プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

スタッフ厳選☆今週の3枚!!~ SAMURAI OF PROGの2人による新作や、70s英サムライのリイシューなどをご紹介☆

こんにちは、スタッフ佐藤です。

この「スタッフ厳選☆今週の3枚!」のコーナーでは、新作を中心に「これは聴いてもらいたい!」と思った激カケレコメンドな作品を毎週3枚取り上げてまいります。

本コーナーを参考にロック探求をさらにお楽しみいただければ嬉しく思います♪

今回は、「サムライ」関連が多いです。まずは現在SAMURAI OF PROGを率いる2人による別働プロジェクトから!

その1. MARCO BERNARD & KIMMO PORSTI/LA TIERRA

国籍シンフォ・プロジェクトSAMURAI OF PROGで活動するイタリア人ベーシストMarco Bernard&フィンランド人ドラマーKimmo Porstiによるサイド・プロジェクトによる20年作2nd!

同じく今年リリースのデビュー作『GULLIVER』から1年を置かずの新作となりました。

フルート奏者John HackettやLATTE E MIELEのkey奏者Oliviero Lacagninaなど世界各地のミュージシャンをゲストに迎え、SOP作品にも引けを取らない高水準のシンフォニック・ロックを展開。

たおやかな女性ヴォーカルと空に抜けるようなヴァイオリンがどこまでもファンタスティックな音像を描く1曲目「Vuelo Segrado」からもう、EL&Pとリック・ウェイクマンとKANSASを掛け合わせたようなワクワク感でいっぱい!

SOPファンはもちろん、リリシズム溢れるイタリアや南米シンフォのファンは聴いて損はない名作!

試聴 Click!

そして、同時リリースされた、SAMURAI OF PROG『DEMISE OF THE THIRD KING’S EMPIRE』も注目です。

16年作『LOST AND FOUND』に収録されていた約1時間に及ぶ超大作ナンバーが、完成度を大きく増して単独リリース。

ピーター・ガブリエル直系の新ヴォーカルによってファンタジック度が劇的にアップしたサウンドは、初期GENESISファンにも直撃ですよ~!

試聴 Click!


要注目の多国籍シンフォ・プロジェクト、SAMURAI OF PROG特集!

【関連記事】

要注目の多国籍シンフォ・プロジェクト、SAMURAI OF PROG特集!

注目の多国籍プロジェクト、SAMURAI OF PROGの魅力に迫ります!



お次は、ブリティッシュ・ロック・ファンにお馴染みの方の「サムライ」もリイシューされましたのでピックアップ!

その2. サムライ/サムライ

グリーンスレイドでお馴染みのkey奏者デイヴ・ローソンを中心に管楽奏者を含む7人が集結したWEBの後身グループが残した唯一作。最新リマスターを施してリイシューされました。

淡いトーンのオルガン、角の取れたマイルドなファズギター、叙情的にむせぶサックスやたゆたうビブラフォンが織りなす幻想美溢れるサイケデリック&ジャジーなサウンドがグッド!引き締まったドラムやゴリゴリとアグレッシヴなベースなどタイトなリズム、そしてデイヴ・ローソンによる英国的な優美な歌声も特筆。

KHANあたりと並ぶ、R&Bからサイケを通過しジャズ・ロックへとたどり着いた英国ロックの逸品です。

試聴 Click!


要注目の多国籍シンフォ・プロジェクト、SAMURAI OF PROG特集!

【関連記事】

要注目の多国籍シンフォ・プロジェクト、SAMURAI OF PROG特集!

注目の多国籍プロジェクト、SAMURAI OF PROGの魅力に迫ります!



ラストもブリティッシュ・ロックの20年リイシューより、ケン・ヘンズレーらが在籍した短命バンドの唯一作!

その3. HEAD MACHINE/ORGASM

先日惜しくも亡くなったリー・カーズレイク、そしてケン・ヘンズレーという後にURIAH HEEPを結成する2人が在籍したバンドの70年唯一作。
GODS解散後、TOE FATで活動中だった彼らが変名で制作した作品です。

本作、英盤とそれ以外でジャケットが異なるのですが、このリイシューは地味な英国オリジナル・ジャケが採用されています。個人的にはきれいな貝殻ジャケの方が良かったなぁ…。

そんな地味なアートワークが玉に瑕ですが、内容は流石。TOE FATのヘヴィなハード・ロックとは毛色が異なり、より美しくドラマチックなメロディラインを強調したサウンドを聴かせてくれます。

この後誕生するURIAH HEEPの荘厳さ、ドラマティックさの原型を見ることができる一枚とも言えるかもしれません。

試聴 Click!



9月以前の「今週の3枚」はこちらのアーカイブ記事にてお楽しみください☆


スタッフ厳選☆今週の3枚!!【2020年1月~9月アーカイブ】

【関連記事】

スタッフ厳選☆今週の3枚!!【2020年1月~9月アーカイブ】

「これは聴いてもらいたい!」というカケレコメンドな作品を毎週3枚ご紹介。2020年1月~9月に取り上げた作品はこちらでチェックどうぞ♪

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • SAMURAI / SAMURAI

    グリーンスレイドでお馴染みのデイヴ・ローソン率いるグループ、幻想的なジャズ・ロックを聴かせる71年の唯一作

    グリーンスレイドでお馴染みのKey/Voのデイヴ・ローソンが加入して70年に3rd『I SPIDER』を発表したバンドWEBがそのまま発展したバンドがSAMURAI。彼らの71年唯一作が本作です。管楽器奏者を含む7人編成で、淡いトーンのオルガン、角の取れたマイルドなファズギター、叙情的にむせぶサックスやたゆたうビブラフォンが織りなす幻想美溢れるサイケデリック&ジャジーなブリティッシュ・ロックが印象的です。引き締まったドラムやゴリゴリとアグレッシヴなベースなどタイトなリズム、そしてデイヴ・ローソンによる英国的な優美な歌声も特筆。KHANあたりと並ぶR&Bからサイケを通過したジャズ・ロックへとたどり着いた英国ロックの逸品です。

  • MARCO BERNARD & KIMMO PORSTI / LA TIERRA

    SAMURAI OF PROGのメンバー2人によるサイド・プロジェクト、繊細なタッチで綴られる壮大でファンタスティックなシンフォ・サウンドが素晴らしい20年作2nd!

    多国籍シンフォ・プロジェクトSAMURAI OF PROGで活動するイタリア人ベーシストMarco Bernard&フィンランド人ドラマーKimmo Porstiによるサイド・プロジェクト、デビュー作『GULLIVER』から1年を置かずリリースされた20年作2nd!フルート奏者John HackettやLATTE E MIELEのkey奏者Oliviero Lacagninaなど世界各地のミュージシャンをゲストに迎え、SOP作品にも引けを取らない高水準のシンフォニック・ロックを聴かせています。たおやかな女性ヴォーカルと空に抜けるようなヴァイオリンがどこまでもファンタスティックな音像を描く1曲目「Vuelo Segrado」からもう、EL&Pとリック・ウェイクマンとKANSASを掛け合わせたようなワクワク感でいっぱい!ラストを飾る大曲「La Tierra」ではエッジの立ったギターやチリ人男性ヴォーカリストJaime Scalpelloの情熱的なヴォーカルをフィーチャーし、ダイナミックなアンサンブルを繰り広げているものの、演奏の繊細なタッチは作中一貫しており大変魅力的。SOPファンはもちろん、リリシズム溢れるイタリアや南米シンフォのファンは聴いて損はない名作!

  • SAMURAI OF PROG / DEMISE OF THE THIRD KING’S EMPIRE

    イタリア/フィンランド/アメリカ出身の3人を中心とする多国籍シンフォ・グループ、1時間に迫る超大作「DEMISE」の新規バージョンを収録した2020年リリース作

    イタリア/フィンランド/アメリカ出身の3人を中心とする多国籍シンフォ・グループによる2020年リリース作。オリジナルは米シンフォ・グループQUILLによる未発表曲で、SOPの2016年作『LOST AND FOUND』に収録された1時間に迫る超大作ナンバー「DEMISE」を、新規ヴォーカル/ドラムスによって蘇らせています。Marco Bernard & Kimmo Porsti名義の20年作『GULLIVER』でも素晴らしかったMarco Vinciniによるピーター・ガブリエル直系のヴォーカルによって、旧verに比べサウンドのファンタジック度が劇的にアップ。旧verを聴いた方にも新鮮に楽しめると共に、GENESISファンにとっても必聴の一曲へと生まれ変わっており注目です!

  • HEAD MACHINE / ORGASM

    Ken Hensleyが、Gods解散後/Uriah Heep結成前に組んだバンド、70年の唯一作

    ユーライア・ヒープの中心メンバーKen Hensleyが、Gods解散後ユーライア・ヒープ結成前に組んだバンドによる唯一のアルバム。69年発表。地味なアートワークが玉に瑕ですが、Hensleyのペンによるドラマティックなメロディーがたいへん美しいブリティッシュ・ハード・ロックの好盤です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。