プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック:センシティヴ&メロウな南米ロックを探求!

こんにちは。
スタッフ佐藤です。

新品CDをメインに直近で入荷した注目のタイトル、売れ筋の人気タイトルの中からスタッフおすすめの作品をピックアップするコーナー「日々是ロック」。

カケレコが厳選して入荷している世界のロック/プログレの新品CDを通して、魅惑の音楽探求をお楽しみください☆


昨日はアルゼンチン、ブラジル、ウルグアイなどの南米産アルバムを複数のお客様にご購入いただいておりました。
爽やかさとセンシティヴ&メロウな質感が入り混じった南米のサウンドは、夏へと向かう今の季節とちょうどフィットする気がします。

売れ筋を中心にピックアップしてまいりましょう~☆
まずは、アルゼンチンが誇る大ベテラン・バンドの作品からスタート!

ARCO IRIS/AGITOR LUCENS V

70年代はじめから2000年以降に至るまで活動を続けるアルゼンチンの大御所バンド。映画『ブロークバック・マウンテン』『バベル』の音楽でオスカーに輝くGustavo Santaolallaが在籍していることで知られます。サイケ・ハードの熱量、南米的たおやかなリリシズム、民族楽器によるエキゾチズムが渦巻くサウンドはいかにもアルゼンチン・プログレの魅力いっぱい!

試聴 Click!

続いては、最近発掘されたアルゼンチンからのとっておき盤をご紹介♪

IRREAL/IRREAL

軍事政権下の弾圧により作品を残さぬまま解散したアルゼンチンのグループ。そんな彼らの80年ライヴ音源なのですが、作品を発表していればPABLO EL ENTERRADORやMIAとも並び称されたであろう素晴らしいサウンドでもうビックリ!

試聴 Click!

70年代アルゼンチン・ロックのセンシティヴさが堪らない!という方には、新世代からこの作品をオススメ!

CISNE ELOCUENTE/LEDA

もし70年代の若きスピネッタが現代に蘇ったとしたら…。そんな想像を形にしてくれたような好盤に仕上がっていて、アルゼンチン・ロック・ファンとして涙を禁じえません。17分の大作も南米らしい柔らかな叙情性を失うことなく構築的に聴かせていてセンス抜群!

試聴 Click!

続いてはウルグアイからピックアップ。
南米ならではのセンシティヴさメロウさという点ではウルグアイ最高峰SSWによるこのアルバムが至上!

EDUARDO MATEO/MATEO SOLO BIEN SE LAME

ウルグアイ髄一のSSW。南米独特の憂いと郷愁を帯びた唄声、飾らないギター・ストロークと瑞々しく弾かれるアルペジオ、優しく響く朴訥としたパーカッション。心やすらぐ音空間を創り出す音響処理が、また素晴らしいです。

試聴 Click!

こっちも甘く美麗な旋律が素晴らしいウルグアイ・ロックの逸品!

ARMANDO TIRELLI/EL PROFETA

ウルグアイが誇るシンフォ傑作といえばコレですね!イタリアン・シンフォを思わせる甘美なメロディ、広がり豊かなキーボード、たおやかさ溢れる清純なフルートの調べにもう・・・涙。

試聴 Click!

南米の秘境ボリビアものぞいてみましょう♪

WARA/EL INCA

格調高い管弦楽器と儀式めいたアグレッシヴなオルガン、エッジの効いたギターが絡み合う、ヘヴィかつミステリアスなシンフォニック・ロックが圧巻。これほどの作品が、73年のボリビアで生まれたとはっ!

試聴 Click!

CLIMAX/GUSANO MECANICO

WARAを輩出した南米の秘境ボリビアに、こんな凄まじい作品が眠っていたとは…!プログレとハード・ロックとヘヴィ・サイケをごった煮したような、スリリングで凶暴極まりないサウンドに度肝を抜かれます…。合間に見せるセンシティヴで情感あるタッチも魅力。それにしてもこのドラム、粗野なフリオ・キリコって感じで圧巻!

試聴 Click!

南米と言ったらブラジルは外せませんよね。新旧プログレ・シーンにも魅力的なアーティストがひしめいています。

MARCO ANTONIO ARAUJO/SILENCIO

「80年代のエグベルト・ジスモンチ」とも評され、その才能が高い評価を受けながら、急病により早逝したブラジルのSSW/マルチ奏者。管弦楽器をリリカルで繊細に折り重ねたシンフォニック・ロックが絶え間なく胸を打ちます。

試聴 Click!

CARAVELA ESCARLATE/CARAVELA ESCARLATE

初期PFMへのリスペクトに溢れた、雄大でスケール大きいキーボード・シンフォが感動的だなぁ…。なるほど、あの70sブラジルのプログレ・バンドMODULO 1000のkey奏者によるグループなのか。

試聴 Click!

BLUE MAMMOTH/BLUE MAMMOTH

KANSAS並にスケール大きく展開したと思ったら、感傷を秘めたギターと繊細なピアノが紡ぐ南米らしいメロウなサウンドも聴かせて、とにかくドラマチック!

試聴 Click!

いかがでしたか?
よろしければこちらの記事もどうぞ♪



60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

買取詳細ページへ"

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • WARA / EL INCA

    原盤は南米屈指の激レア盤、ボリビアン・ヘヴィ・シンフォの秘宝的名作、73年作!

    ボリビア出身、73年の激レア盤。ギターとオルガンによるダーク&ヘヴィなアンサンブルに、格調高いクラシカルなストリングスが絡むヘヴィ・シンフォ・プログレ。線の細い退廃的なムードのヴォーカルがなんとも美しすぎます。手数多くアグレッシヴなドラムも印象的。全体的に謎めいた雰囲気が、なんともボリビア!秘境的名作!

  • BLUE MAMMOTH / BLUE MAMMOTH

    KANSAS並に壮大なアンサンブルを展開する南米シンフォの傑作、11年作

    ブラジルの新鋭シンフォ・バンドBLUE MAMMOTHの11年作。全編を貫く力強いシンセサイザーの音色とハードエッジなギターをフィーチャーして展開される壮大なるシンフォニック・ロック。KANSASなどを思わせるファンタジックで勇壮なアンサンブルが何とも素晴らしく、骨太なシンフォ作品としては近年のブラジルでは間違いなく最高レベル。TEMPUS FUGITともタメを張れそうな内容です。ハードな中にも感傷を秘めたギターと繊細なピアノとによってひたすらドラマティックにアンサンブルが進行していく場面には思わず目頭が熱くなってしまいます。猛者揃いの南米シンフォ・シーンにまた新たな傑作が誕生しました。

  • ARMANDO TIRELLI / EL PROFETA

    78年作、ウルグアイ出身、リリカルなフルートが舞うシンフォニック・ロック

    ウルグアイのキーボード奏者Armando Tirelliによる78年唯一作。広がり豊かなキーボードをバックに、ピアノ、シンセ、フルートが優美なメロディを奏でる南米シンフォ。ファンタスティックなパートとダークで荘厳なパートとを行き交う展開や、甘美なパートでも安定感のあるシャープなドラムが全体をピシッと引き締めるところなど、イタリアン・シンフォを彷彿とさせます。南米らしい詩情豊かでたおやかなメロディも絶品。荘厳なナレーションなど、辺境臭さもたまらないアクセント。南米シンフォ屈指の傑作。

  • ARCO IRIS / AGITOR LUCENS V

    アルゼンチンの名グループ、サイケ・ハードな熱量と南米的リリシズムがブレンドした75年逸品

    70年代はじめから2000年以降に至るまで活動を続けるアルゼンチンの大御所バンド、75年作。荘厳なハモンド・オルガン、エッジの立ったエモーショナルなトーンで歌いまくるギターによるサイケデリック&プログレッシヴなパート、たおやかなアコギやリコーダーなどが放つフォルクローレ・タッチの哀愁溢れるパート、サックスとムーグが疾走するエキゾチックなジャズ・ロック・パートなどがめくるめく展開が聴き所。サイケ・ハードな熱量、南米的なリリシズム、民族楽器が放つエキゾチズムが同居した音楽性はいかにも南米プログレ。力作です。

  • CLIMAX / GUSANO MECANICO

    南米ボリヴィア出身のトリオ・プログレ・バンドによる74年作、プログレ、ハード・ロック、ヘヴィ・サイケをごった煮したようなハイテンションかつ濃密なサウンドに度肝を抜かれる怪作!

    名バンドWARAを輩出した南米ボリヴィア出身、ギター、ベース、ドラムの3人からなるプログレ・バンドによる74年作。粗野なフリオ・キリコと言えそうな恐ろしいまでの手数で猛烈に叩き込むドラムとえぐるようにゴリゴリした骨太なベースによる強靭なリズム・セクションを土台に、サイケデリックな熱気を帯びつつこれでもかヘヴィに歪んだギターが炸裂する、スリリングで凶暴極まりないアンサンブルに度肝を抜かれます。とにかく圧倒的なテンション!ギターは牙をむくようにヘヴィなプレイの合間に聴かせる泣きのプレイも特筆で、南米らしい哀愁たっぷりのフレーズをとめどなく紡ぎ出します。高温多湿な南米のジャングルで鳴らされるような、熱気と濃密さで激走するサウンドはただただ圧巻の一言です。プログレにおいては秘境中の秘境と言えるボリヴィアにこんな凄まじいバンドがいたとは…!これはプログレ・ファンのみならずハード・ロック・ファンやヘヴィ・サイケ・ファンもきっと驚くサウンド!

  • CISNE ELOCUENTE / LEDA

    アルゼンチン新鋭17年作2nd、70年代のスピネッタから影響を受けた淡くセンシティヴな南米叙情を湛えたサウンドが素晴らしすぎる好盤!

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ・バンドによる17年作2nd。キーボードも操るギタリストとリズム隊のトリオ・バンドで、南米らしい清涼感を纏ったメロディアス・プログレを聴かせます。故スピネッタ譲りの柔らかくセンシティヴなハイトーン・ヴォーカルに驚きますが、サウンドもかなりスピネッタに影響を受けており、Pescado Rabioso〜Invisible期のブルース・ロック〜ジャズ・ロックに傾倒していた70年代前半のスピネッタがまさに鳴らしそうな音を聴かせていて、70年代アルゼンチン・ロック・ファンならこれは悶絶のサウンドでしょう。17分に及ぶラストの大作もアルゼンチンらしい柔らかな叙情性を失うことなく構築的に聴かせていてセンス抜群。もし70年代の若きスピネッタが現代に蘇ったとしたら、そんな想像を形にしてくれたような好盤に仕上がっています。ずばり南米ファン必聴。

  • CARAVELA ESCARLATE / CARAVELA ESCARLATE

    70sブラジルのサイケ・プログレ・バンドMODULO 1000のkey奏者によるグループ、17年作、初期PFMファンならグッと来ること間違いなしのシンフォ名品、おすすめです!

    71年の名作で知られるブラジルのサイケ・プログレ・バンドMODULO 1000のkey奏者Ronaldo Rodriguesが新たに結成したシンフォ・バンド、17年デビュー作。とにかく冒頭2曲が素晴らしさと来たら!PFMのFlavio Premoliのプレイを思わせる色彩感溢れるムーグとオルガンが渦を巻くように駆け巡るテクニカルなインスト・パートから、メロトロン(をシミュレートしたシンセ)も加わって雄大に広がっていく「RIVER OF LIFE」彷彿の叙情パートへと劇的に移り変わっていくサウンドがあまりに感動的。切々と歌われるポルトガル語ヴォーカルも胸に迫ります。続く2曲目は、PFMのイタリアデビュー作『STORIA DI UN MINUTO』の世界観を思わせる、エレピがきらめきギターが流麗に音を運ぶジャジーな変拍子アンサンブルに耳を奪われる一曲。この2曲でシンフォ・ファンならハートを鷲掴みされてしまうはず。清涼感と切なさが入り交じる珠玉のメロディが溢れ出す5曲目も必聴で、あのO TERCOらと同郷バンドであることを実感させるメロディセンスを発揮しています。初期PFMをはじめとする70sシンフォ・ファンなら必ずやグッと来るサウンドでしょう。オススメ!

  • MARCO ANTONIO ARAUJO / SILENCIO

    ブラジル出身、その才能が高い評価を受けながら惜しくも早逝したSSW/マルチ奏者、83年3rd

    83年作の3rdアルバム。前作までの繊細で格調高い雰囲気はそのままに、ロック的な要素が高まり、フルート、弦楽器、鍵盤とともにドラマティックなアンサンブルを奏でています。フルートおよびヴァイオリンによりなぞられるテーマ・メロディの胸を打つ美しさ、張り詰めた空気をそっと包み込む生楽器による暖かみ、長尺の曲を一瞬の輝きとして聴かせる抜群の構成力。すべての音が必然としてなっているような奇跡的な作品です。大傑作。おすすめ!

  • IRREAL / IRREAL

    MIAとも共演した伝説のアルゼンチン・ロック・バンド、PABLO EL ENTERRADORファンは必聴と言える絶品ライヴ音源!

    Lito VitaleやFito Paezらとの共演で知られるヴォーカリストJuan Carlos Bagliettoが在籍し、MIAやREDDなどとステージを共にするなど活躍しながらも、軍の圧力でアルバムを残さぬまま解散に追い込まれた6人組グループ。80年に残された貴重なライヴ音源を収録。PABLO EL ENTERRADORやMIAらに通じるリリカルで優美なシンフォニック・ロックは驚くべき完成度!手数多く緩急自在に刻むリズム隊、壮麗に湧き上がるシンセとオルガン 軽やかに躍動するフルート、歌心あるフレーズを次々と奏でるギター。そして優しくも切ないスペイン語ヴォーカルらが、エレガントかつ叙情的に紡いでいくサウンドは、当時アルバムを出せていたら上記バンドと並び称されていたであろうと確信する出来栄えです。2曲目や6曲目あたりのファンタジックでスケール大きなインストパートはPABLO〜ファンなら泣いちゃうかも。南米プログレ・ファンには是非とも聴いていただきたい素晴らしき発掘音源です!

  • EDUARDO MATEO / MATEO SOLO BIEN SE LAME

    ウルグアイを代表するSSW、72年発表ファースト・ソロ

    EL KINTOでの活動でも知られる、ウルグアイを代表するSSW。本作は、唄、アコギ、パーカッションというシンプルな素材をエンジニアが再構築して完成したという、彼のファースト・ソロ。72年発表。南米独特の憂いと郷愁を帯びたMateoの唄声、飾らないギター・ストロークと瑞々しく弾かれるアルペジオ、優しく響く朴訥としたパーカッション。MATEO Y TRASANTE名義の作品同様、心やすらぐ音空間を創り出す音響処理が、また素晴らしい塩梅。ウルグアイ・ボッサの系譜としても聴きつがれてほしい永遠の名作。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。