プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

銀河の果てへ……。ロックで楽しむ宇宙旅行!

9月12日は「宇宙の日」。
宇宙飛行士の毛利衛氏が初めてスペースシャトルで宇宙へ飛び立った日にちなんで制定されたそうです。
本日はそれにちなみ、「宇宙」を感じるロック作品をピックアップ!
コズミック&スペーシーな混沌渦巻く音楽で、未知なる宇宙へ旅立ちましょう。
浮遊感のある音楽が続きますので、くれぐれも「宇宙酔い」にはご注意を。

まずはこの曲から出発。

PINK FLOYD/ASTRONOMY DOMINE

試聴 Click!

機械的なパルスに通信機器のような話し声、リバーブがかったサウンドの浮遊感……。
目を瞑れば、そこはもう宇宙です。

次に我々を導くのは、スペース・ロックの代表格であり今なお活動を続ける伝説のバンド、HAWKWIND!

HAWKWIND/SPACE RITUAL

彼らの代表作であり傑作の73年ライブ盤。

後にモーターヘッドを結成するレミーのベースをはじめ、怒涛の勢いで突き進んでいくヘヴィかつハイテンションなコズミック・セッション。

ライブならではの開放感にも満ち溢れた、スペース・ロックの金字塔的作品!

試聴 Click!

次の案内人はGONGの全盛期を支え続けた、まさに「宇宙から来たギタリスト」、STEVE HILLAGE!

STEVE HILLAGE/L

GONGの黄金期を支えたギタリストによる76年2ndで、トッド・ラングレンのプロデュース作。

ドノヴァンやビートルズのカヴァーを収録するなどポップな一面も持ち合わせつつ、スペーシーなシンセとサイケデリックな東洋要素をふんだんに盛り込んだ、彼の個性あふれる名盤!

試聴 Click!

おや、ここで宇宙人に遭遇!?しかも何やら彼ら、GENESISのファンのようですよ。

BABYLON/BABYLON

宇宙人……ではなく、米ジェネシス・フォロワー代表と言えばこのバンド。

ジェネシスの英国的ファンタジーを踏襲しつつも、スペース・ロックのように雄大に広がっていくアナログ・シンセの音色はこのバンドならではの個性!

試聴 Click!

次はこちらのSFチックなバンドで、穏やかに宇宙を漂いましょう。

ALPHA RALPHA/ALPHA RALPHA

タイ・フォンのキーボード奏者が結成したフレンチ・シンフォニック・ロック・バンド、77年の唯一作。

明るく透明感のある曲調の中、スペーシーなシンセやメロディアスで伸びやかなギターなど、空間的な広がりを感じるイマジネーション豊かなサウンドが印象的。

フランスらしい独特の色彩感覚を持ったアーティスティックなシンフォ傑作!

試聴 Click!

さらに深い宇宙へ!80年代から活躍するスペース・ロックの大御所に案内してもらいましょう。

OZRIC TENTACLES/LIVE UNDERSLUNKY

現代を代表するスペース・サイケ・プログレバンド、92年ライブ盤!

きらめくシンセとソリッドなギターの疾走感あふれるセッションに幻想的なフルートも加わり、エネルギッシュかつ神秘性に満ちた独創的な世界を生み出しています。

試聴 Click!

気づいたら、太陽系から約4光年離れた別の恒星系、アルファ・ケンタウリでした。

TANGERINE DREAM/ALPHA CENTAURI

ドイツ、ベルリンが生んだ電子音楽のパイオニア、タンジェリン・ドリーム。71年の2nd。

シンセサイザーを導入し、後の作品に繋がっていく音響的な側面を打ち出した、実質的なデビュー作とも言える作品です。

静謐で幻想的な響きは、まさに宇宙から響いてきた音を録音したかのようで、革新的かつロマン溢れる一作と言えるでしょう。

試聴 Click!

引き返すなら今のうち!?
ここからは、さらにディープな宇宙音楽を探求してまいります……。

COSMIC JOKERS/GALACTIC SUPERMARKET AND PLANETEN SIT-IN

数々のクラウト・ロック・レーベルの生みの親ロルフ=ウルリッヒ・カイザーによるプロデュースで、ASH RA TEMPELのマヌエル・ゲッチング、クラウス・シュルツェなど、豪華メンバーが集った実験的コズミック・ジャムセッション。

混沌とした音響と即興的なバンド演奏が延々と絡まりあうサウンドが非常にトランシーな、スペース・アシッド・ロック名盤。

試聴 Click!

ALWANZATAR/HELIOTROPISKE REISER

ノルウェーの新鋭トラッド・プログレ・グループTUSMORKEのフルート奏者によるソロ・プロジェクト。

ハウス/テクノ的リズムの中に揺れる怪しげなフルート……スペーシーさと北欧の陰翳を持ち合わせた、異色の意欲作!

試聴 Click!

MAR-VISTA/VISIONS

フランスの電子サイケ~プログレ、76年作。

暗鬱でドロドロと地を這うかのような怪しさに満ちた電子音は、言うなれば早過ぎたドローンやダーク・アンビエント。

オリジナリティ溢れる幻の名盤!

試聴 Click!

いつの間にやら、遠くへ来てしまいましたね……。
それでは、最後はこの曲でお別れです。

DAVID BOWIE/ZIGGY STARDUST

試聴 Click!

いかがでしたか?
さらなる「宇宙音楽」探求はこちらから!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • BABYLON / BABYLON

    アメリカのグループ、78年作、初期GENESISやENGLANDのファンは必聴!

    シアトリカルなステージングとそのサウンドでアメリカを代表するGENESISフォロワーと名高いグループの77年唯一作。キーボードアンサンブルを中心にファンタジックなアプローチでGENESISからの影響を露骨に表現しており、ダブル・キーボード編成でTony Banksを髣髴とさせるヴィンテージなサウンドを聴かせる一方で、本家GENESISにはないスペース・ロックのような広がりと浮遊感のあるアナログ・シンセサイザーが個性的です。Peter Gabrielを髣髴とさせるシアトリカルなボーカルももちろん在籍しており、アメリカのGENESISとの評価も納得の名作です。

  • ALPHA RALPHA / ALPHA RALPHA

    タイ・フォンのメンバーがゲスト参加するなど、タイ・フォンの弟分と言えるバンドによる77年作、叙情派シンフォの名作

    タイ・フォンのキーボード奏者が結成したフレンチ・シンフォニック・ロック・バンド、77年の唯一作。ジャケットのイメージ通りのほの暗いスペーシーなトーンで鳴るシンセ。繊細なタッチとサステインの効いた幻想的なトーンが魅力のメロディアスなリード・ギター。そんなシンセとギターを中心とするスペーシーかつ幻想的なパートを軸に、アコギの軽やかなバッキングとパーカッションをフィーチャーしたP.F.M.「セレブレーション」ばりに躍動するパート、クラシカルなアコギの爪弾きと格調高いピアノによる「春」を想わせるパート、マリンバをフィーチャーしたドリーミーなパートをはさむなど、イマジネーションがめくるめくアンサンブルが持ち味です。独特な音の色彩感覚はいかにもフランス。ゲスト・ヴォーカルとして、タイ・フォンのKhanh Mai、Tai Sinh、Jean-Jacques Goldmanが参加しているのも特筆で、壮麗な多声コーラスも聴きどころ。フランスらしい魅力に溢れたシンフォニック・ロック傑作です。

  • STEVE HILLAGE / L

    トッド・ラングレンのプロデュースによる76年2nd、本領発揮のコスミック・ロック名盤!ハマりすぎな「It’s All Too Much」のカバー収録

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立したプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドGONG。その全盛期を支え続けた名ギタリストによる76年2nd。Todd Rundgrenのプロデュースで製作されバックにはDon CherryやUtopiaメンバーが参加した本作は、Donovanの名曲「The Hurdy Gurdy Man」で幕を開けGeorge Harrisonの「It’s All Too Much」で幕を閉じる非常にポップな印象のアルバムとなっています。しかしながら音楽的には独特のサイケデリックな音像を持ちオリエンタル・エスノ・フレーバーも感じさせながら彼らしいサウンドを提示。

  • TANGERINE DREAM / ALPHA CENTAURI

    シンセサイザーを初導入した革新的な傑作、71年2nd

    Edgar Froeseを中心に結成され、シンセサイザー、アナログシーケンサーなどの電子機器を巧みに使用したメディテーショナルなジャーマン・エレクトロの原点に位置するグループ。 本作は、Klaus Schulze、Conrad Schnitzler脱退後の71年にOhrレーベルからリリースされた彼らの2nd。シンセサイザー導入により、その後のバンドの革新性を決定づける事となる重要作。

    • ARC7046/7

      紙ジャケット仕様、8?シングルCD「ULTIMA THULE」付き仕様、定価3465

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

      特典帯付(紙ジャケに巻いています)、紙ジャケに小さいスレあり

  • ALWANZATAR / HELIOTROPISKE REISER

    ノルウェー新鋭17年作、北欧然とした霧がかったシンフォ・サウンドとハウス/テクノ的リズムを組み合わせた異色のスペース・ミュージック!

    ノルウェー出身の新鋭プログレ・グループ、17年作。シーケンサーによって刻まれる無機的ながらもどこかプリミティブなリズムを土台として、北欧然とした哀切に満ちたフルート、艶やかなトーンでアナログ・シンセ群、そして分厚く立ち込めるメロトロンが繰り広げる 近未来的なハウス/テクノ・サウンドに濃密なヴィンテージ感覚を纏わせた異色のスペース・ミュージックを展開。近年の北欧に多く見られるようになったエレクトロなリズム感覚と往年のシンフォニックなサウンドを組み合わせた作風を押し進め、北欧シンフォの霧がかかったようなミステリアスな音像はそのままに、リズム面ではハウス/テクノの領域にまで足を踏み入れた意欲作に仕上がっています。

  • COSMIC JOKERS / GALACTIC SUPERMARKET AND PLANETEN SIT-IN

    ゲッチング/グロスコフ/シュルツらASH RA TEMPELのメンバー参加のコズミック・プロジェクト、74年の2作のカップリング

    OHRやPILZレーベルを立ち上げた他、ザッパやシスコのサイケ・バンドをドイツに呼んでフェスを開催するなど、「クラウト・ロック」の生みの親と言えるロルフ=ウルリッヒ・カイザーが仕掛けたプロジェクト。録音参加メンバーは、アシュ・ラ・テンペルのマヌエル・ゲッチングとクラウス・シュルツをはじめ、WALLENSTEINのメンバーなど豪華。ドラッグをきめてハイな状態で録音されたジャム・セッションで、独特のトランシーな酩酊サウンドが魅力。74年作2nd『GALACTIC SUPERMARKET』と3rd『PLANETEN SIT-IN』をカップリングした2in1CD。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。