プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

キャラヴァンの1stアルバムから出発、69年英国オルガン・ロック探求♪

スタッフ佐藤です。

キャラヴァンと言ったら、何といっても金字塔『グレイとピンクの地』ですが、実はそれと同じくらいに1stアルバムが好きです。

ジャケの雰囲気通りの黄昏時を感じさせる哀愁のオルガン・ロックが、時々無性に聴きたくなってしまうんですよね。

カンタベリー・ロックの一作品としてよりは、哀愁オルガン・ロックとして、プログレ・ファン以外にも広く聴かれてほしい一枚です。

今回は、そんなキャラヴァン1stから出発して、同じく69年にリリースされた英国オルガン・ロックをちょっぴりディープに探ってみたいと思います。

まずは、キャラヴァンの出発点となったこのナンバーで、黄昏のオルガン・サウンドをお楽しみください♪

キャラヴァン/ファースト・アルバム

60年代末期らしい愁いを帯びた英国叙情と柔らかな牧歌性が絶妙にバランスしたサウンドは、カンタベリーの原点であると同時に英ロックの良心。

それにしてもこのオルガン、ほんっといい音してて堪んないなぁ~

試聴 Click!

同じ69年には、先日めでたく紙ジャケリイシューされたこのオルガン・ロック名品も発表されていますね。

ライティング・オン・ザ・ウォール/パワー・オブ・ザ・ピクツ

しゃれこうべジャケとしては、STILL LIFEの唯一作と双璧と言えるのがこのオルガン・ロック作。

そのサウンドは、CRESSIDAの叙情的なオルガン×BLACK SABBATHの凶暴なギター・リフって感じの、ヘヴィでアングラ臭漂うオルガン・ロック。

こんな作品が69年に生まれていたとは、いやはや英国ロック道奥深し…。

試聴 Click!

もう一枚はブラック・サバスのあの方の従兄弟が参加している、とっておきのマイナー・オルガン・ロック盤をご紹介!

VELVETT FOGG/VELVETT FOGG

本作には不参加ながら、サバスのトニー・アイオミが一時期在籍していたグループ。

このアルバムでは、アイオミの従兄弟がギターを弾いているんです。

アングラ感満点のジャケは怪しさプンプンですが、中身はヴァニラ・ファッジのアート性とクレシダの哀愁を掛け合わせたようなオルガン・ロック好盤!

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ!


世界のオルガン・ロック特集【2020.03.12改訂】

【関連記事】

世界のオルガン・ロック特集【2020.03.12改訂】

くすんだトーンのオルガンが描く幻想的なオルガン・プログレを世界中から選りすぐってご紹介いたしましょう。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • WRITING ON THE WALL / POWER OF THE PICTS

    アングラ臭ぷんぷんの英国オルガン・ハード、69年の名唯一作

    英マイナー・レーベルMIDDLE EARTHより69年にリリースされた唯一のアルバム。重く引きずるようなリズムにクラシカルなオルガンが乗るサウンドは、これぞ英国オルガン・ロック。同じくMIDDLE EARTHよりリリースされたARCADIUMと比べ、カビ臭い地下スタジオを想起させるアンダーグラウンド然とした陰鬱なサウンドが持ち味。

    • BELLE 213424/5MARQUEE

      紙ジャケット仕様、SHM-CD+CDの2枚組、disc2にはシングル音源など12曲を収録、デジタル・リマスター、定価4000+税

      【購入特典:カケレコオリジナルの特典ペーパーをプレゼント!】

  • VELVETT FOGG / VELVETT FOGG

    トニー・アイオミが一時在籍していたブリティッシュ・サイケ・バンド、69年唯一作

    イギリス・バーミンガム出身のサイケデリック・ロック・グループ、69年唯一作。ブラック・サバスのトニー・アイオミが短期間在籍していた事で知られていますが、サバス結成のため一度のギグのみで離脱。その後はアイオミの従兄弟Paul Eastmentがギターを務めています。いかにもB級サイケ的な謎のジャケに反して、内容はヴァニラ・ファッジや初期パープルのようなアート・ロックに近い、かなり真っ当なオルガン・ロック。サイケ的な浮遊感やお遊び要素も多少残してはいますが、決してチープではなく重厚に歪んだハモンドの溢れ出すようなハーモニーとささくれ立ったファズ・ギターのコンビネーションは聴き応え抜群。時にジョン・ロードの如き濃厚インプロビゼーションや、CRESSIDAを彷彿とさせる寂しげなヴォーカルとの哀愁漂うアンサンブルも披露して、英国オルガン・ロック好きなら間違いなく楽しめるであろう好盤です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。