プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

大御所ミュージシャンたちの知られざる下積み時代の作品をピックアップ!

スタッフ佐藤です。

どんな有名ミュージシャンにも無名だった時代がありますよね。
というわけで今回は、大御所ミュージシャンたちの下積み時代の作品に注目。

後の活躍の片鱗を見せている作品から、同一人物とは思えないサウンドを聴かせている作品まで様々。

ミュージシャンのビフォーアフターに思いを馳せながらお楽しみいただければ幸いです☆

JOHN WETTON

試聴 Click!

↑↑↑

MOGUL THRASH/MOGUL THRASH(1971)

元コロシアムのジェームズ・リザーランドが結成したバンドMOGUL THRASHの71年唯一作。ジョン・ウェットンがプロデビューを飾った記念すべき一枚ですね。とは言え、ブイブイとグルーヴィーにアンサンブルに絡んでいくベースのプレイは、とてもデビュー作とは思えない堂々たるもの。後の活躍を十分に予感させる快演です。

試聴 Click!




STEVE HOWE

試聴 Click!

↑↑↑

BODAST/TOWARDS UTOPIA(1969)

スティーヴ・ハウがYES以前に在籍していたバンドと言えばTOMORROWですが、TOMORROW解散後に結成していたこのバンドはご存知でしょうか。当時未発表に終わってしまった69年作なのですが、既にYESの3rdに繋がる縦横無尽で個性的なギターワークが開花しています。この1曲目のイントロなんて思わずニヤリとしてしまいますよね。それにしてもサウンド的には完全に主役なのに、ジャケットでは顔だけひょっこりなのが何ともハウさんらしいです。

試聴 Click!




JON MARK

試聴 Click!

↑↑↑

SALLY FREE AND EASY(1965)

英国の名デュオMARK-ALMONDの片割れJon Markがセッション・ギタリスト時代の64年に録音しながらお蔵入りとなったアルバムが本作。21歳とはまず思えないジャケット写真に突っ込むのは止めますが、あまりに巧過ぎるアコギのプレイとジェントルな低音ヴォイスが堪らない愛すべきフォークソング集です。1曲目に入っているシタール曲も見事で、未発表にさえならなければシタール・ロックの原点「NORWEGIAN WOOD」の発表に先んじていたという事実は特筆でしょう。

試聴 Click!




STEVE HOGARTH

試聴 Click!

↑↑↑

HOW WE LIVE/DRY LAND(1989)

マリリオンのヴォーカリストSteve Hogarthが在籍していたAORデュオ・バンドを知ってる?英国らしい湿り気とキャッチーさが同居するメロディ、それをじっくりとしっとりとエモーショナルに歌い上げるHogarthの歌唱、この時点で素晴らしいです。

試聴 Click!




GLENN HUGHES

試聴 Click!

↑↑↑

TRAPEZE/TRAPEZE(1970)

ブリティッシュ・ロック・ファンにとってはお馴染みかも知れませんが、後にディープ・パープルに抜擢されるグレン・ヒューズが在籍していたグループですね。MOODY BLUES、KALEIDOSCOPEなどに共通するサイケデリックでプログレッシヴなパートを軸に、LED ZEPPELINなどハード・ロックのエッセンスをブレンドしたダイナミックな展開が聴き所。後に世界中のHRファンを虜にする伸びのあるハイトーン・ヴォーカルに早くも痺れます!

試聴 Click!




RONNIE JAMES DIO

↑↑↑

ELF/CAROLINA COUNTY BALL(1974)

HRヴォーカルのレジェンドがレインボー加入前にやっていたバンドは、何とホンキートンク・ピアノがノリノリのロックンロール・バンド。このバンドでの彼のヴォーカルを聴いていると、「アメリカのフレディー・マーキュリー」なんてフレーズが思い浮かびました。

試聴 Click!




STING

試聴 Click!

↑↑↑

NEWCASTLE BIG BAND/NEWCASTLE BIG BAND(1972)

スティング(Gordon Sumner)の記念すべきプロキャリア第一歩となったこの作品を知っているかな?「Macarthur Park」や「Hey Jude」のカバーも収録したビッグ・バンド・ジャズ・アルバム!

試聴 Click!




BILLY JOEL

試聴 Click!

↑↑↑

ATTILA/ATTILA(1970)

ん? あのビリー・ジョエルがソロデビュー前年まで組んでいたデュオ・バンドだって!?
ソロ時代のドラマチックで繊細な作風とは別人の如き、あまりにエキセントリックなハード・ロックに驚愕・・・。

試聴 Click!




RICK NIELSEN & TOM PETERSSON(CHEAP TRICK)

試聴 Click!

↑↑↑

FUSE/FUSE(1970)

後にチープ・トリックで活躍するギターのリック・ニールセンとベースのトム・ピーターソンが在籍していた米ハード・ロック・バンドと言えば?音はというと、ザ・フーとトラフィックと初期イエスをゴッタ煮にした感じ!

試聴 Click!




LOU GRAMM

試聴 Click!

↑↑↑

BLACK SHEEP/BLACK SHEEP(1975)

後にFOREIGNERの一員として大成功を収めるLou Grammが在籍していたNY産ブルース・ロック・バンドがBLACK SHEEP。当時「FREEの再来」と言われたように、Paul Rodgersを思わせるLouのヴォーカルが印象的で、重く気だるい雰囲気のブルース・ロックがメインですが、アップテンポなメロディアス・ハード曲も収録。

試聴 Click!




BILL LABOUNTY

試聴 Click!

↑↑↑

FAT CHANCE/FAT CHANCE(1972)

今やAORシーンの重鎮としての地位を築いているBill LaBountyですが、プロキャリアの出発点はヴォーカル/キーボードで在籍したこのグループ。初期ブラス・ロック期と後のAOR期が合体したCHICAGO(!?)と言えちゃうような 軽やかさと重厚感が見事にバランスした72年唯一作!

試聴 Click!




DON HENLEY

試聴 Click!

↑↑↑

SHILOH/SHILOH(1970)

あのドン・ヘンリーがイーグルス以前に在籍していたバンドなのですが、イーグルスへと通じる叙情性とともに無骨なルーツ・フレイヴァーがたまらないグッとくる佳曲ぞろいで、マイナーながらルーツ・ロック・ファンは必聴の出来。

試聴 Click!




BERNIE LEADON

試聴 Click!

↑↑↑

HEARTS & FLOWERS/OF HORSES KIDS AND FORGOTTEN WOMEN(1968)

初期イーグルスを支えたこの人も、60年代にはこんな作品を残しています。哀愁あるアコースティックギターの音色と、ストリングスやハープシコードを交えたソフト・ロック・テイストが共存する、LA産フォーク・ロック/カントリー・ロック・グループ。スッと心に染み入るような穏やかなメロディーも魅力的だし、どこか英国的な雰囲気も纏った憂いあるヴォーカルと優しいコーラスワークも絶品です。

試聴 Click!




JOHN HIATT

試聴 Click!

↑↑↑

WHITE DUCK/IN SEASON(1972)

ルーツ・ロック・シーンの重鎮SSWであるJOHN HIATTのプロキャリア出発点となったのが、このバンドの2nd。
ポール・マッカートニー直系の愛すべきSSW = Don Kloetzkeと、パブロッキンな若きHIATTのソングライターコンビが最高で、英国のブリンズリー・シュウォーツのファンならたまらないナッシュビル発のルーツ・ロック好バンドなのです!

試聴 Click!




JAN AKKERMAN

試聴 Click!

↑↑↑

BRAINBOX/BRAINBOX(1969)

ヤン・アッカーマンと言えば勿論フォーカスなんですが、それ以前のBRAINBOX時代で聴けるギターがまた痺れちゃうのです。ずばりヤードバーズの3人にも負けない卓越っぷり!

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • TRAPEZE / TRAPEZE

    若きグレン・ヒューズが在籍したグループ、豊かな幻想性に彩られたブリティッシュ・ロックの名盤、70年作

    後にDEEP PURPLEで活躍するGlenn Hughesの在籍で知られるグループ。MOODY BLUESのJohn Lodgeのプロデュースで70年にTHRESHOLDレーベルからリリースされたデビュー作。MOODY BLUES、KALEIDOSCOPEなどに共通するサイケデリックでプログレッシヴなパートを軸に、LED ZEPPELINなどハード・ロックのエッセンスをブレンドしたダイナミックな展開が聴き所。幅広い楽曲を自在に歌い上げるGlenn Hughesのハイ・トーン・ヴォーカルは見事。2nd以降はハード・ロック色を強めますが、本作では、陰影に富んだ雰囲気と叙情性が滲むいかにも英国的なアンサンブルが堪能できます。ブリティッシュ・ロックの名盤。

  • MOGUL THRASH / MOGUL THRASH

    元コロシアムのギタリスト、J.リザーランドを中心に結成、ジョン・ウェットン在籍のジャズ・ロック・グループ、71年唯一作

    元コロシアムのギタリスト、ジェイムズ・リザーランドを中心として結成。ジョン・ウェットンが参加していたことで知られるグループ。71年作の唯一作。サウンドは、ウェットンのゴリゴリとしたベースが印象的な骨太な演奏にブラスが乗った力強いジャズ・ロック。ポップなメロディー・ラインはキャラヴァンを想わせます。好盤。

  • SHILOH / SHILOH

    若きドン・ヘンリー在籍のカントリー・ロック・バンド、哀愁と郷愁いっぱいの佳曲ぞろいの69年唯一作

    ドン・ヘンリーがイーグルス以前に在籍していたことでも知られるテキサス出身のカントリー・ロック・バンド。69年の唯一作。ドン・ヘンリー以外のメンバーも豪華で、後にフライング・ブリトー・ブラザーズなどで活躍するペダル・スティールの名手アル・パーキンス、セッション・マンとして活躍するベースのマイケル・バウデン、プロデューサーとして名を成すジム・エド・ノーマンといった面々。さすがのタイトなリズム、カントリーの軽やかさとスワンピーな土臭さとが絶妙にあわさった哀愁溢れるアンサンブル、そして、郷愁を誘うメロディと憂いいっぱいのヴォーカル&ハーモニー。イーグルスへと通じる叙情性とともに、無骨なルーツ・フレイヴァーがたまらないグッとくる佳曲ぞろい。これはルーツ・ロックのファンはマスト!

  • BLACK SHEEP / BLACK SHEEP

    「FREEの再来」 と言われた米ブルース・ロック・バンド、75年作1st。

    後にFOREIGNERのヴォーカルとして活躍するLou Grammが在籍したことで知られるNYのバンドによる75年作1st。「FREEの再来」と言われたように、Paul Rodgersを思わせるLouのヴォーカルが印象的で、重く気だるい雰囲気漂うブルース・ロックを聴かせますが、アップテンポな曲はBAD COMPANYを思わせるメロディアス・ハード。米ロック好きにも英ロック好きにもお薦めです。

  • ELF / CAROLINA COUNTY BALL

    レインボウ以前にロニー・ジェイムス・ディオが在籍したハード・ロック・バンド、74年作2nd

    ロニー・ジェイムス・ディオを中心とするアメリカン・ロック・バンド、エルフが74年に英国でリリースしたアルバム。グループはその後、ディープ・パープルを脱退したリッチー・ブラックモアと合流し、第一期レインボーとなる。プロデュースはロジャー・グローヴァー。

  • BRAINBOX / BRAINBOX

    Jan AkkermanがFOCUS以前に在籍していた伝説のグループ、69年作

    フォーカスで後に世界的にブレイクする名ギタリスト、ヤン・アッカーマンとヴォーカルのカズ・ラックスが在籍していた伝説のグループ。69年のデビュー作で、後期ヤードバーズに通ずるエネルギッシュなブルース・ロック!リズム・ギターがザクザクとシャープなリズムを刻み、ヤン・アッカーマンがエッジの立ったリードを炸裂!フルート奏者がゲスト参加しており、ジェスロ・タルばりの唾飛ばしフルートで応戦。フォーキーな楽曲も後のフォーカスに通ずる気品があって特筆もの。17分を越えるラスト曲は、バーズの「霧の5次元」を彷彿とさせるようなラーガでエキセントリックなリードが冴えるサイケデリックかつプログレッシヴな大曲。ダッチ・ロックの名作です。

  • WHITE DUCK / IN SEASON

    ナッシュビルのルーツ&ポップ・バンド、72年2nd、若きジョン・ハイアットのキャリア出発点として知られる一枚!

    アメリカはナッシュビル出身のルーツ・ロック・バンド、71年デビュー作に続く72年作の2nd。特筆は、米ルーツ・ロックのファンにはお馴染みのSSWジョン・ハイアットが加入したことでしょう。ウィングス時代のポール・マッカートニーを彷彿させる曲調&歌声のリーダーDon Kloetzke、パブ・ロッキンなジョン・ハイアット、そして、ウェストコースト的カントリー・ロックが魅力のMario Friedelの3人のソングライターによるフックに富んだ佳曲がずらりと揃っています。英国のブリンズリー・シュウォーツあたりが好きなら歓喜すること間違いなしでしょう。ポール・マッカートニーとライ・クーダーが一緒にやった感じ?これはもっともっと評価されるべき素晴らしいバンドです。

  • FAT CHANCE / FAT CHANCE

    シカゴがAORになってもブラス・ロック要素を残していたら、こんなサウンドになってたかも!?BILL LABOUNTYとSTEVE EATONが在籍する6人編成のロック・グループ、72年唯一作!

    のちにAORの代表的人物として名を馳せるBILL LABOUNTYとSTEVE EATONが在籍する6人編成のロック・グループ、72年唯一作。フリー・ソウルのコクとウエスト・コースト・ロックの爽快なヌケの良さが合わさったようなサウンドが特徴。全編にゴージャスに絡んでくるブラス・セクションも印象的で、シカゴがAORになってもブラス・ロック要素を残していたらこんなサウンドになってたかも、と思わせる、軽やかさと重厚感が見事にバランスしたスタイルがカッコいい好盤です。

  • BODAST / TOWARDS UTOPIA

    スティーヴ・ハウがTOMORROW解散後に結成したバンド、69年に制作されながらお蔵入りとなった作品、後のYESでの活躍を十分に予感させるギターワーク炸裂の好盤!

    スティーヴ・ハウがTOMORROWの解散後に結成したアート・ロック・バンド、69年に制作されながらも当時未発表となってしまった作品。他のメンバーに、後にフォーク・ロック・デュオCURTISS MALDOONとして活動する2人Dave CurtissとClive Maldoonらが参加しています。1曲目のイントロから、YESの3rdに収録される「Starship Troopers」の「Wurm」で聴けるフレーズで幕を開けていて、思わずニヤリ。どっぷりとサイケデリックだったTOMORROW時代に比べると、ハウのギターはまだトーンこそサイケがかってはいるものの、多彩なテクニックや速足で駆け抜けるようなプレイスタイルは『The Yes Album』時に近くなっており、ハウの超個性派ギターの縦横無尽な活躍ぶりが楽しめる音源となっています。楽曲もビートリッシュなメロディを持つナンバーから、骨太なブルース・ロック、YESの1stに入っていそうな構築的なアート・ロックまで、69年という狭間の時期らしいバラエティに富んだ佳曲揃い。発掘音源とは言えアルバムとして制作されただけあってさすが完成度は高いです。ハウ・ファンなら間違いなく必聴モノの好盤!

  • HEARTS & FLOWERS / OF HORSES KIDS AND FORGOTTEN WOMEN

    LAのフォーク・ロック/カントリー・ロック・グループ、初期EAGLESでお馴染みのBernie Leadonを迎えて制作された68年作2nd、カントリー・ロック+ソフト・ロックと言える好盤!

    のちにカントリー・ロックの名盤『SWEET COUNTRY SUITE』を残すSSWのLarry Murray、カントリー/ブルーグラスの名コンポーザー/SSWとして知られるRick Cunhaらによって結成されたLA産フォーク・ロック/カントリー・ロック・グループ。新メンバーに初期EAGLESでお馴染みのBernie Leadonを迎えて制作された68年作2nd。哀愁あるアコースティックギターの音色が美しいカントリー・ロックと、ストリングスやハープシコードも交えたソフト・ロック・テイストが共存するスタイルが特徴的です。スッと心に染み入るような穏やかなメロディーも魅力的だし、英国的な雰囲気を纏ったどこか憂いのあるヴォーカルと優しく寄り添うコーラスも絶品。また前作同様、Arlo Guthrie「HIGHWAY IN THE WIND」、Nilssonのヴァージョンが有名な「SHE SANG HYMNS OUT OF TUNE」など、カバー曲にもセンスが光っていて聴き所。68年アメリカの一面を象徴するようなサウンドとも言える好盤です。

  • NEWCASTLE BIG BAND / NEWCASTLE BIG BAND

    POLICEのスティングが大学生時代に在籍していたビッグ・バンド・ジャズ・グループ、当時プライヴェート盤で極少数プレスされた72年唯一作

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事