プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「真夏の納涼アルバム選」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。ついに8月ですね。夏の真ん中、毎日大変な暑さですが、皆様ご無事でしょうか。

先日ベトナムに行かれたというお客様からお便りがあり、何とベトナムの方が気温が低かったと仰っていました。

一体どうなっているのでしょうね?不思議です。

さて今週は、「真夏の納涼アルバム選」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

涼しさを感じるアルバムを様々にピックアップいたしましたので、ぜひご覧ください。

Facebook

7月30日(月):CAMEL / SNOW GOOSE

最初のアルバムはコチラ。CAMELによる75年発表の傑作『SNOW GOOSE』です。

ポール・ギャリコの小説「白雁」にインスパイアされたこの作品。コンセプトからして冬のイメージが強い一枚ですが、これが夏に聴くと実に涼しげでグッド。

アンディ・ラティマーの優しく穏やか、なおかつキリッとした壮麗さも感じさせるフルートの音色、そしてピーター・バーデンスの透きとおるようなキーボードのトーン…。

耳を澄ませば暑さを忘れてロマンと幻想に満ちた別世界に連れて行ってくれそうな、癒しの一枚ですね。(増田)

試聴 Click!

7月31日(火):GILLIAN McPHERSON / POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES

今日取り上げるのは、北アイルランド出身のSSW、ギリアン・マクファーソンの71年作です。湖畔に佇むジャケットが、とても涼しげですよね!
このアルバム、ギリアンの透き通ったボーカルもさることながら、バックの演奏陣が非常に豪華なのです!

特に素晴らしいのが、TOMMY EYREのキーボード。MARK-ALMONDなど英国の名グループを渡り歩いたミュージシャンです。
TOMMY EYREの演奏は、主張するのではなく、あくまでも控えめで上品に曲中でアクセントのようにキラリと光っています。
ギリアンの良い意味であか抜けないボーカルを、ぐっと洗練したフォーク・ポップへと仕上げています。

他にもプロデューサーにPENTANGLEのダニー・トンプソン、アコギにSTRAWBSのデイヴ・カズンズ、ストリングスのアレンジに、ニック・ドレイク作品でお馴染みのROBERT KIRBYなどなど、ギリアンをしっかりサポートしています。

ギリアンの素朴なボーカルと、洗練されたサウンドがとても涼やかで、夏になるとついつい取り出してかけたくなる作品です。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

8月1日(水):TANGERINE DREAM / PHAEDRA

本日ご紹介する作品はドイツを代表する電子音響集団、TANGERINE DREAMによる74年作『PHAEDRA』です。

シンセサイザーをはじめとする電子楽器の可能性をいち早く模索し、後のエレクトロ、アンビエントといったジャンルに多大なる影響を与えたグループ、TANGERINE DREAM。

ミニマルなシーケンサーの反復、はっきりとした旋律のないシンセの抽象的な音響、現れては消えゆく効果音…水や風のように形なく流動するサウンドは難解なようにも思えますが、じっくり聴き入るとこれが実に神秘的な叙情性に満ち溢れているのです。

そして本作の特徴はシンセと同じくらいフィーチャーされているフルート&メロトロン!CAMELなど英国プログレでもよく用いられる楽器ですが、TANGERINE DREAMにおけるフルートやメロトロンの音色はどこか英国のそれとは違った、不気味な無機質さを醸し出しているから不思議。

「人の暖かみ」が排除されたような彼らの冷ややかで幻想的な音世界に浸っていると、夏の暑さも消え失せて氷の空間に閉ざされたような気分を得られます。もしSF小説に出てくるコールドスリープ(冷凍睡眠)の感覚を音で表現したら、こんな感じかもしれません…?(増田)

試聴 Click!

8月2日(木):CHRIS RAINBOW / WHITE TRAILS

今日ご紹介するのは、「スコットランドの一人ビーチ・ボーイズ」ことクリス・レインボウの79年作『WHITE TRAILS』です。

クリス・レインボウは、CAMELやALAN PARSONS PROJECT作品への参加でプログレ・ファンにもその名が知られる、英国屈指のポップ・クリエイター。

今作は抜けるような青空が気持ちいいジャケットですが、音も最高にすっきりとしています!

上品かつポップなメロディーに、何重にも重ねたコーラス、シャリシャリとしたパーカッション、洗練されたギターやホーン、メロウなキーボードが一体となって、一見爽やかながらも、奥深いハーモニー・ポップを作り上げています。

今年は高温が続いてへばってしまいますが、夏は本来ウキウキする季節ですよね!このアルバムを聴くと、青空の下を駆けだしたくなるような、爽やかな気持ちになれます。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

8月3日(金):QUIDAM / QUIDAM

最後の一枚は、ポーランドよりQUIDAMの96年デビュー作『QUIDAM』です!

キャメル、ジェネシス、そしてルネッサンスなど往年の英国プログレから強い影響を受けたシンフォニック・ロック・グループで、初期には美声の女性ヴォーカルを擁する編成で人気を博した彼ら。

特に1曲目「SANKTUARIUM」は絶品で、泣きのギター、幻想的にたなびくシンセ、そしてフルートやオーボエら管楽器らが繊細に音を重ねて織り上げていくシンフォニックなアンサンブル、そして美声で切々と祈るように歌い上げるヴォーカルが静かな感動を呼びます。

ドラマチックに盛り上がるパートでも、同時にポーランドらしいしっとりとしたメランコリーが影を落としているのが印象的で、壮大な中にも凛とした気品高さが保たれているのが素晴らしいところです。

きっと暑さを忘れてヒンヤリとした美麗な音世界に浸ることができる、今の時期にピッタリのプログレ・アルバムだと思います。

ただ一つ言わせてもらえるなら、ジャケットの女性をもう少し美女に描いてほしかった…。(佐藤)

試聴 Click!


雪景色にぴったりの幻想プログレ紀行~ユーロ、北米、南米周遊の旅~

【関連記事】

雪景色にぴったりの幻想プログレ紀行~ユーロ、北米、南米周遊の旅~

『雪景色にぴったりの幻想プログレ紀行』と題しまして、透明感あるファンタスティックでリリカルな作品を求めて、世界中をご案内!


『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「雪見プログレ」~

【関連記事】

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「雪見プログレ」~

雪を連想させる、冷たく美しいプログレッシブ・ロックを集めました。

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

CAMELの在庫

  • CAMEL / GODS OF LIGHT 73-75

    故ピート・バーデンスへの追悼盤、初期(73-75年期)のライヴ・ベスト、00年リリース

  • CAMEL / A NOD AND A WINK

    デビュー30周年記念作品であるとともに、同年に他界したピート・バーデンスへの追悼作でもある02年作14th

  • CAMEL / LIVE IN CONCERT LONDON 77

    1977年10月1日ロンドンでの公演を収録、11曲入り

  • CAMEL / CAMEL

    73年リリースの記念すべき1stアルバム、代表曲「Never Let Go」収録

    ファンタジックなサウンドで独自の道を切り開いたキャメルのデビュー作。73年作。初期の代表作として知られる「ネヴァー・レット・ゴー」「秘密の女王」を収録。

  • CAMEL / MIRAGE

    74年リリース、初期の代表曲「LADY FANTASY」収録の2nd

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの74年2nd。名盤となる次作「The Snow Goose」に見られるファンタジックさと気品に比べるとPeter Bardensのキーボードが若干おとなしく、その代わりAndrew Latimerのギターが前に出て渋く泣いているようなイメージであり、全体的にややハードな雰囲気が漂っているものの、その音像は単純なハード・ロックとは全く違う甘みを感じるものであり、フルートの効果的な使用も相まって、マイルドな質感を醸し出しています。自作につながるようなファンタジックさの片鱗も見え隠れする素晴らしい作品です。

  • CAMEL / SNOW GOOSE

    ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの75年3rd。オーケストラ・セクションを迎え、ポール・ギャリコの小説「白雁」をコンセプトに掲げたアルバムであり、全編インストルメンタルによる彼らの代表作の1つです。特にAndrew Latimerによるフルートの優しげな調べが印象的な「ラヤダー」は、澄んだシンフォニック・ロックのお手本として有名であり、同じくフルートを扱いながらもアプローチの全く違うJethro Tullとの比較で論じられています。決して派手さはないものの優しさとロマンに溢れており、肌触りの良いギターやPeter Bardensによるキーボードの音色、リズムセクションの軽快さ、そしてインストルメンタルのハンディを感じさせないメロディーとアレンジの上手さで御伽噺の世界をマイルドに表現しきった名盤です。

  • CAMEL / MOONMADNESS

    前作「スノーグース」と並び初期キャメルの持ち味が最大限に発揮されたファンタジックな大名作、76年作

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの76年4th。前作「スノー・グース」と並んでファンタジックなCAMELの音楽性をダイレクトに伝える作品であり、Andrew Latimerの消え入るような儚げなフルート、Peter Bardensの堅実かつ時に奔放なキーボードの妙技、そして軽やかに変拍子を紡ぐリズムセクションのトータル感で聞かせます。シンフォニックに、そしてジャジーに、肌触りの良いマイルドさを持った傑作であり、ゆったりと身を任せられるような自然なサウンドが一貫して個性的な1枚です。

  • CAMEL / RAIN DANCES

    Richard Sinclair、Mel Collinsが参加した77年リリース5th

    英国出身、Peter bardens、Andy Latimerを擁するファンタジックなプログレッシヴ・ロック・グループによる77年作5th。本作よりベーシストRichard Sinclair、サックス奏者Mel Collinsの二人が参加しています。特にRichard Sinclairはヴォーカリストとしても貢献していて、その甘く繊細な歌声はCAMELの世界観と見事にマッチ。親しみやすいメロディが際立つ一方、インスト面ではよりジャジーな方向へと音楽性をシフトしています。表情豊かで柔らかな音色を奏でるサックス、変幻自在に躍動するベース・ラインが、透明感溢れるキーボード・サウンドに溶け込んだジャジーなアンサンブルを奏でており、甘いヴォーカルと伸びやかなギターは叙情的なメロディを謳い上げます。「Elke」ではBrian Enoがムーグ・シンセで参加、アンビエント要素を加えてより神秘的なCAMELを聴くことが出来るなど、聴き所は多数。次作『RAIN DANCE』と本作でしか聴けない貴重な6人編成、『SNOW GOOSE』など代表作を聴いた方におすすめしたい一枚です。

  • CAMEL / A LIVE RECORD

    オーケストラとの共演による名ライヴ・アルバム、78年リリース

    74〜77年にわたるライヴ・ステージのハイライトを収録。オーケストラとの共演による「白雁」組曲は圧巻。1978年作品。

  • CAMEL / BREATHLESS

    元キャラヴァンのメンバーが多く在籍した「キャラメル」期の名作、78年7th

  • CAMEL / DUST AND DREAMS

    スタインベック『怒りの葡萄』を題材にした78年発表の名作

    キャメルの傑作のひとつに数えられる永遠の名作。ジョン・スタインベックの「怒りの葡萄」をモチーフにした音楽文学。

  • CAMEL / ON THE ROAD 1972

    オリジナル・ラインナップによる72年ライヴ音源、92年リリース

  • CAMEL / HARBOR OF TEARS

    「アイルランドの悲劇」をテーマに綴られる重厚かつ感動的なコンセプト作、96年リリース

    アンディ・ラティマーの祖母の体験を基にしたアイルランド移民の悲劇を作品化。ケルトの旋律と激しい情念を描き出すラティマーのギターが感動を呼び込む名作。

  • CAMEL / COMING ON AGE (DVD)

    97年ツアーの映像を収録、全24曲

    1997年のツアーを収録したDVD。伝説の楽曲が現代のテクノロジーと演奏スキルで見事に甦った感動のパフォーマンスを満載。ヴィデオ・リリースにはなかったボーナス映像もプラス!
    曲目 1.月の湖 2.ヒム・トゥ・ハ− 3.醜い画家ラヤダ− 4.ラヤダ−街へ行く 5.徴兵の時 6.埠頭にて 7.島への上陸 8.水の精 9.アイス 10.サスクォ−チ 11.マザ−・ロ−ド 12.ニ−ドルズ 13.ロ−ズ・オブ・シャロン 14.アイリッシュ・エア 15.ハ−バ−・オブ・ティア−ズ 16.コ−ヴの港 17.センド・ホ−ム・ザ・スレ−ツ 18.アンダ−・ザ・ム−ン 19.鍵製工場 20.追憶のアイルランド 21.天国を後にして 22.日の終わりに 23.時代 24.父に捧げる詩。(国内盤:帯より)

  • CAMEL / RAJAZ

    ラティマーの極上ギターを全編で堪能できる99年作

    出会い、そして別れ。アンティ・ラティマーのギターが紡ぎ出す8つの物語。

  • CAMEL / FOOTAGE

    70〜90年代までのBBCライヴ映像コンピ

「CAMELの在庫」をもっと見る

TANGERINE DREAMの在庫

  • TANGERINE DREAM / PHAEDRA

    ジャーマン・ロックを代表する電子音響集団、74年作

    Edgar Froeseを中心に結成され、シンセサイザー、アナログシーケンサーなどの電子機器を巧みに使用したメディテーショナルなジャーマン・エレクトロの原点に位置するグループの74年5th。彼らの代表作に挙げられる事もある名盤であり、ヴァージンと契約したあとの第1弾アルバムです。冒頭から澄み切ったドローンと電子音が瞑想の世界へ誘い、徐々にシーケンスへと移ろう流れは圧巻。また、プログレッシブ・ロックファンには馴染みの深いメロトロンも使用されており、やはりプログレッシブ・ロック的なそれとは全く違う浮世離れした雰囲気を醸し出し、シンセサイザーのアルペジオと不思議なマッチングを見せています。

    • VJCP68667

      紙ジャケット仕様(白帯)、1995年デジタル・リマスター、定価2548

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

    • UICY40130

      紙ジャケット仕様、プラチナSHM、ターコイズブルーレーベル採用、英国オリジナル・アナログ・マスターを基にした2015年DSDマスターよりHRカッティング、復刻巻帯付き、定価3250+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      復刻帯に折れあり

  • TANGERINE DREAM / RICOCHET

    ジャーマン・ロックを代表する電子音響集団、75年ライヴ作

    Edgar Froeseを中心に結成され、シンセサイザー、アナログシーケンサなどの電子機器を巧みに使用したメディテーショナルなジャーマン・エレクトロの原点に位置するグループの75年ライブ作。名作「Phaedra」と「Rubycon」をリリースしたあとの本作は、ライブ盤という性質もあり「Atem」以来久しぶりに生ドラムを採用。シーケンサーのアルペジオがミニマルに変化するセクションをベースに、瞑想的なドローンをバックにEdgar Froeseのギターがむせび泣き、Chris Frankeのドラムがシーケンスにシンクロします。怒涛のスケール感で聞かせるジャーマン・エレクトロの重要作です。

  • TANGERINE DREAM / RUBYCON

    ジャーマン・ロック・シーンを代表する電子音響集団、75年リリースの人気作

    Edgar Froeseを中心に結成され、シンセサイザー、アナログシーケンサーなどの電子機器を巧みに使用したメディテーショナルなジャーマン・エレクトロの原点に位置するグループの75年6th。ヴァージンと契約したあとの第2弾アルバムである本作は、前作「Phaedra」の続編と捉えることの出来るメディテーショナルな作風を貫いています。冒頭から各種ヴィンテージ・シンセサイザーが表情豊かなロングトーンを響かせ、寄せては返す波のように穏やかで冷ややかなサウンド・スケープを描き、中盤からアナログシーケンサーのアルペジオがフェイドインする辺りは、まさにTANGERINE DREAMならではの個性と言えるでしょう。

  • TANGERINE DREAM / STRATOSFEAR

    ジャーマン・ロックを代表する電子音響集団、76年作、エレクトリック・ギターを多用したロック寄りの作風を聴かせる名盤

    シンセサイザーに加えてギター、ピアノ、ドラムスなどの生楽器を組み合わせ、壮大でドラマティックな世界を構築し、ポップなサウンドに変換した通算8作目。オリエンタルな音階を用いた情緒溢れる旋律とリズミカルに鳴り響く電子音がゆるやかにメディテーションへと誘う幽玄的な美しさに満ちた作品。76年作。

  • TANGERINE DREAM / MIRACLE MILE

    映画のサントラとして制作された89年作

  • TANGERINE DREAM / PRIVATE MUSIC OF TANGERINE DREAM

    92年編集、12曲入りコンピレーション

  • TANGERINE DREAM / GOBLIN’S CLUB

    96年作

  • TANGERINE DREAM / TOURNADO

    97年ポーランドでのライヴ

「TANGERINE DREAMの在庫」をもっと見る

CHRIS RAINBOWの在庫

  • CHRIS RAINBOW / WHITE TRAILS

    APPやCAMEL作品への参加で知られる英国の名ポップ職人、79年作

    英スコットランドはグラスゴー出身、CAMELやALAN PARSONS PROJECT作品への参加でプログレ・ファンにもその名が知られる、英国屈指のポップ・クリエイターが79年にリリースした3rdにしてラスト・アルバム。英国の一人ビーチ・ボーイズとも云われるように、多重録音を駆使した多彩なコーラスと、抜けの良いポップなメロディセンスが持ち味で、アメリカ西海岸への憧れに満ちた青空のような爽やかさとほんのり漂う英国らしい気品高さを併せ持ったソングライティングは、ため息が出るほどにメロディアスで芳醇。そこに切なさも秘めた甘いヴォーカルと幾重にも折り重なる自在なコーラスワークが乗り、職人的とも言える完璧なポップ・サウンドが眼前に広がります。これはルベッツ、ファーストクラス、山下達郎などビーチ・ボーイズ直系ハーモニー・ポップのファンならきっと虜になってしまうサウンドでしょう。これぞ胸キュン必至の名盤!

「CHRIS RAINBOWの在庫」をもっと見る

QUIDAMの在庫

  • QUIDAM / SAIKO

    ポーランドを代表するシンフォ・グループ、2012年作、卓越したメロディメイクとドラマティックなストーリーテリングが見事な円熟の逸品!

    ポーランドを代表するシンフォ・グループ、前作から5年ぶりとなる12年作。切々と訴えかけるように歌う男性ヴォーカルを中心に、力強いリズムと繊細な表現を見せるリード楽器により紡がれるドラマティックな演奏が素晴らしい叙情派メロディアス・ロック。シンフォと言うにはあまりに洗練されたクールな音使いが印象的ですが、静の場面での幽玄な空気感などはやはり活動数年のグループには出せない世界観を持っています。落ち着いたモダンな質感のアンサンブルを主としながらも、かつてを思わせる壮麗なシンフォ・サウンドが時折顔を見せるのが本作の特徴で、中でもピアノとギターが優美に囁きあうシーンなどは思わず息をのむほどの美しさ。音楽性は初期と大きく変わりましたが、露ほども失われていない卓越したメロディ・センスとドラマティックなストーリーテリングが見事な一枚です。

  • QUIDAM / SNY ANIOLOW

    ポーランド産シンフォニック・ロック、98年作

「QUIDAMの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。