プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【改訂】夏を先取り!?カケレコ的ファンキー・ミュージックを探求~エネルギッシュ編~

こんにちは。スタッフ増田です。

いよいよ6月!梅雨を目前に控えていますが、晴れた日などは半袖でも心地良かったりして、夏の訪れを感じますね。

そんな夏に聴きたいのが、グルーヴィーでエネルギッシュなファンキー・ミュージック。

「ファンク」は60年代中期にジェームズ・ブラウンがその原型を作り上げたとされる、ブラック・ミュージックの一ジャンル。

60年代後半~70年代初頭にかけてはジョージ・クリントン率いるパーラメント、サイケに接近したファンカデリックなど「Pファンク」と呼ばれるグループが人気に。

スライ&ファミリー・ストーンなどの白人黒人混合ファンク・ロック・グループも登場し、ブルースやR&Bと同様「ファンク」は白人からも支持を得るジャンルとなっていきました。

そんなわけで、今回はカケレコ・ユーザーのロック・ファンにもオススメできる、ファンクを取り入れた世界のサイケやブラス・ロックやジャズ・ロックを集めてみましたよ~。

まずは先程も登場したファンクとサイケの革新的融合を試みたグループ、ファンカデリック!

ファンカデリック/マゴット・ブレイン

Pファンクの総帥ジョージ・クリントンと、ビートルズやスライ、ジミヘンに影響された黒人ミュージシャンが結成したグループの71年3rd。

アフロなパーカッション、うねるグルーヴ、跳ねるワウ・ギター、そして溢れる実験精神!

エネルギッシュかつドロドロとした底なしのエナジー渦巻く、サイケ・ファンクの傑作!

試聴 Click!

MANDRILL/MANDRILL

こちらはパナマ生まれの黒人、ウィルソン3兄弟を中心とするファンク・ロック・グループの71年デビュー作。

ラテン~アフロのエッセンスをフィーチャーしてるけど、R&B~ブルース~ソウルのコクが濃厚で、ブラス・ロックやスワンプ・ロックのファンもこれ必聴!

ちなみに彼ら、あの有名な「猪木!ボンバイエ!」・・・の元ネタ、モハメド・アリのテーマソング「アリ・ボンバイエ」の演奏を務めたグループだそうです。

試聴 Click!

EVERGREEN BLUES/COMIN’ ON

溌剌としたブラスに厚いハモンド、コクのあるリズムに明るいラテンのエッセンス。

この米ブラス・ロック・グループ、マイナーだけど実に熱気あふれる好盤!

試聴 Click!

CHRIS HILLS/EVERYTHING IS EVERYTHING/COMIN’ OUTTA THE GHETTO

名手Larry Coryellが在籍したことでも知られるジャズ・ロック・バンドFREE SPIRITS、から発展したファンク・ロック・グループEVERYTHING IS EVERYTHINGのヴォーカリストをメインに据えた71年作!

とにかくJames Brown、Otis Redding、Smokie Robinsonまで、黒人ヴォーカルの旨味を知り尽くしたような白人シンガーChris Hillsのヴォーカルが凄い…。

演奏もグルーヴィーなコクたっぷりで、こりゃ体を揺らさずにはいられないサウンド!

試聴 Click!

BUZZY LINHART/MUSIC

「フォーキーなジミ・ヘン」もしくは「ハードなSTEALERS WHEEL」!?

ジミ・ヘンやEYES OF BLUEとも共演した米SSWによる71年作3rd。

ファンキーなベース・ラインに乗せて跳ねるエレキと繊細なアコギが絡む、ハード・フォーキー・ポップな逸品♪

試聴 Click!

SKY KING/SECRET SAUCE

こちらはジャズの巨匠Dave Brubeckの息子が率いるファンキー・ジャズ・ロック・バンド!

ファンキーな跳ねとグルーヴ感たっぷりのリズムに、キレのあるギターカッティング、丁々発止の掛け合いを演じるブラスとブルースハープらによるアンサンブルは、途轍もないカッコよさ!

試聴 Click!

次は英国からエネルギッシュなファンキー・ロックをご紹介!

WYNDER K.FROG/OUT OF THE FRYING PAN

オープニングを飾る「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」からなんというカッコよさ!ずばりブッカー・T&ザ・MGSへの英国からの雄弁なる回答!

試聴 Click!

HANSON/MAGIC DRAGON

BOB MARLEYの『EXODUS』にも参加したギタリストHanson率いる英国ファンク・ロック・グループ!

名ベーシストNeil Murrayの地を這うグルーヴと、Hansonのキレのあるワウ・ギターがスピーディーに絡み合うサウンドにシビれまくりの名作2ndです!

試聴 Click!

ここまでは英米のバンドをご紹介しましたが、次はカケレコらしく、ユーロに飛散したファンク・サウンドをご紹介!

LIBRA/MUSICA AND PAROLE

あのモータウンから英語盤をリリースしたイタリアン・ロック・バンドがいるって!?

なるほど、ジャズ・ファンク調の跳ねるアンサンブルとイタリアン・ロックらしい叙情性が見事に融合されていますね。この74年作、個性満点の名盤!

試聴 Click!

SALUKI/SALUKI

「問題!ノルウェーで最初のプログレ・バンドと言えば…」「はい!JUNIPHER GREENE!」「ブブー。…と言えばJUNIPHER GREENEですが、そのメンバーを中心に結成されたジャズ・ロック・バンドと言えば!?」

いやはや、北欧ノルウェーにこんなにも本格的なブラス・ジャズ・ロック/ジャズ・ファンクが存在したとは・・・

テクニカルかつエネルギッシュな演奏に驚愕必須の77年傑作!

試聴 Click!

PEPE SANCHEZ Y SU ROCK BAND/REGRESION

な、なんと、ロック、ジャズ、ファンク、フラメンコ、地中海音楽のごった煮!これはクールすぎるっ!

スペインのジャズ・シーンで活躍する名セッション・ミュージシャンの3人(サックス、ドラム、パーカッション)を中心に結成されたグループ、76年デビュー作。

スペインの70年代ジャズ・ロックは名作揃いですが、これもその中の一つと言える絶品ファンク・ジャズ・ロックです!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


【改訂】夏を先取り!?カケレコ的ファンキー・ミュージックを探求~哀愁のファンク編~

【関連記事】

【改訂】夏を先取り!?カケレコ的ファンキー・ミュージックを探求~哀愁のファンク編~

70年代から起こったファンク・ムーヴメントはもちろん英国にも伝搬。黒人たちのエネルギッシュなファンクに憧れつつも、どこか繊細さが出てしまう…そんな愛すべきファンキー・ミュージックをご紹介してまいります。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • LIBRA / MUSICA AND PAROLE

    英語盤が米タムラモータウンからリリースされた、ファンキーなイタリアン・ジャズ・ロックの逸品、74年作

    BANCO DEL MUTUO SOCCORSOのサポート・バンドとして活躍していたイタリアのプログレッシブ・ロックグループの75年作。後にはサウンド・トラックを手がけるなどし、GOBLINとの共通項も多く語られるグループですが、本作ではハードで技巧的なジャズ・ロック・アンサンブルとイタリア然としたボーカルを擁したサウンドを聴かせます。加えて、彼らの最大の特徴は全編を通してグルーヴに自然と現れてくるファンク・ロック的な躍動感であり、アメリカに渡り、モータウンから英語盤がリリースされるという快挙を成し遂げたことにも納得できるファンキー・ジャズ・ロックの名盤となっています。

  • HANSON / MAGIC DRAGON

    KEEF HARTLEY BANDやBOB MARLEYのWAILERSで知られるギタリスト率いる英国ファンク・ロック・グループ、名ベーシストNeil Murrayも参加の74年2nd!

    KEEF HARTLEY BANDに在籍し、後にBOB MARLEYの名作「EXODUS」などにも貢献するギタリストJunior Marvin(Hanson)率いる英国のグループ、Manticoreレーベルよりリリースされた74年作2nd。ファンキーでグルーヴィーなサウンドは前作の延長ながら、メロウなトーンのギターやエレピをフィーチャーした1stに比べて歪みの効いたギターの主張が強まり、ハード・ロック的スピード感と切れ味がアップ。さらに本作からNATIONAL HEALTHやWHITESNAKEなどで知られる名ベーシストNeil Murrayが参加。地を這うようなベースの力強いグルーヴと軽快なパーカッションのリズムに、Hansonのキレのあるワウ・ギターとソウルフルな歌声が合わさり駆け抜けるアンサンブルは痺れる格好良さ!英国ファンキー・ロックの名盤です。

  • SALUKI / SALUKI

    ノルウェー最初期のプログレ・バンドとして知られるJUNIPHER GREENEのメンバーを中心に結成されたバンドによる77年作、目の覚めるようにテクニカルなブラス・ジャズ・ロック/ジャズ・ファンクの名品

    ノルウェー最初期のプログレ・バンドとして知られるJUNIPHER GREENEのメンバーを中心に結成されたバンドによる77年作。時に熱くブロウし、時に雄弁にメロディを紡ぐ管楽器の活躍が素晴らしい洗練されたブラス・ジャズ・ロックを鳴らします。ファンキーな粘りのあるグルーヴを刻むテクニカルなベース&ドラム、ワウの効いた熱量の高いギター、そしてクールなエレピも絶品。男女シンガーの歌声がソウルフルに絡み合うヴォーカル・パートも大変カッコいいです。北欧ノルウェーでこんなにもエネルギッシュで本格的なブラス・ジャズ・ロック/ジャズ・ファンクが存在したとは!名盤です!

  • WYNDER K.FROG / OUT OF THE FRYING PAN

    名Key奏者ミック・ウィーヴァー率いる英R&Bグループ、68年作2nd

    KEEF HARTLEY BAND、Miller Andersonのソロ、HEMLOCKなどで活躍した名Key奏者ミック・ウィーヴァーを中心に結成されたグループ。68年作の2nd。オープニングを飾るストーンズのカヴァー「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」からなんというカッコよさ!躍動するリズム、クールなトーンでエネルギッシュに奏でられるオルガン、むせびなくホーン・セクションが実にファンキー&グルーヴィー。ずばりブッカー・T&ザ・MG’Sへの英国からの雄弁なる回答!ブリティッシュR&Bロックの名作です。

  • PEPE SANCHEZ Y SU ROCK BAND / REGRESION

    ロック、ジャズ、ファンク、フラメンコ、地中海音楽のごった煮!これはクール過ぎるスパニッシュ・ロックの76年デビュー作

    スペインのジャズ・シーンで活躍する名セッション・ミュージシャンの3人(サックス、ドラム、パーカッション)を中心に結成されたグループ。オリジナルは激レアでマニア垂涎の76年デビュー作。思わず腰が揺れるグルーヴ感たっぷりのファンキーなリズム隊、シャープでいて粘着質もたっぷりなギターのカッティングをバックに、ホーン・セクションがブイブイと鳴り、サックスの流麗なリードが炸裂し、フルートはまるで尺八のようにエキゾチックに鳴り響く、わぉ、なんというカッコよさ!曲によっては、フラメンコや地中海音楽のエッセンスもフィーチャーされて、色彩感もたっぷり。スペインの70年代ジャズ・ロック・シーンは素晴らしい作品の宝庫ですが、この作品もそれに並ぶ名作と言えるでしょう。これはクールです。

  • SKY KING / SECRET SAUCE

    Dave Brubeckの息子にあたるChris Brubeckを中心とする米ファンキー・ジャズ・ロック・グループ75年唯一作、密度の高さとスリリングな疾走感が両立したアンサンブルは途轍もないカッコよさ!

    ベース/トロンボーン/ピアノ/ヴォーカルを務めるマルチ奏者にして、ウエストコースト・ジャズの代表的ピアニストDave Brubeckの息子にあたるChris Brubeckを中心とする、米ファンキー・ジャズ・ロック・グループの75年唯一作。マルチ奏者3人を含むバンドメンバー5名に加え12名のゲスト奏者が参加しています。ファンク特有の「跳ね」とグルーヴ感がたっぷりのリズム隊に、キレのあるカッティングが痺れるギター、丁々発止の掛け合いを演じるブラス隊とブルースハープらによるテクニカルで緻密なアンサンブルが繰り広げられます。音を隙間なく敷き詰めるような密度の高さとスリリングな疾走感が両立していてこれは途轍もなくカッコいいです。R&Bフィーリング濃厚なヴォーカル&コーラスもノリノリでテンション高くてたまりません。白人メンバー中心の構成とは思えないほどに黒いグルーヴで満たされたファンク・ジャズ・ロックの好盤!

  • BUZZY LINHART / MUSIC

    「フォーキーなジミ・ヘン」もしくは「ハードなSTEALERS WHEEL」!?ジミ・ヘンやEYES OF BLUEとも共演した米SSWによる71年作3rd

    NYグリニッチ・ヴィレッジにてジョン・セバスチャンやフレッド・ニールと共に研鑽を積んだフォーク・ロックSSW。69年の1stはウェールズのアート・ロック・バンドEYES OF BLUEがバックを務めたということで、英ロック・ファンにも知られているかもしれません。そんな彼の71年作3rdは、サンタナへの参加でも知られるダグ・ロドリゲス(Gt)やダグ・ローチ(Ba,Gt)をバックに、ファンキー&ドライヴィングに繰り広げられる絶妙フォーキー・ハード・ポップ!思わず腰揺れるグルーヴィーなベース・ラインを土台に、左チャンネルからはジミ・ヘンばりにカッティング掻き鳴らし飛び跳ねるエレキが、右チャンネルからは繊細なアコギの音色が鳴り響いて、ソウルフルかつ哀愁漂うヴォーカルも炸裂。まるでジミ・ヘンがポップ・フォークに接近したような、もしくはSTEALERS WHEELがハード・ロックに接近したような…。多彩なジャンルを軽やかに組み合わせ調理していく点では初期STEELY DANも彷彿とさせる、実にクールでヒップな逸品です!

  • EVERGREEN BLUES / COMIN’ ON

    米カリフォルニアのチカーノ系ブラス・ロック/ブルー・アイド・ファンク69年作、陽気なラテンの雰囲気漂うブラス・ファンク・ロックの隠れた逸品

    AL COOPERがプロデュースを務めたファンク・ロック・グループELIJAHの前身、米国カリフォルニアのブラス・ロック/ブルー・アイド・ファンク・グループによる69年作2nd。物凄くマイナーなグループですが、これはかなりの実力派!エネルギッシュに炸裂するブラス、厚いハモンド、パッション溢れるソウルフルなヴォーカル。チカーノ系メンバーが多く在籍したということで、コクのあるファンク/ジャズを取り入れつつ明朗なラテン・ミュージックの雰囲気も漂うアンサンブルは実に個性があってGOOD。ファンキー・ロックやBS&Tなどのブラス・ロック好きは是非チェックです。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。