プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【改訂】グレイス・スリック好きに贈るニッチ&ディープなUSサイケ作。

USサイケの女性ヴォーカルといえばグレイス・スリックを1番に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
今日はグレイス・スリック似の女性ヴォーカルが印象的なUSサイケ作をご紹介いたします。まずは本家本元から聴いてみましょう。

JEFFERSON AIRPLANE/SURREALISTIC PILLOW

試聴 Click!

力強く伸びやかで、どこか妖しいグレイス・スリックのヴォーカルがたまりませんね。それではここからはニッチ&ディープな作品をピックアップしてまいりましょう!

COMFORTABLE CHAIR/COMFORTABLE CHAIR

DOORSのメンバーによって見出されたというカリフォルニアの男女混成7人組サイケ・グループによる69年唯一作。甘い蜜のような妖艶な女性ヴォーカルをフィーチャーしたJAタイプのサイケ・ロック。

試聴 Click!

ART OF LOVIN’/ART OF LOVIN’

米マサチューセッツで結成されたサイケ・グループによる68年唯一作。ジェファーソン・エアプレインやママス&パパスを彷彿させる男女混声ヴォーカルが特徴的で、特にグレイス・スリックにも劣らぬ艶と力強さを持った女性ヴォーカルは特筆。まさしくジェファーソンっぽいキャッチーな曲も良いです。

試聴 Click!

HAYMARKET SQUARE/MAGIC LANTERN

シカゴ出身の4人組サイケ・ロック/ガレージ・バンドによる68年唯一作。演奏はガチャガチャしてるしコーラスも微妙にズレてるんですが、その生々しさに頑張っている姿が浮かんで愛着がわいてしまいます。そんな中女性ヴォーカルは堂々としていて力強く存在感があります。

試聴 Click!

ILL WIND/FLASHES

ディランやS&Gの60年代初中期作、そして『VELVET UNDERGROUND & NICO』を手掛けたTom Wilsonプロデュースの68年唯一作。伸びやかな男女混声ヴォーカルに加え、Tom Wilsonの手腕が発揮された彩り豊かで奥行のあるサウンド・メイクが素晴らしいです。

試聴 Click!

FANTASY/FANTASY

フロリダで結成された5人組サイケ・プログレ/アート・ロック・バンドによる70年唯一作。グレイス・スリックとジャニス・ジョプリンを掛け合わせたような伸びやかで迫力たっぷりの女性ヴォーカルがインパクト大です。疾走感あるオルガンや、しなやかでキレのあるリズム隊、要所で飛び出してくるサイケデリックなギターもヴォーカルに負けない存在感ある演奏を聴かせてくれます。70年という時期を象徴するような多彩なサウンドも魅力的!

試聴 Click!

そういえばグレイス・スリック好きの皆様、こちらの作品はご存知ですか?JEFFERSON STARSHIPの発動前夜にリリースされた、西海岸サイケの豪華一期一会盤です。

KANTNER SLICK & FREIBERG/BARON VON TOLLBOOTH AND THE CHROME NUN

ジェファーソン『THIRTY SECONDS OVER WINTERLAND』と並行してリリースされた73年のプロジェクト作なのですが、ジェファーソンのメンバーに加えてQUICKSILVERのDAVID FREIBERG、さらにGRATEFUL DEADのJERRY GARCIAなどなど西海岸サイケの重要人物が集結した一枚。西海岸サイケの躍動感に加え、重厚なメロトロンなどプログレッシヴな要素も盛り込んだ充実の意欲作となっています。

試聴 Click!

さて、最後はUSサイケではないんですが、JEFFERSON AIRPLANE好きにオススメしたい作品を3枚ご紹介。

FREEDOM NORTH/FREEDOM NORTH

69年にカナダはモントルーで結成されたグループ、70年唯一作。こちらも男女2人のヴォーカルを擁するグループで、華やかなブラス・ロックから西海岸テイスト溢れるエネルギッシュなサイケなど多彩な楽曲を聴かせます。それに合わせて男女ともにメロウでふくよかだったりソウルフルだったり、表現を巧みに操っているのが凄いところ。

試聴 Click!

AGUATURBIA/COMPLETE TRACKS

こちらはチリのJEFFERSON AIRPLANEと呼ばれるグループ、69年作と70年作。バックの演奏はジェファーソンに比べてスモーキーでファジー&グルーヴィーですが、力強く華やかな女性ヴォーカルはグレイス・スリックにも劣りません。むしろグレイスよりもちょっぴりお転婆さとエロチックさがあって、そこがたまらない・・・。ちょっと鳥肌たちました。

試聴 Click!

JACK OF ALL TRADES/AROUND AND AWAY

80年代半ばから90年半ばに活動したギリシャのサイケ・バンドの未発表作。メンバーの事故死により解散に至ったようです。本作は未発表だった3作目のアルバムを14年に発掘リリースしたもの。グレイス・スリック似の女性ヴォーカルと男性ヴォーカルとの絡みはジェファーソン・エアプレインを彷彿とさせるし、ギター・ソロも酩酊感があって60年代の雰囲気たっぷりの作品です。

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • HAYMARKET SQUARE / MAGIC LANTERN

    シカゴ出身、フラワーな女性ヴォーカルをフロントに据えた4人組サイケ・ロック/ガレージ・バンド、68年唯一作

    シカゴ出身、フラワーな女性ヴォーカルをフロントに据えた4人組サイケ・ロック/ガレージ・バンド。68年唯一作。ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムというオーソドックスな編成による、まさにスタジオ一発録りといったスッカスカに乾いたサウンド。これがひと回りして、もう最高にクール!およそ意図的ではない「揺らぎ」や「はずし」の応酬に、拙さを超越したサイケデリア、強烈な倦怠感を覚えます。YARDBIRDSやAEROSMITHのヴァージョンでお馴染みの「Train Kept a Rollin’」のカヴァー収録!

  • AGUATURBIA / COMPLETE TRACKS

    「チリのJEFFERSON AIRPLANE」の異名をとる女性Voブルージー・サイケ・ロック、69年作と70年作を収録

    チリの4人組サイケデリック・ロック・バンド、AGUATURBIAの2作品(69年1st、70年2nd)を収めた2in1。“チリのJEFFERSON AIRPLANE”と呼ばれるのも納得、力強くも可憐な女性ヴォーカルはGrace Slickのそれそのもの。バックはジェファーソンに比べてファジー&ブルージーなテイストが強めです。南米で夢憧れた花のシスコ・サウンド、演奏レベルも意外や高くかなり痺れます!

  • ART OF LOVIN’ / ART OF LOVIN’

    JEFFERSON AIRPLANEを彷彿とさせる男女混声ヴォーカルをフィーチャーした米サイケ、68年唯一作

    米マサチューセッツで結成されたサイケ・グループ、68年唯一作。JEFFERSON AIRPLANEやMAMAS & PAPASに通ずるソウルフルな男女混声ヴォーカルが持ち味で、特にグレイス・スリックにも劣らぬ艶とパワフルさを併せ持った紅一点Gail Winnickの歌声は特筆!線の細いファズ・ギターやチープで愛らしいオルガンをフィーチャーしたアンサンブルは質感こそガレージ・チックですが、決して勢い重視ではなく繊細かつ丁寧に仕上げられており、どこかアーティスティック。西海岸テイスト溢れるノリノリでグルーヴィーな楽曲から、ブルージーなサックスが炸裂するメロウなナンバーまで味わい深く聴かせてくれます。マイナーながらサイケ・ファンから根強い支持を受けているのも納得の、上質サイケ・アルバムです。

  • JACK OF ALL TRADES / AROUND AND AWAY

    80年代半ばから90年半ばに活動したギリシャのサイケ・バンドの未発表作。グレイス・スリックを思わせる女性ヴォーカルが印象的。

    80年代半ばから90年半ばに活動したギリシャの4人組。ギタリストの事故死によって余儀なく解散に至ったようです。90年に自主制作ミニアルバムを、95年にアルバムをリリースしていて、本作は未発表だった3作目のアルバムを14年にリリースしたもの。活動中に録音されたものですが、オープニングを聴くと60年代シスコ・バンドの作品かと思うほど60年代の雰囲気たっぷり。まず紅一点の女性ヴォーカルがグレイス・スリックのようなのびやかで力強い高声で、そこに男性ヴォーカルが重なりジェファーソン・エアプレインを彷彿とさせます。ギターもグレイトフル・デッド「DARK STAR」のような酩酊感あるサウンドで、シスコ・サイケのバンド好きならたまらない好作です。

  • FREEDOM NORTH / FREEDOM NORTH

    カナダの男女混声グループ70年唯一作、サイケ・ポップを軸にブラス・ロックからフォーク・ロックまで多彩なサウンドを聴かせる逸品

    69年にカナダはモントルーで結成されたグループ、70年唯一作。聴き所は何と言っても艶と透明感のある女性ヴォーカル&ふくよかな男性ヴォーカルによる伸び伸びとしたデュエット!楽曲も豊潤なブラス・ロックからスライドギターが柔らかにメロディを奏でるフォーク・ロック、JEFFERSONを思わせるエネルギッシュなサイケ・チューンなど様々。そんな多彩なサウンドに合わせて時にソウルフルなシャウトを炸裂させたり、時にメロウに歌い上げたりと、男女ともに巧みな表現力を発揮するヴォーカルには聴き惚れます。短命に終わったグループながら、同郷LIGHTHOUSEにも通ずる華やかなサウンドとポップかつジャンルフリーな楽曲センスが大変魅力的な一枚です。

  • FANTASY / FANTASY

    フロリダ産サイケ・プログレ/アート・ロック・バンド、ジャニスばりの歌唱とシアトリカルな表現力を持つ女性ヴォーカル&緩急自在のオルガン・サイケ・アンサンブルの組み合わせが痛快な70年唯一作、米アート・ロックの隠れた名盤!

    67年に、当時十代のメンバーによってフロリダで結成された5人組サイケ・プログレ/アート・ロック・バンド、ヴォーカリストだったBilly Robbinsが死去したことで、新たな女性ヴォーカリストLydia Janene Millerを迎え70年に発表された唯一作。まず何よりこの女性ヴォーカリストの素晴らしいこと!ジャニス・ジョプリンやグレイス・スリックにも引けを取らないパワフルさとブルージーな深みある表現力を持つ逸材で、さらにはオペラがかったシアトリカルな歌唱までもこなすかなりの実力派で驚きます。そんな彼女の素晴らしい歌唱を支える演奏陣も特筆。演奏を牽引するワイルドで疾走感あるオルガンに、要所で飛び出してはサイケデリックな色彩を振りまくギター、本格的なジャズの素養を下地に持つしなやかでキレのあるリズム隊と、各楽器がヴォーカルに埋もれない存在感を発揮しています。ジャジーなオルガン・ロックを基調としつつも、ギターがリードする西海岸サイケ風の爽やかな疾走感を持つナンバー、演劇調のヴォーカルを主役にドラマチックにもコミカルにも自在に転調を繰り返すプログレッシヴなナンバーなどを織り交ぜた、70年という時期を象徴するような多彩なサウンドを聴かせています。それにしてもこの女性ヴォーカル、この後目立った活動歴がないのが不思議なくらいの圧倒的なパフォーマンスです。唯一作であることが惜しまれる米アート・ロックの隠れた名作。

北米サイケの在庫

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php


コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。