プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

世界の「沁みる」SSWセレクション!

スタッフ佐藤です。

過剰に叙情的でセンチメンタルなサウンドなわけじゃないけれど、さりげなく鳴らされる一音一音がじんわりと胸に響いてくる、そんな素敵なSSW作品がメジャーマイナー問わず世界中に数多く存在します。

そんな「沁みる」SSW作品を各国からセレクトしてまいりましょう♪

直近のリイシューでは、60年代にリーダーバンドで一世を風靡したあの人が密かに残したフォーク・デュオ作が沁みる一枚でした。

SPENCER DAVIS & PETER JAMESON/IT’S BEEN SO LONG

あのSpencer Davisがリーダーグループ解散~再結成の狭間の時期に、こんな愛すべきフォーキー・デュオ作を残していたとは。穏やかに爪弾かれるアコギ、リリカルで控えめなピアノやヴァイオリン、2人の温かなハーモニーが沁みます…。

試聴 Click!

DAVID LEWIS/A COLLECTION OF SHORT DREAMS

ANDWELLAを率いた名SSWによる78年作3rdで、洗練されたAORタッチの中に土の香りがするスワンプ/フォークロックをブレンドした極上メロウ・スワンプ盤。英国らしい憂いをたっぷり含んだメロディと歌声がたまんないなぁ。それにしても凄い才能です…。

試聴 Click!

RON CORNELIUS/TIN LUCK

ディランとアル・クーパーを合わせたようなアーシーな弾き語りあり、ニール・ヤングばりの叙情的且つエッジのあるフォーク・ロックあり。流麗さとブルージーさが絶妙にバランスした佳曲ぞろい。マイナーだけどこの米SSW、沁みます。

試聴 Click!

ルイス・フューレイ/ルイス・フューレイ

カナダはケベック出身の名SSW。タンゴやワルツを絶妙に取り入れたスノッブかつデカダンな世界観は、ずばり「孤高」。ロキシー・ミュージックにも通じる奇抜さの中に、そこはかとなく悲哀が漂う楽曲がまた沁みるんですよね。

試聴 Click!

BENITO LERTXUNDI/ZUBEROA

バスク語の優しく素朴な歌声は不思議な懐かしさを感じさせます。スペイン北部バスク地方の自然情景をそのまま切り取ったかのような、美しくスピリチュアルなフォーク作品。

試聴 Click!

TURID/STARS AND ANGELS: SONGS 1971-75

スウェディッシュ・アシッド・フォークの歌姫といえば彼女。その歌声には、壊れてしまいそうな危うさと、愛おしくなるようなか弱さが秘められているよう…

試聴 Click!

EDUARDO MATEO/MATEO SOLO BIEN SE LAME

ウルグアイ髄一のSSWによる1st。素朴さの中に言い知れぬ憂いと郷愁を帯びたMateoの唄声、飾らないギター・ストロークと瑞々しく弾かれるアルペジオ、心地よく響くパーカッション。ボサノヴァの様式を溶かし込んだフォーク・スタイルに、自国の伝統打楽器音楽であるカンドンベの要素も生かされています。陽だまりのような温かさを感じさせる無垢な歌声と演奏に落涙を禁じ得ない、南米フォーク永遠の名作です。

試聴 Click!

NURIT GALRON/SONGS IN THE MIDDLE OF NIGHT

ヘブライ語によるアンニュイな歌唱がフランスのシャンソンにも通じるイスラエルの女性シンガー。同国でも1,2を争うコンポーザーにしてミュージシャンYoni Rechterも作曲で参加していて、さすが沁みる佳曲揃い。秋の郷愁や冬の透明感などのイメージが頭に浮かぶ格調高い逸品です。

試聴 Click!

イスラエルならこちらも沁みる名品♪

YONI RECHTER & ELI MOHAR/EYE LEVEL

才能ひしめくイスラエル・ロック・シーンでも、一際メロディセンスに秀でているのが彼。憂いのある柔らかなメロディ、包み込むように優しいヴォーカル。そんなイスラエルらしい詩情をしっとりと流麗に彩るピアノ。80年代らしいポップさの導入も巧みだなぁ。

試聴 Click!


各国の女性ヴォーカル・プログレッシヴ・フォークを探求☆

【関連記事】

各国の女性ヴォーカル・プログレッシヴ・フォークを探求☆

スタッフが日替わりのテーマでオススメ作品をご紹介する「日々是ロック」。今日は女性ヴォーカルが麗しい、各国のプログレッシヴ・フォークを探求します!


60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

買取詳細ページへ"

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • DAVE LEWIS / A COLLECTION OF SHORT DREAMS

    ANDWELLAS DREAM〜ANDWELLAを率いたSSWによる78年リリースの3rdソロ、洗練されたAORタッチの中に土の香りがするスワンプ/フォークロックを絶妙にブレンドしたメロウ・スワンプ大傑作!

    英サイケ・フォーク・ロックの至宝ANDWELLAS DREAM〜ANDWELLAを率いたSSWによる、78年リリースの3rdソロにして最終作。ソウルフルな女声コーラスやメロディアスに躍動するスライドギターをフィーチャーした軽快なAORナンバーの1曲目に始まり、持ち味のハスキーな憂いあるヴォーカルにグッとくるドラマチックなバラードの2曲目、そしてハモンドの音色もたまらないANDWELLA時代を彷彿させるスワンプ・チューンの3曲目!前作『FROM TIME TO TIME』でも聴かせた、洗練されたAORタッチの中に、土の香りがするスワンプ/フォーク・ロックを絶妙にブレンドしたサウンドを、本作でもたっぷりと楽しませてくれます。そんな中でも、5曲目「Whole Lotta Something」は特筆で、英国らしい影のあるメロディと切々としたヴォーカル、そして劇的な構成で聴かせる極上メロウ・スワンプに思わず涙が出そうになります。本作リリース後はライヴ活動やソングライターとしての活動にシフトしていく彼ですが、最終作というのが惜しまれる紛れもない大名盤。スワンプファンにもAORファンにも、これは自信を持ってオススメしたい逸品!

  • SPENCER DAVIS & PETER JAMESON / IT’S BEEN SO LONG

    Steve Winwoodを輩出した名グループで知られるあのSpencer Davisがセッション・ギタリストPeter Jamesonと組んだフォーク・デュオ、71年唯一作

    天才Steve Winwoodを輩出した名ビート・ポップ/R&BグループSPENCER DAVIS GROUPを率いたSpencer Davisが、Allan TaylorやNilsson作品でもプレイするセッション・ギタリストPeter Jamesonと組んだデュオ、71年唯一作。穏やかに爪弾かれる2人のアコギ演奏を、リリカルで控えめなピアノやヴァイオリンが優雅に彩る英国然とした奥ゆかしいフォーク・ソングが並びます。2人がデリケートに歌い上げる美しいメロディも沁みます。薄霧のかかった朝の情景が浮かぶたおやかな1曲目、エキゾチックな哀愁メロディが堪らないアコギ・インストの4曲目、S&Gばりのメランコリックなハーモニーを聴かせるラスト曲などが聴き所。SDG解散〜再結成の狭間の時期に、こんな愛すべきフォーキー・ポップ作を残していたとは。隠れた名品という賛辞が相応しい一枚!

  • RON CORNELIUS / TIN LUCK

    「至福」という言葉がぴったりのSSW傑作、71年のソロ唯一作

    ボブ・ディラン、レナード・コーエン、アル・クーパーのアルバムに参加しているセッション・ミュージシャンでありSSW。71年にポリドールからリリースされたソロ唯一作。黒っぽさもある芳醇なトーンのピアノのイントロ、柔らかにたゆたうようなハイ・トーンの歌声とともに、ふくよかなドラムとベースが入って、冒頭の1分でSSWファンは必ずや心奪われるはず。流れるようなメロディも沁みるし、トリオのシンプルな編成と演奏ながら、徐々に高揚していくアンサンブルもグッときます。ラストには、中域寄りのトーンが実にメロウなギターのリードが待ち構えていて、これはたまらない!この1曲目、凄い名曲です。ディランとアル・クーパーをあわせたようなアーシーな弾き語りあり、ニール・ヤングばりの叙情的かつザクリとしたエッジもあるフォーク・ロックあり、どの曲も、流麗さとブルージーさが絶妙にバランスした佳曲ぞろい。「至福」という言葉がぴったりのSSW傑作です。

  • NURIT GALRON / SONGS IN THE MIDDLE OF NIGHT

    イスラエルを代表する女性SSW、81年の3rd、Yoni Rechterなどが作曲を担当した格調高い逸品

    イスラエルを代表する女性SSW、81年の3rd。イスラエルの伝統的な詩に、Yoni Rechterなどイスラエルを代表するミュージシャンが作曲。当時のイスラエルのトップ・ミュージシャンを起用して制作されたイスラエル・ロックを代表する名作。ジャズのエッセンスのある洗練されたアンサンブル、アンニュイな中にも凛とした芯の強さを感じさせるヴォーカル。秋の郷愁や冬の透明感などのイメージが頭に浮かぶ格調高い逸品です。

  • EDUARDO MATEO / MATEO SOLO BIEN SE LAME

    ウルグアイを代表するSSW、72年発表ファースト・ソロ

    EL KINTOでの活動でも知られる、ウルグアイを代表するSSW。本作は、唄、アコギ、パーカッションというシンプルな素材をエンジニアが再構築して完成したという、彼のファースト・ソロ。72年発表。南米独特の憂いと郷愁を帯びたMateoの唄声、飾らないギター・ストロークと瑞々しく弾かれるアルペジオ、優しく響く朴訥としたパーカッション。MATEO Y TRASANTE名義の作品同様、心やすらぐ音空間を創り出す音響処理が、また素晴らしい塩梅。ウルグアイ・ボッサの系譜としても聴きつがれてほしい永遠の名作。

  • YONI RECHTER & ELI MOHAR / EYE LEVEL

    イスラエルを代表するSSWである彼が率いるデュオ・ユニット、実質Yoniの2ndソロと言える86年作

    イスラエルを代表するロック・グループKAVERATで活躍し、ソロでも成功したイスラエルを代表するSSWのYoni Rechterを中心とするデュオ・ユニット。86年作。憂いのある柔らかなメロディ、包み込むように優しいヴォーカル。そんなイスラエルらしい詩情をしっとりと流麗に彩るキーボード。そして、時にジャジーに時にクラシカルに引き締める、いかにもイスラエル・ロック!と言えるセンス溢れるピアノ。イスラエル・ロックを牽引してきた鬼才Yoni Rechterの魅力が凝縮されたセンチメンタルな歌モノが満載。じんわり染みる好作品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。