プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック1/30:冬のカケレコ的ファンキー・ミュージック選

こんにちは。スタッフ増田です。

以前、こんな記事を書いたのですが、

最近またしても、ファンク要素の入ったカケレコ的良盤をご紹介したくなってきました。

という訳で今回は「冬編」。ファンキーながらもどこか渋さのある逸品をご紹介してまいります~。

BACON FAT/TOUGH DUDE

英国ブルース・ロックの仕掛人マイク・ヴァーノンによるプロデュース、シカゴ・ブルースのベテラン黒人ミュージシャン&無名の英国人ミュージシャンによる黒人白人混成セッション・グループ71年作。R&Bテイスト溢れるグルーヴィなサウンド、その中を疾走していく流麗なツイン・ワウ・ギター。格好良いです。

試聴 Click!

AYNSLEY DUNBAR RETALIATION/TO MUM FROM AYNSLEY AND THE BOYS

こちらは英国の実力派ドラマー、エインズリー・ダンバー率いるブルース・ロック・グループの69年作。全曲ファンク的という訳ではないのですが、このナンバーがカッコ良かったのでご紹介。ライヴ映像?を発見したのですが、これまた渋すぎ!

試聴 Click!

MARTIN PHILIPPI BLUES BAND/MARTIN PHILIPPI BLUES BAND

ドイツの本格ブルース・マン、Martin Phillipi率いるバンドが77年にリリースした唯一作。このMuddy Waters「I Got My Mojo Workin」のファンキーでグルーヴィーなカヴァー、格好いいなあ。洒脱なヴォーカルがナイス!

試聴 Click!

A BAND CALLED O/O

こちらはリリカルな英ロック名盤を残したパーラー・バンドの後身グループ。ファンク・テイストを大胆に導入した、グルーヴィ―かつゴキゲンなロック・チューンが満載の好盤74年作!

試聴 Click!

ROSS/ROSS

元RO ROのアラン・ロスがINDIAN SUMMERのkey奏者ボブ・ジャクソンと組んだバンド、74年作。ファンキーながらも英国的な叙情性に満ちたアンサンブルが良い感じ。哀愁いっぱいのヴォーカルも沁みるなあ。

試聴 Click!

JESS RODEN BAND/BLOWIN’

ロッド・スチュワートやフランキー・ミラーもいいけれど…メロウでセクシーな、この英国ブルー・アイド・ソウル・シンガーをご存知?コクのあるソウルフルなヴォーカルが堪能できる77年の名ライヴ盤。

試聴 Click!

ZIKAZA/MIKI GOES TO NUUSSUAQ

最後は北方の地グリーンランドを代表するバンド。グリーンランドの80年代はレゲエやファンクに影響を受けたバンドが活躍していたようで、その中でも最も売れたのがこのアルバムだとか。ずばりグリーンランドのポリス!かなりいなたいけどね!

試聴 Click!

こちらの記事もどうぞ!


【作品追加!】メロウ・ミュージック特集

【関連記事】

【作品追加!】メロウ・ミュージック特集

アコースティックなサウンドを基調としながら、ほんのりAOR/フュージョン・テイストが加味された作品をピックアップいたしました。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • A BAND CALLED O / O

    72年に名盤を残したPARLOUR BANDの後身グループ、74年1st、ファンク・テイストを大胆に取り入れた高品質なブリティッシュ・ロックの逸品!

    イギリスはジャージー島で結成され陰影溢れるブリティッシュ・ロック名盤の72年唯一作を残したPARLOUR BAND。彼らがドラマー変更に伴いバンド名を”A BAND CALLED O”と改め制作した74年作。英国叙情が匂い立つようなリリカルな作風だったPARLOUR BANDから一転、ファンク・テイストを大胆に取り入れたグルーヴィ―かつゴキゲンなロック・チューンが並びます。前任者よりソリッドで勢いのあるドラミングを土台に、ワウを効果的に用いたエッジの立ったカッティングが印象的なギターと、その合間を縫うようにエレピ&クラヴィネットでクールに音を刻むキーボード、そしてS.マリオット彷彿のR&Bなコクを含んだヴォーカルらがタイトにアンサンブルを組上げており、職人的ともいえる隙のない演奏は見事です。マリオットっぽいヴォーカルが映えるHUMBLE PIEカバー「RED LIGHT MAMA RED HOT!」を皮切りにファンキーなアレンジが中心ですが、華やかなコーラスワークが彩るCAPABILITY BROWNの後進KRAZY KATやROCOCOあたりに通じるモダン・ポップ、終盤に現れる前身PARLOUR BAND直系の憂いを帯びたブリティッシュ・ロックなども大いに聴き所となっています。R&B/ファンク・テイストあるロック・サウンドがお好みの方はもちろん、上記モダン・ポップ・ファンにもオススメしたい、高品質なブリティッシュ・ロックの逸品!

  • JESS RODEN BAND / BLOWIN’

    英国の実力派ブルー・アイド・ソウル・シンガー、77年ライヴ録音作。

    ALAN BOWN SETやBRONCOに在籍し、フランキー・ミラーやロバート・パーマーとも並び称される英国の名ブルー・アイド・ソウル・シンガー、ジェス・ローデン。1976年に英国バーミンガムにて行ったライヴ録音です。ソウルフルなボーカルが臨場感を持ってしなやかに迫り、ライヴならではのバンドとの密な一体感が最高に気持ちの良いサウンドです。クールなカッティングのギター、メロディアスなベースにエレピが被さり、抑えたホーンが鳴る中、ジェスがほどよく黒っぽいボーカルで滑らかに歌い上げていきます。ジェスのボーカルは熱くはありますが都会的な洗練さも持ち合わせており、洒落たサックスを配したスロウなナンバーではメロウなソウル・ミュージックといった趣。夜景の見えるバーで粋なバンドを聴いているかのような、一定のクールさを持ち合わせたブルー・アイド・ソウルの隠れた名盤です。

  • AYNSLEY DUNBAR RETALIATION / TO MUM FROM AYNSLEY AND THE BOYS

    英国の実力派ドラマー率いるグループ69年作3rd、key奏者Tommy Eyreを迎えジャジーなオルガン・ブルース・ロックを聴かせる逸品、プロデューサーはJohn Mayall

    JOHN MAYALL’S BLUES BREAKERSやJEFF BECK GROUPを経、後にザッパ・バンドやJOURNEYを渡り歩く英国の名ドラマーAynsley Dunbar率いるブルース・ロック・バンド。69年の3rdにして実質的な最終作。プロデュースはJohn Mayallが務め、また本作からMARK-ALMONDやRIFF RAFFで知られるkey奏者Tommy Eyreが加入。ずっしりとしたドラム、低く囁くようなヴォーカル、タメの効いたブルージーなギター…重たく陰翳に富んだいぶし銀のブルース・ロックは前作の延長ながら、そこへEyreのメロウで流麗なハモンド&ピアノが加わって、よりジャジーな色合いを持った躍動感のあるアンサンブルを聴かせています。Eyreによるハモンド・ソロをこれでもかと全面に押し出したT3、荘厳な教会風のオルガンで幕を開けるT4、弾むベース&ギターがファンキーなT7など、混沌たる時代を反映するように多彩なジャンルを取り入れた作風もユニーク。Vertigoのジャジーなオルガン・ロック・ファンも気に入ること間違いなしの、聴き応えある名作です。

  • ROSS / ROSS

    元Ro Roのアラン・ロスが、元インディアン・サマーのボブ・ジャクソンらと結成したブリティッシュ・ロック・バンド、74年作1st

    ジョン・エントウィッスルのソロ作や、英スワンプ・デュオのロ・ロで活動したアラン・ロスと、インディアン・サマーのキーボーディスト、ボブ・ジャクソン等が組んだバンド、74年作。ハード・ロックとフォーク・タッチの組み合わせがWISHBONE ASH『ARGUS』の雰囲気に近く、アラン・ロスのハイトーンのボーカルと表情豊かなギターが楽しめる一枚です。英国ロック・ファンなら疾走感溢れるオープニング「Alright By Me」で即ノックアウトでしょう。ワウの効いたギターが靄のように漂い、キーボードやパーカッションが微かに煌めくオープニング。ベースが入ると一気にギアが入り、ギターがファンキーなカッティングでリズムを刻み、分厚いメロトロンのような音色でキーボードが被さります。ブルースやR&Bをベースとした黒っぽくファンキーなグルーヴを根っこに持ちつつ、タイトにカチッとまとまったアンサンブルやくぐもった質感の音もまさに英国でしか出ないものでしょう。英国ロック・ファンは必携の一枚です。

  • MARTIN PHILIPPI BLUES BAND / MARTIN PHILIPPI BLUES BAND

    ドイツの本格ブルース・ロック・グループ、1977年唯一作

    独ニュルンベルクのブルースマン、Martin Philippi率いるバンドが77年にリリースした唯一作。Robert JohnsonやOtis Rushをはじめとするブルース・クラシックのカヴァーが主で、A面にあたる前半はPhilippiのアコギ弾き語り、B面にあたる後半からはバンドをバックに付けたグルーヴィーなエレクトリック・ブルース・ロックを披露。バンド・メンバーにはIHRE KINDERのベーシストWalti Schneiderも名を連ねており、軽快なベース・ラインにタメを効かせた芳醇なギター、独特なまろやかさを持ったPhilippiのヴォーカルや巧みなブルース・ハープが絡み合う洒脱かつ濃密なサウンドがかなり格好いいです。ラストを飾るMuddy Waters「I Got My Mojo Workin’」のファンキーなカヴァーもセンス◎。本格ブルース好きは是非。




聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。