プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

フリー『ファイアー・アンド・ウォーター』を起点に、ソウルフルなVo.炸裂するハード・ロックをピックアップ!

こんにちは、スタッフ増田です。

アーシーなブルース・ロックを下敷きにしつつ、かつてないヘヴィさやソリッドな切れ味によって「ハード・ロック」の礎を作っていったのがFREE。

ポール・コゾフの叙情的なギターやフレイザー&カークによる骨太なリズム隊はもちろん、ポール・ロジャースのソウルフルなヴォーカルも特筆。分厚いバンド・アンサンブルにも負けないソウルフルなヴォーカリストの存在は、その後のハード・ロックに無くてはならない要素となっていきました。

本日はそんなFREEの名盤を起点に、ソウルフルなヴォーカルが楽しめるハード・ロック作品をご紹介!

フリー/ファイアー・アンド・ウォーター

ブルース・ロックをハード化させた一つの完成形と言えますよね。いぶし銀のリズム隊、これでもかと泣きを炸裂させるギタリスト、カリスマ性みなぎるソウルフルなシンガー。これで二十歳そこそこって・・・早熟すぎ!

試聴 Click!

次は「FREEの再来」と言われたこの米国のバンド!

BLACK SHEEP/BLACK SHEEP

後にFOREIGNERのヴォーカルとして活躍するLou Grammが在籍したNYのバンドによる75年作!哀愁のギター・リフ、グルーヴィーなリズムにポール・ロジャースばりのエネルギッシュな歌声が炸裂!

試聴 Click!

最後は後にDEEP PURPLEで活躍するグレン・ヒューズが在籍したこちらの英バンド!

トラピーズ/メデューサ

若きグレン・ヒューズが率いた名グループ!英国的な陰影とアメリカン・ロック的なグルーヴ感とヌケの良さが絶妙にブレンドしたスケールの大きなサウンドは素晴らしい完成度。ヒューズのヴォーカルも言うまでもなく絶品です!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


「泣きのギター」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

【関連記事】

「泣きのギター」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

今週は、「泣きのギター」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。


特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

【関連記事】

特集!プログレ界の名男性ヴォーカル選【英・北米編】

英米プログレ界の実力派/個性派名男性ヴォーカルを大特集!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • TRAPEZE / MEDUSA

    若きグレン・ヒューズ在籍のグループ、70年作2nd、スケールの大きなブリティッシュ・ロックの名作

    後にDEEP PURPLEで活躍するGlenn Hughesの在籍で知られるグループ。70年作の2nd。1stからメンバーが抜け、トリオ編成に。サイケデリック&プログレッシヴな1stと比べ、ハード&ブルージーなブリティッシュ・ロックを聴かせています。アーシーでふくよかなドラム、メロディアスかつグルーヴ感いっぱいのベース、そして叙情的なアコギからコシのあるトーンのハード・エッジなエレキまで表情豊かなギター。極めつけは、ソウルフルなGlenn Hughesのヴォーカル!英国的な陰影とアメリカン・ロック的な土臭さやヌケの良さが絶妙にブレンドしたスケールの大きなサウンドはかなり完成度高いです。それにしても圧巻のグルーヴ!これを聴いて体が揺れないロック・ファンは居ないでしょう。

  • BLACK SHEEP / BLACK SHEEP

    「FREEの再来」 と言われた米ブルース・ロック・バンド、75年作1st。

    後にFOREIGNERのヴォーカルとして活躍するLou Grammが在籍したことで知られるNYのバンドによる75年作1st。「FREEの再来」と言われたように、Paul Rodgersを思わせるLouのヴォーカルが印象的で、重く気だるい雰囲気漂うブルース・ロックを聴かせますが、アップテンポな曲はBAD COMPANYを思わせるメロディアス・ハード。米ロック好きにも英ロック好きにもお薦めです。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。