プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。 – 第四回 ゴング『エンジェルズ・エッグ』

こんにちは、カケレコ・スタッフ佐藤です。

「スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。」は、一般的にはあまり注目を集めることのない作品ながら「実は良い作品なんだけどなぁ、もっと聴かれてほしいなぁ。」とスタッフ佐藤が日頃から感じている、愛して止まない作品たちを取り上げてご紹介していこうというコーナー。

今回取り上げるのは、イギリス/フランスの混成プログレ・グループ、ゴングが73年に発表した第4作『ANGELS EGG』です。

ゴングを初めて聴いたのは、高校3年頃、5大バンドの作品を一通り聴き終えて、ちょうどジェントル・ジャイアントやVDGGなど、5大バンドに次ぐポジションのグループたちを聴き始めたのと同時期だったと記憶しています。

上記のバンドたちを聴いて、なるほどプログレというのは、寝る間を惜しんで演奏テクニックに磨きをかけ、高度な音楽理論を追求する真面目でストイックな人たちによる音楽なんだな!と得心した矢先、このゴングなんかが登場した日には「こんなプログレがあっていいのか!」と目を白黒させる以外にないですよね。

プログレ=演奏技術と音楽理論を駆使して細部まできっちりと作り込まれたもの、という固定観念を打ち崩してくれたのが、他でもないゴングの鳴らすサウンドでした。

さて本作『ANGELS EGG』は、『FLYING TEAPOT』『ANGELS EGG』『YOU』という3部作から成る一大叙事詩「Redio Gnome Invisibe」の第2作に当たります。

スタッフ佐藤はこの3作品を発表順に聴き進めていったわけですが、初めて聴いて以来変わらず最も気に入っているのがこの『ANGELS EGG』。本作のどこにそれほど惹かれたのか、その理由を考えるに、それはお得意のナンセンスなユーモア感覚は全開ながら、その立脚点があくまで「ロック・ミュージック」にあるためだと思うのです。

第一部『FLYING TEAPOT』は、ゴングらしいおふざけ感を満載した極上のトリップ・ミュージックで、ロックというフィールドすら逸脱するかのような現実離れした浮遊感と幻惑感をもたらします。
他方、最終章『YOU』は、テクノの源流の一つともされる作品だけあって、反復を多用した非ロック的な要素からもたらされるトリップ感覚、そしてテクニックを極めたメンバー達による鋭く緊張感みなぎるアンサンブルが印象的。

そんな2作に挟まれた『ANGELS EGG』は、フワフワヨレヨレなおふざけ要素とキレのいいロック・アンサンブルがちょうどいい塩梅で配されていて、唯一無二の「ロックなゴング」として非常に完成されている印象を受けます。ゴングの諸作中でもロックファンが最も受け入れやすい作品の一つだと思うので、これからゴングを聴き始めたいという方にも、まずはとオススメできる一枚です。

ヘロヘロでイージーゴーイングなようでいてキメるところはばっちりキメる「ロックなゴング」の魅力が凝縮された作品こそ、この『ANGELS EGG』だと言いたいのですが、いかがでしょうか。

2.Sold To The Highest Buddha

試聴 Click!

8.Oily way

試聴 Click!

12.I Never Glid Before

試聴 Click!

「スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。」他の記事はコチラ!

GONGの在庫

  • GONG / MAGICK BROTHER

    基本はアレンらしいヒッピー感覚をまぶしたフォーク・ロック的作風ながら、後の全盛期ゴングに繋がるスペイシーな要素も垣間見れる69年作1st

    元SOFT MACHINEのデヴィッド・アレンが生んだ新しいトリップ・サイケ・バンド。69年のデビュー・アルバム。

  • GONG / CAMEMBERT ELECTRIQUE

    71年作、RADIOGNOME3部作前夜という位置付けにとどまらない、GONGワールドが全開の大傑作!

    デヴィッド・アレン率いるGONGが71年にリリースした2ndアルバム。Pip Pyleの悶絶ドラミング、サックス&オルガンのアグレッシヴかつジャジーな演奏、Gilli Smythのスペース・ウィスパー、David Allenのユーモア溢れる弛緩ヴォーカルなど、すべてが聴き所。(ジャズ+サイケ+ロック)÷David Allen=Gongという公式が見事に確立したジャンル不問の大傑作。

  • GONG / CONTINENTAL CIRCUS

    知る人ぞ知る71年作3rd、ヘヴィ・サイケの傑作!

    ご存知サイケデリック・ジャズ・ロックの最高峰バンド。71年の3rdで、バイク・レースに関するドキュメンタリー映画用のサントラ。リリースは3rdですが、2nd『Camembert Electrique』のセッション最初期に録音されたもの。キーボードやシンセは使われておらず、アグレッシヴに暴走するリズムの中を、ファズ・ギターとサックスが渦を巻き、デヴィッド・アレンのフリーキーなヴォーカル、ジリ・スマイスのウィスパー・ヴォーカルが炸裂!クリムゾンやカンにも対抗できる、理性的かつ粗野なグルーヴに溢れたサウンドは圧巻のスケールです。スペース・ジャズ・ロック3部作も素晴らしいが、この初期の剥き出しのエネルギーも凄い。ヘヴィ・サイケデリック・ロックの傑作です!

  • GONG / ANGEL’S EGG

    ピエール・モエルラン加入&スティーヴ・ヒレッジ本格参加で、一気に技巧派ジャズ・ロック・バンドへと変貌を遂げたRADIO GNOME第ニ章、73年作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの73年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第2弾であり、前作に続いて浮遊感のあるスペース・ロックサウンドを構築。Steve Hillageのギターが広く空間を埋め、Tim Blakeのキーボードがジャジーなテイストを加味、Didier Malherbeのサックスも素晴らしいアクセントとなっており、多くのスペース・ロックフォロワーの原点を見ることが出来ます。

  • GONG / FLYING TEAPOT

    「Radio Gnome Invisible」第1弾、3部作中最もトリッピーでブッ飛んだサウンドを聴かせる73年作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの73年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第1弾であり、GONG黄金期のメンバーであるSteve HillageやTim Blake 、Pierre Moerlenが初めて参加しています。David Allenの音楽性を象徴するような、トリッピーで摩訶不思議なスペース・サイケサウンドが魅力的な作品であり、全盛期GONGのサウンドの幕開けとなったアルバムです。

  • GONG / YOU

    一大叙事詩REDIO GNOMEの最終章にして、プログレッシヴ・ロックの歴史に燦然と輝く大傑作!74年発表

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの74年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第3弾であり、3部作の完結編に位置づけられる本作は、サイケデリック・スペース・ロックバンドとしてのGONGの集大成的な一枚であり、バンドの代表作との評価も高い名盤。特に、執拗な反復の上でDidier Malherbeのサックスが響き、Steve Hillageのサイケデリックなギターが空間を支配する様は圧巻です。

  • GONG / GAZEUSE !

    名手アラン・ホールズワースが参加したテクニカル・ジャズ・ロック/フュージョン作、76年リリース

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの76年作。前作にはゲスト参加していたSteve Hillageも完全にバンドを離れたあとの作品であり、鮮やかなジャズ・ロックサウンドを基本にヴィブラフォンやパーカッションで彩を加えた作風となっていますが、後任ギタリストにAllan Holdsworthが参加しており、個性的なうねりを持った流れるようなギターワークでバンドに新風を吹き込んでいます。PIERRE MOERLEN’S GONGへの布石も多く見られる好盤です。

  • GONG / GONG EST MORT

    77年パリ公演を収録したライヴ盤

  • GONG / CAMEMBERT ELECTRIQUE and MYSTIC SISTER/MAGICK BROTHER

    69年作/71年作

「GONGの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。