プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

新旧スパニッシュ・プログレ特集!<バスク・フォーク編>


新旧スパニッシュ・プログレ特集!<カタルーニャ&その他地域編>

【関連記事】

新旧スパニッシュ・プログレ特集!<カタルーニャ&その他地域編>

地域ごとに多彩なサウンドを聴かせてくれるスペインのロック・シーン。今回は、バルセロナがあるカタルーニャ州をメインに作品を取り上げてまいります!


新旧スパニッシュ・プログレ特集!<アンダルシアン・ロック編>

【関連記事】

新旧スパニッシュ・プログレ特集!<アンダルシアン・ロック編>

地域ごとに多彩なサウンドを聴かせてくれるスペインのロック・シーン。今回はスパニッシュ・ロックを語る上で欠かせない地方、アンダルシアのロック・シーンを探求!

今回は、バスク地方のフォークを特集してまいります。

バスク地方とは、イベリア半島の付け根のピレネー山脈の西側に位置し、フランスとスペインの両国にまたがった地方を指します。

バスク地方で有名なものというと、ピカソの絵画で有名なゲルニカはバスク自治州にあり、また宣教師のフランシスコ・サビエルもバスク地方にあったナバラ王国の出身です。

近年ではバスクは「美食の街」としても人気で、旅行者が絶えません。

コンビニエンスストアでも、バスク地方のチーズケーキ「バスチー」が人気ですよね。

さてさて、バスク人はイベリア半島で最も古くから暮らしている民族で、ヨーロッパの他の国の影響の少ない、独自の言語や文化を持っています。

なかでもバスク語は、現存するどの言語とも系統関係が立証されていない孤立した言語で、習得がとても難しい言語としても知られています。
中世には「バスク語を勉強させられる刑」があったとか…

そんな独特な「バスク語」で歌われるバスク地方のフォークは、郷愁の滲む素朴なサウンドが特徴です。

それでは早速、作品を聴いてまいりましょう。

IZUKAITZ / IZUKAITZ

74~78年という短い期間に活動し、2枚のアルバムを残したイスカイス。

こちらは78年1st。民族楽器を用いた幻想的な世界観が見事な名品です。

試聴 Click!


【ユーロロック周遊日記】プログレ秘境バスクの民族色豊かなフォーク・プログレ名品IZUKAITZの78年1st「IZUKAITZ」

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】プログレ秘境バスクの民族色豊かなフォーク・プログレ名品IZUKAITZの78年1st「IZUKAITZ」

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、スペインのプログレ秘境バスクの民族色豊かなフォーク・プログレ名品IZUKAITZの78年1st「IZUKAITZ」をピックアップいたしましょう。

HAIZEA / HONTZ GAUA

スペインはバスク地方出身のプログレッシヴ・フォーク・グループ、76年作の2ndアルバム。

幽玄なフルートやチェロ、虚ろな女性ヴォーカル、エキゾチックなパーカッション。

崇高さすら湛えた神秘的なサウンドが鮮烈な印象として残ります。

試聴 Click!


【KAKERECO DISC GUIDE Vol.32】スペインはバスクの宵闇プログレ・フォーク、HAIZEAの76年2nd『HONTZ GAUA』

【関連記事】

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.32】スペインはバスクの宵闇プログレ・フォーク、HAIZEAの76年2nd『HONTZ GAUA』

バスク語フィメール・ヴォーカルを擁する名グループHAIZEAの76年2nd『HONTZ GAUA』をピックアップいたしました。

ITOIZ / EZEKIEL

バスク地方出身の好グループ、80年2nd。

ジャケットのイメージ通りのノスタルジックな雰囲気はそのままに、サックス、ヴァイオリン、シンセサイザーの導入により前作以上にバラエティに富んだプログレッシヴなサウンドが印象的です。

試聴 Click!

ENBOR / KATEBEGIAK

バスク地方出身のエレクトリック・フォーク・ロック・グループ、80年2nd。

フォーク・ロック的な1stと比べ、17分を超える大曲を収録するなど、プログレッシヴなサウンドを聴かせています。

1stで聴けた哀愁のフルート、豊かなハーモニーによる穏やかなパートはそのままに、サックスをフューチャーするなどジャズ・ロックのエッセンスも取り入れたアンサンブルはかなり完成度高いです。

試聴 Click!

IMANOL / OROITUZ

70年代より活動したバスク地方出身SSW、85年作。

試聴 Click!

その他の地域のスパニッシュ・フォーク

ここからは、バスク地方以外のスペインのフォークを聴いてまいります。

CHICOTEN / CHICOTEN

マルチ奏者の5人グループ、チコテンの78年作。

フルートやオーボエ、バンドゥリアやリュートなど、スペインの伝統楽器含む様々なアコースティックな楽器を用い、朗らかなフォークをインストで奏でています。

試聴 Click!

MILLADOIRO / O BERRO SECO

スペインはガリシア地方のバンドで、ケルト音楽の影響を受けています。

バグパイプと細やかな弦楽器の音色がたまらなく美しいです。

試聴 Click!

VAINICA DOBLE / CONTRACORRIENTE

スペインのフィーメール・デュオ。76年3rd。

2人の美しいハーモニーとなんともけだるいサイケデリックなアレンジが心地良いスパニッシュ・サイケ・フォークの逸品。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。

カタルーニャ&その他地域編アンダルシアン・ロック編もぜひご覧ください!

関連カテゴリー

新旧スパニッシュ・プログレ特集!<バスク・フォーク編>

  • ITOIZ / EZEKIEL

    バスク州出身の好グループ、ユーロ・シンフォの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた80年2ndアルバム、異国情緒豊かなユーロ・ジャズ・ロックの名品

    バスク地方出身の好グループ。シンフォニック・ロックの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた2ndアルバム。80年作。ジャケットのイメージ通りのノスタルジックな雰囲気はそのままに、サックス、ヴァイオリン、シンセサイザーの導入により前作以上にバラエティに富んだプログレッシヴなサウンドが印象的。女性ヴォーカルITZIARが一曲ゲスト参加。1stと並ぶスペイン・シンフォニック・ロックの傑作。

  • HAIZEA / HONTZ GAUA

    スペイン、バスク産プログレッシヴ・フォーク76年作2nd、幽玄の美しさを湛えた名作

    スペインはバスク地方出身のプログレッシヴ・フォーク・グループ、76年作の2ndアルバム。前作と比較すると、エレクトリック・ギターの使用度が増した上、フルート、チェロ、パーカッションもより一層の幽玄美を奏でており、サイケデリックな要素が前面に出た作風を聴かせます。しかしサイケ特有のドロドロとした混沌は感じさせず、ある種の崇高さすら湛えた神秘的なサウンドが鮮烈な印象として残るのが特徴。14分を超えるタイトルトラックを筆頭に、ユーロ・フォークの枠には納まらないプログレッシヴな感性が光る傑作。

  • VAINICA DOBLE / CONTRACORRIENTE

    スペインの女性アシッド・フォーク・デュオ、76年作

    スペインのフィーメール・デュオ。76年作の3rd。GRANADAやSMASHのメンバーがシタールやヴァイオリンでゲスト参加。2人の美しいハーモニーとなんともけだるいサイケデリックなアレンジが心地良いスパニッシュ・サイケ・フォークの逸品。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。