プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【カケレコ中古棚探検隊】世界の納涼フルート・プログレを探求!

スタッフ佐藤です。

中古棚より「これは!」という作品をピックアップしてご紹介する「カケレコ中古棚探検隊」。

今回は、可憐で涼やかな音色を届けてくれるフルートをフィーチャーした各国のプログレ作品を、中古棚よりご紹介してまいりましょう☆

TOM NEWMAN / FAIRY SYMPHONY(1977)

サイケ・バンドJULYでの活動を経てヴァージン・レコード所属のマネージャー/エンジニアとして活躍、『TUBULAR BELLS』のほかヘンリー・カウ『LEGEND』やハットフィールド&ザ・ノースの1stなどを手掛けた彼が、77年に発表した2ndソロ・アルバム。古楽器も含む多岐にわたる楽器群が織り上げる、アイリッシュ/ケルト色が強く出た神秘的なサウンドは、マイク・オールドフィールドにも通じる幻想性を帯びています。JULY時代の盟友だったJADE WARRIORのJon Fieldによるミステリアスなフルートの旋律が印象的です。

試聴 Click!

GRAVY TRAIN / A BALLAD OF A PEACEFUL MAN(1971)

VERTIGOからの最終作となった71年作2nd。前半はリリシズムたっぷりのフルートが可憐に舞うハートフルな英国ロック、後半はアグレッシヴにフルートが暴れるアクの強いハード・ロックと、A面とB面で方向の異なるサウンドが楽しめます。特に前半の英国叙情溢れる楽曲が感動的なんですよね。

試聴 Click!

MAURO PAGANI / MAURO PAGANI

黄金期のP.F.M.を脱退した彼が、地中海音楽と真摯に向き合って作り上げた79年の名作1stソロ。キレのあるヴァイオリンのプレイに耳を奪われがちですが、6曲目「CHORON」(動画22分あたり)で民族フレイヴァーたっぷりのエキゾチックなフルートソロを披露しています。

試聴 Click!

KERRS PINK / A JOURNEY ON THE INSIDE(1993)

ノルウェーを代表するプログレ・グループ93年作。北欧トラッドをベースとする哀愁溢れるシンフォニック・ロックを持ち味とします。トラッド然とした流れるように美しいフレーズを奏でるフルートは必聴。

試聴 Click!

SHESHET / SHESHET(1977)

イスラエルの至宝と言えるこのバンドも涼やかなフルートを堪能したいならもってこいの一枚!カンタベリー・ロックにも通じる、辺境色ゼロの非常に洗練された華やかなジャズ・ロックには誰もがきっと驚くはず。イスラエル・ロック界の重鎮フルート奏者Shem-Tov Leviの軽やかに躍動するフルートが暑さを忘れさせてくれます。

試聴 Click!

GOTIC / GEGANTS I SERPENTINES

当時の唯一作だった78年作によって「スペインのキャメル」の異名を取った名グループ、2016年にリリースされ話題となった幻の2nd!1stと同年の録音だけあって、1stと全く遜色ない緻密だけど涼しげなフュージョン・タッチのアンサンブルがとにかく心地いい~。終始メロディアスなフルートのプレイが出色!

試聴 Click!

ITOIZ / ITOIZ

泣きのフルート代表なら、このバスクのバンドはやはり外せません。哀愁がこぼれ落ちるような切ないフルートの調べが珠玉。キーボードの洪水とエキゾチックな響きを持つバスク語ヴォーカルと相まって、泣きの叙情がとめどなく溢れ出してきます…。

試聴 Click!

YESTERDAYS / HOLDFENYKERT

たおやかなアコースティックギター、溢れんばかりのメロトロン、美声の女性ヴォーカル、そして舞い踊るように奏でられるリリカルなフルート。ハンガリーと言えばアクの強いイメージですが、こんなに洗練されたファンタスティックなシンフォニック・ロックが登場していたとは!

試聴 Click!

MARCO ANTONIO ARAUJO / SILENCIO

ブラジル出身のマルチ・ミュージシャン/コンポーザーで、その才能が高い評価を受けながらも30代半ばにして惜しくも早逝した才人による83年3rd。持ち前の繊細さ格調高さはそのままにロック度が高まったのが本作で、フルート、弦楽器、鍵盤を用いたドラマティックなアンサンブルを奏でます。フルートとヴァイオリンがなぞるテーマ・メロディの美しさ、張り詰めた空気をそっと包み込む生楽器の暖かみ、長尺の曲を必然的に聴かせる構成力。豊かな才能が結晶化した名盤です。

試聴 Click!

世界中からセレクトした納涼フルート名盤の数々、いかがだったでしょうか?少しでもこの夏を涼しく過ごせるお役に立てれば幸いです。



あえて情熱的な唾吐きフルート名演を堪能したいという方にはこちらのジュークボックスをオススメ☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • MAURO PAGANI / MAURO PAGANI

    P.F.Mで活躍したヴァイオリニスト、79年作1stソロ、地中海音楽×ロックの大傑作!

    元PFMのヴァイオリン/フルート奏者。77年にPFMを脱退した後は、自身の音楽的ルーツを求め、地中海の民族音楽を探求。その成果として制作された79年作の1stソロ。イスラム文明とキリスト教文明とが幾重にも重なった地中海で育まれた地中海音楽と、ロックやジャズとを結びつけた地中海ロックの頂点に君臨する一枚。マウロは、ヴァイオリン、フルートの他、ギター、オルガン、ピアノ、ピッコロ、ブズーキ、ウード、サズを操るなど、マルチ・インストゥルメンタル奏者としての才能を見事に開花。そこに、AREAやPFMのメンバー、地中海プログレの名グループCANZONIERE DEL LAZIOのメンバーが加わり、アラビックな旋律が渦巻くエキゾチズムとロックのダイナミズムとがぶつかりあった芳醇かつ強靱なサウンドが生み出されています。特にアレアが参加したオープニング・ナンバーは、ヴァイオリンと民族弦楽器とのユニゾンによるこぶしを効かせたようにウネる旋律を軸に、強靱なジャズ・ロック・パート、CANZONIERE〜のメンバーのパーカッションが北アフリカの祝祭に紛れ込んでしまったような土着フレイヴァーを奏でるパートとを対比させながら展開するスケールの大きな名曲。PFMのメンバーが参加したクラシックとジャズと地中海音楽の豊かなフュージョンの豊かなフュージョンを聴かせる4曲目や、デメトリオ・ストラトスの超絶スキャット、マハビシュヌばりのソロの応酬が凄まじい5曲目もまた必聴。様々な時代・地域・民族が交差し溶け込んだコスモポリタン・ロックと言える傑作です!

  • YESTERDAYS / HOLDFENYKERT

    ハンガリー、メロトロンとフルートをこれでもかとフィーチャーした必殺シンフォニック・ロック!06年作

    ハンガリーのグループ。06年のデビュー作。たおやかなアコギをバックにフルートがリリカルに舞い、溢れんばかりにメロトロンが鳴らされる!極めつけは、流れるように美しいメロディとスッと入ってくる美声の女性ヴォーカル!全体的に柔らかな音像でハードさは無いものの、タイトなリズム隊のせいか、演奏はダイナミズムに溢れています。全員がテクニック抜群ですが、特にアコギ奏者はかなりの腕前で、格調高くリリカルなリードは必聴。ファンタスティックなシンフォニック・ロックとして一級品の傑作。本当に素晴らしいです。

    • SCR1010SEACREST OY

      ペーパーケース仕様、新装ジャケット&オリジナル・オーディオでの2014年新規リイシュー盤。バンドサイトでは、MUSEA盤と異なる06年にハンガリーでリリースされた音源で、LPのようなアナログのフィーリングを最大限に活かし、アコースティックやメロトロンが魅力的に響くようにミックスされているそうです

  • SHESHET / SHESHET

    イスラエル出身、気品溢れる傑作ジャズ・ロック、77年作!

    イスラエルのHATFIELD & THE NORTHと異名を取るグループ。77年の唯一作。気品溢れるピアノ、格調高くリリカルなフルートを中心に、クラシックやジャズの確かな素養が感じられる、完璧に構築されたサウンドを聴かせています。それにしても、各楽器、音の配置は全く無駄が無く、洗練されたアンサンブルは圧倒的な完成度。これは、ただただ唸るしかありません。精緻なタッチの流麗なエレキ、歌心いっぱいの動きまくるベース、しっとりとした歌声の女性Voなど、その他のメンバーもテクニック、センスともに抜群で、鳴らされるすべての音が活き活きと躍動しています。

    • 823662NMCXNMC

      スリップケース付、30周年記念仕様の2枚組で、DISC2には、幻の2ndアルバム用音源を収録!

      レーベル管理上、コンデションが良くない場合がございます。 ご了承ください。

  • KERRS PINK / A JOURNEY ON THE INSIDE

    ノルウェー出身、とめどない哀愁が溢れ出す北欧トラッド・シンフォ好作品、93年リリース

    ノルウェー出身、93年作の3rd。哀愁溢れるギターをフィーチャーしたシンフォニック・ロックあり、ニューエイジ風のキーボードや穏やかなフルートが心地良い透明感溢れる曲あり、ファンタスティックな北欧トラッドあり、どの曲も叙情性溢れるメロディが素晴らしい佳曲揃い。ジャケットのイメージ通りの好盤。

  • MARCO ANTONIO ARAUJO / SILENCIO

    ブラジル出身、その才能が高い評価を受けながら惜しくも早逝したSSW/マルチ奏者、83年3rd

    83年作の3rdアルバム。前作までの繊細で格調高い雰囲気はそのままに、ロック的な要素が高まり、フルート、弦楽器、鍵盤とともにドラマティックなアンサンブルを奏でています。フルートおよびヴァイオリンによりなぞられるテーマ・メロディの胸を打つ美しさ、張り詰めた空気をそっと包み込む生楽器による暖かみ、長尺の曲を一瞬の輝きとして聴かせる抜群の構成力。すべての音が必然としてなっているような奇跡的な作品です。大傑作。おすすめ!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。