プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

名盤『タルカス』から出発、EL&P影響下のアグレッシヴなキーボード・プログレ選!

スタッフ佐藤です。

アグレッシヴなキーボード・サウンドを浴びるように聴きたい!っていう気分の時、ありませんか?

そんな時は、やっぱりキーボード・プログレの金字塔『タルカス』を引っ張り出してきちゃいます。

あのグネグネとうねるムーグシンセサイザーといったら堪りませんよね!

そんなELPおよび『タルカス』に影響を受けたプログレはもちろん各国に存在しますので、イチオシをピックアップしたいと思います。

最初に、御大による縦横無尽すぎるキーボード・ワークをお楽しみいただきましょう☆

EL&P(エマーソン、レイク&パーマー)/タルカス

戦車とアルマジロが合体した怪物が暴れまわる話って、なんかもう小学生の発想なんだけど、そんなコンセプトも含め怒涛のプログレ大傑作!

キース・エマーソンの各種キーボードによる波状攻撃は思わずのけぞってしまうほどにスリリングで迫力満点。

特にトーンを絶妙に変化させながらアグレッシヴにうねりまくるムーグの気持ちよさは格別ですよね!

試聴 Click!

イタリアからは、往年のプログレ・ミュージシャンたちも参加したこの20年作!

ELLESMERE/WYRD

現イタリアン・キーボード・プログレの筆頭格TAPROBANのベース&ギタリストによるプロジェクト、2020年作。

まさに『タルカス』ばりの怒涛のキーボード・プログレに、デヴィッド・クロスやデヴィッド・ジャクソンら往年名手達がらしさ満点のプレイを次々に乗せていく、興奮必至のイタリアン・シンフォ!

アングラガルド時代を彷彿させるマティアス・オルソンによる緊張感あるタイトなドラミングもメチャカッコいい!

試聴 Click!

もう一枚は、南米アルゼンチンからご登場願いましょう。

NEXUS/EN EL COMIENZO DEL TOPOS URANOS

現在の南米プログレの中でも、英国プログレ・ファンに最もアピールするサウンドを聴かせるのがこのアルゼンチンのNEXUS!

エマーソン直系のアグレッシブなシンセサイザーがうねりまくり、メロトロンが溢れ出し、哀愁と緊張感が同居するギターがメロディアスに舞う!

ELP直系というよりもはやNEXUS節と言ってもいいダイナミックなキーボード・シンフォが炸裂です~。

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ!


【改訂】EL&P影響下にある世界のキーボード・トリオ・プログレをピックアップ!

【関連記事】

【改訂】EL&P影響下にある世界のキーボード・トリオ・プログレをピックアップ!

英5大バンドの一角を担う名グループELPより影響を受けた、各国のキーボード・トリオ・プログレをご紹介してまいります☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / TARKUS

    ELPを象徴する大作「Tarkus」収録、71年発表の大名盤2nd!

    NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成され、ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループの71年2nd。アルマジロと戦車が合体したような架空のキャラクターである「タルカス」をコンセプトにした大曲を含むその内容は、怒涛の変拍子とテクニカルなバンド・サウンドで迫る彼らの初期の代表作の1つであり、前作同様、非常に屈折したクラシカル・ロックの名盤となっています。また、オルガンやピアノに加えて飛躍的にモーグ・シンセサイザーが存在感を示すようになっており、大きく楽曲に取り入れられているのが特徴と言えるでしょう。

  • ELLESMERE / WYRD

    TAPROBANのメンバーによるプロジェクト、20年作3rd、「Tarkus」ばりのキーボード・プログレと往年の名手による好演が合わさったスケールみなぎる傑作!

    ヴィンテージ・テイスト豊かなイタリアン・シンフォ・バンドTAPROBANで活躍するベース&ギタリストRoberto Vitelliによるプロジェクト、20年作3rd。キーボーディストFabio Bonuglia、そしてドラマーにMattias Olssonというトリオを基本に、Tomas Bodin、David Cross、John Hackett、David Jackson、Tony Pagliuca(Le Ormeのkey)、Luciano Regoli(RRRのvo)という豪華ゲスト陣を迎えています。ANGLAGARD時代を彷彿させるタイトでアグレッシヴなMattiasのドラミングに乗って、波状攻撃のごとく畳みかける迫力満点のムーグ&メロトロン。それを受けてDavid Crossのヴァイオリン、David Jacksonのサックスがさすがの肉感溢れるプレイで躍動します。「Tarkus」ばりのテンションのキーボード・プログレに、往年の名手達がらしさ満点のプレイを次々に乗せていく、と言えばこの凄さが伝わるでしょうか。ヴォーカル・ナンバーでは、ヨーロピアンな深いロマンティシズムと幻想美もたっぷりで、イタリアらしい叙情性を堪能させてくれます。それにしても1曲を除き参加するD.ジャクソンは出色の活躍で、あのかすかに割れた音色が哀愁を誘うサックス、歌入りナンバーでデリケートに奏でるフルートと衰え知らずで嬉しくなります。大御所も交えた大所帯プロジェクトという意味ではSAMURAI OF PROGの諸作品にも匹敵する快作です!

  • NEXUS / EN EL COMIENZO DEL TOPOS URANOS

    アルゼンチン・シンフォの雄、キース・エマーソン直系のアグレッシヴにうねるキーボード・プレイが痛快な、NEXUS節全開の17年作!

    アルゼンチンはブエノスアイレス出身、99年にデビューし今や南米シンフォを代表する存在となった彼らの17年作。キース・エマーソン直系と言うべきスケールの大きなシンセサイザーが次々にフレーズを畳み掛け、その合間を縫うように哀愁と緊張感が均衡した泣きのギターが歌う、従来と変わらずのNEXUS節が冒頭より炸裂していて、ファンならこの時点でガッツポーズ。デリケートな音運びで聴かせるクラシック・ピアノに始まり、味わい深いひなびたオルガンとメロトロン、クリーントーンを生かした情感溢れるプレイが素晴らしいギターらによる、南米らしい哀感を帯びた70年代的叙情ナンバーの2曲目も絶品。一転勇ましいリズム隊に支えられアグレッシヴにうねりまくるシンセ&ハモンドのプレイが問答無用でカッコいい3曲目と、全編でアルゼンチン・シンフォの雄NEXUSらしさが爆発しています。ダイナミックなシンフォ・チューンの間で物悲しい旋律を紡ぐアコースティック・ギターも実に良い味わい。これぞ貫禄の一枚!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。