プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【作品追加】カナディアンSSW特集!~カナダならではの凛としたリリシズム~

身を切るような寒さもやや遠のき、いたるところに梅の可憐な花が見られる季節になりましたね。

こんな時期にぴったりなサウンドと言えば・・・カナダのSSW!
米SSWはカントリーも交えたカラッと乾いた感じが多いですが、秋~冬の終わり頃にかけての時期により染み入る気がするのがカナダ出身のSSW達です。

凛としたアコギの爪弾き、流麗なストリングス、そして、白い吐息が目に浮かぶような透明感ある歌声と流れるようなメロディ。

冷たく澄んだ朝の空気のような、リリシズムに溢れた作品をどうぞお楽しみください。

BRUCE COCKBURN/HIGH WINDS WHITE SKY

カナダのSSWと言えば、この人が一番人気でしょうか。

とにかく1曲目「Happy Good Morning Blues」が絶品。

Nick Drakeを彷彿とさせる繊細かつ芯の強いギター・バッキングと心に染み渡るリリカルなメロディ。

この曲が流れた瞬間、部屋の中が「冬の朝の静けさ」に包まれます。ホット・ミルクのようなハート・ウォーミングな歌声も絶品。傑作です。

試聴 Click!

BRUCE COCKBURN/SUNWHEEL DANCE

繊細なアコギのピッキングに優しく重なるストリングス、そして真摯なボーカルで歌われるハートウォームなメロディ。この3rdもやっぱりいいですね~。

試聴 Click!

VALDY/COUNTRY MAN

日本ではほぼ無名だけど、上記のブルース・コバーンにも匹敵する名カナディアンSSW!

まるで何十年もキャリアを重ねてきたような味わい深さと、カントリー・タッチも交えた軽妙さを併せ持ったスタイルが特徴です。

サウンドから感じられるどこか飄々とし佇まいがカナダらしいのかも。

試聴 Click!

レナード・コーエン/現代の吟遊詩人、レナード・コーエン

ミュージシャンズ・ミュージシャンとして名高いカナダのSSW/詩人/小説家。飾り気のないシンプルな曲調と呟くような歌声で綴る自然体な弾き語りスタイルに、不思議なほど惹き込まれます。この一曲目「電線の鳥」が無性に好きなんだよなぁ。

試聴 Click!

トニー・コジネク/バッド・ガール・ソングス

アコギとナイーヴなボーカルを中心に、ピアノやフルート、ドラムが実にシンプルにアレンジを加えています。音と音に美しく隙間が存在しています。一人部屋で向き合いたいアルバム。

試聴 Click!

ルーク・ギブソン/アナザー・パーフェクト・デイ

流麗なアコギ、リリカルなピアノ、じんわりと沁みるメロディ、そしてハスキーで枯れたボーカル。

マイナーではありますが、これはブルース・コバーンの次に聴きたいカナダの名SSW作品。

試聴 Click!

CHRISTOPHER KEARNEY/CHRISTOPHER KEARNEY

スワンプ・ロックのファンに人気のカナダのSSWによる72年デビュー作。

スワンプ・ロックということで土臭さも感じますが、やはりカナダ産ということで、どこかクリアでしなやかな空気を感じさせるのが印象的。

デイヴ・メイスンあたりが好きな英国ロック・ファンにもオススメです。

試聴 Click!

BOB MCBRIDE/BUTTERFLY DAYS

カナダを代表するブラス・ロック・バンドLIGHTHOUSEのヴォーカリストとしてお馴染みのSSW。グループ在籍時の72年にリリースしたソロ・デビュー作。

英国PARLOUR BANDの幻想的なフォーク・ロックをカナダらしい軽やかな透明感で洗練させた感じ!?

ちとたとえがマイナー過ぎたか・・・。

試聴 Click!

GORDON LOWE/FOLLOW THE SOUND

ジャケは不気味ですけど、この野辺の花をそっと揺らす風のような木訥なタッチが愛すべきなんですよね。

リリカルで気品ある色彩を持ったカナディアンSSWの隠れ名品。

試聴 Click!

JACK GRUNSKY/MY SHIP

温かみ溢れるジャケットの雰囲気からして堪らない69年作。

ボサノヴァの洒脱なリズムとともにアシッド臭も匂い立ってきて、かつカナダならではの透明感もあって実に多彩。

かなりマイナーだけど、60sカナディアン・サイケ・フォーク・ポップの名品!

試聴 Click!

JACQUELINE & LINDSAY/JACQUELINE AND LINDSAY

ジュディ・ダイブルがいた頃の最初期フェアポート・コンヴェンション:カナダ版って感じ!?

ほんのり漂うエキゾチックな香りも魅惑的だなあ。

69年にひっそりと残されたサイケ・フォークSSWデュオ作品。

試聴 Click!

DONN TARRIS/PARTY

カナダのメロウ・フォーキー・グループAIRBORNEのベーシストという何ともニッチな人ですが、これが ポール・マッカートニーやニッキー・ホプキンス『夢みる人』が好きな人ならマストと言える一枚なのです。

英国ニッチ・ポップのファンならきっと驚愕しちゃうクオリティですよ~。

試聴 Click!

PETER CHALMERS/LADY AND THE STRANGER

ピュアでハートウォームな歌声、2本のアルペジオが柔らかにたゆたい交差するアコギ・アンサンブル、郷愁を誘うペダル・スティール。

英イアン・マシューズあたりの木漏れ日フォーク、米憧憬ブリティッシュ・フォーク・ロックのファンはたまりませんよね。

試聴 Click!

RON SEXSMITH/RON SEXSMITH

70年代のカナディアンSSWのDNAを継いだアーティストもピックアップいたしましょう。

90年代以降屈指のSSWによる95年の記念すべきデビュー作。

あのエルヴィス・コステロからも絶賛された傑作です。

試聴 Click!

関連カテゴリー

カナディアンSSW特集!

  • TONY KOSINEC / BAD GIRL SONGS

    カナダ出身のSSW、70年発表の名盤、プロデュースはピーター&ゴードンで知られたピーター・アッシャー

  • JACK GRUNSKY / MY SHIP

    カナダのSSW、69年作の2nd、ジャケの雰囲気にピンときたサイケ・フォーク/ポップ・サイケのファンは必聴!

    カナダのSSW、69年作の2nd。ちょっと不穏な雰囲気のあるメランコリックなコード進行に沿って、時にそっと爪弾かれるアルペジオ、時に撫でるように鳴らされる優しいコード・バッキングのアコギ。ジャケのイメージ通りのやわらかでドリーミーなメロディと歌声。フルートやストリングスやホーンによるアレンジも印象的で、幻想的なサイケ・フォーク調から、走るリズムに乗ったポップ・サイケ調まで、楽曲を多彩に彩っています。ジャケットの雰囲気にピンときたサイケ・フォーク/ポップ・サイケのファンには自信を持ってオススメできる好盤!

  • DONN TARRIS / PARTY

    この人はいったい何もの!?ポール・マッカートニーばりの美メロが光る佳曲揃い、77年リリースの名作!

    カナダのメロウ・フォーキー・グループAIRBORNEのベーシストによる77年作ソロ。素朴なポール・マッカートニーと言えるような、イギリスで言えばClifford T.Wardあたりを彷彿させるような、そんな鼻にかかったハートウォームな歌声とメロディがとにかく素晴らしい。4曲目「Giving」なんて、ポール・マッカートニーもびっくりな美メロと美しいストリングス・アレンジが絶品な名曲で驚きました。AIRBORNEで聴けた洗練されたメロウ・フォーキーな楽曲もまた魅力で、この人ならではのスモーキーな雰囲気も加わっていて、英ロックのファンにもたまらないでしょう。10曲目「Waking Thoughts」なんて、ニッキー・ホプキンス『夢みる人』のリリカルな曲ばりの名曲だし、11曲目のタイトル・トラックの流れるようなアコギ爪弾きと気品すら漂うメロディには言葉を失います。この人はいったい何ものなんでしょうか?驚愕のクオリティ。SSWファンはもちろん、英ニッチ・ポップのファンも必聴。自信を持ってオススメします!

  • VALDY / COUNTRY MAN

    カナディアンSSW、72年作1st、ベースにMax Bennett、ドラムにJim Gordonらが参加

    カナダ出身のSSWによる72年リリースの1stアルバム。ギターにBrett Wade、オルガン/フルートにClaire Lawrence、ベースにMax Bennett、ドラムにJim Gordonと名セッションマン達がバックを務めています。そんな名手たちをリードする巧みなアコースティック・ギターさばきと少しハスキーで哀愁ある歌声を軸とするフォーク・ロックは、同郷のBruce Cockburnに通じる芯の強さとセンシティヴさが絶妙に調和していて素晴らしい味わいです。アンサンブルを引き締める力強いドラミング、暖かな音色のオルガンやエレキギターなど、メンバーのサポートもさすが。デビュー作なのに、まるで何十年もキャリアを重ねてきたような円熟味を感じさせる名品です。

  • JACQUELINE & LINDSAY / JACQUELINE AND LINDSAY

    カナダの男女サイケ・フォークSSWデュオ、69年作

    カナダの男女フォークSSWデュオ、69年作。キュートな歌声の女性ヴォーカルとまどろんだ男性ヴォーカル。ビートの効いたR&Bスタイルとサイケ・フォークの2つのスタイルが持ち味で、ジュディ・ダイブル在籍の初期フェアポート・コンヴェンションを彷彿させます。サイケ・フォーク・スタイルでは、カナダとは思えない、どこかアジア的なエキゾチズムがあるのもおもしろいところ。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。