プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「あなたの好きなプログレの歌詞」結果発表!~Part.2~

Part.1はこちら


「あなたの好きなプログレの歌詞」結果発表!~Part.1~

【関連記事】

「あなたの好きなプログレの歌詞」結果発表!~Part.1~

読書の秋。今年はプログレの歌詞とともに、秋を味わってみませんか?カケレコ・ユーザーの皆様から寄せられた「プログレの好きな歌詞」を大発表!

お待たせいたしました。ここからは怒涛のピンク・フロイド・コーナー!

PINK FLOYD “Echoes”

試聴 Click!

11才の時に、ビートルズ、クイーン、TOTOで洋楽にハマり、当時はMTV全盛期。PV番組やラジオ、レンタルレコードなんかで貪欲に洋楽を聞き漁り、気がつくとHR/HMにたどり着き、バンドでギターも弾き、家族や友人からもロックバカと呼ばれ、HR/HM一筋だった僕の音楽に対する価値観を覆した曲が、「エコーズ」
ピンクフロイド屈指の名曲が僕の音楽観に影響を及ぼしたんです。
若い頃、激しさと過激さを追求していた僕は、どこかで変化を求めていたのかもしれなくて、18の頃くらいに再び色んな音楽を聞き返したりしだし、けれどプログレだけは、敷居が高くて、聞かず嫌いだったんです。理由は、僕が高一の時、初めて聞いたプログレが、イエスの「海洋地形図の物語」だったのが、これが理解不能で、致命的なまでに魅力がわからなく、それ以来プログレは敬遠して数年が経過。たまたま先輩の家で、エコーズ収録のアルバム「おせっかい」を聞いた時に、衝撃が!いきなり、イントロから僕の感性にドストライクで、サウンドメイクや曲構成、メロディが含めて、何よりも歌詞を読んで衝撃が!歌詞に「アホウドリ」を登場させるなんて、そのセンスにハマりましたね。更に歌詞は、不可解で超難解で、歌詞の意味を知ろうとすればするほどにフロイドの音迷宮に迷い混んでしまい、気がついたらフロイドの虜に。そこから、フロイドを聞き漁り、次に、クリムゾンやジェネシス、イエス、EL&Pといった王道を経て様々なプログレを聞いて、プログレの魅力に取りつかれてしまったのですが、たどり着くのは結局フロイド。
あれから、28年。いまだに「エコーズ」の歌詞の神秘性の虜です。必要以上に文学的というか、知的な歌詞の意味は、正直いまだに理解できてないんです。けれどそこがまた好きというか僕の琴線にふれてしまったのです。きっかけは偶然だったのですが、あの変化を求めていた時期に、この曲を知ったことで、プログレにはまり、音楽とちゃんと向き合うようになったのかな?と思いました。プログレをきくなら、正座してとまではいかなくても、なんか、だら~んと能天気に頭空っぽにして聞けないというか。それまでは、ギターリフやギターソロばかりに意識がいってて、歌詞は二の次で聞いていたとこがありました。
音楽を聞き始めた頃、夢中でレコード聞きながら歌詞カードを読んでた頃のワクワク感みたいなものをエコーズが思い出させてくれました。
プログレって歌詞もサウンドも含めて一体となって、魅力が極まるような音楽なんで、曲を聞きながら歌詞を読むといったこと。難解な歌詞が多くて頭で考えないといけないけど、考えないで感じることが大切かもしれないけど、考える音楽でもある部分があるのかなっと、そういうややこしいとこもひっくるめてプログレというジャンルなのかなぁって、そんなプログレと向き合うのがプログレの醍醐味かと。その醍醐味を僕に教えてくれたのがこの「エコーズ」の歌詞だったのかなぁと今になってみるとそう思いますね。
by マンティコアさん

71年作『おせっかい』のクライマックスを飾る23分半の大曲「Echoes」。ピンク・フロイドと言えばロジャー・ウォーターズの哲学的でテーマ性のある歌詞のイメージが強いですが、本楽曲の作詞者にはウォーターズ、ライト、メイスン、ギルモアの4人がクレジットされており、静謐なサウンドに合った夢想的で抽象的な歌詞世界が展開されています。
歌いだしから「頭上で静止しているアホウドリ」って、一体どういうこと?という感じですが…。壮大かつ虚無感に満ちた曲調と神秘的な歌詞内容によって、非常にイマジネーションが掻き立てられる一曲ですよね。
単純明快に楽しめる音楽ももちろん良いのですが、細部まで考え抜かれた楽曲構成や詩を慎重に読み解いていくような楽しさがあるのも、プログレの素晴らしい所です。

PINK FLOYD “Time”

試聴 Click!

この曲を初めて聴いたのは、中学3年の時でした。高校受験を控え、息抜きで友人から借りた「狂気」のアルバムを聴きながら、なにげなく歌詞を見ていたら、歌詞の一節に「お前は、まだ若く時間が無限にある感じで、怠惰な時間を過ごしている。そして、ある日、お前はスタートの合図を聞き逃したのだ!お前は、急いで走り始めたが、太陽はお前を追い越し、お前の背から上がってきては、追い越していく…。」この歌詞を目にした時、背中に冷たいものを感じた事を思い出します。日本では、フォークが全盛だった70年代初頭、この曲を聴いて以来、フォークソングが陳腐化してしまい、聴かなくなりました。今でも、この曲を聴くと当時を想いだし、「スタートの合図…、聞き逃してるよな~?」って、胸に沁みる思いがありますねぇ。
by zenchangさん

ピンク・フロイドの中でも特にショッキングな歌詞と言えるのではないでしょうか。本作『狂気』からロジャー・ウォーターズが全作詞を手掛けるようになり、哲学的かつ社会的なメッセージ性も含んだピンク・フロイドの世界観が構築され始めました。
「you are young and life is long」とあるように、この曲はロックのメインリスナーであった若者に向けた内容なのでしょうが・・・書かれているのは未来への夢や希望ではなく、無為に時間を浪費しているという現実。
これを読んで焦燥感を得るか無常感を得るかは人それぞれですが、どちらにせよ心に重く伸し掛かる歌です。

PINK FLOYD “Have a Cigar”

試聴 Click!

プログレのなかでもPink Floydの歌詞は「全てが太陽の下で調和しているのに、その太陽が月に侵食される」とか「つまるところ我々は壁のなかの別のブロックに過ぎない」とか個々のセンテンスで分かりにくいところがあっても、全体としてその意図は酌みやすいものが多いように思います。
で、そのなかでもなぜゆえ「葉巻はいかが」を選んだか?
この曲では売れたバンドに群がる胡散臭い業界人の台詞が歌詞になっているという全体としてはバカバカしい内容です。
ただしそのなかにあって”Oh by the way, which one’s Pink? ”というオチはアイロニーが効いていて秀逸だと思います。
個人的には、この後にロイ・ハーパーが「私がPink ですがなにか?」と返したという脳内補完してニヤリッ( ̄ー ̄)となるのですが、この面白さを誰にも分かってもらえません(T_T)
by きうぃさん

ロック界を変えてしまうほどの傑作を生み出したアーティストはどうしても次回作への期待に苦しめられるもの。
人間の精神世界という壮大なテーマを扱った『狂気』で一気にスターダムへと上り詰めたPINK FLOYDも同様ですが、その次回作では彼らはあえて「ありのままのバンドの姿」をコンセプトに選び、『狂気』にも劣らぬクオリティを誇った名作『炎』を生み出しました。
この「葉巻はいかが」はPINK FLOYDの中でも特に自虐的というか皮肉に富んだ楽曲ですが、それをバンド外の人物ロイ・ハーパーに歌わせるというのがまた・・・。
「ところでどっちがピンクなの?」は実際に言われたことがあるのかな・・・と気になりました。

PINK FLOYD “Lost For Words”

試聴 Click!

歌詞最後の部分です。全てを水に流そうと持ちかける。だがやつらの答えは「ふざけるな お前のいいようにはさせないからな」。と、人生最後まで自分の思い通りにはならないのか?否だからこそ人生は面白いのか?一体どっちなんだ?とボクは笑った!正に「対」対立。
by みんなのうた。さん

デヴィッド・ギルモアがリーダーシップを摂り、バンド初のグラミー賞を獲得した94年作『対』より。
ほとんどの歌詞には後にギルモアと結婚する女性ポリー・サムスンが関わっており、本曲も同様。
ロジャー・ウォーターズは抜けたものの、相変わらず一筋縄では行かない人生の紆余曲折を書いたような歌詞が実にPINK FLOYDらしいです。
ただ『対』というタイトルやコンセプトから、どうしてもギルモアとウォーターズの対立構造が歌詞にちらついてしまいますね・・・。そんなプライヴェートな部分もあるのがPINK FLOYDの魅力かも?

RUSH “The Spirit of Radio”

試聴 Click!

Rushが大作主義から一転、キャッチーで晴れやかな作風へとシフトしたアルバム「Permanent Waves」の一曲目。
ポップでわかりやすい雰囲気の中でこそ魅せる圧巻の技術力。これからも続いていくスタイルを確立した、記念碑的作品です。流石期待を裏切らないですね。
僕は元々YESから入った口で、(ドラムを趣味で叩くこともあり、)Bill Brufordに憧れて、「ジャズを基調としたロック」を練習していました。そんな中でNeil Peartのビッグバンド的な演奏に出逢いました。
Neilはドラムの腕前もさる事ながら、哲学的な良い詩を書くという事で(?)、プログレの歌詞に注目するようになったのは彼のお陰かもしれません。
正直、90125YESはあまり聴かないのですが、Rushは好きです。理由は多分、ポップながらも几帳面な構成や確かな技術力が生かされているからなんだと思います。(別に90125YESが悪いってわけじゃないですよ!)
そんな音楽性を、見事に詩世界でも表現しています!
爽やかな朝を演出する「ラジオの精」のポップな歌詞……かと
思いきや、結構パンクです。
「コンサートホールに鳴り響く。セールマンの音……」
言いたい事の意思ははっきり伝わってくるNeilの詩なんですが、いかんせん単語の難易度が高いです……。モロ哲学って感じや、SFだったり。
しかしどの曲もGeddyのヒステリックなボーカルもあり、とても印象に残ります。
豊かな語彙と韻律で綴られるRushの詩世界は一度入り込んだら最後、棺桶にもアルバムを入れてもらわないと成仏もできないです!(ほんとに。)
by Comezoidmanさん

ご存知カナダを代表するスリーピース・プログレ・バンド、RUSH。
テクニカルな音楽性もさることながら、「哲人」と呼ばれるドラマー、ニール・パートによる知的な歌詞も特徴的で、かつての早稲田大学にはRUSHの歌詞を研究するサークルもあったとか。
Comezoidmanさんの仰る通り、80年代に入りややポップな路線にシフトした本作『PERMANENT WAVES』ですが、読めば読むほど心に染み込んでくるような深遠な歌詞は健在。
この1曲目「The Spirit of Radio」もキャッチーな曲調に合わせて歌詞も明るいものかと思いきや、実は商業主義に飲み込まれたロック(そして自分たち?)への批判もほのかに込められていて流石ですね。
同年ですが、RUSH版「ラジオスターの悲劇」と言える・・・のでしょうか。

FAUST “No Harm”

試聴 Click!

そもそもファウストがプログレなのかどうかはよくわからないが、十代の半ばに聴いたセカンドアルバム『So Far』に収録されていた『No Harm』の歌詞は衝撃的だった。
“パパ!バナナを食べて!
明日は日曜日!”
訳は間違っているかもしれないが、たったそれだけ。
これが何故『無害』なのかもちっともわからない。
でも妙に残るし、2回目にレコードに針を落とした時には無意識の内にレコードに合わせて一緒に歌っていた。
それから数十年経った今でも、この曲を聴くと一緒に歌いたくなってしまう。
by SN76477さん

クラウトロックを代表するバンド、FAUSTの72年2ndより。
ノイズやテープ・コラージュを駆使し前衛性を極めた1stよりは聴きやすくコンパクトに仕上げられた作品ですが、それでもやっぱり尖った実験性とおちゃらけたユーモアが共存するユニークなサウンドを聴かせています。
「パパ!バナナを食べて!明日は日曜日」・・・意味不明ですが、6、7分間延々と繰り返されるビートと共になんだか楽しげで踊りたくなるような雰囲気が漂っていて、非常にキャッチーと言えるかも!?

四人囃子「空と雲」

試聴 Click!

何気ない日常の一場面がロック・ミュージックの歌詞になるのだと、高校生の頃衝撃を受けた曲です。
by rokoさん

ここまでは英語詞ばかりでしたが、やっぱり日本人としては日本語詞を噛み締めねば!
ということで日本屈指のプログレ傑作、四人囃子の74年デビュー作『一触即発』よりご投稿いただきました。
強いメッセージ性があるわけではなく、ただ日常のとある日を淡々と綴ったかのような彼らの歌詞。
しかし幻想的なサウンドもあいまって非常にノスタルジックな哀愁を感じさせ、日本人としての情感をこれでもかと震わせてきます。
本作収録の「おまつり」の歌詞は初めて読んだ時思わず泣いてしまいそうになりました・・・。

新月「白唇」

試聴 Click!

君の白い唇に降る雪そのままに凍るよ 
by かめんたいだーさん

76年に結成された日本を代表するシンフォ・バンド、79年デビュー作より。
GENESISを思わせる粛々としたアルペジオに乗せて歌われる柔らかな日本語詞が美しい・・・。
しんしんと雪降る北国の情景が浮かんできます。

ノヴェラ「ロマンス・プロムナード」

試聴 Click!

原罪をテーマにしたかのような冒頭の歌詞は心に響きます。アンジーのハイトーンボーカルとよくマッチしていて、毎日聴いています。
by T.Tさん

関西出身のプログレシヴ・ロック・バンド、81年作の『パラダイス・ロスト』より。
伸びやかかつはっきりと歌い上げる叙情的な歌声が胸に沁みますね。最後の畳み掛けるようなサビのフレーズがドラマチック!

KING CRIMSON “Islands”

試聴 Click!

“King Crimson ‘Islands’
Lyrics: Peter Sinfield
‘Beneath the wind turned wave
Infinite peace
Islands join hands
‘Neath heaven’s sea’

スタッフさん既出ですが、あえてこの曲を。
人の心に見立てた、孤独な「島々」が、海底で手を取りあう一節に感動をおぼえます。”
by ゆうさいさん

「Island」はI.Hさんからもご投稿いだたきました。
ロバート・フリップとの対立により、この71年作4th『アイランズ』をもってクリムゾンを離れることになったシンフィールド。
アルバムのラストを飾るこの楽曲の美しくももの哀しい歌詞は、まるでシンフィールドからの別れの手紙のように感じられます。
クリムゾンの中でも最も儚く、そして優しさに満ち溢れたナンバーです。

KEVIN AYERS “All This Crazy Gift of Time”

試聴 Click!

どの歌もそうだが、詩というものは歌い手が歌うことによって初めて意味を持つ。Kevinの歌はとりわけそうである。Kevinが歌うからこそ、詩がヨチヨチと動きはじめる。Kevinの詩は私の人生の教科書だ。
Kevinは私の先生だ。
Kevinの詩には色んな色があり、しばしば弱い私たちのために歌ってくれているような曲もある。そんなKevinの方が大丈夫なん?と心配になるのだけれど。
いや、それは私がそう思っているだけでKevinにはそんな気はさらさらないのかもしれない。しかし、それがアートである。アーティストが無責任にポンと私たちの前に放り投げたものに対して、私たちが勝手に意味づけをするのだ。
Kevinの1stアルバムに収められたAll This Crazy Gift of TimeはそんなKevinの柔らかな優しさであふれ返っている。
はじめにKevinが私に聞く。
おーい、この曲ちゃんと君の耳に届いてる?
さらにKevin は心配してしてくれる。
大きな空の下で小さくはなってなんかないかい?
そうしてKevinは静かに熱く言う。
この道をずっと進んで行って、最後にボカーンと爆発するんだよ。
それから私はKevinとしばし楽しいときを過ごす。楽しい時間は一瞬で、Kevinはこう言う。
さようなら、みんな。ぼくはもう行かなきゃ
2013年の冬の日、Kevinが死んだと知ったとき、私はこの曲のことを100%わかった気がした、イヤなわかり方。
この曲の最後に
I hope I don’t leave you feeling low…..
ぼくがいなくても楽しくやってくんだよ。
私はわんわん泣いた。Kevinは私の神さまになったのだ。いや、Kevinはお月さまか…。
by pちゃんさん

愛と尊敬に溢れたコメントをありがとうございます!
SOFT MACHINEの結成に携わった「永遠のボヘミアン」ケヴィン・エアーズ。
その緩やかなバリトン・ボイスから発せられる知的なユーモアに溢れた詩は、我々に何かを問いかけ、時には煙に巻きつつ、時には優しく励ましてくれます。
69年ソロデビュー作に収録されている「All This Crazy Gift of Time(この狂おしき時)」。記念すべき第1作目の作品だというのに、まるで自分の死期を悟っていたかのような・・・。
それでも決して自分の殻に籠るのではなく、「我々みんな」を気にかけてくれているような、そんな歌詞。
哲学的で社会的だったり幽玄な情景を描いた詩ももちろん素晴らしいのですが、まるで隣に座ってお喋りしているかのようなエアーズの歌詞は、心の中にいつまでも暖かく残りますね。


他にも「YES/Close to the Edge」(by by 武井伸吾さん)「FORMURA 3/夢のまた夢」(by T.Sさん)、「Kansas / Carry On Wayward Son」(by Kerry LivgrenManさん)などの投稿を頂きました!素晴らしいコメントと共にたくさんのご投稿をいただき、誠にありがとうございました。

私自身、普段プログレを聴いているとどうしても音楽性の方ばかりに意識が向いてしまい、その曲のテーマだったり歌詞は二の次になってしまうことが多かったのですが・・・。

今回の企画を経て、改めて歌詞の重要性、そしてその内容の高度さや美しさを再認識する事が出来ました。

今後お気に入りの作品を聴く際は、じっくり歌詞カードと向き合いながら聴いてみようと思います。

それでは皆様、良い秋をお過ごし下さい♪

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • PINK FLOYD / WISH YOU WERE HERE

    前作「狂気」に劣らない内容と人気を誇る75年作

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの75年9th。前作「狂気」を発表しツアーも成功のうちに終了、休業解散状態であったバンドが再びシーンに返り咲いた作品であり、創設時のメンバーSyd Barrettを想起させるテーマを盛り込んだ、Roger Watersの色濃いコンセプト・アルバムとなっていますが、その内容は「狂気」のクオリティーをそのままに別なベクトルへ向けて発信した傑作です。トータル志向という意味では確かに「狂気」に軍配が上がるも、各楽曲のクオリティーは全く見劣りせず、彼らの代表作の1枚に上がることも多い名盤です。

  • PINK FLOYD / DARK SIDE OF THE MOON

    73年発表、ロックの歴史に燦然と輝く世紀の名盤!

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの73年8th。もはや解説不要なまでの英国70年代ロックを代表する傑作であり、アメリカのビルボードチャートにおいて200位以内に15年間に渡ってランクインするという記録を打ち立てたロックの金字塔です。人間の内面に潜む「狂気」をリアルに描いた作品となっており、Alan Parsonsによって丹念に編集された様々な効果音のコラージュ、シンセサイザーの効果的な登用、ヒプノシスによるジャケットアートなどトータルコンセプト・アルバムとして不朽の名盤と言えます。

  • KING CRIMSON / ISLANDS

    クリムゾン史上最も儚く美しいサウンドを聴かせる71年4th

    奇才Robert Frippを中心に結成され常に先鋭的なサウンドを作り出し、デビュー以来プログレッシブ・ロックの頂点に君臨し続けるイギリスのグループの71年4th。全てを静観するような達観したサウンドが特徴的であり、Boz BurrellのボーカルはPeter Sinfieldのメッセージを優しく歌い上げ、空間を彩るサウンドはジャケット通り宇宙的な広がりを見せます。Peter Sinfieldは本作を持ってバンドを離れ、Robert Frippは解散を宣言、次作「太陽と戦慄」まで少しの間KING CRIMSONは形骸化することとなります。バンド崩壊ギリギリの輝きが感じられる、彼らの作品の中でも最も儚く美しい名盤です。

  • PINK FLOYD / DIVISION BELL

    「Wish You Were Here」以来、2度目の全英/全米1位を獲得した94年作

  • FAUST / SO FAR

    クラウト・ロック代表格、72年リリース2nd

    廃校でコミューンを形成しながらセッションを重ね、CANをはじめとしたクラウト・ロックの台頭に触発されるようにデビューし、ノイズ、インダストリアル・ロックの源流に位置づけられる名盤を生み出したグループによる72年作。デビュー作からかなり聴きやすさが増し楽曲もコンパクトにまとめられた1枚であり、ポップな魅力を放つ作品となっています。とは言ってもそこはやはり彼ららしく一筋縄ではいかない内容となっており、一見自然に見えるアプローチが実は不自然さの連鎖によるものであったりするなど、デビュー作と同様の精神性を受け継ぎながら製作されていることを伺わせる名盤です。

  • YONIN BAYASHI / ISHOKU-SOKUHATSU

    日本を代表するプログレッシブ・ロック・バンド、ピンク・フロイドからの影響色濃い74年メジャー・デビュー作

    日本を代表するプログレッシブ・ロック・バンド。「18歳の若さでPINK FLOYDの“Echoes”を完璧に演奏できるバンド」としてライヴ会場を震撼させていた、森園勝敏/岡井大二/中村真一によるバンド「ザ・サンニン」を母体に71年に結成。本作は、74年リリースのメジャー・デビュー作。PINK FLOYD影響下のサウンド、日本語の持つ語感/情感を生かした抽象的な詞世界、そして若干21-22歳とは信じ難い卓越した演奏力。ジャパニーズ・プログレ永遠の金字塔。

  • PINK FLOYD / MEDDLE

    71年作、代表曲「ECHOES」「ONE OF THESE DAYS」収録、A面のメロウな小曲群も魅力的な名盤

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの71年6th。その内容はサイケデリック・ロックの質感を残しながらもブルーズ・ロック、ハード・ロックのアンサンブルも取り込み、スペーシーな音像で迫る作風となっており、なんと言っても彼らを代表する1曲と言える大曲「Echoes」が大きくその存在感を放っています。ロックというジャンルに人間の精神性や虚無感など様々な要素を内包させ、音楽と言う枠組みさえも骨抜きにしてしまうような絶対的な個性に溢れた名盤であり、PINK FLOYDらしさが確立された必聴盤です。

    • 5099902894225EMI

      ペーパーケース仕様、James Guthrieによる新規デジタル・リマスター、Storm Thorgersonがブックレットを監修した2011年リイシュー盤

      盤質:傷あり

      状態:良好

      若干圧痕あり

  • KEVIN AYERS / JOY OF A TOY

    持ち前のストレンジな感性が全開!記念すべきソロデビュー作、70年発表

    ソフト・マシーンを脱退後、69年にリリースした1stソロ。全曲でドラムを叩いているのは、ワイアット。ラトリッジ、ヒュー・ホッパーも参加しています。「永遠のボヘミアン」ケヴィン節全開で、全編に流れる緩やかなムードと一つ所に収まらないユーモア感覚溢れるアレンジがたいへん心地良い作品。優しくささやくようなテナーボイスもたまりません。代表曲「LADY RACHEL」収録の名作。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。