プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

連載第1回目から、ずっとブリティッシュ・ロックが続いているので、今回はオランダのカヤックをとりあげたい。

カヤックといえば?「オランダを代表するプログレッシヴ・ロック・バンド」と答える人がほとんどだろう。確かに、デビュー作『シー・シー・ザ・サン』(73年)は、シンフォ系プログレの名作とされている。日本では、『マーリン』(81年)に収録された、アーサー王伝説をテーマにした組曲の人気が高い。2000年の再結成以降も、ノストラダムスをテーマにしたロック・オペラなどのコンセプト・アルバムを発表している。

でも、プログレのイメージが強いせいで、曲がコンパクトになり、ポップ・ロック色を強めた70年代中後期のアルバムに関しては過小評価が著しい。すなわち、3作目『ロイヤル・ベッド・バウンサー』(75年)から、『ザ・ラスト・アンコール』(76年)、『スターライト・ダンサー』(77年)、『ファントム・オブ・ザ・ナイト』(78年)、『ペリスコープ・ライフ』(80年)と続く5作のこと。「これ全部聴いたよ!」っていう人、手挙げてみ! いや、聴いていなくても仕方がない。たぶん、日本では、これまで一度も再発CD化されていないのでは?

カヤックの中心コンポーザーは、キーボード奏者のトン・スケルペンツェル。見るからに繊細そうなヴィジュアルで、飛行機が苦手。だから国外ツアーはしたくないというナイーヴなトン。このトンさん、キャッチーで、北欧らしい透明感のある美メロ、泣きメロ作りの名手なのだ。美麗メロディ愛好家なら、70年代中後期のアルバムは聴き逃しちゃダメ!

ということで、同時期のカヤックが誇る泣きの名曲で、個人的にオススメのベスト5を紹介したい。

第5位「マイ・ハート・ネヴァー・チェンジド」(『ロイヤル・ベッド・バウンサー』収録)

約2分半の曲ながら、トンのクラシカルなピアノが演出する、寂しげな余韻がクセになる。

試聴 Click!

第4位「デッド・バード・フライズ・フォーエヴァー」(『スターライト・ダンサー』収録)

同作といえば、何はともあれドラマチックなタイトル曲を体験してほしいが、ゴシック的な暗さ&物悲しい雰囲気の「デッド・バード〜」も、トンならではのセンスあふれる名曲。死せる鳥が永遠の命を得て空の彼方へ飛んでいくところを表した(?)後半のピアノには、胸が切なくなる。

試聴 Click!

第3位「サッド・トゥ・セイ・フェアウェル」(『ペリスコープ・ライフ』収録)

「サヨナラするのは辛いけど」というテーマの曲を、しっとり、でも美しく描くカヤックらしい泣きの名曲。

試聴 Click!

第2位「イレーヌ」(『スターライト・ダンサー』収録)

インスト曲だけど、あまりにも美しい調べに、僕みたいな40過ぎのオッサンでも、キュンと切ない気持になれる。トンのメロディ・センスの旨味が凝縮された至福の4分半だ。カヤックにコーラス要因として参加するイレーヌ・リンダースに捧げられた曲で、彼女は後にトンと結婚。イレーヌは作詞面でもトンのパートナーとして、カヤックには欠かせない存在になる。

試聴 Click!

第1位「ルースレス・クイーン」(『ファントム・オブ・ザ・ナイト』収録)

クリアにして温かみのある声の持ち主、エドワード・リーカースが歌うファンタジックで繊細なメロディにウットリする。この良さは、聴いてもらうのが一番でしょう!

試聴 Click!

メロディ愛好家なら、この5曲を聴けば「ああ、今までどうしてカヤック聴いてこなかったんだろ!」と叫んでしまうはず。今ならメロディアス・ロックとか、AORハードとかいうカテゴリーに括られるのかな?

と、ここまで書いてきて、僕が一番聴いて欲しい、カヤックの隠れた泣きの名曲は、2008年の『カミング・アップ・フォー・エア』に収録された「アンディサイデッド」だ。

同アルバムは、近作の中でもポップ・ロック色が強い内容で、だから日本ではほとんど話題にならなかったという……なんでなんだろねー?!同作発表当時のカヤックは、エドワード・リーカースと女性シンガーのシンディ・アウズホーンが在籍したツイン・ヴォーカル体制。女性シンガーを起用するのはイイとして、力強い声なのは意外だったけど、ショッキング・ブルーとか、アース&ファイアとか、オランダにはパワフルな女性シンガーを有した先輩がいるから、その流れかもしれない。

そんな最新型カヤックが、思いっきりキャッチーな方向に舵をとって作ったのが、『カミング・アップ・フォー・エア』で、その極めつけが「アンディサイデッド」なのだ。シンディがリードをとって歌う情熱的なロック・バラードで、ハートあたりが歌ってもハマりそうな曲調だけど、そこはサスガのトン・スケルペンツェル。ピアノの優しい調べからスタートし、恋愛に踏み込みたい……けど踏みこめない、「アンディサイデッド」=「決心がつかない」揺れ動く心理を、じわじわと盛り上げていく。歌詞を担当したのは、イレーヌ・リンダース。

カヤックも「アンディサイデッド」はヒット性が高いと踏んだようで、この曲をシングル・カットして、プロモーション・ビデオも制作。こういう曲も、カヤックというバンドの本質なのだと思う。「プログレじゃないからダメ!」なんて言わないで、ポップ・ロック・バンドとしてのカヤックが再評価されてほしい。っていうか、誰か国内再発CD化してくれ〜!

それでは来月も、ロックで泣け!

音楽ライター 舩曳将仁

Undecided

試聴 Click!


「そしてロックで泣け!」第六回 インクレディブル・ストリング・バンド「ザ・サークル・イズ・アンブロークン」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第六回 インクレディブル・ストリング・バンド「ザ・サークル・イズ・アンブロークン」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第四回 マグナム「ステイン・アライヴ」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第四回 マグナム「ステイン・アライヴ」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第三回 マディ・プライア「ディープ・イン・ザ・ダーケスト・ナイト」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第三回 マディ・プライア「ディープ・イン・ザ・ダーケスト・ナイト」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第二回 グレイヴィ・トレイン「アローン・イン・ジョージア」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二回 グレイヴィ・トレイン「アローン・イン・ジョージア」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。

KAYAKの在庫

  • KAYAK / CLOSE TO THE FIRE

    19年振りの復活作となった00年作、キャメルのアンディ・ラティマーがゲスト参加!

  • KAYAK / NIGHT VISION

    オランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループ、01年作

  • KAYAK / MERLIN – BARD OF THE UNSEEN

    オランダを代表するシンフォニック・ロック/ポップ・ロック・グループ、83年の名作『MERLIN』の続編に当たる03年作

  • KAYAK / NOSTRADAMUS : THE FATE OF MAN

    オランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループ、05年作

  • KAYAK / COMING UP FOR AIR

    ダッチ・プログレ代表格、08年作

  • KAYAK / KAYAK

    オランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループ、74年作2nd、イエスやジェントル・ジャイアント+ELOやパイロットと言える名作!

    オランダの名プログレ・グループ、74年作の2nd。前年リリースのデビュー作の延長線上にあるサウンドで、イエスやジェネシス meets ELOやパイロットと言えるキャッチーかつドラマティックなプログレが印象的。オープニング・ナンバーから超絶キャッチーな名曲で、イエス譲りのゴリゴリ・ベース、鋭角に切れ込むメロディアスなギターが疾走する中、ハイ・トーンのヴォーカルが美しいメロディを歌い、コーラスがどこまでもクリアに広がります。ジェントル・ジャイアントばりの器楽的アンサンブルからXTCもびっくりなビートリッシュな楽曲まで、とにかくメロディ、アンサンブルともにキレ味抜群。イエスやグリーンスレイドあたりのファンは間違いなくグッときっぱなしでしょう。名作です。

  • KAYAK / LAST ENCORE

    オランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループ、76年4th

  • KAYAK / PERISCOPE LIFE

    80年作

  • KAYAK / EYEWITNESS

    オランダを代表するシンフォニック・ロック・グループ、81年スタジオ・ライヴ作

  • KAYAK / MERLIN

    オランダを代表するシンフォニック・ロック・グループ、82年リリースの人気作

  • KAYAK / LIVE 2019

    オランダを代表するプログレ・グループ、19年のライヴ音源を収録

    2018年にトン・スケルペンツェル以外のメンバーを一新してリリースした4年振りのスタジオ最新作「セヴンティーン」でファンを安堵させたカヤック。アルバム制作時のメンバーで行った翌2019年のライヴ・アルバム。最新作からの数曲と往年のベストヒットで構成されたファン納得のセットリストで安定したパフォーマンスを披露。Bandcampのみで販売された作品が遂に国内リリース成る!(帯記載文より)

  • KAYAK / SEVENTEEN

    名実ともにオランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループによる17年作、1曲でアンディ・ラティマーが参加

    名実ともにオランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・グループとして、世界中にファンを持つ彼らの4年ぶりとなる17年作。結成以来バンドを率いるkey奏者Ton Scherpenzeel以外のメンバーが入れ替わり、Pain Of SalvationやNeal Morse Bandなどの在籍経験を持つ実力派メンバーらを迎えて制作されています。メンバーは大きく変化しましたが、クラシカルな気品たっぷりの端正かつキャッチーなメロディアス・プログレは、まさに従来のKAYAKそのもの!スケールいっぱいのサウンドを支える安定感あるリズム・セクション、甘く雄大に美メロを紡ぐギター、柔らかくもよく通る歌声の適任と言えるヴォーカル、そしてアンサンブルをドラマチックに盛りたてる厚みあるシンセとピアノ。オランダのバンドらしい垢抜けたポップさが全編に散りばめられていて、宝石のような輝きを放ちます。注目は6曲目で、CAMELのAndy Latimer御大が参加。粛々とメランコリックに紡ぐ冒頭のアコースティックギター、そしてCAMELでのプレイそのままの彼方まで響くようなエモーショナルなエレキギターと、名演を披露していて感動の一言。デビューから44年。なおこのフレッシュな聴き心地を約束してくれるKAYAKというバンドの偉大さを改めて実感する作品です。

  • KAYAK / STARLIGHT DANCER and PHANTOM OF THE NIGHT

    オランダを代表するプログレ/ポップ・ロック・バンド、77年作/78年作

「KAYAKの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

None Found

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。