プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「泣きのギター」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

今週は、「泣きのギター」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

どうぞご覧ください。

Facebook

11月19日(月):WISHBONE ASH / ARGUS

第一日目は、ツイン・リード・ギターの元祖、ウィッシュボーン・アッシュ『百眼の巨人アーガス』です。

72年にリリースされ、最高傑作とも称される今作。
アンディ・パウエル、テッド・ターナーの2本のギターが自在に駆け回りながらも美しく調和し、英国情緒をたたえたサウンドを織りなしていきます。

特にアルバムB面のドラマチックな流れが素晴らしく、英国的な哀愁に溢れながらも力強いメロディを丁寧なギター・ワークや3声のコーラスで聴かせます。

ラストでは2人が別々のリード・ソロを奏で、そのあまりにも美しい「泣きのギター」のハーモニーに、胸が詰まるような感動を覚えます。(みなと)

試聴 Click!

11月20日(火):BEATLES / BEATLES

今週の投稿テーマは「泣きのギター」。皆さん、お好きですよね?

泣きの名演は数多くありますが、多くの方が最初に耳にした「泣きのギター」と言えば、やはり「While My Guitar Gentry Weeps」でのクラプトンのプレイではないでしょうか。

ソロ冒頭で聴くことができる絶妙にニュアンスをコントロールしたヴィブラートは、まさしく「ギターが泣いている」を体現した、これしかない!という極上のプレイですよね。

以前何度となくあのソロを挑戦したものですが、どうしてもあそこまでの説得力ある「むせび泣き」にならず、いつまでも「ギターがメソメソしてる」のままだったのを思い出します。

ちょうど明後日22日は、この曲が収録された「ホワイト・アルバム」のリリース50週年ということもありますので、皆さん改めて聴く機会も多いかもしれませんね。

ちなみに、ジョージのソロ「EXTRA TEXTURE」収録の姉妹曲「This Guitar (Can’t Keep From Crying)」でのジェシ・デイヴィスによる味わい深い泣きのソロも同じくらい好きです。(佐藤)

試聴 Click!

11月21日(水):FREE / HEARTBREAKER

本日ご紹介するのは「泣きのギター」と言ったら右に出るものはいないこのギタリスト。ポール・コゾフです。

ご存知フリーのギタリストとして10代でデビューするも、ドラッグ中毒により25歳の若さでこの世を去った彼。

愛用のギブソン・レスポールから繰り出される切なくも重厚なフレーズ、繊細なビブラート、情感溢れるチョーキング…。
クラプトンやジェフ・ベックのようにずば抜けたテクニックを持っている訳ではないものの、一音一音に魂の断片が込められているかのような熱いプレイには否応なしに心揺さぶられてしまいますよね。

アルバムはFREEの73年作『HEARTBREAKER』をセレクト。バンドとしてはほぼ解散状態にありつつも、ベースに日本人の山内テツ、キーボードにセッション・プレイヤーのジョン”ラビット”バンドリックを迎えて制作された復活作にして最終作です。

とはいえコゾフは既にドラッグに体を蝕まれており、参加できたのは5曲のみというボロボロの状態…。しかし、それもあってか一曲一曲の演奏は渾身そのもの。

特にこの「Come Together In The Morning」で聴けるギターソロの迫力といったら…。
剥き出しの感情がぶつかってくるようなギタープレイには、「泣き」を通り越してちょっぴり恐ろしいものすら感じてしまいます。(増田)

試聴 Click!

11月22日(木):GARY MOORE BAND / GRINDING STONE

本日ご紹介する「泣き」の名手は…THIN LIZZYや70年代のSKID ROWでおなじみ、ベルファスト生まれの超絶技巧ギタリスト!ゲイリー・ムーアです!

正確無比なピッキングと情熱的なフレージングでブルースからハード・ロック、そしてテクニカルなフュージョンまでを軽々と弾きこなすご存知スーパー・ギタリスト。

今回ピックアップするアルバムは、そんな彼が72年に結成した初のリーダー・グループ、GARY MOORE BANDの唯一作『GRINDING STONE』です。

THIN LIZZYはもちろん、ジョン・ハイズマンのCOLLOSEUM IIにも加入する前でほとんど無名に近かった彼。残念ながらセールスに恵まれずこの一作で消滅してしまったのですが、これが驚くべきレベルの高さ!

ハードでブルージー、なおかつジャズ・フュージョン的な流麗さやAORにも通ずる洗練味までも取り入れた、「プログレッシヴ」とも言うべき多彩さを誇る楽曲。
そして随所で炸裂する、これでもかとエネルギッシュな「ムーア節」全開のギター・プレイ!

若干21歳これほどまでに脂の乗ったプレイを展開するとは…いやはや才能恐るべし。是非この「Grinding Stone」の若さ溢れる泣きまくりギター・プレイを堪能して下さい!(増田)

試聴 Click!

11月23日(金):MODRY EFEKT / SVITANIE

最後に泣きのギターを奏でてくれるのは、チェコのギタリストRadim Hladikです。

「プラハの春」と同年の68年に結成され活動停止期間を挟みながらも2016年まで活動した、チェコを代表するプログレッシヴ・ロック・バンドMODRY EFEKT。

そのギタリストこそ彼なのですが、ずばりユーロ・ロック・シーンでNo.1と断言したい泣きの名手なんですよね。

ブルーズフィーリングに溢れた豪快かつドラマチックな音運びでエモーショナルに泣きまくるプレイスタイルは、泣きのギター好きならたまらないはず。

個人的にはこの曲のソロが最も彼の泣きギターの真髄を楽しめるかと思います。
哀愁あるチェコ語のヴォーカルと相まってグッと胸に迫ってきますね~。

タイ・フォンがお好きな方にもおすすめですよ。(佐藤)

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

WISHBONE ASHの在庫

  • WISHBONE ASH / VINTAGE YEARS 1970-1991

    18年リリース、70-91年までのスタジオ・アルバムとライヴ音源を大ヴォリュームで収録!

    • SMABX1065

      30枚組ボックス、156pハードカバー写真集、ブックレット、ポスター4種、ソノシート付き仕様

      盤質:傷あり

      状態:良好

      6枚は無傷/小傷、ポスター1枚にスリキズあり

  • WISHBONE ASH / WISHBONE ASH

    70年発表の記念すべきデビュー作、名曲「Phoenix」収録

    70年代の英国を代表するブリティッシュ・ロック・グループ、70年のデビュー作。二人のギタリストによるツイン・リードがバンド最大の武器で、メロディアスなフレーズが時に交差し、時にハーモニーを奏でます。複雑な転調などドラマティックな曲構成とともに、フォークをルーツとした牧歌的なメロディも持ち味です。ハイライトはラストに配された「PHOENIX」。仰々しいドラムによるイントロから幕を開けると、その後は全編で、Andy Powell、Ted Turnerによるツイン・リード・ギターが哀愁のメロディを奏でます。特に中盤、テンポアップしてからがクライマックス。大嵐がやってきたかのような暴れっぷりのドラムに乗って、二人のギタリストによるせめぎ合いに興奮しっぱなし!10分の大作ながら、グイグイ引きこまれていき、あっという間に終わってしまいます。デビュー作ながら、この時点で、バンドの個性は完成されており、いきなり「ARGUS」から入った方には是非とも体験して頂きたいアルバムです。

  • WISHBONE ASH / ARGUS

    これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

    丁寧に折り重なるようにメロディが交差するツイン・リード・ギターがトレード・マークのグループ。彼らの最高傑作である72年作。叙情性溢れる英国的なメロディも絶品。

  • WISHBONE ASH / BBC RADIO 1 LIVE IN CONCERT

    名盤「ARGUS」リリース直後の72年に行われたBBCライヴ、全8曲

  • WISHBONE ASH / LIVE DATES

    73年リリースの通算5th、ライヴ・アルバム史に燦然と輝く傑作盤!

  • WISHBONE ASH / WISHBONE FOUR

    73年作4th、アートワークはヒプノシス

  • WISHBONE ASH / LOCKED IN

    76年作

  • WISHBONE ASH / FRONT PAGE NEWS

    初期の陰影あるブリティッシュ・ロックへの回帰を感じる77年作9th

  • WISHBONE ASH / LIVE IN TOKYO 1978

    当時日本のみでリリースされた、78年11月10日と15日の東京公演を収録したライヴ盤

    78年11月10日と15日の東京公演を収録したライヴ盤。当時日本のみでリリースされた作品で原盤はレア。収録曲は、『F.U.B.B.』『The Way Of The World』『You See Red』『Jail Bait』『Blowin’ Free』。

  • WISHBONE ASH / JUST TESTING

    80年作、アートワークはヒプノシス

  • WISHBONE ASH / TWIN BARRELS BURNING

    英国が誇る名ハード・ロック・バンド、トレヴァー・ボルダー在籍期唯一の作品となる82年作

    英国が誇る名ハード・ロック・バンドによる82年作。グラム・ロック期のデヴィッド・ボウイやユーライア・ヒープでの活躍で知られるベーシスト、トレヴァー・ボルダーが参加した唯一のアルバムとなっており、アンディ・パウエル&ローリー・ワイズフィールドによるキレのあるツインギターを軸とした、80年代らしいキャッチーかつ骨太なHRサウンドを全編で聴かせる力作。トレヴァー・ボルダーの職人的ベースプレイもたっぷり堪能できる一枚です。

  • WISHBONE ASH / RAW TO THE BONE

    英国が誇る名ハード・ロック・バンド、隠れた名作とも評される85年作

    英国が誇る名ハード・ロック・バンド、トレヴァー・ボルダーが前作『TWIN BARRELS BURNING』限りで脱退、後任のベーシストとして卓越したヴォーカルも併せ持つマーヴィン・スペンスを迎え制作された85年作。基本的には前作の延長線上にあるキャッチーな音作りの抜けのいい80sハード・ロック・サウンドですが、マーヴィン・スペンスによる伸びのあるセクシーな歌声が素晴らしく、楽曲のクオリティを劇的に引き上げています。アンディ&ローリーのツインギターも相変わらず抜群の切れ味を誇っています。まさに隠れた名作という言葉が相応しい一枚。

  • WISHBONE ASH / NOUVEAU CALLS

    87年作

  • WISHBONE ASH / TIME WAS/THE WISHBONE ASH COLLECTION

    93年編纂ベスト、全23曲

  • WISHBONE ASH / ILLUMINATIONS

    96年作

  • WISHBONE ASH / LIVE IN NEW JERSEY JAN 1974

    74年1月19日、米ニュージャージーはキャピトル・シアターでのライヴ

    74年1月19日、米ニュージャージーはキャピトル・シアターでのライヴ音源。ラジオ番組『KING BISCUIT FLOWER HOUR』用に録音された音源で、音質はクリアです。全9曲収録。

  • WISHBONE ASH / VERY BEST OF WISHBONE ASH BLOWIN’ FREE

    全12曲

「WISHBONE ASHの在庫」をもっと見る

BEATLESの在庫

  • BEATLES / 1

    全27曲

  • BEATLES / EIGHT DAYS A WEEK (映像)

    ライヴ活動期に焦点を当てたロン・ハワード監督によるドキュメンタリー映像作品

    • DABA5114

      コレクターズ・エディション、DVD3枚組、スリップケース付きデジパック仕様、帯・解説付、日本語字幕あり、NTSC方式/リージョン2、アップル公認Tシャツ(グレー)付き、定価8800+税

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

  • BEATLES / PLEASE PLEASE ME

    63年3月リリース、記念すべきビートルズのデビュー・アルバム、1曲目「I Saw Her Standing There」からアクセル全開!

    63年3月リリース。記念すべきビートルズのデビュー・アルバム。1曲目「I Saw Her Standing There」からアクセル全開!2曲目「Misery」ではジョンとポールの必殺のハーモニーが炸裂し、「Please Please Me」のカモン、カモーンで最高潮に。米ガールズ・グループのカバーなどを織り交ぜながら、ジョンのシャウトが炸裂する必殺ロックン・ロール・ナンバー「Twist And Shout」まで一気に駆け抜けます。ロック&ポップスの扉を勢いよく蹴り上げたエネルギッシュすぎる傑作。

  • BEATLES / WITH THE BEATLES

    63年11月リリース、デビュー以後の勢いそのままに前作からわずか8ヶ月でリリースされた2nd

    63年11月リリース。デビュー以後の勢いそのままに、デビュー作からわずか8ヶ月でリリースされた2nd。エネルギーに溢れた「It Won’t Be Long」、ポール屈指の名曲「All My Loving」、ジョンの歌唱が光る「Please Mister Postman」、哀愁のメロディが素晴らしい「Not A Second Time」など、名曲・佳曲てんこ盛り!「You Really Got A Hold On Me」「Devil In My Heart」などカバー曲も絶妙なスパイスに。

  • BEATLES / A HARD DAY’S NIGHT

    64年作3rd、全曲オリジナルナンバーによる初期の代表作、特にジョンのメロディメイカーとしての才能が爆発!

    64年7月リリースの3rdアルバム。全曲レノン=マッカートニーの楽曲による唯一のアルバムであり、ビート・バンドとしての頂点を極めた名曲ぞろいの傑作。ジョンが特にキレまくっていて、メロディ・メイカーとして最も充実していた、といっても過言ではないほど凄みがあります。はちきれんばかりのバンドの勢いが閉じ込められた、ビート・バンドとしての最高傑作。

  • BEATLES / HELP !

    通算5作目、65年作

  • BEATLES / REVOLVER

    66年リリース、恐るべしビートルズの才能、全曲が名曲と言って過言ではない超弩級な名作

    66年作。「キャッチーなメロディ」、「新しい音楽を創造しようとする才気」という2つの点において、間違いなく最高傑作。「ELEANOR RIGBY」「HERE THERE AND EVERYWHERE」「GOT TO GET YOU INTO MY LIFE」など、ポールのメロディ・センスは群を抜いていて、ジョンも、「I’M ONLY SLEEPING」「TOMORROW NEVER KNOWS」「SHE SAID SHE SAID」など、サイケ感いっぱいの尖った楽曲で才能を爆発。「TAXMAN」「LOVE YOU TO」「I WANT TO TELL YOU」など、ジョンやポールとは異なるセンスを発揮して、彼ら2人に比肩するまでになったジョージの存在も特筆もの。バンドとしてのエネルギーは、本作が最高ではないでしょうか。それにしても、全部名曲と言っていいほどに楽曲が凄いです。レッドゾーン振り切りっぱなしの超弩級な名作。

  • BEATLES / SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND

    67年発表、架空のバンドによるショウというコンセプトで制作されたロック史上初のコンセプト・アルバム!

    67年作。架空のバンドのショウというコンセプトで制作されたロック史上初のコンセプト・アルバム。ジャケットのイメージ通りのカラフルなサウンドは英国中に広がり、60年代後半を華やかに彩った英サイケ・ポップ・ムーブメントへと発展。ロックが真に芸術へと到達した金字塔。

  • BEATLES / BEATLES

    68年作、ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、抜群の音楽センスで咀嚼、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応をそのままに詰め込んだ、才気みなぎる大傑作。

    68年作。ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、彼ら一流の音楽センスで咀嚼し、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応そのままに一気にぶちまけた、才気みなぎる大傑作。洗練された前作「Sgt.Pepper’s 〜」の反動からか、音を整理することなく、それぞれのメンバーのアンテナが向かうままに、剥き出しの音が鳴らされています。アルバム全体の統一感こそ薄いですが、1曲1曲はかなり尖っています。あのビートルズの、あのメンバー達の「アンテナ」が閉じこめられてるんですから、そりゃ、半端ではなくエネルギッシュ。

    • TOCP65200/1

      98年紙ジャケット仕様、30周年限定盤(直輸入盤国内仕様)、特殊プラスリップケース付仕様、定価3670

      盤質:傷あり

      状態:

      帯有

      1枚は盤無傷/小傷程度

      1590円

      1272円
      (税込1399円)

      350円お得!


      CD詳細ページへ

    • 968952EMI

      紙ジャケット仕様、プラ製スリップケース付、2枚組、リミテッド・エディション

      盤質:傷あり

      状態:良好

      若干経年変化があります

  • BEATLES / YELLOW SUBMARINE SONGTRACK

    68年の同名アニメーション映画に登場した楽曲15曲を収録、サイケ期ビートルズのベスト・アルバムとも言えるトラック集

  • BEATLES / PAST MASTERS VOLUME ONE

    アルバム未収録のシングル曲集、「SHE LOVES YOU」「I WANT TO HOLD YOUR HAND」「I FEEL FINE」など初期の大ヒット曲満載!

  • BEATLES / 1962-1966

    通称「赤盤」、キャリア前半期からのベスト、全26曲

  • BEATLES / 1967-1970

    通称「青盤」、キャリア後期のベスト、全28曲

  • BEATLES / LIVE AT THE BBC

    69トラック収録のBBC音源集、94年リリース

  • BEATLES / ANTHOLOGY 1

    ビートルズ・アンソロジー・シリーズ第1弾、初期の録音57トラックを収録

  • BEATLES / REAL LOVE

    ジョンが残したデモ録音をもとにした「フリー・アズ・ア・バード」に続くシングル曲、96年リリース

  • BEATLES / 1+

    『1』にレア映像など追加収録。

  • BEATLES / PAST MASTERS

    パスト・マスターズVOL.1&VOL.2、全33曲収録、シングルに選ばれただけあって名曲だらけ!

  • BEATLES / ULTRA RARE TRAX UK REEL VOL.1

    スタジオ・アウトテイク音源、全15曲。

「BEATLESの在庫」をもっと見る

FREEの在庫

  • FREE / TONS OF SOBS

    68年リリース、ブリティッシュ・ロック・シーンに衝撃を与えた、FREEのデビュー・アルバム!

    「昼食時に個々人として集まっていた4人が、その日の午後4時には1つのバンドになっていたんだ。」とRogersが語る、ブリティッシュ・へヴィ・ロック・シーンに衝撃を与えた、FREEのデビュー・アルバム、69年発表。まだ10代(!)だった彼らはその若き激情を強烈に叩きつけた「GOIN DOWN SLOW」では死をテーマとしたり、「WALK IN MY SHADOW」、「I’M A MOVER」、「SWEET TOOTH」と欲求不満や、漠然とした不安や性に関してのモチーフにより、より猥雑なロックロールを鮮やかに切りつけた、彼らの当時は黙殺された情熱がたっぷりと詰まった記念碑的作品!

  • FREE / FREE

    69年発表の2nd

    69年発表の2ndアルバム。このアルバムはFREEの全てのアルバムの中でも、独特の質感の違いを感じられます。演奏がかなりハッキリと聞こえてくるのです。特にベースのくっきりとした音像とギターのトーンの違いは一目瞭然。Chris Blackwellのプロデュースの手腕の良さが強く感じられます。FREEはブルース的な要素が強いグループだと思われがちですが、実はもっと砕けた分かりやすい音楽をやっており、このアルバムでも一聴してブルース臭さのようなものは強くは感じられなかったりします。この時点でかなり独自性の強い音楽性を持っており、既に収録曲は全てがオリジナル!次作に比べると有名な曲が少ないため地味な印象はあるものの、カッコ良さという意味ではこちらが一枚上手でしょう。弾力性のあるこの素晴らしい演奏は絶対に聴きドコロ。Paulのヴォーカルも時にメタリックにそして柔らかく豊かに響きます。

  • FREE / FIRE AND WATER

    必殺の名曲「All Right Now」収録、70年リリースの代表作3rd

    英国ブルースHRの礎を作った名バンド、FREEの代表作。1970年発表、3RDアルバム。まず、タイトル曲「FIRE AND WATER」が最高。リズム隊の骨太なグルーヴに、ソウルフルなポール・ロジャースのヴォーカルが映えるサビはもちろんのこと、その後に続くポール・コゾフによる哀愁溢れるメロディアスなギターソロが溜まりません。ピアノがバックで転がっているのもナイス!FREEの代名詞的名曲「ALL LIGHT NOW」は、ポール・コゾフが刻む、シンプル且つキャッチーなギターリフが心地良く響きます。従来のブルース・ロックにはない溌剌としたエネルギーが満ちており、聴くたびに活力が沸いて来ます。他の楽曲も総じて素晴らしく、正に英国ブルースHRの入り口たる名盤です。

  • FREE / FREE LIVE !

    71年ライヴ作

  • FREE / HEARTBREAKER

    アンディ・フレイザーに代わりベースに山内テツ、key奏者としてラビットが加入し制作された73年作

  • FREE / INSIDE FREE 1968-1972

    ライヴ映像含むドキュメンタリー

「FREEの在庫」をもっと見る

BLUE EFFECT (MODRY EFEKT / M.EFEKT)の在庫

  • BLUE EFFECT (MODRY EFEKT / M.EFEKT) / MEDITACE

    チェコ・プログレ史上の名バンドによる70年リリースの1stアルバム、名手Radim Hladikの縦横無尽なギタープレイが圧巻!

    旧チェコ・スロヴァキアを代表する名プログレ・バンドである彼らが、70年に発表した1stアルバム。重々しいオーケストラと合唱をフィーチャーした荘厳かつスケール大きく進んでいく1曲目、名手Radim Hladikのブルージー&サイケデリックなギターワークが冴えるポップチューンの2曲目、甘いオーケストラをバックに憂いたっぷりに歌う最初期I POOHやNEW TROLLSを思わせる60sイタリアン・ポップ風ナンバーの3曲目、ビート感覚を残した軽快なサイケ・ハード4曲目、本格派ブルースナンバー7曲目などなど、プログレからブルース・ロック、サイケ、ポップスまでこれでもかと多彩に展開していきます。それにしてもRadim Hladikのギターは圧巻。随所で聴かせる手癖風のフレージングから本格感ぷんぷんの激渋ブルーズギターまで、大胆に切り込んでくる縦横無尽なプレーぶりは恐らくジミー・ペイジの影響下。このRadimの存在がバンドのサウンドの質を数段引き上げているのは間違いありません。哀愁たっぷりのチェコ語ヴォーカルもいいですが、Radim Hladikのギタープレイだけでも一聴の価値はあるでしょう!

「BLUE EFFECT (MODRY EFEKT / M.EFEKT)の在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事