プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

O

A BAND CALLED O

BIGPINK612(BIG PINK

紙ジャケット仕様。

評価:50 1件のレビュー

リリカルな英ロック名盤を残したパーラー・バンドの後身グループと言えば?ファンク・テイストを大胆に導入した、グルーヴィ―かつゴキゲンなロック・チューンが満載の好盤74年作!

72年に名盤を残したPARLOUR BANDの後身グループ、74年1st、ファンク・テイストを大胆に取り入れた高品質なブリティッシュ・ロックの逸品!

イギリスはジャージー島で結成され陰影溢れるブリティッシュ・ロック名盤の72年唯一作を残したPARLOUR BAND。彼らがドラマー変更に伴いバンド名を"A BAND CALLED O"と改め制作した74年作。英国叙情が匂い立つようなリリカルな作風だったPARLOUR BANDから一転、ファンク・テイストを大胆に取り入れたグルーヴィ―かつゴキゲンなロック・チューンが並びます。前任者よりソリッドで勢いのあるドラミングを土台に、ワウを効果的に用いたエッジの立ったカッティングが印象的なギターと、その合間を縫うようにエレピ&クラヴィネットでクールに音を刻むキーボード、そしてS.マリオット彷彿のR&Bなコクを含んだヴォーカルらがタイトにアンサンブルを組上げており、職人的ともいえる隙のない演奏は見事です。マリオットっぽいヴォーカルが映えるHUMBLE PIEカバー「RED LIGHT MAMA RED HOT!」を皮切りにファンキーなアレンジが中心ですが、華やかなコーラスワークが彩るCAPABILITY BROWNの後進KRAZY KATやROCOCOあたりに通じるモダン・ポップ、終盤に現れる前身PARLOUR BAND直系の憂いを帯びたブリティッシュ・ロックなども大いに聴き所となっています。R&B/ファンク・テイストあるロック・サウンドがお好みの方はもちろん、上記モダン・ポップ・ファンにもオススメしたい、高品質なブリティッシュ・ロックの逸品!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

A BAND CALLED O / OASIS の商品詳細へ

A BAND CALLED O/OASIS

PARLOUR BANDの後身にあたる、ファンク・ロック〜モダン・ポップ・グループ、75年2nd

2190円(+税)

TEN WHEEL DRIVE / BRIEF REPLIES の商品詳細へ

TEN WHEEL DRIVE/BRIEF REPLIES

ジャニス・ジョプリンに匹敵する女性シンガーGenya Ravan擁する米国ブラス・ジャズ・ロック・バンド、多彩でプログレッシヴなサウンドと強烈なシャウトに痺れる70年作2nd!

2190円(+税)

DAVE LAMBERT / FRAMED の商品詳細へ

DAVE LAMBERT/FRAMED

60年代には英サイケ・バンドFIREを率い、70年代にはSTRAWBSで活動したギタリスト、79年ソロデビュー作。

2190円(+税)

HANNIBAL / HANNIBAL の商品詳細へ

HANNIBAL/HANNIBAL

キーフが手掛けたジャケットのイメージ通りの淡く気だるいブリティッシュ・ロック、70年作

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • OASIS

    A BAND CALLED O

    BIGPINK615(BIG PINK

    紙ジャケット仕様

    PARLOUR BANDの後身にあたる、ファンク・ロック〜モダン・ポップ・グループ、75年2nd

    前作と路線を同じくするファンキーなバンド・アンサンブルに、SMOKIEやSAD CAFEなどを彷彿させるモダン・ポップ・テイストを散りばめた、相変わらずの完成度高いサウンドで魅了する75年2nd!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ああ、とろけそうだ(6 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

わが国では「ロックンロール・ダイアモンド」の小ヒットで知られているバンド・コールド・オー。70年代の後半に発売された「ウィズイン・リーチ」「幻の短剣」は、わたしの秘蔵の愛聴盤です。ファースト作、セカンド作がCDになりましたが、世界初です。LPで聞いていた音源と比べると、丁寧に磨かれて音の迫力が倍増しています。

わたしはずっと彼らを米国南部、あるいはスワンプの影響受けた人たちだと思っていました。出身が英国よりフランス側に近いチャンネル諸島で、ロンドン・シーンの影響を全く受けていない人たちです。このファーストでは他の3作に増してファンクの要素が強くて、びんびんしたベースがものすごいことになっています。米国に近い音なのに、ボーカル、コーラスに欧州的な湿度があってブリティッシュ好きにもアピールします。

この盤が日本でなく韓国でCDになったことに少し妬みをおぼえているのです。おそらく隠れるようにして聴いているファンは、日本のほうが多いと思うんですよ。中古市場でいまだに売れ続けていますから。

ナイスレビューですね!