プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

AREA&ARTI E MESTIERI来日記念☆イタリアン・ジャズ・ロックの名盤をピックアップ!

今年5月に「JAZZ ROCK LEGENDS 2019」として来日が決定したイタリアン・ジャズ・ロックの巨頭、AREA&ARTI E MESTIERI。

その記念といたしまして、今回は彼らを筆頭にイタリアの優れたジャズ・ロック・グループ達をピックアップしてまいりましょう。

英国のSOFT MACHINEや米国のMAHAVISHNU ORCHESTRA等にも劣らぬ超絶技巧と、地中海地域特有のしなやかな叙情性を備えた珠玉のサウンドをお楽しみ下さい!

ARTI E MESTIERI/LIVE

まずはプログレッシブ・ロック界を代表する技巧派ドラマーFurio Chiricoと名キーボーディストBeppe Crovellaを擁する、イタリアを代表するジャズ・ロック・グループARTI E MESTIERI。

74年のデビュー作『TILT』でおなじみの彼らですが、その同年に録音されたこのライヴ盤もスタジオさながらの超絶技巧が炸裂していて見事!

スタジオ盤未収録曲「Comin Here To Get You」というのがあるんですが、これが名曲なんです。

AREA/ARE(A)ZIONE

続きましては強靭な声帯を誇る稀代のヴォーカリストDemetrio Stratosを中心に結成され、テクニカル且つアヴァンギャルドなジャズ・ロックを展開したグループ、AREA。

こちらも75年の名ライヴ盤をご紹介。強靭なギター&リズム隊にDemetrioの奇妙なスキャット、叙情性と狂気の狭間を行き来するかの如きキーボード。

ヒリヒリした緊張感の中でアグレッシヴに畳みかけるアンサンブルが格好良すぎっ!

試聴 Click!

IL VOLO/IL VOLO

さあここからは数々のイタリアン・ジャズ・ロック名盤をご紹介してまいりましょう。

まずはフォルムラ・トレのA.ラディウスとG.ロレンツィが腕利きスタジオミュージシャンらと結成したイタリアンロック史上のスーパーグループ、74年作。

ジャズロック、シンフォ、フォークが混在したサウンドを、テクニカルかつしなやかな演奏でエモーショナルに紡ぐセンスは超一級!

試聴 Click!

FESTA MOBILE/DIARIO DI VIAGGIO DELLA FESTA MOBILE

IL BARICENTROの前身バンドによる73年唯一作。

ダイナミックな技巧派ピアノが舞い飛び、哀愁あるヴォーカルが歌う、極上イタリアン・ジャズ・ロック!

試聴 Click!

P.F.M/JET LAG

EL&Pのマンティコア・レーベルからワールド・デビューしたイタリア屈指のプログレ・バンドと言えばP.F.M。

初期は叙情的なシンフォ寄りの作風を聴かせていた彼らですが、この77年作では当時隆盛を極めていたフュージョンへと接近したサウンドを聴かせています。

Mauro Paganiの後任ヴァイオリニストGregory Blochによる緩急自在のプレイも聴きどころの、ラテン・フレイヴァー溢れる好盤!

試聴 Click!

ニュー・トロルス/テンピ・ディスパリ

荘厳なクラシックを取り入れた作風で知られるNEW TROLLSも実はジャズ・ロックに接近したアルバムをリリースしていたんです。

『ATOMIC SYSTEM』リリース後の74年ライヴを収録した本作ですが、これがSOFT MACHINEやNUCLEUSにも劣らぬシャープでテクニカルなジャズ・ロックを聴かせる「唯一のジャズ・ロック期NEW TROLLS」。

なおかつエッジの効いた攻撃的なギターが炸裂したり、途中でConcerto Grossoのフレーズも飛び出すなど、彼ららしさもたっぷり残したユニークな一枚となっています。

試聴 Click!

NOVA/BLINK

元OSANNAのメンバーにより結成された伊ジャズ・ロック・グループなのですが、ずばりイタリアからのリターン・トゥ・フォーエヴァーやマハヴィシュヌへの返答!?

ギターやエレピが超絶技巧で畳みかけるクロスオーヴァーを土台に、イタリアらしいむせかえるような熱情も加えたサウンドのテンションたるや!

試聴 Click!

DEDALUS/DEDALUS

ソフト・マシーンが好き? なら、このイタリアン・ジャズ・ロックは悶絶しちゃうはず!

テクニカルでシャープ、かつアヴァンギャルドに通ずるフリーフォームなど実験性もふんだんに散りばめられた73年デビュー作。

試聴 Click!

PERIGEO/ABBIAMO TUTTI UN BLUES DA PIANGERE

イタリアのソフト・マシーンと言えるグループならこちらもオススメ。

英国的な淡い叙情性とイタリアらしい熱情が混ざり合った上質なジャズ・ロック盤。

試聴 Click!

GIALMA 3/RAIN’S DREAM

最後はちょっぴりマイナーなこの76年作で締めくくりましょう。

ムーディーで南国的な旋律を紡ぎつつ、ちょっぴり湿っぽく暗めのサウンド。まるで60年代のイタリア映画を観てるみたい?

洗練された本格派ジャズ・ロック/フュージョンが楽しめる逸品です。

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ♪


イタリアン・ロック特集

【関連記事】

イタリアン・ロック特集

イタリアン・ロックを「プログレ」という視点ではなく、西洋文化の中心地イタリアで育まれたロック・ミュージックとしてとらえなおすと?


あなたは何枚知ってる?ディープに広がるマイナー・イタリアン・ジャズ・ロックの世界☆

【関連記事】

あなたは何枚知ってる?ディープに広がるマイナー・イタリアン・ジャズ・ロックの世界☆

無名ながらもハイレベルなサウンドを聴かせるグループがゴロゴロ存在しているイタリアン・ジャズ・ロック・シーン。そんな猛者揃いのマイナー・イタリアン・ジャズ・ロックより厳選してご紹介してまいりましょう☆

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • IL VOLO / IL VOLO

    イタリアン・ロック界きってのスーパーグループ、74年1st、歌心溢れるジャズ・ロックの傑作!

    イタリアを代表するプログレッシブ・ロックバンドFORMULA TREのAlberto RadiusとGabriele Lorenziを中心に、現在もシーンで活躍するスタジオ・ミュージシャンを加え結成されたグループの74年デビュー作。その内容は、イタリア叙情を感じさせる絶品なメロディーを持ちながらもツイン・ギター、ツイン・キーボード編成で迫るテクニカルなプログレッシブ・ロックであり、荒々しいヘヴィー・プログレッシブな音像と、ジャズ・フュージョンの滑らかなサウンド、そしてイタリア然としたフォークタッチを絶妙なバランスでブレンドした名盤です。イタリアン・ロックのボーカル曲としても、プログレッシブ・ロックとしても一級品の傑作。

  • FESTA MOBILE / DIARIO DI VIAGGIO DELLA FESTA MOBILE

    IL BARICENTROの前身バンドによる73年唯一作、ピアノをフィーチャーしたイタリアン・ロックとして最高峰の逸品!

    後にIL BARICENTROへと発展することになるイタリアン・ジャズ・ロックバンドの唯一作。その内容は旅行記に沿って描かれるコンセプト・アルバムであり、技巧的なピアノやハープシコードなどのキーボードとパワフルで手数の多いリズム・セクション、よく伸びるギターにイタリア然としたボーカルが絶妙に絡み合い、緊張感のあるジャズ・ロック・サウンドを放ちます。IL BARICENTROほど垢抜けて聴こえないのは、やはりロック的なボトムの重厚感とダイナミズムを有しているためですが、ボーカルのハーモニーでポップなイタリア・ロマンを伝える緩やかなセクションも見られ、インストゥルメンタル・グループとなったIL BARICENTROとはまた違った魅力を持っています。

  • P.F.M / JET LAG

    名実共にイタリアを代表するグループ、フュージョンに接近した77年作

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの77年作。Mauro Paganiが脱退したあとの本作は、ヴァイオリニストにGregory Blochを迎えてラテン・フレーバーを散りばめたジャズ・フュージョン色濃いサウンドを提示。前作からの流れでシンフォニックな音像は姿を消していますが、軽快でテクニカルなジャズ・フュージョンサウンドの中にもイタリアの叙情をほのかに感じられるなど、過渡期とは思えない個性はやはり彼ららしい佳作と言えるでしょう。

  • ARTI E MESTIERI / LIVE

    スタジオ・バージョンそのままの超絶技巧が炸裂する74年ライヴ作、スタジオ盤未収の「Comin’ Here To Get You」(名曲!)を含む全7曲

  • PERIGEO / ABBIAMO TUTTI UN BLUES DA PIANGERE

    イタリアのバンドながら英国的な叙情性を漂わせるジャズ・ロック・グループ、73年発表の2nd

    73年発表の2ndアルバム。各音が有機的に結びついた全く無駄の無い緻密なアンサンブルと安定化のある演奏が彼らの実力を雄弁に物語るイタリアン・ジャズ・ロックの名盤。地下深くで沸々とその温度を上昇させるマグマのような、派手さは無くも内に潜む激情が素晴らしい。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。