プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

PIERRE MOERLEN’S GONG『DOWNWIND』を起点に、流麗なヴィブラフォンが楽しめる作品をセレクト。

連日GONG特集続きですが…本日10/23はGONGで活躍したヴィブラフォン奏者、ピエール・モエルランの誕生日。

残念ながら05年に53歳にして亡くなってしまいましたが、デヴィッド・アレン無き後のGONGを牽引し、『GAZEUSE!』『EXPRESSO II』といった数々の名盤を生み出しました。

PIERRE MOERLEN’S GONG/DOWNWIND

こちらの『DOWNWIND』は79年に「PIERRE MOERLEN’S GONG」という彼の名を冠した名義でリリースされた最初の作品。トレードマークと言える涼やかで技巧的なヴィブラフォンを中心に、デヴィッド・アレン脱退以降彼が推し進めてきた打楽器主導のジャズ・ロック・サウンドをより明快に打ち出した名作となっています。ディディエ・ロックウッドにマイク・オールドフィールドなどゲスト陣も豪華。

試聴 Click!

本日はこの『DOWNWIND』を起点に、どこか幻想的な響きを生むヴィブラフォンをフィーチャーした作品をカケレコ棚からご紹介。

サムライ/サムライ

GREENSLADEでお馴染みのデイヴ・ローソンを含む、英ブラス・ロックWEBの後身グループ。叙情的にむせぶサックスやヴィブラフォンが織りなす、渋くも幻想的な英国ジャズ・ロック・サウンドがたまりません!

試聴 Click!

RICOTTI & ALBUQUERQUE/FIRST WIND

英ヴィブラフォン奏者Frank Ricottiと、72~74年にELOのベースを務めるMichael D Albuquerqueによるデュオ71年作。1st時COLOSSEUM風のソウル・ジャズをもっと洗練させたような、クール&叙情的なジャズ・ロック・サウンドが素敵!

試聴 Click!

次はアメリカに行ってみましょう!

LYNN BLESSING/SUNSET PAINTER

米ヴィブラフォン奏者Lynn Blessingによる69年ソロ作。陽だまりのようなカントリー・ロックにジャジーで流麗なヴィブラフォンの音色が響き渡るサウンドはまさに「オブスキュア」って言いたくなっちゃうような感じですが、不思議な聴き心地の良さがあります。FLYING BURRITO BROTHERSのギタリストSneaky Pete Kleinow、MARK-ALMONDに参加するベーシストのWolfgang Melzなどが参加。

試聴 Click!

BLUES MAGOOS/NEVER GOIN’ BACK TO GEORGIA

USガレージ・サイケ最高峰『PSYCHEDELIC LOLLIPOP』で知られるグループですが、後にはこんなアルバムも出していたんですね。ソウル、ゴスペルなどコクのある黒人ルーツ・ミュージックとジャジーで涼しげなヴィブラフォンの音色が交差したサウンドが良いなあ。これは隠れた名盤。

試聴 Click!

次はGONGと同じくフランスの作品。

ALAIN MARKUSFELD/LE SON TOMBE DU CIEL

ヴィブラフォンやエレピが静謐に鳴るジャジーなアート・ロックに、ジミヘンが乱入!?マイナーな人だけど才能は素晴らしいなぁ。フランスのギタリスト/SSW、MAGMAで知られるローラン・チボーも参加の71年作。

試聴 Click!

最後は新鋭からピックアップ!

LOOMINGS/EVERYDAY MYTHOLOGY

00年代屈指のチェンバー・ロック・バンドYUGENのヴィブラフォン奏者率いるバンド、15年作。アート・ベアーズやヘンリー・カウやザッパとともに、ハットフィールド&ザ・ノースやソフト・マシーン、さらにヒップホップまでぶち込んじゃった知性派アヴァン・ロックが強烈!

試聴 Click!

GURANFOE/SUM OF ERDA

最後は英国バンドによる19年作。初期YES風のファンタジーを紡いだかと思うと、次の瞬間にはOZRIC TENTACLESばりの酩酊感でサイケデリックに疾走を始める、色彩豊かで目まぐるしいサウンドに翻弄されます。でも英国らしい牧歌性や気品は終始溢れんばかりで、これはGOODですよ~!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


世界のジャズ/フュージョン・ロック特集~シャープに引き締まったテクニカルかつ流麗な名品集

【関連記事】

世界のジャズ/フュージョン・ロック特集~シャープに引き締まったテクニカルかつ流麗な名品集

世界中より、シャープに引き締まったテクニカルかつ流麗なジャズ・ロック作品をセレクトしてまいりましょう。


フランスが誇る名ヴァイオリニストDidier Lockwoodの参加作品を探求!

【関連記事】

フランスが誇る名ヴァイオリニストDidier Lockwoodの参加作品を探求!

名手Jean Luc Pontyにも匹敵するフランスの偉大なヴァイオリニストDidier Lockwoodの名演を振り返ってまいります。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • SAMURAI / SAMURAI

    グリーンスレイドでお馴染みのデイヴ・ローソン率いるグループ、幻想的なジャズ・ロックを聴かせる71年の唯一作

    グリーンスレイドでお馴染みのKey/Voのデイヴ・ローソンが加入して70年に3rd『I SPIDER』を発表したバンドWEBがそのまま発展したバンドがSAMURAI。彼らの71年唯一作が本作です。管楽器奏者を含む7人編成で、淡いトーンのオルガン、角の取れたマイルドなファズギター、叙情的にむせぶサックスやたゆたうビブラフォンが織りなす幻想美溢れるサイケデリック&ジャジーなブリティッシュ・ロックが印象的です。引き締まったドラムやゴリゴリとアグレッシヴなベースなどタイトなリズム、そしてデイヴ・ローソンによる英国的な優美な歌声も特筆。KHANあたりと並ぶR&Bからサイケを通過したジャズ・ロックへとたどり着いた英国ロックの逸品です。

  • PIERRE MOERLEN’S GONG / DOWNWIND

    PIERRE MOERLENS GONG名義としてリリースされた第一弾作品、79年作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの79年作。前作「Expresso II」でバンドの主導権を完全に掌握したPierre Moerlenですが、彼主導のGONGとして名義を変えて発表された本作は、David Allen脱退以降進めてきた打楽器が主導を取るジャズ・ロックサウンドをより明快に打ち出した名盤となっており、Mike Oldfieldが参加したミニマルな展開を見せる表題曲からDidier LockwoodのヴァイオリンやDidier Malherbeのサックスを生かしたナンバーまで、個性的な楽曲が素晴らしい作品と言えるでしょう。デジタル・リマスター。

  • LYNN BLESSING / SUNSET PAINTER

    米ヴィブラフォン奏者による69年ソロ唯一作、陽だまりのようなカントリー・ロックとジャズが融合したニッチな良作

    アメリカのヴィヴラフォン奏者、69年のソロ唯一作。バックにFLYING BURRITO BROTHERSのギタリストSneaky Pete Kleinow、名盤MARK-ALMOND『TO THE HEART』に参加するベーシストのWolfgang Melzなどが参加。カントリー、フォーク・ロック、サイケなどの要素が混ざり合ったアーシーで柔らかなアンサンブルを土台に、ジャジーで涼やかなヴィヴラフォンがの音色が響き渡る、「インストゥルメンタル・カントリー・ジャズ・ロック」と言うべきサウンドが独特ながらも非常に心地よい一枚。ソフト・ロック好きにもオススメです。

  • BLUES MAGOOS / NEVER GOIN’ BACK TO GEORGIA

    60’s米ガレージ・サイケの最高峰バンド69年作4th、後にSSWとして人気を博すエリック・カズなど新メンバーを加え、ジャズやソウルを織り込んだグルーヴィーなサウンドを聴かせる隠れた傑作!

    66年の名盤『PSYCHEDELIC LOLLIPOP』で知られる60’sアメリカン・ガレージ・サイケの最高峰。3rdリリース後にグループが分裂、ギター/ヴォーカルのEmil “Peppy” Thielhelm以外のメンバーを総入れ替えして制作された69年作4th。初期のガレージ感は皆無ですが、ジャズやソウル、ラテンといった多彩な要素が織り込まれたサウンドはかなり良いクオリティ。グルーヴィーなリズム隊やピアノに力強いシャウトを聴かせるヴォーカル。曲によってはエネルギッシュなブラスも取り入れながらソウルフルなアンサンブルを展開しつつ、全編に渡ってフィーチャーされたビブラフォンが都会的で涼しげ、かつカラフルな色合いをもたらしていて素晴らしい!初期CHICAGOやELECTRIC FLAG好きはかなり気に入ると思います。後にSSWとして人気を博すエリック・カズがキーボードで参加!

  • RICOTTI & ALBUQUERQUE / FIRST WIND

    英ヴィブラフォン奏者Frank Ricottiと、72〜74年までELOのベースを務める英ミュージシャンMichael D Albuquerqueのデュオ作、71年リリース

    Rick Wakeman、Caravan、Curved Air、Freddie Mercuryなどの作品に参加する英ヴィブラフォン奏者Frank Ricotti(ヴィブラフォン/サックス)と、この後ELOにベースで加入するMichael Albuquerque(ギター/ヴォーカル)を中心とするバンドの71年唯一作。米ジャズ/R&Bからの流れを汲んだ1st時COLOSSEUM風のソウル・ジャズを、よりジャジーに洗練させたような歌ものジャズ・ロックを聴かせます。印象的なのが全編で活躍するFrank Ricottiの涼しげなヴィブラフォンの音色で、Michael Albuquerqueによるソウル色のあるヴォーカルと心地よく絡むサウンドは絶品。音数多くもしなやかに刻むリズム隊、キラキラした流麗なエレピ、ファズを効かせながら伸びやかにフレーズを紡ぐギターなど、脇を固めるジャズ畑の演奏陣による粋なアンサンブルも特筆です。一方でフォーキーなタッチの織り交ぜ方も絶妙で、Michael Albuquerqueがデリケートなアコギ・ストロークと陰影ある抑えたヴォーカルで弾き語るLOVIN’ SPOONFUL「DIDN’T WANNA HAVE TO DO IT」は、英国らしさたっぷりに仕上げられた名カバーとなっています。古き良きアメリカン・ジャズ・ヴォーカルものにも通じる洒脱さの中に、英国らしい翳のある気品高さも感じられる逸品です。

  • ALAIN MARKUSFELD / LE SON TOMBE DU CIEL

    フランス出身のSSW/ギタリストによる71年作2nd、スリリングなギタープレイとエキセントリックな感性が炸裂するプログレ、MAGMAのローラン・チボーがキーボード&プロデュースで参加!

    70年代に5枚のアルバムを残したフランス出身のギタリスト/マルチ・ミュージシャンによる71年作2nd。キーボードとプロデュースを務めるのはMAGMAで知られるLaurent Thibaultです。聴きものは1曲目。淡々と刻むドラム、歌うような奔放な音運びのベース、密やかなタッチのエレピやオルガン、そして繊細に奏でるヴィブラフォンらによるサイケの残り香たゆたうアート・ロックなアンサンブル。そこにジミヘンからの影響を感じるブルージー&エモーショナルなスリルあるギタープレイが炸裂!ギターが過熱すると共にバックも手数多く畳みかけてきて一気に緊張感が高まっていく後半の展開が見事。儚げな幻想美とロックの熱量が調和した名曲です。アコースティック・ギターを主役に据えたアシッドなフォーク・ロック曲も魅力で、牧歌的なフォーキー・サウンドが、不意にピリッとしたミステリアスな空気に包まれていく展開など、フランスのアーティストらしい感性を随所に覗かせます。フレンチ・ロック黎明期において特筆すべきアーティスティックな音楽性に彩られた逸品!

  • LOOMINGS / EVERYDAY MYTHOLOGY

    イタリア、YUGENのヴィブラフォン奏者を中心とするアヴァン・プログレ・バンド、2015年デビュー作

    YUGENやFACTOR BARZACOなどの作品にも参加したヴィブラフォン奏者&ドラマーのJacopo Costa(フランス在住のイタリア人)を中心に、クラシックを学んだ男女ヴォーカル3人、ベース、ギターの6人で結成されたフランスのアヴァン・ロック・グループ。2015年デビュー作。レーベルからのインフォでは、アート・ベアーズやヘンリー・カウやザッパとともに、ハットフィールド&ザ・ノースやソフト・マシーンなどカンタベリー・ミュージックから影響を受けたようですが、サウンドを聴けばなるほど納得。鬼気迫る感じはなく、ヴィブラフォンと木管楽器によるフリーフォームの諧謔的かつクラシカルな気品もあるアンサンブルを土台に、ハットフィールドを彷彿させる男女混声コーラスが乗るスタイルが印象的です。アーティスティックな感覚に満ちたセンス溢れる逸品です。

  • GURANFOE / SUM OF ERDA

    ギター主体のサイケデリックなプレイが持ち味の英テクニカル・インスト・プログレ、19年作

    2015年にデビュー、これまでに3作品をデジタル・リリースしている英国のプログレ・グループによる4thアルバム。サイケデリックなトーンでテクニカルに畳みかけるギターを特徴とするインスト・プログレを展開。ヴァイオリンも交えたふくよかでファンタジックなサウンドは初期YESを思わせますが、チェンバー風の緊張感あるパート、古楽をイメージさせるGENTLE GIANT風のパート、そしてOZRIC TENTACLESばりの疾走感でひた走るサイケデリックなパートなどが次々と現れる目まぐるしいアンサンブルに飲み込まれます。それほどの振れ幅を持ちつつ、終始英国らしい「気品」を失わない演奏がまた素晴らしい。GGファンにOZRICファン、そしてアメリカのDELUGE GRANDERなどがお好きな方にもきっと響くサウンドです!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。