プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第7回:キーフ・ハートレー・バンド『オーヴァードッグ』

2021年にカケレコがお届けしている特別企画「BACK TO THE 1971」。
今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画です。

ビートルズの活躍を中心としてロックに多様な表現が生まれた1960年代が幕を下ろし、60年代の残り香漂う1970年を経て、いよいよ新たな時代へと目を向けた作品が生まれていったのが1971年という時期。

英米ロックの名作はもちろん、欧州各国の重要作品も取り上げて、各作品の誕生日または誕生月に記事をアップしてまいります。

この機会に、ロックが最もまばゆい輝きを放っていた時代の作品達にぜひ注目していただければ幸いです。

それでは皆で、BACK TO THE 1971 !!!

KEEF HARTLEY BAND『OVER DOG』

第7回目にご紹介するのは、キーフ・ハートレイ・バンドの4作目『OVER DOG』!熱気溢れるブリティッシュ・ブルース/ジャズ・ロックの傑作ですね。

キーフ・ハートレイ・バンドはドラマーのキーフ・ハートレイが、アートウッズやジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て結成した自身のバンド。69年にデラムからリリースした『HALFBREED』がデビュー作になります。(詳しくはコチラ↓↓↓)


「MEET THE SONGS」 第9回 英ブルース・ロックの名グループ、キーフ・ハートレイ・バンドの1st『ハーフブリード』

【関連記事】

「MEET THE SONGS」 第9回 英ブルース・ロックの名グループ、キーフ・ハートレイ・バンドの1st『ハーフブリード』

「MEET THE SONGS」 第9回 英ブルース・ロックの名グループ、キーフ・ハートレイ・バンドの1st『ハーフブリード』

メンバー交代の多いバンドですので、あらためて『OVER DOG』録音時のメンバーを見てみましょう。(ゲスト含む)

・Keef Hartley(ds)
・Mick Weaver(key)
・Miller Anderson(vo、g)
・Gary Thain(b)
・Peter Dines(key)
・Jon Hiseman(ds、per)
・Dave Caswell(trumpet/flugelhorn)
・Lyle Jenkins(sax)
・Johnny Almond(flute)

Gary Thainはこの後URIAH HEEPで活躍したベーシスト、Jon HisemanはCOLOSSEUMやTEMPESTを率いたジャズ・ロック界の名ドラマー、Johnny Almondは、John Mayallとの共演やMark-Almondで知られるサックス/フルート奏者。豪快なメンバーが参加しています。

Miller Andersonは前作同様ほとんどの曲を作曲し、ヴォーカル&ギターともに抜群の存在感を放っています。一方でブラスを担当していたHenry Lowtherが脱退。前作までの淡いサウンドからファンキーなブラスが印象的です。

それでは、グルーヴィー&ファンキーなオープニングから聴いてみましょう!

T1: You Can Choose

試聴 Click!

T3: Theme Song / En Route / Theme Song – Reprise

こちらは変わって英国叙情溢れるアコースティックなナンバー。繊細なアコギで静かに始まったかと思うと、自由奔放に舞うJohnny Almondのフルート、続いて駆け巡るMick Weaverのキーボード。次第に絡み合い高揚していく展開は息がつけません!

試聴 Click!

最後にまた熱気溢れるかっこいいジャズ・ロックをどうぞ!

T5: Roundabout

試聴 Click!

関連記事からも探求お楽しみください!


ブリティッシュ・ブルース・ロック特集

【関連記事】

ブリティッシュ・ブルース・ロック特集

本場アメリカ南部で生まれたブルースがイギリスに輸入されて誕生したブリティッシュ・ブルース・シーンを特集。アコースティック・ブルースから、エレクトリック化、さらに「ロック」と融合してブルース・ロック・ムーヴメントへと発展した激動の50年代~60年代の流れを見ていくことにいたしましょう。

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>記事一覧はこちら!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第1回:BARCLAY JAMES HARVEST『ONCE AGAIN』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第1回:BARCLAY JAMES HARVEST『ONCE AGAIN』

今から50年前、1971年に誕生した名盤たちを1年通してピックアップしてまいります。


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第2回:CAN『TAGO MAGO』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第2回:CAN『TAGO MAGO』

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画、それでは皆で、「BACK TO THE 1971 !!!」


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第3回:71年2月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年2月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品をピックアップします!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第4回:STEELEYE SPAN『PLEASE TO SEE THE KING』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第4回:STEELEYE SPAN『PLEASE TO SEE THE KING』

第4回目は英国エレクトリック・トラッドの傑作、STEELEYE SPANの『PLEASE TO SEE THE KING』をピックアップ!


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第5回:JETHRO TULL『AQUALUNG』

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第5回:JETHRO TULL『AQUALUNG』

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画、それでは皆で、「BACK TO THE 1971 !!!」


50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

【関連記事】

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第6回:71年3月に誕生した名盤たち!

今からちょうど50年前、1971年3月にはどんなロック名盤が誕生していたのでしょうか。特に重要な3作品+αをピックアップします!

英ブルース・ロックの在庫

「英ブルース・ロックの在庫」をもっと見る

ブリティッシュ・ジャズ・ロックの在庫

「ブリティッシュ・ジャズ・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。