プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「そしてロックで泣け!」第四回 マグナム「ステイン・アライヴ」

あけましておめでとうございます。2015年も、あまり世間に知られていない、でも心の琴線に触れまくる、隠れた泣きの名曲を紹介していきたいと思います。

さて、新しい年になったことだし、気分も新たにがんばろう!……と、正月は祝賀ムード満載。だけど、なんとなく人生が停滞しているように思えて、気分が落ちこんでいる時は、「別に新しい年になったからって、何も変わらねえよ!」とか思ったりして。

人生の壁にぶつかってしまうことは、誰にでもあるもの。今回はそんな時に勇気づけてくれる曲、マグナムの「ステイン・アライヴ」を紹介したい。

マグナムは1972年にイギリスのバーミンガムで結成されたハード・ロック・バンド。中心となるのは、ギターのトニー・クラーキンとシンガーのボブ・カトレイ。特にイギリス本国では高い人気を得たが、1995年に解散してしまう。2002年に再結成し、以降もコンスタントに良質のアルバムを連発。イギリスでは国民的人気を誇っているが、いまだに来日公演なしというのが残念!

特に初期のアルバムは、誇り高き英国ロックの荘重さと、エッジの効いたハード・サウンドが、芸術的といえるレベルで融合された傑作ぞろい。英国ハード・ロック・ファンを自称するなら、ぜひチェックしてみてほしい。

そんなマグナムの泣ける曲として紹介したい「ステイン・アライヴ」は、彼らの2作目『マグナム2』(80年)に収録されている。

マグナムの曲は、ほぼすべての作詞・作曲をトニー・クラーキンが手掛けている。彼の書く歌詞はデビューの頃から思索に富むと注目されたが、この「ステイン・アライヴ」にも深いメッセージが託されている。意訳ながら、「ステイン・アライヴ」の歌詞を紹介しておこう。

「細心の注意を払って歩き、君が行くべき道を見つけるんだ。君の進む方向を背負うのは君しかいない。それは長い道のりかもしれない、悪いことも何度となく起こるだろう。その旅を分かち合うものは誰もいない、君自身のものなのだ」

今も変わることなくマグナムのシンガーを務めるボブ・カトレイの堂々たる歌唱は、トニーの歌詞に強力な説得力をつけ加える。ピアノ中心のシンプルなサウンドということもあって、ボブの切々と訴えかける歌唱が際立つ。自暴自棄になりかけた心へ、時に厳しく、時に優しくメッセージが伝えられる。そしてサビのメロディへ。

「生き抜いていくためには、他の方法なんてない。時間をつぶし、隠れるところなど、どこにもない。生き抜いていくんだ、道は常に二つに分かれている、それはあまりにも厳しい選択だが、君は決めることが出来るか、生き抜いていくために」

「迷わず行けよ、行けば分かるさ!」みたいな、楽天的人生観とはちょっと違うのが、イギリスっぽいといえるかな。分かりやすくいえば、「自分の人生は、自分で責任を持て」ということ。

常に目の前に選択肢があって、生きていくためには、どちらかの道を選ばなければいけない。それが人生だ。そして、その決定は自らが下し、その責任は自分で背負わなければいけない、と。うーん、厳しい。だけど、その通り。

人生には隠れる場所なんてないし、時間もそれほど多くない。常にギリギリのところで、最良の結果を出すことが求められる。そりゃあ失敗することもある。そうしたら次の分岐点でリカバリーするしかない。ああ、でも、また失敗したりして!

そんな人生に「ヒーヒー」あえいでいる時、マグナムの「ステイン・アライヴ」を聴くと、じわっと心に染みてくる。メッセージ・ソングといえばそうだけど、「生き続けろよぉー!」みたいな熱さじゃなくて、まるで父が子に語りかけるように、厳しくも愛情のこもった響きが「ステイン・アライヴ」にはある。

人生につまずいたり、何だか少しも前に進んでいないと憂鬱な気分になった時、マグナムの「ステイン・アライヴ」は、きっと力になってくれる。結局は、自分で何とかするしかないんだ!と、奮い立たせてくれる。ぜひ、2015年を生き抜くお伴にしてもらえたらな、と。

マグナムには、他にも泣ける名曲がいっぱいあるので、また機会があればご紹介したいと思います。では、2015年も、ロックで泣け!

音楽ライター 舩曳将仁

試聴 Click!


「そしてロックで泣け!」第六回 インクレディブル・ストリング・バンド「ザ・サークル・イズ・アンブロークン」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第六回 インクレディブル・ストリング・バンド「ザ・サークル・イズ・アンブロークン」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第三回 マディ・プライア「ディープ・イン・ザ・ダーケスト・ナイト」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第三回 マディ・プライア「ディープ・イン・ザ・ダーケスト・ナイト」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第二回 グレイヴィ・トレイン「アローン・イン・ジョージア」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二回 グレイヴィ・トレイン「アローン・イン・ジョージア」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。

MAGNUMの在庫

「MAGNUMの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

None Found