プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【タイトル追加】ゴング『YOU』から出発する、コズミック・サイケ・プログレ探求☆

スタッフ佐藤です。

一大叙事詩RADIO GNOME INVISIBLE三部作の最終章にして、のちのテクノ発展にも大きな影響を与えたと云われる傑作と言えば、ゴングの74年作『YOU』ですよね。

ヘロヘロなようでいて恐ろしいまでのキレ味と緊張感を孕んだ演奏は、何度聴いてもイエスの『危機』やクリムゾン『宮殿』、フロイド『狂気』と同レベルでゾクゾクさせられます。

今回はそんな『YOU』のサウンドにヒントを得たであろう、コズミックかつサイケデリックなプログレを探求してまいりましょう~☆

まずは起点となるこの作品にご登場願いましょう!

GONG/YOU

RADIO GNOME最終章であり、アレン期ゴングの集大成。

総帥デヴィッド・アレンが持つユーモア&脱力感と、演奏陣の圧倒的なテクニックが絶妙にバランスした奇跡の一枚!

この曲の反復リズムなんて、もう元祖テクノ・ミュージックと呼んで良いんじゃないかしら。

試聴 Click!

ゴングの衣鉢を継ぐバンドと言えば彼らで決まりですね!

OZRIC TENTACLES/ERPLAND and JURASSIC SHIFT

83年結成以来、コンスタントに新作をリリースし続けるベテラン・グループが彼ら。

アレン期ゴングにトランシーなうねりと疾走感を加えたようなネオ・サイケが癖になる♪

この”偉大なる金太郎飴”サウンドには、一度ハマれば容易には抜け出せない魔力がありますね!

試聴 Click!

こちらはゴングの影響下ではないかも知れませんが、ゴング・ファンにも聴いてみていただきたい伊プログレの逸品。
なんとあの名バンドの後身と言えるグループ!

LA COMPAGNIA DIGITALE/LA COMPAGNIA DIGITALE

21年にリイシューを果たしたイタリアン・プログレのニッチな一枚。

あのCELESTEのリーダーが結成したバンドということで儚く繊細なサウンドを聴かせるのかと思いきや、強度の高いジャズ・ロック・アンサンブル+スペーシーなキーボード音響という正反対と言えるサウンドにビックリ。

でもこれ、かなーりカッコいいです!

試聴 Click!

こちらの北欧新鋭、ゴング要素よりクリムゾン的破壊力のほうが際立ってますが、サイケなジャズ・ロックとして大変注目の一枚なんです。

TRONOSONIC EXPERIENCE/SHADOW VOL I

クリムゾン的ヘヴィネスとディープなサイケ感覚を兼ね備えたテクニカル・ジャズ・ロックを聴かせるノルウェー新鋭!

サックスとギターが時にユニゾンで駆け抜け、時に互いを食わんばかりにエネルギッシュなプレイを応酬させる、ハイテンションなパフォーマンスに痺れっぱなしです。

時折感じられるオズテン風のトランス感も効いてるぅ~。

試聴 Click!

南米ペルーには、このコズミック・サイケな好バンドがいました!

ETER-K/OF FICTIONS AND CRONOPIOS

00年代のペルーでこんな強烈なコズミック・ジャムが鳴らされていたなんて…。

サイケデリックに熱量を放出しながらスリリングに突き進むギターがひたすらカッコいい未発表音源!

試聴 Click!

最後のグループは、クラシカルで荘厳なサウンドがイメージされるロシアに地に!?このサウンドはかなり強烈ですよ~!

VESPERO/FOUR ZOAS

カスピ海にほど近いロシア南部アストラハンにて03年より活動するサイケ・プログレ・バンド。

この20年作、ゆったりテンポの中でギターが幻想的にたゆたう叙情パートから、火が付いたようにハイテンションなリズムとギターばりの速弾きヴァイオリンによる超絶アンサンブルへとなだれ込む展開が鮮烈!

テクニック・疾走感・熱量、どれをとっても『YOU』ゴングのファンにオススメできる快作です!

試聴 Click!

やや路線変更した21年作も、オリエンタルなシンフォニック・ジャズ・ロックとして大変に素晴らしい出来栄え!

VESPERO/SONGO

GONGを継ぐエネルギッシュで疾走感抜群のスペース・サイケ・ジャズ・ロックを聴かせた旧来とは打って変わり、女性voとオリエンタルなエッセンスをフィーチャーした神秘的なシンフォニック・ロックを繰り広げます。

カスピ海沿岸に位置し、カザフスタン国境にも近いロシア南部の都市アストラハン出身ということで、中央アジアの伝統音楽の香りがプンプン匂ってくるサウンドが堪らない~。

GONG譲りのコズミック感覚はそのままに、よりエモーショナルに深化したサウンドに圧倒される21年作!

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ!


銀河の果てへ……。ロックで楽しむ宇宙旅行!

【関連記事】

銀河の果てへ……。ロックで楽しむ宇宙旅行!

果てしない宇宙の旅に連れて行ってくれそうな、スペーシー&コズミックな作品をピックアップ。


カケレコスタッフの日々是ロック3/23:知性と感性の融合、サイケ・プログレ・セレクション☆

【関連記事】

カケレコスタッフの日々是ロック3/23:知性と感性の融合、サイケ・プログレ・セレクション☆

スタッフが日替わりでオススメ作品をご紹介する「日々是ロック」。探求テーマは感性と知性が融合した「サイケ・プログレ」を探求します!


スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。 - 第四回 ゴング『エンジェルズ・エッグ』

【関連記事】

スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。 – 第四回 ゴング『エンジェルズ・エッグ』

一般的にはさほど注目を集めることのない作品たちの中から、スタッフ佐藤が愛して止まない作品たちを取り上げてその魅力を語ります!


ゴング来日公演@ビルボードライブ東京 ライブレポート(10/31)

【関連記事】

ゴング来日公演@ビルボードライブ東京 ライブレポート(10/31)

10月31日にビルボードライブ東京で行われた、ゴング来日公演を観てまいりました!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • GONG / YOU

    一大叙事詩REDIO GNOMEの最終章にして、プログレッシヴ・ロックの歴史に燦然と輝く大傑作!74年発表

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの74年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第3弾であり、3部作の完結編に位置づけられる本作は、サイケデリック・スペース・ロックバンドとしてのGONGの集大成的な一枚であり、バンドの代表作との評価も高い名盤。特に、執拗な反復の上でDidier Malherbeのサックスが響き、Steve Hillageのサイケデリックなギターが空間を支配する様は圧巻です。

    • ARC7349

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲、ミニポスター・インサート封入仕様、定価2800+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      帯中央部分に色褪せあり

  • LA COMPAGNIA DIGITALE / LA COMPAGNIA DIGITALE

    CELESTE解散後にリーダーのkey奏者Ciro Perrinoが結成したグループ、20分超の大作を含む79年ライヴ作、ジャズ・ロック+スペース・ロック!

    76年のメロトロン名盤で知られるイタリアン・ロック・グループCELESTEのリーダー/キーボーディストCiro Perrinoが、CELESTE解散後にST.TROPEZを経て結成したバンド、92年に初リリースされた79年録音のライヴ・アルバム。ST.TROPEZのギタリストとエレピ奏者に新規加入したリズム隊という5人編成です。そのサウンドは、イタリアン・ロックらしい熱気みなぎるダイナミックなジャズ・ロックに、ST.TROPEZでも聴かれたスペーシーで浮遊感あるキーボードが飛び交う、時にGONG『YOU』やATOLL『TERTIO』『ROCK PAZZLE』のリズミカルなナンバーなんかも彷彿させるインスト・プログレ。ジャズ、スペース・ロック、レゲエなどのエッセンスが混ぜ合わされた肉感的なアンサンブルに、キーボードによるエレクトロニックな音響が浮遊するこのスタイルは、上記のフレンチ・プログレを思わせるところを持ちつつも、なかなかありそうでないサウンドかもしれません。この遠慮会釈なくドシドシと迫りくるような生演奏部分の迫力はイタリアならではでしょう。CELESTEの後継バンドの一つとして聴くとその変化に驚かされそうですが、単純に強度の高い演奏とスペーシーなキーボードとの絡みがカッコいい痛快なイタリアン・プログレ作に仕上がっています。

  • TRONOSONIC EXPERIENCE / SHADOW VOL I

    ノルウェー新鋭による22年3rdアルバム、クリムゾン的ヘヴィネス&ディープなサイケデリック感覚を取り込んだ、アグレッシヴかつ重厚なサイケ・ジャズ・ロック!

    ノルウェーの新鋭プログレ・グループによる22年作3rdアルバム。クリムゾンからの影響を感じさせるヘヴィネスと、ジャケットにも表れたディープなサイケデリック感覚を取り込んだ、アグレッシヴかつ重厚なサイケ・ジャズ・ロックで突き進みます。緊張感あるヘヴィなサックスと凄まじいキレ味と音数を誇るサイケデリック・ギターが時にユニゾンで駆け抜け、時に互いを食わんばかりにエネルギッシュなプレイを応酬させる、テクニカルかつハイテンションなアンサンブルにもう終始痺れっぱなし。リズム隊も壮絶で、圧倒的手数で嵐が来たようにうねりまくるリズムは、サックスと共にクリムゾン的と言えるダークな緊張感をもたらしていて要注目。スリリングに疾走していた演奏が不意にアヴァンギャルドなタッチにシフトし、カオティックな音像が広がっていく展開もまた素晴らしいです。クリムゾン・ファンには是非オススメですし、OZRIC TENTACLESあたりのファンにもチェックして欲しい一枚!

  • VESPERO / SONGO

    05年デビュー、ロシア出身のサイケ・プログレ/ジャズ・ロック・バンド、意表を突くメロディアスで浮遊感たっぷりのシンフォニック・ロックを繰り広げる21年作!

    05年デビュー、ロシア出身のサイケ・プログレ/ジャズ・ロック・バンドによる21年作。GONGを受け継ぐようなエネルギッシュで疾走感抜群のスペース・サイケ・ジャズ・ロックを聴かせていた旧来とは打って変わって、女性スキャットを全面にフィーチャーしたメロディアスで浮遊感たっぷりのシンフォニック・ロック・スタイルを展開。リズム隊は相変わらず変拍子バリバリで刻みまくってますが、リードするヴァイオリン・キーボード・ギターは叙情的なトーンで美しく絡み合うプレイを聴かせていて、スペーシーさは残しつつも幻想的な広がりを持つアンサンブルで耳を奪います。中央アジア的な民族音楽エッセンスも、演奏に神秘的で深遠な雰囲気をもたらしていて素晴らしい。破天荒なサイケ・ジャズ・ロックから大きく姿を変えたサウンドに驚かされますが、壮大で深みあるシンフォニックなアプローチは見事に完成されていて聴き応え抜群です。シンフォ好きはもちろん、インドネシア・プログレあたりのオリエンタルな雰囲気が好きな方も是非聴いてみてください!

  • ETER-K / OF FICTIONS AND CRONOPIOS

    ペルー出身サイケ・プログレ・バンド、02年〜10年の未発表曲集、コズミックなジャム・バンド・スタイルで聴かせる痛快な19年リリース作!

    91年にデビューし断続的ながら活動を続けるペルー出身サイケ・プログレ・バンド、2002年〜2010年に録音された未発表曲やライヴ音源をコンパイルした19年作。残響感に溢れたコズミックなギターを主役に進行するジャム・バンド・スタイルの演奏が特徴で、サイケの熱量を放出しながらスリリングに突き進むギタープレイがひたすらカッコいいです。ジャズの素養を感じさせつつもゴリゴリとパワフルなプレイでギターに真っ向応じるリズム隊も非常にエネルギッシュ。1曲でペルーの大御所バンドFRAGILのkey奏者Octavio Castilloが参加しており、スケール大きなシンセのプレイでシンフォニックな壮大さを生み出していてさすが素晴らしいです。年代をまたぐ未発表音源集ながら、寄せ集め感はなく、このバンドが一貫して持つ70年代的サイケデリアがアルバム通してみなぎっています。往年のヘヴィ・サイケやジャム・バンドが好きならきっと「おおっ!」となる一枚です。

    • AP1833MUSEA

      ペーパーケース仕様、ボーナストラックに14年のリハーサル音源2曲を収録

      レーベル管理上、ペーパーケースに折れや角潰れがございます。ご了承ください。

GONGの在庫

  • GONG / I SEE YOU

    “Radio Gnome Invisible”新章を描いた14年作!

  • GONG / MAGICK BROTHER

    基本はアレンらしいヒッピー感覚をまぶしたフォーク・ロック的作風ながら、後の全盛期ゴングに繋がるスペイシーな要素も垣間見れる69年作1st

    元SOFT MACHINEのデヴィッド・アレンが生んだ新しいトリップ・サイケ・バンド。69年のデビュー・アルバム。

  • GONG / CONTINENTAL CIRCUS

    映画サントラとして制作された知る人ぞ知る71年作3rd、ヘヴィ・サイケの傑作!

    ご存知サイケデリック・ジャズ・ロックの最高峰バンド。71年の3rdで、バイク・レースに関するドキュメンタリー映画用のサントラ。リリースは3rdですが、2nd『Camembert Electrique』のセッション最初期に録音されたもの。キーボードやシンセは使われておらず、アグレッシヴに暴走するリズムの中を、ファズ・ギターとサックスが渦を巻き、デヴィッド・アレンのフリーキーなヴォーカル、ジリ・スマイスのウィスパー・ヴォーカルが炸裂!クリムゾンやカンにも対抗できる、理性的かつ粗野なグルーヴに溢れたサウンドは圧巻のスケールです。スペース・ジャズ・ロック3部作も素晴らしいが、この初期の剥き出しのエネルギーも凄い。ヘヴィ・サイケデリック・ロックの傑作です!

  • GONG / ANGEL’S EGG

    ピエール・モエルラン加入&スティーヴ・ヒレッジ本格参加で、一気に技巧派ジャズ・ロック・バンドへと変貌を遂げたRADIO GNOME第ニ章、73年作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの73年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第2弾であり、前作に続いて浮遊感のあるスペース・ロックサウンドを構築。Steve Hillageのギターが広く空間を埋め、Tim Blakeのキーボードがジャジーなテイストを加味、Didier Malherbeのサックスも素晴らしいアクセントとなっており、多くのスペース・ロックフォロワーの原点を見ることが出来ます。

  • GONG / FLYING TEAPOT

    「Radio Gnome Invisible」第1弾、3部作中最もトリッピーでブッ飛んだサウンドを聴かせる73年作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの73年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第1弾であり、GONG黄金期のメンバーであるSteve HillageやTim Blake 、Pierre Moerlenが初めて参加しています。David Allenの音楽性を象徴するような、トリッピーで摩訶不思議なスペース・サイケサウンドが魅力的な作品であり、全盛期GONGのサウンドの幕開けとなったアルバムです。

  • GONG / YOU

    一大叙事詩REDIO GNOMEの最終章にして、プログレッシヴ・ロックの歴史に燦然と輝く大傑作!74年発表

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの74年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第3弾であり、3部作の完結編に位置づけられる本作は、サイケデリック・スペース・ロックバンドとしてのGONGの集大成的な一枚であり、バンドの代表作との評価も高い名盤。特に、執拗な反復の上でDidier Malherbeのサックスが響き、Steve Hillageのサイケデリックなギターが空間を支配する様は圧巻です。

    • ARC7349

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲、ミニポスター・インサート封入仕様、定価2800+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      帯中央部分に色褪せあり

  • GONG / GAZEUSE !

    名手アラン・ホールズワースが参加したテクニカル・ジャズ・ロック/フュージョン作、76年リリース

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの76年作。前作にはゲスト参加していたSteve Hillageも完全にバンドを離れたあとの作品であり、鮮やかなジャズ・ロックサウンドを基本にヴィブラフォンやパーカッションで彩を加えた作風となっていますが、後任ギタリストにAllan Holdsworthが参加しており、個性的なうねりを持った流れるようなギターワークでバンドに新風を吹き込んでいます。PIERRE MOERLEN’S GONGへの布石も多く見られる好盤です。

  • GONG / LIVE ETC

    73-75年のライヴ音源を収録した77年リリース作、Radio Gnome Invisible三部作を中心にしたセットリスト、全17曲

  • GONG / EXPRESSO II

    アラン・ホールズワース、ダリル・ウェイのほか、元ストーンズのミック・テイラーも一曲で参加、78年作

    78年作。アラン・ホールズワース、ミック・テイラー、ダリル・ウェイなど、豪華ゲスト陣が火花を散らすジャズ・ロックの名作。

「GONGの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。