プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

月イチ連載「そしてロックで泣け!」がスタート!

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介していきたい。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライター、舩曳将仁が務めさせていただきます。

さて、記念すべき第1回目は、ルネッサンスの「ラヴ・イズ・オール」でいってみよう。

ルネッサンスというと、一般的にはクリスタル・ヴォイスの持ち主と謳われた女性シンガー、アニー・ハズラムが在籍したバンド、と思われているが、実はまるで別のメンバーによるオリジナルのルネッサンスというのが存在していた。というのは、ロック通の皆さんならご存知だろうか? 「ラヴ・イズ・オール」は、そのオリジナル・ルネッサンスの曲だ。

ルネッサンス結成の中心となったのは、ヤードバーズのキース・レルフ(vo)とジム・マッカーティ(ds)の2人。ヤードバーズ解散後、かつて同バンドに在籍したギタリスト、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジは、それぞれに成功の階段を駆け足でのぼっていく。それを横目で見ながら、キースとジムの2人はフォーク・デュオのトゥギャザーを結成。68年にデビュー・シングルを発表するが、全く注目されなかった。そこで2人は、ピアノをリード楽器とし、クラシカル・テイストを前面に押し出した、新しいコンセプトのロック・バンドを結成するという、起死回生のアイディアを打ち出す。それがルネッサンスだった。

2人は、キーボード奏者に元ナッシュヴィル・ティーンズのジョン・ホウクン、ベースにザ・ハードのルイス・セナモを起用。さらにキースの妹ジェーン・レルフをシンガーに加えてラインナップを完成させる。69年、アイランド・レーベルから発表されたデビュー作『ルネッサンス』では、きらびやかなピアノをメインにしたクラシカルな要素とロック的ダイナミズムが見事に調和したオリジナリティの高い音楽性を聴かせる。まさに革新的な作品となった。

……というのは後年の評価で、当時はイギリスで60位という結果に。アメリカ・ツアーも失敗に終わり、帰国の途についたところで、リーダーのキース・レルフがやる気を失ってしまう。彼らはセカンド・アルバムのレコーディングに入るが、次々とメンバーが離脱。後期メンバーのマイケル・ダンフォードが中心となって「ミスター・パイン」を録音し、何とか2作目『イリュージョン』を完成させた。

しかし、『イリュージョン』は71年にドイツでのみの発売にとどまり、イギリスでは76年になってようやく発売となった。それは、マイケル・ダンフォードが引き継いだルネッサンスの成功に便乗したものと思われる。これを好機とオリジナル・ルネッサンスのメンバーが再集結し、新たにイリュージョンというバンドの結成を目指すが、デビュー前にキース・レルフが感電死してしまう……なんとツイてない男なんだ!

いよいよ本題。今回紹介したい「ラヴ・イズ・オール」は、そんな悲運のアルバム『イリュージョン』の3曲目に収録されている。先述したように、録音時のメンバーのテンションは低く、アルバムとして『ルネッサンス』のような統一感には欠けるが、曲の出来は粒ぞろい。そのなかでも、コンパクトながら涙を誘う名曲が「ラヴ・イズ・オール」だ。

作曲はジム・マッカーティ。後にキース・レルフの遺志をついだイリュージョンで中心メンバーとなり、「イザドラ」「マドンナ・ブルー」など、叙情メロ愛好派を涙させる名曲をうみだす。その才能はここで開花したといえる。

作詞はベティ・サッチャー。ジェーン・レルフの友達という縁で起用された彼女は、後のルネッサンスでも女性らしい繊細かつファンタジー溢れる歌詞を手掛け、同バンドに欠かせない存在となる。彼女にとっても作詞家として重要なスタートを切ったのが、この「ラヴ・イズ・オール」といえるだろう。

歌詞はほぼすべて「マイ・ラヴ・イズ……」から始まり、「僕の愛」を、「海」、「風」、「空」、「永遠」などと様々に例えて表現している。そして、サビで「愛こそはすべて、愛が唯一のもの」と繰り返す。

「愛とは○○」というテーマは目新しいものではないし、つまりは、ビートルズ「愛こそはすべて」路線の恋愛賛歌といえる。だが、ルネッサンスの「ラヴ・イズ・オール」には、ビートルズのような力強さや「オール・トゥギャザー・ナウ!」みたいなハッピーさは少しもなくて、全体的に悲壮感が漂っている。シチュエーションとしては、「今、俺、恋してます、サイコー!」というのと違って、叶わぬ恋とか、打ちひしがれるようなことがあったり、それでもなお「僕の愛は気高く、愛がすべてなんだ」とつぶやかずにはいられないような、そんな悲痛さが感じられるのだ。

そんな哀愁の雰囲気を醸し出しているのが、ジム・マッカーティとジェーン・レルフの声。ジム・マッカーティは声量も歌唱力も超一流といえないが、人の良さがにじみ出たような親しみやすい声のトーンには、不思議な魅力がある。ジェーン・レルフもアンニュイな憂いのある声を持っていて、その二人の声が初期ルネッサンスの柔らかな音楽性と絶妙にマッチしている。「ラヴ・イズ・オール」では、その理想形ともいえるハーモニーを聴くことができる。

朴訥とした、それでいて柔らかな二人の声が、物悲しいメロディにあわせて愛の尊さを歌い、そこにキラキラとしたピアノの響きがからむ。それが、どこかホロ苦い感じを「ラヴ・イズ・オール」に与えている。恋することの楽しさだけでなく、切なさや苦しさを知っている人なら、「ラヴ・イズ・オール」の「愛こそすべて、愛が唯一のもの」というリフレインには、きっと泣けてしまうはず。

『イリュージョン』には、後にイリュージョンでセルフ・カヴァーされる、「フェイス・オブ・イエスタディ」も収録されている。こちらもしっとり系の名曲なので、ぜひチェックしてみてほしい。

では、また来月。そしてロックで泣け!

音楽ライター 舩曳将仁

ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

試聴 Click!


「そしてロックで泣け!」第六回 インクレディブル・ストリング・バンド「ザ・サークル・イズ・アンブロークン」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第六回 インクレディブル・ストリング・バンド「ザ・サークル・イズ・アンブロークン」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第四回 マグナム「ステイン・アライヴ」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第四回 マグナム「ステイン・アライヴ」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第三回 マディ・プライア「ディープ・イン・ザ・ダーケスト・ナイト」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第三回 マディ・プライア「ディープ・イン・ザ・ダーケスト・ナイト」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第二回 グレイヴィ・トレイン「アローン・イン・ジョージア」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二回 グレイヴィ・トレイン「アローン・イン・ジョージア」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。

関連カテゴリー

第一期ルネッサンス在庫一覧

  • RENAISSANCE / RENAISSANCE

    元YARDBIRDSのKeith RelfとJim McCartyが結成したオリジナル・ルネッサンスによる69年作1st

    元YARDBIRDSのKeith RelfとJim McCartyを中心に結成されたオリジナル・ルネッサンス。69年のデビュー作。ビート・ポップがベースにありますが、クラシカルで躍動感に溢れたピアノ、荘厳なコーラス・ワークをフィーチャーしたサウンドはたいへん幻想的。変拍子の中をピアノがコロコロと転がるキメのパートから、一転して「月光」のピアノ・ソロへと移行するなど、鮮やかなアレンジも素晴らしい。Keith Relfのヴォーカル、紅一点Jane Relfのヴォーカル、どちらも気品に満ちているのも特筆ものです。レイト60sの英国シーンに華麗に咲いた逸品。

  • RENAISSANCE / INNOCENTS and ILLUSIONS

    第一期RENAISSANCEの2作品『RENAISSANCE』『ILLUSION』を収録

    元YARDBIRDSのKeith Relfが中心となって結成した第一期RENAISSANCEの2作品をまとめた編集盤。

    • CMEDD874CASTLE

      2枚組、スリップケース付仕様(画像はジャケットです)、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲

      盤質:無傷/小傷

      状態:

      若干タバコ臭あり、小さい折れあり

RENAISSANCEの在庫

  • RENAISSANCE / DAY OF THE DREAMER

    70年代中〜後期ライヴ音源集、全9曲

  • RENAISSANCE / TUSCANY

    17年振りとなる00年再結成作

  • RENAISSANCE / ARCHIVE SERIES

    スタジオ音源とライヴ音源で構成された13曲コンピレーション

  • RENAISSANCE / IN THE LAND OF THE RISING SUN

    2001年の初来日公演を収録、全15曲

    2001年3月16日、東京厚生年金会館でのライヴ。残念ながらフル収録ではないようですが、往年の名曲、アニーのソロ名曲、トスカーナ収録の名曲と、さすがの名曲づくし。心配されていたアニーの声も全く衰えが感じられず、一曲目の「Carpet Of The Sun」から、あの伸びやかで透き通ったハイトーンに感動しきりです。サウンドの方も文句無しで、特にキーボードワークが素晴らしく、往年のオーケストラとの共演ライヴにも劣らない重厚なサウンドを聴かせています。ライヴ盤の「傑作」と言って差し支えないでしょう。

  • RENAISSANCE / MOTHER RUSSIA

    77〜83年のライヴ編集盤、27分に及ぶ「Ashes Are Burning」を含む全7曲

  • RENAISSANCE / SONG OF SCHEHEREZADE

    76/79年ライヴ映像、全17曲

  • RENAISSANCE / MYSTIC AND THE MUSE

    10年作

  • RENAISSANCE / LIVE IN ASBURY PARK 1979

    1979年7月28日ニュージャージ―公演を収録

  • RENAISSANCE / RENAISSANCE

    元YARDBIRDSのKeith RelfとJim McCartyが結成したオリジナル・ルネッサンスによる69年作1st

    元YARDBIRDSのKeith RelfとJim McCartyを中心に結成されたオリジナル・ルネッサンス。69年のデビュー作。ビート・ポップがベースにありますが、クラシカルで躍動感に溢れたピアノ、荘厳なコーラス・ワークをフィーチャーしたサウンドはたいへん幻想的。変拍子の中をピアノがコロコロと転がるキメのパートから、一転して「月光」のピアノ・ソロへと移行するなど、鮮やかなアレンジも素晴らしい。Keith Relfのヴォーカル、紅一点Jane Relfのヴォーカル、どちらも気品に満ちているのも特筆ものです。レイト60sの英国シーンに華麗に咲いた逸品。

  • RENAISSANCE / INNOCENTS and ILLUSIONS

    第一期RENAISSANCEの2作品『RENAISSANCE』『ILLUSION』を収録

    元YARDBIRDSのKeith Relfが中心となって結成した第一期RENAISSANCEの2作品をまとめた編集盤。

    • CMEDD874CASTLE

      2枚組、スリップケース付仕様(画像はジャケットです)、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲

      盤質:無傷/小傷

      状態:

      若干タバコ臭あり、小さい折れあり

  • RENAISSANCE / PROLOGUE

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は72年にリリースされたデビューアルバム。「革命のエチュード」からの引用によるオープニングからクラシカルな味わいと英国ロックの気品、アコースティックな感性を全面に、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映えます。楽曲のふくよかさ、トータルプロダクションの上手さは後の作品に譲るも、彼らにしか作りえない素朴な叙情の片鱗を既に窺うことが出来る好盤です。

  • RENAISSANCE / ASHES ARE BURNING

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は73年にリリースされた2nd。クラシカルな中に多少のサイケデリック感覚を残したデビュー作から方向性が定まり、牧歌的なのどかさと英国叙情、オーケストラを従えたシンフォニック・ロックの世界を作り上げています。以降ライブでも取り上げられる機会の多い名曲となった「カーペット・オブ・ザ・サン」「燃ゆる灰」などを収録。

  • RENAISSANCE / TURN OF THE CARDS

    前作「燃ゆる灰」で作り上げた優美なシンフォニック・サウンドに磨きをかけた、74年作3rd!

    YARDBIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は74年にリリースされた3rd。前作「燃ゆる灰」で作り上げた優美なシンフォニック・サウンドにさらに磨きをかけ、また、バンドのプロダクションに大いに貢献してきたMichael Dunfordがついに正式加入。「アルビノーニのアダージョ」を取り上げた「冷たい世界」や前作には無かったスケール感を持つ「母なるロシア」などを収録し、バンドは一気にその人気を不動のものとします。

  • RENAISSANCE / SCHEHERAZADE AND OTHER STORIES

    フルオーケストラを動員したクラシカル・シンフォニック・ロックの最高峰!75年作4th

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は75年にリリースされた4thであり、彼らの代表作の呼び声も多い名盤。特にリムスキー・コルサコフの同名交響曲に端を発した「シェエラザード夜話」は、「アラビアン・ナイト」の世界をコンセプトに据えた20分を超える超大作であり、オーケストラ・サウンドとロックの融合を目指した英国ロックの1つの結論と呼ぶべき傑作。米国での成功で勢いに乗った彼らの生み出したシンフォニック・ロックの世界は他の追随を許しません。

  • RENAISSANCE / LIVE AT THE CARNEGIE HALL

    ベスト選曲と言える76年発表のライヴ作

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は76年にリリースされたライブ作であり、アメリカのカーネギー・ホールにてオーケストラを率いて録音(75年6月)された名盤です。デビューアルバムから、アメリカへの足がかりとなった名盤「Scheherazade And Other Stories」までの代表作が余すことなく並んでおり、Annie HaslamのソプラノボーカルとNYフィルのオーケストラが絶妙に溶け合い、孤高のシンフォニック・ロックを作り上げています。

  • RENAISSANCE / KING BISCUIT LIVE

    77年、ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団と競演した歴史的ライヴ

  • RENAISSANCE / NOVELLA

    77年作、邦題「お伽噺」

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は77年にリリースされた6thであり、彼らの代表作の呼び声も多い名盤。「Scheherazade And Other Stories」の評価とアメリカでのコンサートの成功によってWEAとワールドワイド・リリースを契約、まさに絶頂を迎えた彼らの自信に溢れた作品となっています。ロック・フォーク・クラシックという彼らの3大要素が惜しみなく発揮されており、女性ボーカル系シンフォニック・ロックの金字塔的な作品といえるでしょう。

  • RENAISSANCE / A SONG FOR ALL SEASONS

    ポップかつメロディアスな作風の78年作、名盤

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は78年にリリースされた7thであり、前作同様にオーケストラを取り入れたシンフォニック・ロックを披露。アコースティックな味わいとAnnie Haslamのソプラノボーカルが彩るトラッディーな味わいは相変わらず心地良く響いており、明るくきらびやかな作風となっています。音楽的にはやや意図的なポップ・センスが感じられており、バンドで重要な位置を占めるキーボードはシンセサイザーなどエレクトリックな方向性が見え始めるなど、時代の流れと共に変化する彼らの姿が見受けられます。

  • RENAISSANCE / AZURE D’OR

    黄金期の流麗なクラシカル・タッチはそのままに、よりポップな感性が磨かれた79年作

    79年作。クラシカルなテイストはそのままに、ポップ色が増し、クラシカル・ポップというべき洗練された心踊るサウンドが素晴らしい逸品。

  • RENAISSANCE / CARNEGIE HALL LIVE

    フル・オーケストラを配したベスト的選曲の名ライヴ作

    75年6月20日から22日までの3日間、ニューヨークのカーネギー・ホールで行われたコンサートの模様を収録したライヴ。『プロローグ』から『シェラザード夜話』まで、すべてのアルバムから代表曲8曲が選ばれ、フル・オーケストラを配した荘厳なアレンジと圧倒的なまでの観衆のボルテージが聴く者の心を揺さぶる。

  • RENAISSANCE / BBC SESSIONS

    75〜78年のBBC音源集、全盛期のベスト選曲と言える全12曲

  • RENAISSANCE / LIVE FILLMORE WEST 1970

    70年フィルモア・ウェストでのライヴ収録。

    ご存じ英国クラシカル・プログレの代表的グループ、70年フィルモア・ウェストでのライヴを収録した全8曲。

  • RENAISSANCE / LIVE ON THE KING BISCUIT FLOWER HOUR PART 2

    77年ライヴ音源を収録

「RENAISSANCEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

None Found

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。