫」をもっと見る

J.D.SOUTHERの在庫

「J.D.SOUTHERの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。