プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「泣きのギター」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

今週は、「泣きのギター」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

どうぞご覧ください。

Facebook

11月19日(月):WISHBONE ASH / ARGUS

第一日目は、ツイン・リード・ギターの元祖、ウィッシュボーン・アッシュ『百眼の巨人アーガス』です。

72年にリリースされ、最高傑作とも称される今作。
アンディ・パウエル、テッド・ターナーの2本のギターが自在に駆け回りながらも美しく調和し、英国情緒をたたえたサウンドを織りなしていきます。

特にアルバムB面のドラマチックな流れが素晴らしく、英国的な哀愁に溢れながらも力強いメロディを丁寧なギター・ワークや3声のコーラスで聴かせます。

ラストでは2人が別々のリード・ソロを奏で、そのあまりにも美しい「泣きのギター」のハーモニーに、胸が詰まるような感動を覚えます。(みなと)

試聴 Click!

11月20日(火):BEATLES / BEATLES

今週の投稿テーマは「泣きのギター」。皆さん、お好きですよね?

泣きの名演は数多くありますが、多くの方が最初に耳にした「泣きのギター」と言えば、やはり「While My Guitar Gentry Weeps」でのクラプトンのプレイではないでしょうか。

ソロ冒頭で聴くことができる絶妙にニュアンスをコントロールしたヴィブラートは、まさしく「ギターが泣いている」を体現した、これしかない!という極上のプレイですよね。

以前何度となくあのソロを挑戦したものですが、どうしてもあそこまでの説得力ある「むせび泣き」にならず、いつまでも「ギターがメソメソしてる」のままだったのを思い出します。

ちょうど明後日22日は、この曲が収録された「ホワイト・アルバム」のリリース50週年ということもありますので、皆さん改めて聴く機会も多いかもしれませんね。

ちなみに、ジョージのソロ「EXTRA TEXTURE」収録の姉妹曲「This Guitar (Can’t Keep From Crying)」でのジェシ・デイヴィスによる味わい深い泣きのソロも同じくらい好きです。(佐藤)

試聴 Click!

11月21日(水):FREE / HEARTBREAKER

本日ご紹介するのは「泣きのギター」と言ったら右に出るものはいないこのギタリスト。ポール・コゾフです。

ご存知フリーのギタリストとして10代でデビューするも、ドラッグ中毒により25歳の若さでこの世を去った彼。

愛用のギブソン・レスポールから繰り出される切なくも重厚なフレーズ、繊細なビブラート、情感溢れるチョーキング…。
クラプトンやジェフ・ベックのようにずば抜けたテクニックを持っている訳ではないものの、一音一音に魂の断片が込められているかのような熱いプレイには否応なしに心揺さぶられてしまいますよね。

アルバムはFREEの73年作『HEARTBREAKER』をセレクト。バンドとしてはほぼ解散状態にありつつも、ベースに日本人の山内テツ、キーボードにセッション・プレイヤーのジョン”ラビット”バンドリックを迎えて制作された復活作にして最終作です。

とはいえコゾフは既にドラッグに体を蝕まれており、参加できたのは5曲のみというボロボロの状態…。しかし、それもあってか一曲一曲の演奏は渾身そのもの。

特にこの「Come Together In The Morning」で聴けるギターソロの迫力といったら…。
剥き出しの感情がぶつかってくるようなギタープレイには、「泣き」を通り越してちょっぴり恐ろしいものすら感じてしまいます。(増田)

試聴 Click!

11月22日(木):GARY MOORE BAND / GRINDING STONE

本日ご紹介する「泣き」の名手は…THIN LIZZYや70年代のSKID ROWでおなじみ、ベルファスト生まれの超絶技巧ギタリスト!ゲイリー・ムーアです!

正確無比なピッキングと情熱的なフレージングでブルースからハード・ロック、そしてテクニカルなフュージョンまでを軽々と弾きこなすご存知スーパー・ギタリスト。

今回ピックアップするアルバムは、そんな彼が72年に結成した初のリーダー・グループ、GARY MOORE BANDの唯一作『GRINDING STONE』です。

THIN LIZZYはもちろん、ジョン・ハイズマンのCOLLOSEUM IIにも加入する前でほとんど無名に近かった彼。残念ながらセールスに恵まれずこの一作で消滅してしまったのですが、これが驚くべきレベルの高さ!

ハードでブルージー、なおかつジャズ・フュージョン的な流麗さやAORにも通ずる洗練味までも取り入れた、「プログレッシヴ」とも言うべき多彩さを誇る楽曲。
そして随所で炸裂する、これでもかとエネルギッシュな「ムーア節」全開のギター・プレイ!

若干21歳これほどまでに脂の乗ったプレイを展開するとは…いやはや才能恐るべし。是非この「Grinding Stone」の若さ溢れる泣きまくりギター・プレイを堪能して下さい!(増田)

試聴 Click!

11月23日(金):MODRY EFEKT / SVITANIE

最後に泣きのギターを奏でてくれるのは、チェコのギタリストRadim Hladikです。

「プラハの春」と同年の68年に結成され活動停止期間を挟みながらも2016年まで活動した、チェコを代表するプログレッシヴ・ロック・バンドMODRY EFEKT。

そのギタリストこそ彼なのですが、ずばりユーロ・ロック・シーンでNo.1と断言したい泣きの名手なんですよね。

ブルーズフィーリングに溢れた豪快かつドラマチックな音運びでエモーショナルに泣きまくるプレイスタイルは、泣きのギター好きならたまらないはず。

個人的にはこの曲のソロが最も彼の泣きギターの真髄を楽しめるかと思います。
哀愁あるチェコ語のヴォーカルと相まってグッと胸に迫ってきますね~。

タイ・フォンがお好きな方にもおすすめですよ。(佐藤)

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

WISHBONE ASHの在庫

  • WISHBONE ASH / WISHBONE ASH

    70年発表の記念すべきデビュー作、名曲「Phoenix」収録

    70年代の英国を代表するブリティッシュ・ロック・グループ、70年のデビュー作。二人のギタリストによるツイン・リードがバンド最大の武器で、メロディアスなフレーズが時に交差し、時にハーモニーを奏でます。複雑な転調などドラマティックな曲構成とともに、フォークをルーツとした牧歌的なメロディも持ち味です。ハイライトはラストに配された「PHOENIX」。仰々しいドラムによるイントロから幕を開けると、その後は全編で、Andy Powell、Ted Turnerによるツイン・リード・ギターが哀愁のメロディを奏でます。特に中盤、テンポアップしてからがクライマックス。大嵐がやってきたかのような暴れっぷりのドラムに乗って、二人のギタリストによるせめぎ合いに興奮しっぱなし!10分の大作ながら、グイグイ引きこまれていき、あっという間に終わってしまいます。デビュー作ながら、この時点で、バンドの個性は完成されており、いきなり「ARGUS」から入った方には是非とも体験して頂きたいアルバムです。

  • WISHBONE ASH / PILGRIMAGE

    邦題『巡礼の旅』、精緻なインストが織り成す彼らの71年2ndアルバム、名曲「The Pilgrim」収録

    深遠な幻想の森に誘うかのような、ヒプノシスのデザイン・ジャケットも印象的な、WISHBONE ASHの第2作目、邦題はずばり『巡礼の旅』。彼らの作品の中でも、インストゥルメントの精緻で重層的な心象表現が最も評価の高い作品。頭上を旋回する呪文の文言の如く耳を離れない、印象的なツインギターのリフの応酬とその情感を煽るかのようにのた打ち回る変則的なドラムのリズムに、革新的なベースライン、何処か土俗的な印象さえ受けてしまう、彼らの言語未分化な、根源的な欲求に裏打ちされていたであろう、独創的かつ流麗な音楽世界が、聞き手を未知の感覚へといざないます。

  • WISHBONE ASH / ARGUS

    これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

    丁寧に折り重なるようにメロディが交差するツイン・リード・ギターがトレード・マークのグループ。彼らの最高傑作である72年作。叙情性溢れる英国的なメロディも絶品。

  • WISHBONE ASH / WISHBONE FOUR

    初の自主プロデュース作となった73年の4th、アートワークはヒプノシス

    • UICY9081

      紙ジャケット仕様、ポスター付き仕様、定価2141

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      紙ジャケにテッド・ターナーとマーティン・ターナーのサイン入り、帯に若干インク付着あり

  • WISHBONE ASH / THERE’S THE RUB

    ツインギターの片翼がテッド・ターナーから元HOMEのローリー・ワイズフィールドにチェンジし制作された、74年作通算6th

  • WISHBONE ASH / LIVE IN TOKYO 1978

    当時日本のみでリリースされた、78年11月10日と15日の東京公演を収録したライヴ盤

    78年11月10日と15日の東京公演を収録したライヴ盤。当時日本のみでリリースされた作品で原盤はレア。収録曲は、『F.U.B.B.』『The Way Of The World』『You See Red』『Jail Bait』『Blowin’ Free』。

    • UICY76007

      廃盤、初回生産限定紙ジャケット仕様、13年96kHz/24bitデジタル・リマスター、SHM-CD、定価2667+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

  • WISHBONE ASH / LIVE DATES VOLUME TWO

    80年の「ジャスト・テスティング・ツアー」を収録した2作目のライヴ・アルバム

  • WISHBONE ASH / RAW TO THE BONE

    英国が誇る名ハード・ロック・バンド、隠れた名作とも評される85年作

    英国が誇る名ハード・ロック・バンド、トレヴァー・ボルダーが前作『TWIN BARRELS BURNING』限りで脱退、後任のベーシストとして卓越したヴォーカルも併せ持つマーヴィン・スペンスを迎え制作された85年作。基本的には前作の延長線上にあるキャッチーな音作りの抜けのいい80sハード・ロック・サウンドですが、マーヴィン・スペンスによる伸びのあるセクシーな歌声が素晴らしく、楽曲のクオリティを劇的に引き上げています。アンディ&ローリーのツインギターも相変わらず抜群の切れ味を誇っています。まさに隠れた名作という言葉が相応しい一枚。

  • WISHBONE ASH / TIME WAS/THE WISHBONE ASH COLLECTION

    93年編纂ベスト、全23曲

  • WISHBONE ASH / VERY BEST OF WISHBONE ASH BLOWIN’ FREE

    全12曲

「WISHBONE ASHの在庫」をもっと見る

BEATLESの在庫

  • BEATLES / HELP !

    通算5作目、65年作

  • BEATLES / BEATLES

    68年作、ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、抜群の音楽センスで咀嚼、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応をそのままに詰め込んだ、才気みなぎる大傑作。

    68年作。ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、彼ら一流の音楽センスで咀嚼し、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応そのままに一気にぶちまけた、才気みなぎる大傑作。洗練された前作「Sgt.Pepper’s 〜」の反動からか、音を整理することなく、それぞれのメンバーのアンテナが向かうままに、剥き出しの音が鳴らされています。アルバム全体の統一感こそ薄いですが、1曲1曲はかなり尖っています。あのビートルズの、あのメンバー達の「アンテナ」が閉じこめられてるんですから、そりゃ、半端ではなくエネルギッシュ。

  • BEATLES / A HARD DAY’S NIGHT(映画)

    64年公開

    • DZ0025

      DVD、NTSC方式、リージョン2、帯・解説元からあったか不明、曲目リスト付仕様、日本語字幕あり、定価5,076

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯-

      圧痕あり

  • BEATLES / BEST SELECTION PART-3

    ベスト・セレクション、20曲。

  • BEATLES / HELP ! (映画)

    ビートルズ主演映画第2弾。

    • TOBW3330/31

      DVD2枚組ボックス本編ディスク+ボーナス映像ディスク)、NTSC方式/リージョンフリー、帯・解説付き仕様、日本語字幕あり、オリジナル脚本の複製/ロビーカード8枚/ポスター/英国オリジナル・ブックなど封入、定価19800

      盤質:傷あり

      状態:

      帯有

      帯ミシン目に切れ目あり

  • BEATLES / LIVE AT BUDOKAN 1966

    66年武道館ライヴ、6/30の初演と7/1午後の部を収録した全26曲

「BEATLESの在庫」をもっと見る

FREEの在庫

  • FREE / TONS OF SOBS

    68年リリース、ブリティッシュ・ロック・シーンに衝撃を与えた、FREEのデビュー・アルバム!

    「昼食時に個々人として集まっていた4人が、その日の午後4時には1つのバンドになっていたんだ。」とRogersが語る、ブリティッシュ・へヴィ・ロック・シーンに衝撃を与えた、FREEのデビュー・アルバム、69年発表。まだ10代(!)だった彼らはその若き激情を強烈に叩きつけた「GOIN DOWN SLOW」では死をテーマとしたり、「WALK IN MY SHADOW」、「I’M A MOVER」、「SWEET TOOTH」と欲求不満や、漠然とした不安や性に関してのモチーフにより、より猥雑なロックロールを鮮やかに切りつけた、彼らの当時は黙殺された情熱がたっぷりと詰まった記念碑的作品!

  • FREE / HIGHWAY

    70年作4th

  • FREE / FREE LIVE !

    71年ライヴ作

  • FREE / HEARTBREAKER

    アンディ・フレイザーに代わりベースに山内テツ、key奏者としてラビットが加入し制作された73年作

「FREEの在庫」をもっと見る

BLUE EFFECT (MODRY EFEKT / M.EFEKT)の在庫

  • BLUE EFFECT (MODRY EFEKT / M.EFEKT) / 1969-1989

    旧チェコ・プログレの代表バンドBLUE EFFECT/MODRY EFEKTの全8タイトル+シングル曲/ボーナス曲収録ディスクの9枚組ボックス

    旧チェコ・スロヴァキアを代表するプログレ・バンド、BLUE EFFECT時代の70年作『MEDITACE』、70年発表のJAZZ Q PRAHAとの共演作『CONIUNCTIO』、71年作『NOVA SYNTEZA』、73年作『NOVA SYNTEZA 2』、75年作『MODRY EFEKT AND RADIM HLADIK』、77年作『SVITANIE』、79年作『SVET HLEDACU』、81年作『33』+シングル音源/ボーナス音源収録ディスクの9枚組。

  • BLUE EFFECT (MODRY EFEKT / M.EFEKT) / NOVA SYNTEZA / NOVA SYNTEZA 2

    旧チェコを代表するプログレ・バンド、オーケストラと共演した71年作と74年作を収録

    旧チェコを代表するプログレ・バンド、71年作『NOVA SYNTEZA』と続編にあたる74年作『NOVA SYNTEZA 2』を収録した2枚組。ビッグ・バンド風の壮大なオーケストラとスリリングなバンド・アンサンブルが共演する熱量たっぷりのプログレを楽しませてくれる、2作品ともに東欧プログレの名盤です。

  • BLUE EFFECT (MODRY EFEKT / M.EFEKT) / NOVA SYNTEZA

    旧チェコを代表する名バンド、オーケストラと共演したスケールの大きな名作!

    チェコのグループ、71年作。オーケストラとの共演盤。ビッグ・バンド風の壮大なオーケストレーションと、東欧屈指のギタリストRadim Hladikの伸びやかでスリリングなギターががっぷり四つに組んだスケールの大きな作品。

「BLUE EFFECT (MODRY EFEKT / M.EFEKT)の在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。