プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第2回:CAN『TAGO MAGO』

2021年にカケレコがお届けする特別企画「BACK TO THE 1971」!

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画です。

英米ロックの名作はもちろん、欧州各国の重要作品も取り上げて、各作品の誕生日または誕生月に記事をアップしてまいります。

この機会に、ロックが最もまばゆい輝きを放っていた時代の作品達にぜひ注目していただければ幸いです。

それでは皆で、BACK TO THE 1971 !!!
 
 
 

CAN『TAGO MAGO』

連続企画2回目にご紹介させていただくのは、ジャーマンプログレの雄であり、史上最強のサイケデリック・バンドとの呼び声高いCANが1971年に発表した3rdアルバム、『TAGO MAGO』です。
 
 

 
 
野球と政治と「CANの最高傑作はどれか」の話はするなとよく言いますが、独創的な世界観が詰まりに詰まったこの作品、CANで一番好きな作品に上げる人は多いでしょう。

CANは1968年に西ドイツで結成されたグループで、彼らの実験的な楽曲は後に様々なジャンルに大きな影響を与えたと言われています。

本作は、ダモ鈴木が正式加入後にはじめて全面参加して製作された作品で、全曲がメンバー5人の共作となっています。

タイトルはイビザ島の近くに実在するタゴマゴ島にちなんでおり、ドラムのヤキ・リーベツァイトはCAN結成前にこの島で自殺を図った事があるとかないとか・・・

それでは「TAGO MAGO」の魅力に触れていきましょう!
 
 
 

T2:Mushroom

試聴 Click!

テクニックを披露するだけでもなければ、緻密なアレンジを繰り返すだけでもない。

シンプルでありながら混沌、理性的でありながら奔放とも言える、典型的なCANの世界観。
 
 
 

T3:Oh Yeah

試聴 Click!

突然の日本語詞とダモ鈴木が醸しだすほんのり演歌ロックの匂いにハッとしつつも心奪われる妖作、、、もとい快作です。
 
 
 

T4:Halleluhwah

試聴 Click!

繰り返される反復ビート、重なり合うパーカッションで構成される複雑なリズム、現代音楽と何ら遜色ないカットアップは時代を先取りしてます。

現代のクラブシーンで流しても評価されるのでは、、、とひそかにニヤニヤしております。
 
 
 

当初は1枚で出す予定だったものが、製作を進めていく中で2枚組となったそうです。

ダモ鈴木が参加したことで化学反応が起こり、彼らの創造性がレッドゾーンを振り切った瞬間を閉じ込めた作品と言えるでしょう。

様々な音を素材として即興でミックスしていくポップアートのような感覚はCANの到達点の一つ、自由にどこまでも調和したグルーヴ感に心を奪われてみてはいかがでしょうか。
 
 
 

▼関連記事


<ロック黄金時代回想企画>1969年デビュー・アルバム特集Vol.12 ー CAN『MONSTER MOVIE』

【関連記事】

<ロック黄金時代回想企画>1969年デビュー・アルバム特集Vol.12 ー CAN『MONSTER MOVIE』

1969年からちょうど50年を記念して、70年代を代表する名バンドによる69年リリースのデビュー作をピックアップ。今回はクラウトロックの金字塔にしてロック史に残る傑作、CANの『MONSTER MOVIE』!


クラウト・ロックのアルバムTOP10- エンターテイメント情報サイトAbout.com発表

【関連記事】

クラウト・ロックのアルバムTOP10- エンターテイメント情報サイトAbout.com発表

米のサイトが発表したクラウト・ロックのアルバムTOP10をピックアップ!


【追悼】CANのドラマー『ヤキ・リーベツァイト』が参加した数々のコラボレーション作品群

【関連記事】

【追悼】CANのドラマー『ヤキ・リーベツァイト』が参加した数々のコラボレーション作品群

CANのドラマーであるヤキ・リーベツァイトが亡くなりました。その追悼として彼の参加作品群を振り返ります

 

▼関連ジュークボックス

 
 

CANの在庫

  • CAN / SINGLES

    17年編集のシングル・コレクション、全23曲

  • CAN / MONSTER MOVIE

    クラウト・ロック代表格、衝撃の69年デビュー作

    シュトックハウゼンに師事した現代音楽家や、プロのジャズ・ミュージシャンらによって68年に結成されたドイツのグループ、CAN。彫刻家としてドイツにやってきたアメリカの黒人、マルコム・ムーニーをヴォーカリストに迎えたこの1stは、まさに歴史的な衝撃作です。延々と繰り返されるドラムのビート、ノイズまがいのガレージ・サウンドをかき鳴らすギター、飛び跳ねるように蠢くベース……。そんな音楽家たちによる実験的極まりないアンサンブルに、アマチュア同然のムーニーのヴォーカルが見事に調和しているのだから驚き。ムーニーはこの1stの発売後、神経衰弱によって脱退してしまいますが、時にけだるげに囁き、時にパンクロックのように叫び散らす歌声は、後のヴォーカリスト・ダモ鈴木にも負けず劣らず多彩で個性的。それまでのどんな音楽の型にも収まらない、無機質かつ無国籍なサウンドは、約50年経った今でも未だに最先端と言えるでしょう。

  • CAN / ANTHOLOGY 1968-1993

    29曲入りコンピレーション

「CANの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。