プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック3/9:ツインギター・ロック探求!

こんにちは。スタッフ佐藤です。

今日の探求テーマは、「ツインギター」!

2本のギターが絡み合うツインリード、強度抜群に快走するユニゾンのプレイまで、ツインギターの魅力をたっぷり味わえるラインナップでお送りいたします☆

シン・リジィ/脱獄

ツインリードのハード・ロックと言えば彼ら!ここぞという場面で気持ちよく躍動するツインリードが最高ですよね。それ以外にも、アイルランド伝承歌に由来するとめどない哀愁、ハードブギの軽快さ、そしてR&B的なコクと粘りなど、ハードロックと一言で片づけてしまうにはあまりに多彩な要素が複合した懐の深いサウンドが魅力。ラテンアメリカ人の血を引くフィルのグルーヴィーな歌声も堪りません!

試聴 Click!

WISHBONE ASH/ARGUS

英国からは、ツインリードギターの元祖と言うべきこのグループも挙げないわけにはいきません。2本のギターが紡ぐ英国的な陰影に包まれたリリカルなフレーズが丁寧に折り重なるように交差して美しいハーモニーを奏でる。間違いなく英国ロック史上最上の瞬間の一つです。

試聴 Click!

イーグルス/ホテル・カリフォルニア

70年代における行き過ぎたロックの商業化を嘆いた表題曲は、アメリカン・ロック史上に燦然と輝くの大名曲。とめどなく哀愁がほとばしるラストのツイン・ギター・ソロに悶絶! 上記の『アーガス』のラスト「剣を棄てろ」と英米二大名演と言っていいはず。

試聴 Click!

GRINDERSWITCH/PULLIN’ TOGETHER

オールマンズの弟分的グループなだけあって、このツインギター、オールマンズの名曲「Jessica」みたいでグッとくるなぁ。粘り強い歌声とファンキーなブギが炸裂するサザン・チューンを軸にしつつも、軽快なツイン・ギターとハモンドの音色が、カントリーやケイジャンを取り入れたアップテンポな曲調に絶妙にマッチした独自のサウンドを披露。

試聴 Click!

SASSAFRAS/WHEELIN N DEALIN and RIDING HIGH

STATUS QUOばりのブギ・ロックにEAGLESあたりの西海岸フレイヴァーをまぶしたような、骨太ながら抜けのいいサウンドが気持ちいいなあ。実はフリートウッド・マックやピーター・フランプトンらと米ツアーを回った経験を持つウェールズの隠れた実力派!

試聴 Click!

BLOQUE/HOMBRE TIERRA Y ALMA

ウィッシュボーン・アッシュばりの哀愁ツイン・リードをイエスばりのクリアなファンタジーで包み込んだアンサンブルをバックに、イタリアン・ロックばりにヴォーカルが熱く歌い上げちゃう。スペインにこんなムフフンなグループが居たとは!

試聴 Click!

CIVICO 23/SIERO PROGRESSIVO

最後はイタリアの新鋭から。ムゼオ・ローゼンバッハやビリエット・パー・リンフェルノなど70年代の伊ヘヴィ・シンフォのDNAを受け継ぎつつ、ツインギターが織りなすHR/HMエッセンスも加え現代的なヘヴィネスで仕立て上げた、00年代版ヘヴィ・シンフォ名品。

試聴 Click!

よろしければこちらの記事もどうぞ!

↓ツインギター特集・拡大版↓


世界のツイン・リード・ギター特集!

【関連記事】

世界のツイン・リード・ギター特集!

左右に配された2本のギターが時に美しくハモリ、時にお互いのリードをぶつけ合う。世界各国に生まれたツイン・リード・ギターの作品を定番からニッチ盤までピックアップ!


聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • WISHBONE ASH / ARGUS

    これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

    丁寧に折り重なるようにメロディが交差するツイン・リード・ギターがトレード・マークのグループ。彼らの最高傑作である72年作。叙情性溢れる英国的なメロディも絶品。

  • EAGLES / HOTEL CALIFORNIA

    76年度グラミー賞最優秀レコード賞を受賞、イーグルスの代表作にしてアメリカン・ロック史上の大名盤

    76年度グラミー賞最優秀レコード賞を受賞した、彼らの文句なしの代表傑作、同75年第5作目がこちら。既に74年リリースの『ON THE BOADER』において全米第1位を獲得していた彼らですが、その多大なプレッシャーを押しのけ、J.D.Southerを迎え完成させた今作。それまでのカントリー・テイストは薄れ、よりタイトでヴィヴィットなロック・サウンドを導入しています。それでいて、70年代に入り、次第に産業として体制に取り込まれてゆくロック界を皮肉ったかのような歌詞が印象的な大名曲「HOTEL CALIFORNIA」を筆頭に、「NEW KID IN TOWN」、「THE LAST RESORT」等、Daryl Hallを歌の主人公のイメージとしたかのような内政的で、示唆的な歌の世界が、正に70年代という疲れを見せ始めたロック界の空気感を上手く捉えた作品であるとも言えるでしょう。

  • BLOQUE / HOMBRE TIERRA Y ALMA

    スパニッシュ・シンフォの名作、79年作

    79年作の2ndアルバム。ストリング・シンセ、メロトロンを中心に、メロディアスなツイン・ギターが絡む極上のシンフォニック・サウンド。レーベルインフォに、70年代中期のジェネシスや初期キャメルとともにPFMやバンコなどイタリアン・ロックからの影響とありますが、確かにその通り!清涼感あるリリシズムに溢れたサウンドが持ち味で、南米シンフォを想わせるたおやかなメロディー・ラインも魅力的。名作です。

  • THIN LIZZY / JAILBREAK

    アイルランドが誇る名ハード・ロック・バンド、「脱獄」「ヤツらは町へ」など代表曲満載の76年作、名盤!

    フィル・ライノット率いる英ハード・ロック・グループ、76年作6th。アイルランド民謡をルーツとする哀愁溢れるメロディとハード・エッジかつキャッチーなアンサンブルというバンドの個性が確立した出世作。アンサンブルの要は、レスポール2本が絡むツイン・ギター。ヌケの良いドライヴ感いっぱいのリフ、ここぞで一気に盛り上がるメロディアスなツイン・リードともに魅力的です。バンドが一体となってエネルギッシュに疾走するキメのパートからキャッチーなコーラスへとなだれ込む瞬間が痺れる「Jailbreak」、期待感をあおるイントロから全編ツイン・ギターが躍動する「The Boys Are Back In Town」、雄大なギター・ハーモニーがアメリカへの憧れを感じさせる「Cowboy Song」などの代表曲を収録。数あるハード・ロック名盤の中でも指折りの一枚です。

  • GRINDERSWITCH / PULLIN’ TOGETHER

    ALLMAN BROTHERS BANDのローディー達によって結成されたサザン・ロック・バンド、76年作!

    ALLMAN BROTHERS BANDのローディー達によって結成されたグループ、76年作3rd。当時、サザン・ロック・ファンの間で大きく話題になったというのも納得の、南部臭漂う濃密なサウンドが魅力の彼ら。ベース兼ヴォーカルのJon Dan Pettyの粘り強い歌声とファンキーなブギが炸裂するサザン・チューンの数々が今も多くのコアなファンから支持され続けています。時に軽快なツイン・ギターと新加入のハモンドの音色が、カントリーやケイジャンを取り入れたアップテンポな曲調に絶妙にマッチしています。

  • SASSAFRAS / WHEELIN N DEALIN and RIDING HIGH

    英ウェールズ出身、ヌケが良くメロディアスなブギ・ロック、75年作&76年作を収録

    ウェールズ出身のグループ。75年作の2ndと76年作の3rdをカップリングした2in1CD。STATUS QUOやCANNED HEATを彷彿とさせるヌケが良くメロディアスなブギ・ロック。Neil Young「Ohio」、Bobby Charles「Small Town Talk」のカバー収録。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。