プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

韓国BIG PINKレーベルより英ニッチ・ポップWOLFE、英いぶし銀ギタリストPAUL BRETTなどリイシュー

英米ロックファン注目のニッチ&ディープな作品を続々と紙ジャケでリイシューしている韓国のレーベルBIG PINKより新譜が届きましたのでご紹介いたしましょう。

どうぞ試聴しながら、お楽しみください!

WOLFE/WOLFE

John Pantryの名を知ってたらかなりの英国ポップ通ですね。彼が率いるバンドWOLFEはご存知?

ラズベリーズやホリーズを彷彿させるメロとハーモニー、最高だなぁ。

試聴 Click!

PAUL BRETT/PAUL BRETT

ロニー・レインあたりのファンにはたまらないフォーク・ロックを軸に、ジャンゴ・ラインハルトばりの高速ジプシーが飛び出したり、アコギ片手にELOへ回答!とばかりのヴァイオリン・ポップを展開したり凄い才能・・・。

VELVET OPERAで活躍した後、自身のバンドPAUL BRETT’S SAGEを率いてPYEから1枚、DAWNから2枚の合計3枚の残した英国ロックいぶし銀ギタリスト。PAUL BRETT’S SAGE解散後の72年にリリースした1stソロ・アルバム。

試聴 Click!

JEANNIE LEWIS/LOOKING BACKWARDS TO TOMORROW: IN AND OUT OF CONCERT

まるでディランばりの凄みある歌唱からコケティッシュな歌唱、アニー・ハズラムばりの透明感ある歌唱まで表現力は特筆もの!

オーストラリアの女性ヴォーカリストなのか・・・恐るべし。

試聴 Click!

ROGER TROY/ROGER TROY

思わず体が揺れるグルーヴィーなオルガンとギターのバッキング、そして、BS&Tのデヴィッド・クレイトンを彷彿させる伸びやかな歌唱!心踊りまくり!

71年に唯一作を残す米ブラス・ロック・バンドJELLYROLLでの活躍や、ELECTRIC FLAGへの参加などで知られるヴォーカリスト。76年のソロ唯一作。

試聴 Click!

関連カテゴリー

韓国BIG PINKレーベルの新譜

  • PAUL BRETT / PAUL BRETT

    VELVET OPERAで活躍した英国ロックいぶし銀ギタリスト、実に個性的な72年デビュー作

    VELVET OPERAで活躍した後、自身のバンドPAUL BRETT’S SAGEを率いてPYEから1枚、DAWNから2枚の合計3枚の残した英国ロックいぶし銀ギタリスト。PAUL BRETT’S SAGE解散後の72年にリリースした1stソロ・アルバム。全体としては英国叙情に溢れたヴォーカル&メロディを持った英国フォーク・ロックが魅力的で、ロニー・レインあたりのファンはたまらないでしょう。元GASSのヴァイオリン奏者Mike Piggottが全面で参加しているのですが、彼のひなびた哀愁たっぷりのヴァイオリンが実にいい味出してます。ただ、一筋縄ではいかないところも特筆で、まるでジャンゴ・ラインハルトが乗り移ったような高速ジプシー・ギターのインストが飛び出したり、アコギ片手にロイ・ウッド〜ELOへ回答!とばかりのヴァイオリン・フォーク・ロックあり、スパイスが絶妙。それにしても、アコギのテクニック、凄いなぁ。音楽的な才能がつまった、実に個性的な逸品です。

  • ROGER TROY / ROGER TROY

    米ブラス・ロック・バンドJELLYROLLのヴォーカリスト、76年のソロ唯一作、スワンプ・ファンは必聴の快作

    71年に唯一作を残す米ブラス・ロック・バンドJELLYROLLでの活躍や、ELECTRIC FLAGへの参加などで知られるヴォーカリスト。76年のソロ唯一作。軽快かつふくよかなリズム、思わず体が揺れるグルーヴィーなオルガンとギターのバッキング、そして、BS&Tのデヴィッド・クレイトンを彷彿させる伸びやかな歌唱。オープニングから期待どおりのソウルフルなスワンプ・ロックに心躍ります。ダン・ペン作曲の泣ける佳曲「A Woman Left Lonely」でのエモーショナルな歌唱もまた良い感じ。フォーク・ロック〜スワンプ・ロック、サザン・ソウルのファンは必聴と言える快作です。

  • JEANNIE LEWIS / LOOKING BACKWARDS TO TOMORROW: IN AND OUT OF CONCERT

    オーストラリア出身、特筆ものの表現力を持つ女性ヴォーカリスト、74年作2nd

    オーストラリアの女性ヴォーカリスト、74年作の2nd。力強く伸びるハイ・トーンの歌声と演劇的で堂々とした歌唱がなんといっても圧倒的。オープニング・ナンバーは、あれ、どこかで聴いたことあるぞ、と思って曲名を見て、なるほど、キンクスの「セルロイドの英雄」、でも、完全に自分のものにしてる!まるでディランばりの凄みある歌唱からコケティッシュな歌唱、アニー・ハズラムばりの透明感ある歌唱まで表現力は特筆ものです。バックには、オージー産プログレの名バンドTULLYのメンバーや、アシッド・フォークの名盤を残すEXTRADITIONのメンバーが参加していて、プログレッシヴなフォーク・ロック・アンサンブルも素晴らしい。ライヴ・レコーディングのようですが、ライヴとは思えないクオリティの逸品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。