プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

英フォーク・ロック/フォークから男女ヴォーカルが素晴らしい作品をピックアップ♪

こんにちは。スタッフ青山です。過ごしやすい日が続き、いつのまにか秋の気候になりました。
静かな秋の夜には、陰影ある英フォーク/フォーク・ロックがぴったりですね。今日は、その中でも男女のヴォーカルが素晴らしい作品に注目してご紹介してまいります!まずは夫婦デュオのこちらから!

GAY & TERRY WOODS / BACKWOODS

いかにも英国的なジャケット通り、どこを切っても溢れる芳醇な香り。ウェスト・コーストの爽やかな風を取り入れつつも、英国ならではの陰影を保つ絶妙なバランス感覚が絶品な夫婦デュオによる英フォーク名品。

試聴 Click!

BACK ALLEY CHOIR / BACK ALLEY CHOIR

男女ヴォーカルの英フォーク・グループ。72年にYORKよりリリースされた唯一作。ジョニ・ミッチェルとリチャード・トンプソンが男女フォーク・デュオを組んだとしたら?なぜ、これほどの作品が500枚限定プレス!?英フォーク驚愕の幻の傑作です。

試聴 Click!

WOODEN HORSE / WOODEN HORSE

木漏れ日に包まれたジャケの通りの爽やかな風を感じる英フォーク逸品。男女の3声ハーモニーは、CS&Nにも勝るとも劣りません!原盤はYORKからの激レア盤!

試聴 Click!

PARCHMENT / LIGHT UP THE FIRE

英クリスチャン・フォーク・ロック・グループ、72年デビュー作。クリスチャン・フォークというと静かなイメージですが、本作はドラム、ベース、さらにマンドリン、ダルシマー、ドブロ・ギターも加わり、米情景のフォーク・ロック・サウンドを多く聴かせます。紅一点Sue McClellanの清らかなヴォーカルも良いし、ジェントルな男性ヴォーカルや3人のハーモニーも抜群です!

試聴 Click!

ASLAN / SECOND HELPINGS

男女3人ずつの6人組クリスチャン・フォーク・グループ、77年の名作2nd。ピースフルな雰囲気に包まれたアコギのストロークと長閑なドラム、心あらわれる清楚な女性ヴォーカル、ジェントルな男性ヴォーカルが良いなぁ。

試聴 Click!

FARAWAY FOLK / TIME AND TIDE / SECOND HELPINGS

男女ヴォーカルの4人組ブリティッシュ・フォーク・バンド、72年の1st。メロウ・キャンドルのフォーク・ロックな曲やトレイダー・ホーンあたりがお好きならこの男女Vo4人組はオススメですよ!

試聴 Click!

AL ET AL / STRANGE AFFAIR

英国の5人組フォーク・ロック・バンドが81年にプライヴェート・プレスで残した唯一作。牧歌的な純朴さの中にしっとりとしたメランコリーが影を落とすサウンドはスパイロジャイラを彷彿させます。

試聴 Click!

DAYLIGHT / DAYLIGHT

「冬の朝の静けさ」が目に浮かぶような英国フォークですね。清涼感ある女性ヴォーカルと穏やかな男性ヴォーカル。透明感溢れるメロディー、気品あるフルート。ジャケはヒプノシスが担当。

試聴 Click!

WESTWIND / LOVE IS…

ジャケからして気品に溢れていますが、音もそのまんま!男女ヴォーカルのハーモニー、品があって可憐ですよね~。

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事も合わせてご覧ください!


クリスチャン・フォーク特集!

【関連記事】

クリスチャン・フォーク特集!

キリスト教の信仰をテーマにしたフォーク・ミュージック「クリスチャン・フォーク」を特集!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • BACK ALLEY CHOIR / BACK ALLEY CHOIR

    こ、これは、英フォーク幻の名盤!72年にYORKから500枚のみで限定プレス・リリースされた唯一作!

    男女ヴォーカルの英フォーク・グループ。72年にYORKよりリリースされた唯一作で、原盤は500枚限定プレスの激レア盤。ミスティックでかげりのあるフィメール・ヴォーカルとジェントルな男性ヴォーカルが魅力。フェアポート・コンヴェンション「ミート・オン・ザ・レッジ」やザ・バンド「アイ・シャル・ビー・リリースド」のカバーなど、アーシーさと気品が絶妙にバランスしたフォーク・ロックから、ピアノや管弦楽が流麗に彩るSSW的な曲まで、メロディ、アレンジともハイ・レベル。これほどの作品がなぜ500枚限定だったのか不思議です。英トラッドを基本に、米ロックのアーシーさや洗練が加わった、英フォーク・ファンにも米SSWファンにもオススメな逸品。

  • GAY & TERRY WOODS / BACKWOODS

    STEELEYE SPAN脱退後の75年に発表された伝説的名盤

    STEELEYE SPAN、WOODS BANDを経て、ゲイ&テリー夫妻がゲイ&テリー・ウッズ名義で発表した1stアルバム。75年作。いかにも英国的なジャケット通り、どこを切ってもブリティッシュの芳醇な香りが漂うブリティッシュ・フォークの名作。ウェスト・コーストの爽やかな風を取り入れつつも、ブリティッシュならではの陰影を保つ絶妙なバランス感覚は彼らならでは。ゲイの澄み切ったフィーメール・ヴォーカルとテリーの枯れた哀愁漂うヴォーカルの絡みが素晴らしい。

  • DAYLIGHT / DAYLIGHT

    「冬の朝の静けさ」をイメージさせる格調高い英フォーク、71年作

    71年にRCAよりリリースされた唯一作。清涼感ある女性ヴォーカルと穏やかな男性ヴォーカルとによるコーラス・ワークが素晴らしい英フォーク・グループ。繊細に爪弾かれるアコギ・アルペジオと透明感溢れるメロディーが絶品の格調高い英フォーク、流麗なメロディと男女ヴォーカルの穏やかなハーモニーが素晴らしいフォーク・ポップなど、どの曲も印象的なメロディと品のあるアンサンブルを持った佳曲揃い。「冬の朝の静けさ」をイメージさせる雰囲気は、Trader Horneに通ずるものを感じます。名作。

  • PARCHMENT / LIGHT UP THE FIRE

    英クリスチャン・フォーク・ロック・グループ、72年デビュー作。気品ある英フォークと米情景の牧歌的なサウンドが融合した「イギリスのアメリカ」の名作!

    男性2人と女性1人から成る3人組の英クリスチャン・フォーク・ロック・グループ、72年のデビュー作。クリスチャン・フォークというと静かなイメージですが、本作はドラム、ベース、さらにマンドリン、ダルシマー、ドブロ・ギターも加わり、米情景のフォーク・ロック・サウンドを多く聴かせます。紅一点Sue McClellanの清らかなヴォーカルも良いし、ジェントルな男性ヴォーカルや3人のハーモニーも抜群です。面白いのはシタールが使われている5曲目「Love Is Come Again」。賛美歌の一種のトラッド・ナンバーで、格調高いメロディーに憂いある女性ヴォーカル、チェロとホルンが厳かに響くメランコリックなフォークですが、途中でシタールが入ってきて、ほんのりアシッド感漂うミスティックな世界へと誘われていきます。気品ある英フォークと米情景の牧歌的なサウンドが融合した「イギリスのアメリカ」が好きな方はもちろん、英アシッド・フォーク好きな方にも聴いて欲しい名作です。

  • WOODEN HORSE / WOODEN HORSE

    女性ヴォーカルを含む英フォーク・グループ、美しい3声ハーモニーが魅力的な72年作1st

    女性ヴォーカルを含む英フォーク・グループ。YORKレーベルより72年にリリースされた1stアルバム。左右チャンネルに配置された男性ヴォーカル2人、そして中央に陣取る女性ヴォーカル。オープニングから美しい男女3声ハーモニー。アコギも3本が鳴らされ、柔らかなコード弾きをバックに、2本のアルペジオが流麗にからみ合います。木漏れ日に包まれたジャケのイメージ通りの爽やかな風を感じるようなサウンドが印象的。CS&Nの3人にも勝るとも劣らないコーラス・ワークは特筆ものです。どの曲も流れるようなメロディを持つ佳曲揃いで、ジャケの雰囲気にピンときた英フォーク&米フォークのファンならきっと気に入ってしまうことでしょう。

  • WESTWIND / LOVE IS…

    70年作、管楽器と弦楽器による可憐なアレンジが素晴らしい英国フォークの傑作

    70年発表の唯一の作品。ジャケットの印象通りのサウンドで、英国叙情に包まれたポップなメロディーと男女Voによる物憂いハーモニー、オーボエなどの管楽器と弦楽器による可憐なアレンジが素晴らしい英国フォークの傑作。当時、日本盤でシングルも出たタイトル曲など、佳曲揃い。

  • ASLAN / SECOND HELPINGS

    男女3人ずつの6人組クリスチャン・フォーク・グループ、美しい歌声とハーモニーに心あらわれる77年の名作2nd

    英国北東部はレスターシャー出身の男女3人ずつの6人組クリスチャン・フォーク・グループ。前年のデビュー作に続く77年作2nd。PROFILEからリリースされた原盤は激レア。オープニング・ナンバーから、ピースフルな雰囲気に包まれたアコギのストロークと長閑なドラム、心あらわれる清楚な女性ヴォーカル、ジェントルな男性ヴォーカルが良いなぁ。2曲目のリードを取る女性ヴォーカルはサイケな感じがあって、小川のせせらぎのような優しくフォーキーなアンサンブルとの対比が見事で、まるでジェファーソン・エアプレインのグレイス・スリックのバックをキンクスがつとめた感じで最高だし、3曲目の女性ヴォーカルは凛としていて、厳かなトラッド・フォークで空気が引き締まるし、冒頭の3曲でフィメール・ヴォーカルのファンは卒倒ものでしょう。オートハープやリコーダーによる幻想的でいて親しみやすいアレンジも見事だし、これは英マイナー・フォーク屈指の名品です。

  • AL ET AL / STRANGE AFFAIR

    英国の5人組フォーク・ロック・バンドが81年にプライヴェート・プレスで残した唯一作、男女ヴォーカルが織りなすスパイロ・ジャイラにも匹敵するフォーク・ロックの名盤

    英国の5人組フォーク・ロック・バンドが81年にプライヴェート・プレスで残した唯一作で、数あるマイナー英フォーク・ロックの中でも指折りの激レア盤として知られてきた一枚。瑞々しさの中にも哀愁が滲むいかにも英国的なアコースティックギター、凛として美しいフルート、クラシックの素養を備えた気品溢れるピアノを中心に織りなされる、格調高いフォーク・ロック・アンサンブルが印象的です。素晴らしいのがそこに乗る男女ヴォーカル。語りかけるようにジェントルに歌う男性ヴォーカル、一聴でバーバラ・ガスキンが頭に浮かぶ飾り気のない清楚な歌声の女性ヴォーカルが時にソロで歌い、時に掛け合うスタイルで、特に2人のデュエットは絶品です。メランコリックなナンバーの後には、愛らしくやや間の抜けたリコーダーやホイッスルの音色がコミカルな味わいを醸し出すトラッド調ナンバーが登場したりと、起伏ある楽曲構成も見事。男女ヴォーカルの印象も含め、牧歌的な純朴さの中にしっとりとしたメランコリーが影を落とすサウンドはスパイロジャイラを彷彿させますが、正直彼らにも負けず劣らずの素晴らしい内容です。サイケっぽいジャケットからは想像できない大変に完成度の高いフォーク・ロックを聴かせる傑作。スパイロジャイラを始めとする70’s英フォークのファンにはオススメの作品です。

  • FARAWAY FOLK / TIME AND TIDE

    男女ヴォーカルの4人組ブリティッシュ・フォーク・バンド、72年の1stスタジオ作

    JohnとShirleyのTurk夫妻を中心とする男2女2の4人組ブリティッシュ・フォーク・バンド。70年のライヴ・アルバムに続き72年にリリースされた1stスタジオ・アルバム。躍動感のあるドラムとよく動くメロディアスなベースによるリズムをバックに、アコギやマンドリンがメロディアスなアルペジオやリードを奏で、グロッケンシュピールやリコーダーが陽光のようなキラメキを添えるアンサンブルが印象的。清楚な女性ヴォーカルと誠実さが伝わるバリトン・ヴォイスの男性ヴォーカルによるハーモーニーもいい感じです。メロウ・キャンドルのフォーク・ロックな曲やトレイダー・ホーンあたりが好きなら気にいるはず。明朗なサウンドが心地いい快作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。