プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

BEACH BOYS TOP10ソング-米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表

朝なかなか布団から出られず、夏が恋しくて仕方ないこの頃です。
夏といえばこのバンド!米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表したBEACH BOYSのTOP10をご紹介いたします。

それでは、10位からどうぞ!

10位:「Cabinessence」From 『20/20』

試聴 Click!

9位:「Fun, Fun, Fun」From 『Shut Down Volume 2』

試聴 Click!

8位:「Do It Again」 From single/『20/20』

試聴 Click!

7位:「I Get Around」 From single/『All Summer long』

試聴 Click!

6位:「She Knows Me Too Well」 From 『The Beach Boys Today!』

試聴 Click!

5位:「Surf’s Up」 From 『Smile』

試聴 Click!

4位:「California Girls」 From single/『Summer Days』

試聴 Click!

3位:「God Only Knows」 From 『Pet Sounds』

試聴 Click!

2位:「Wouldn’t It Be Nice」From 『Pet Sounds』

試聴 Click!

1位:「Good Vibrations」From single/『Smiley Smile』

試聴 Click!

原文はこちら
http://ultimateclassicrock.com/beach-boys-songs/

こちらもぜひ合わせてご覧ください!


ロック潮流図鑑 【1966年】 - ブルース・ロック、サイケデリック・ロックの誕生、アルバム時代の到来!

【関連記事】

ロック潮流図鑑 【1966年】 – ブルース・ロック、サイケデリック・ロックの誕生、アルバム時代の到来!

若者たちが感性を解き放ち、既成の社会や考え方に対するカウンターカルチャーが形成される中、ブルースやサイケデリックを飲み込みながら表現を拡大させていった「ロック」。もはやアーティストの表現はシングル盤だけには収まらず、アルバムとしてトータルに表現する時代が到来した1966年を特集!

夏に聴きたい曲を特集したこちらの記事もどうぞ!


夏に聴きたいプログレ大集合!

【関連記事】

夏に聴きたいプログレ大集合!

Twitterフォロワーの皆さまご協力のもと、夏に聴きたいプログレアルバムをピックアップいたしました!


ギブソン社による「サマーロック・チューン10選」

【関連記事】

ギブソン社による「サマーロック・チューン10選」

ギブソン社による「サマーロック・チューン10選」をシェア。爽やかな青空が広がるチューンから、汗びっしょりな湿度いっぱいなチューンまで、夏だからこそ楽しみたい楽曲がセレクトされていますね!

BEACH BOYSの在庫

  • BEACH BOYS / SMILE

    ロック史上最も有名な未発表アルバムが、ブライアンによるプロデュースのもと44年を経てリリース!2011年発表

  • BEACH BOYS / SURFIN SAFARI and SURFIN’ U.S.A.

    62/63年作

  • BEACH BOYS / SURFIN’ USA

    初期サーフィン・サウンドを代表する63年作、ブライアンによる名バラード「Lonely Sea」収録

  • BEACH BOYS / SHUT DOWN VOLUME 2

    64年発表の2ndアルバム

  • BEACH BOYS / PET SOUNDS

    66年発表、ポップ・ミュージック史上に輝く不朽の名作!

    Brian Wilsonがスタジオにこもり作り上げたアメリカン・ポップス永遠の傑作。66年作。複雑なコード進行、音楽理論に乗っ取らない楽器のフレーズ、にもかかわらず、難解さのかけらもなく、子供の鼻歌のような無垢さに溢れたエバーグリーンなサウンド。まさに奇跡の一枚。

  • BEACH BOYS / SMILEY SMILE

    「スマイル」の制作頓挫後、そのマテリアルを元に制作された67年作

    ロック史上最も有名な未完のアルバム「スマイル」の入り口を垣間見る事のできる貴重なアルバム。

  • BEACH BOYS / FRIENDS

    68年発表、ピースフルな空気と柔らかく美しいメロディ、当時の逆境を感じさせない名作

    ブライアン・ウィルソンが全精力をつぎ込んだ「スマイル」の制作中止、そして、60年代末の激しい音楽シーンの変化とその中で存在感を失いつつある状況。そんな逆境の中での制作とは思えない、ジャケットのイメージ通りの、ピースフルな空気と柔らかく美しいメロディに溢れた名作。68年作。天才的なひらめきと「Busy Doin’ Nothin’」な牧歌的テイストとが絶妙にブレンドしたふくよかなアンサンブルも絶品。ブライアン・ウィルソンによる楽曲の美しさはもちろん、デニス・ウィルソン屈指の名曲「Little Bird」も特筆もの。ファンから長く愛されるビーチ・ボーイズ不朽の名作。

  • BEACH BOYS / FRIENDS and 20/20

    68/69年作

  • BEACH BOYS / WILD HONEY

    バーンスタインも絶賛したという68年作、スティーヴィーのカバー「I Was Made To Love Her」や名曲「Darlin」など収録

  • BEACH BOYS / SURF’S UP

    『SMILE』に収録予定だった稀代の名曲「Surf””s Up」収録、71年リリース

    初期のサーフィン・サウンドももちろん良いし、ブライアン・ウィルソンの才気爆発の「ペット・サウンズ」は大傑作だけど、僕は、メンバーが一丸となった70年代のビーチ・ボーイズが一番好きです。バンドを代表する傑作となった前作「Sunflower」に続き、71年にリリースされたブラザー移籍第2弾。前作同様、ブライアン・ウィルソンだけでなく、メンバーそれぞれのメロディ・メイカーとしての才能が爆発。「Long Promised Road」「Disney Girls」「’Til I Die」 など名曲のオンパレード。特筆すべきは、「スマイル」収録予定だったブライアン・ウィルソンとヴァン・ダイク・パークスによる共作曲「Surf’s Up」。格調高く流麗なメロディ。ハイ・トーンのファルセットへと登っていく瞬間の言葉を失う美しさ。世紀の名曲です。前作と並びアメリカン・ミュージック史上に残る大傑作。

  • BEACH BOYS / HOLLAND

    オランダでレコーディングが行われた73年作

  • BEACH BOYS / 15 BIG ONES and LOVE YOU

    76年作、77年作のカップリング

  • BEACH BOYS / M.I.U. and L.A. ALBUM

    78年作/79年作を収録

  • BEACH BOYS / GREATEST HITS

    全29曲

  • BEACH BOYS / SOUNDS OF SUMMER: VERY BEST OF

    ベスト、全30曲

「BEACH BOYSの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。