プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ウェールズ産フォーク/SSW特集

こんにちは。スタッフみなとです。

ウェールズは、イギリスを構成する国のひとつで、グレートブリテン島の西側に位置する国です。

紀元前からケルト人が住み着き、豊かな文化を築いてきました。

海に囲まれた大自然、神話や伝説が息づく遺跡や城跡、独自の響きのウェールズ語・・・

そんな歴史深いウェールズから誕生した、様々な作品を聴いてまいりたいと思います!

BRAN/AIL DDECHRA

ウェールズ出身のフォーク・ロック・バンド、原盤は激レアとして知られる75年作1st。

クリアで美しい声で歌われるウェールズ語が、いいですね。

試聴 Click!

PERERIN/YNG NGOLAU DYDD

ウェールズ出身のトラッド・フォーク・グループ、幻の83年4th。

英フォークの牧歌性と英トラッドの格調高さが絶妙にバランスした流麗なメロディは、絶品の一言!

MEIC STEVENS/GWYMON

「ウェールズのディラン」と呼ばれたSSW、故郷に帰ってウェールズ語で歌った2nd。

アシッド・フォーク作品だった1stと比べて、パブ・ロック的な陽気さが加わったサウンドです。

試聴 Click!

SAM PARRY/IF SADNESS COULD SING

ウェールズのアベリストウィス出身SSW、72年唯一作。

朝もやの中でたゆたうようなアコギ・アルペジオとメロディ。ブルースがベースにありますが、ニック・ドレイクに通じるリリシズムが印象的。いぶし銀の光を放つウェールズ・フォークの逸品ですね。

印象的なジャケットは、ミック・ロック撮影。

試聴 Click!

フォレスト/フォレスト

ウェールズ出身のフォーク・グループ。69年にHARVESTよりリリースされた1st。

ジャケットそのままの、深い森で奏でられているような幻想的なフォークです。

試聴 Click!

アラン・シアーズ/マン・イン・ミー

ウェールズ出身のSSW、74年にマイナーなPROFILE CHRISTIANレーベルよりリリースされた1st。

気品があって親しみやすい、これぞ英国的といえるメロディ、そして、ヘロンの2ndに通じるような「いなたい」アンサンブルに心温まります。

試聴 Click!

ENDAF EMLYN/HIRAETH

ウェールズ出身のSSW、74年リリースのソロ・デビュー作。

エコーとディレイに包まれ、まるで鉄琴のようなトーンのアルペジオ(ギター?ハープシコード?)がたゆたうオープニング・ナンバーから、最高です。

試聴 Click!

関連カテゴリー

ウェールズ産フォーク/SSW特集

  • ENDAF EMLYN / HIRAETH

    リリシズム溢れる海辺の風景がよく似合う、ウェールズのドリーミーSSW、74年のデビュー作

    ウェールズのユース・オーケストラでヴァイオリンを弾き、TVの音楽番組をプロデュースしていたという経歴を持つウェールズ出身のSSW。74年リリースのソロ・デビュー作。印象派のようなタッチの海辺に佇む、どこか物憂げでどこか凛とした表情の通りのサウンドで、静かに、そして柔らかに歌われるヴォーカル、「キラキラ」「ドリーミー」というキーワードがぴったりの、心象を美しく描くようなアンサンブルが印象的です。エコーとディレイに包まれ、まるで鉄琴のようなトーンのアルペジオ(ギター?ハープシコード?)がたゆたうオープニング・ナンバーから最高で、カート・ベッチャーやブライアン・ウィルソンが好きならたまらないはず。印象派フォークとでも呼びたい美麗な逸品です。

  • BRAN / AIL DDECHRA

    ウェールズ出身のフォーク・ロック・バンド、原盤は激レアとして知られる75年作1st、メロトロンを豪快に鳴らす1曲目が必殺!

    ウェールズ出身のフォーク・ロック・バンド、原盤は激レアとして知られる75年の1st。何と言っても1曲目が必殺。軽快に刻むリズムとキンキンと響くサイケギター、そして分厚いメロトロンが洪水のごとく流れ込む大変素晴らしい一曲。かすかな哀愁を含んだウェールズ語のヴォーカルがまた堪りません。2曲目以降は女性キーボーディストによる清楚なフィメール・ヴォーカルをフィーチャーした、英国の片田舎をイメージさせる長閑なフォーク・ロック・ナンバーが中心で、メロウ・キャンドルとチューダー・ロッジの中間(ややチューダー寄り)といった印象で実に良い味わいです。綺羅びやかなアコースティックギター、哀愁たっぷりのサイケがかったエレキギターが楽曲を彩っていて、彼らならではの味を出しています。英フォーク本来の格調高さと、どこか感じられる「いなたさ」がいい塩梅で共存する好盤です。

  • FOREST / FOREST

    緊張感と幻想性が同居する英プログレッシヴ・フォーク、69年作

    ウェールズ出身のフォーク・グループ。69年にHARVESTよりリリースされた1st。アコースティック・ギターのバッキングとルーズなヴォーカルというスタイルに、管楽器やハーモニカ、ハープシコードが幻想的な彩りを添えるサウンド。一般的な英国フォークものとは異なり、あまり穏やかな雰囲気はなく、どこか緊張感を感じさせるところが特徴的。ちょっと呪術的な雰囲気もあり、そのあたりはCOMUSにも近い印象です。

  • SAM PARRY / IF SADNESS COULD SING

    いぶし銀の光沢を放つ英フォークの逸品、72年作

    72年作の唯一作。派手さは無いものの確かなテクニックを感じさせる流れるようなアルペジオと、憂いのある歌声&メロディー、エモーショナルなブルーズ・ハープがたいへん印象的。いぶし銀の光を放つ味わい深い英国フォークの逸品。紙ジャケット仕様。

  • PERERIN / YNG NGOLAU DYDD

    ウェールズ出身のトラッド・フォーク・グループ、幻の4thアルバム、83年作

    ウェールズ出身のフォーク・グループ。80年代中頃にカセットテープのみでリリースされた幻の4thアルバム。3rdまでの作品で印象的だったストリングス・シンセなどによるプログレッシヴな味付けは無く、本作で聴けるのは素朴なトラッド/フォーク・ロック。その分、メロディの秀逸さが際立っていて、英フォークの牧歌性と英トラッドの格調高さが絶妙にバランスした流麗なメロディは絶品の一言。郷愁を誘うマンドリン、哀愁溢れるヴァイオリンを中心とするハートウォーミングなアンサンブルも実に素晴らしい。

  • MEIC STEVENS / GWYMON

    ウェールズ語ヴォーカルを特徴とする名アシッド・フォーク・シンガー、72年作2nd!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。