プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

こんなところにトニー・レヴィン。~カケレコ在庫から参加作をピックアップ☆

スタッフ佐藤です。

昨年末、全国を席巻したキング・クリムゾン。
その現クリムゾンのメンバー中、フリップと最も長い付き合いなのがベースのトニー・レヴィンですよね。

クリムゾンの一員として活動する傍ら、自身をリーダーとするスティック・メンやソロ、その他プロジェクト、そして膨大な数のセッション・ワークをこなしています。

1曲参加のようなものも含めると、演奏を残した作品の総数は約800(!)にも及ぶという情報もあります。凄い…。

それだけに、現在のカケレコ在庫にも彼が参加する作品が結構ありましたよ!
こんなアーティストの作品にも!?というものもあるかも知れませんので、どうぞお楽しみに!

BERT SOMMER/BERT SOMMER

ウッドストックに出演しながらも、記録映像からはカットされてしまった悲運の名SSW。そんな彼の71年ラスト・アルバムにレヴィンさんが参加しています。キャリアのスタートが60年代末なので、かなり初期の参加作ですね。内容の方は、ビリー・ジョエルのトーンを低めにしたような甘やかで少し憂いのあるボーカルが印象深い、叙情味あるフォーク・ロック。

試聴 Click!

TIM HARDIN/SUITE FOR SUSAN MOORE and BIRD ON A WIRE

60年代にはボブ・ディランとも並び称された名SSWで、ウッドストックにも出演、ジョン・レノンと同じ時期にひっそり没した孤高のSSWが彼。70年作「BIRD ON A WIRE」に若きトニー・レヴィンが参加。

試聴 Click!

MILTON CHESLEY CARROLL/MILTON CHESLEY CARROLL

ゴリゴリの骨太ベースにスティール・ギターとドブロの響き、そしてフレッド・ニールに影響を受けたブルージーな歌声。テキサスの外れのいなせなカントリー・ロック。トニー・レヴィンのほか、エリック・ワイズバーグ、ジェリー・フリードマン、スティーヴ・ガッドといった腕利きたちがこぞって参加!

試聴 Click!

GORDON MICHAELS/STARGAZER

ソロ時代のポール・マッカートニーの影響色濃い、どこまでもポップでキャッチーなメロディに思わずニンマリ。曲によってはポールの未発表ナンバーと言われても納得してしまうほど。トニー・レヴィン、リック・マロッタ、リチャード・ティー、デヴィッド・サンボーンなどによるアンサンブルも鉄壁!

試聴 Click!

Peter Gabriel/I(Car)

「Solsbury Hill」「Humdrum」「Here Comes The Flood」など、キャリアを代表する重要ナンバーを含む1st!レヴィンは味のある職人的ベースプレイに加え、「Excuse Me」ではチューバ演奏も披露しています。

試聴 Click!

渡辺香津美/TO CHI KA

ご存知日本を代表するフュージョン・ギタリストがNYでレコーディングした80年作。NYの一流セッションマンとして、トニー・レヴィンの名が出ないわけがありませんね。他にもマーカス・ミラーやマイケル・ブレッカーが参加。

試聴 Click!

ALICE/PARK HOTEL

彼女や名カンタゥトーレのクラウディオ・バリオーニをはじめイタリアのミュージシャンの作品にもいくつか参加しています。レヴィンだけじゃなく、フィル・マンザネラ、ジェリー・マロッタなどもサポートする86年作!

試聴 Click!

ANDERSON BRUFORD WAKEMAN HOWE/ANDERSON BRUFORD WAKEMAN HOWE

スクワイアさんはいないけど、凄腕のトニー・レヴィンさんがいるし、それ以外は黄金期イエスそのものだし、全盛期じゃないと言って聴かないのはもったいない充実作!

試聴 Click!

DEWA BUDJANA/ZENTUARY

ライヴでは6万人もの観客を動員するインドネシアのロック・バンドGIGIを率いるギタリスト。トニー・レヴィン、ゲイリー・ハズバンド、ジャック・デジョネットなど大物を迎え、オリエンタル・テイストたっぷりのジャズ・ロックを繰り広げる17年作!

試聴 Click!

XAVI REIJA/SOUND OF THE EARTH

スペイン出身ドラマーをリーダーとするカルテットの18年作。スティックメンでもお馴染みのトニー・レヴィン&マーカス・ロイターが参加していて、インプロゼーションを含んだ知性的なアヴァン・ジャズ・ロックはさすがの出来栄えです。

試聴 Click!


スティック・メン来日公演@ビルボードライブ東京(2/21)ライヴレポート

【関連記事】

スティック・メン来日公演@ビルボードライブ東京(2/21)ライヴレポート

2月21日に六本木のビルボードライブ東京で行われた、スティックメンの来日公演に行ってまいりました!


スティック・メン来日公演@ビルボードライブ東京(4/10)ライヴレポート

【関連記事】

スティック・メン来日公演@ビルボードライブ東京(4/10)ライヴレポート

4月10日、六本木のビルボードライブ東京にて行われたスティック・メンのライヴへと行ってまいりました。白熱したステージの模様を他国でのライヴ動画などを交えてお伝えしてまいります!


【カケレコ中古棚探検隊】職人ベーシスト『トニー・レヴィン』のお仕事総括!SSW編

【関連記事】

【カケレコ中古棚探検隊】職人ベーシスト『トニー・レヴィン』のお仕事総括!SSW編

500以上ともいわれる職人ベーシスト『トニー・レヴィン』の参加作をピックアップ!今回はSSW編


【カケレコ中古棚探検隊】職人ベーシスト『トニー・レヴィン』のお仕事総括!自分仕事編

【関連記事】

【カケレコ中古棚探検隊】職人ベーシスト『トニー・レヴィン』のお仕事総括!自分仕事編

TONY LEVINの仕事のまとめ。今回は自分自身のユニット、プロジェクト編です。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • ANDERSON BRUFORD WAKEMAN HOWE / ANDERSON BRUFORD WAKEMAN HOWE

    89年発表、実質的に「こわれもの」「危機」の黄金期YES再結成に近い充実作、ベースはトニー・レヴィンが担当

  • PETER GABRIEL / I

    77年リリースの記念すべき1stソロ、「ソルズベリー・ヒル」「ハムドラム」「ヒア・カムズ・ザ・フラッド」など、キャリアを代表する重要ナンバーを含む名盤、通称「Car」

  • GORDON MICHAELS / STARGAZER

    ポール・マッカートニーからの影響を感じさせる米SSW、79年リリースのAORポップ傑作!

    ボルチモア出身のAOR系SSWが79年に発表したデビュー作にして唯一作。マイルス・デイヴィスやポール・マッカートニーなどを手掛けた名プロデューサー、トミー・リピューマに見初められ、ギターも担当するヒュー・マクラッケンをプロデューサーに制作されたのが本作。一聴してソロ時代のポール・マッカートニーからの影響を感じ取れる、どこまでもポップでキャッチーなメロディに思わずニンマリしてしまいますが、歌声もかなりポールを意識していて、曲によってはポールの未発表曲と言われても信じてしまいそうなクオリティでびっくり!メロディ・センスは数多いるポール直系SSWの中でも突出しています。演奏陣も豪華で、トニー・レヴィン、リック・マロッタ、リチャード・ティー、デヴィッド・サンボーンなど名手達が参加、珠玉のメロディをカッチリまとまりある職人的アンサンブルで支えます。それにしてもこれだけの才能がたった一枚の作品のみに終わってしまうとは…。あと数枚は出して欲しかったと思わずにいられない、驚くべき高品質なAORポップ秀作です。

  • DEWA BUDJANA / ZENTUARY

    インドネシアを代表するロック・バンドGIGIのギタリスト、17年作、トニー・レヴィン/ゲイリー・ハズバンド/ジャック・デジョネットなどビッグネームが参加!

    6万人もの観客を動員する90年代以降のインドネシアを代表するロック・バンドGIGIのギタリスト。前15年作『HASTA KARMA』に続く17年作。2枚組というヴォリュームもさることながら、本作はこれまでに増してメンバーが豪華。ベース/スティックにトニー・レヴィン、ドラマーとしてゲイリー・ハズバンドとジャック・デジョネットというジャズ/フュージョンのビッグネームたちが脇を固めており、さらにゲストでASIA〜ARISTOCRATSのガスリー・ゴーヴァン(g)、チック・コリアとも共演するサックス奏者ティム・ガーランドなどが参加。自身が奏でる、クリーントーンによるフュージョン・タッチの滑らかなプレイを軸に、歌うように饒舌に紡がれるソロ、そしてインドネシアらしい民族的エキゾチズム溢れるオリエンタルなフレージングも織り交ぜた個性的なギターサウンドは相変わらず冴え渡っています。エレキに比べより東南アジア的な息吹を感じさせる巧みなアコースティックギターさばきも特筆。ベースとスティックを持ち替えながら一聴で彼と分かるプレイを聴かせるレヴィンらバンドメンバーもさすがの演奏を披露します。数曲でフィーチャーされるチェコ・シンフォニー・オーケストラによる流麗なストリングスとの絡みもまた絶品。このDEWA BUDJANAというギタリスト、プレイの部分ではジョン・マクラフリンからの影響が強いですが、全体的な音作りという部分で思い浮かぶのはパット・メセニー。メインストリームから民族的/土着的な音へと目を向けたパット・メセニーに通じるアプローチを逆方向から歩んでいるようなサウンドと言えるかもしれません。参加メンバーのことを抜きにしても、これはもはや辺境ジャズ/フュージョンとは言えない圧倒的な完成度と洗練度で聴かせる逸品です。

  • MILTON CHESLEY CARROLL / MILTON CHESLEY CARROLL

    72年テキサス、ニッチなカントリー/スワンプロックSSW名盤

    テキサスの田舎町ワクサハチ出身SSW、72年デビュー作。南部出身にしてはアクの少ないまろやかなテナーボイス。時折ビブラートがかかる、このブルージーさは何だろう・・・と思ったら、フレッド・ニールに影響を受けているのですね。所謂スワンプ・ロックとは一味違ったクールさがあります。そしてその歌声に加わるのはゴリゴリと骨太なベース、温かみあるキーボード、カントリー・タッチのスティール・ギターやドブロ。軽やかでいなせな、テキサス・カントリー・ロックです。エリック・ワイズバーグ、ジェリー・フリードマン、スティーヴ・ガッド、トニー・レヴィン等参加。

  • BERT SOMMER / BERT SOMMER

    ウッドストック出演の埋もれた名SSW、71年発表のラスト・アルバム!

    ウッドストック・フェスティバルに参加し好評を得ながらも、所属レーベルの都合により作品化の際に出演シーンをカットされてしまった悲運のニューヨーク出身SSW、71年3rdにしてラストアルバム。ビリー・ジョエルのトーンを低めにしたような甘やかで少し憂いのあるヴォーカルと、自身の美しいアコースティックギターのプレイを軸とした軽快で爽やかな演奏が魅力的な叙情味あるフォーク・ロックを鳴らします。ポップさとドラマチックさが絶妙に配されたソングライティングのセンスは見事。特筆はラストに収録されたウッドストック・フェスについて歌ったナンバー「We’re All Playing In The Same Band」で、米チャート48位をマークしたヒット曲。軽やかに跳ねるピアノが印象的なカントリー・タッチのナンバーでヒットしたのも頷けるキャッチーな佳曲です。本作を最後に音楽シーンからは遠ざかり、41歳の若さで病没してしまう彼ですが、これほどのミュージシャン、ウッドストック・フェスティバル出演ミュージシャンとして名が残されていたら、きっと以降も名作を作ってくれていたのではないかと思うと残念でなりません。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。