プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

INTROITUS特集!- スウェーデンのBENDERファミリーによる大所帯シンフォ・グループ

DELANEY & BONNIEやABBA、IKE & TINA TURNERなど、古くより夫婦によるグループというのは数多く存在してきましたが、そこに娘や息子が参加しての一家総出によるグループとなるとなかなか珍しいですし、どんなサウンドになっているのか気になりますよね?

そんなわけで今回は、BENDER家の一家4人を中心とするスウェーデンの新鋭シンフォ・グループ、INTROITUSをご紹介してまいります☆

INTROITUSは、北欧スウェーデン出身のBENDER一家を中心とする7人組グループ。07年にデビューし、2019年現在までに4枚の作品をリリースしています。

メンバーは以下のとおり。

Mats Bender / keyboards
Anna Jobs Bender / lead vocals
Mattias Bender / drums and vocals
Johanna Bender / vocals
Henrik Björlind / flute and additional keyboards
Pär Helje / guitar
Dennis Lindkvist / bass

父Mats(キーボード)、母Anna(リード・ヴォーカル)、息子Mattias(ドラム/ヴォーカル)、娘のJohanna(バッキング・ヴォーカル)のBENDER家の4人に、ギタリスト、ベーシスト、フルート/マルチ奏者が加わった計7人による大所帯バンドです。

元々父親のMATS BENDERは30年以上も前に作曲活動を始めたそうですが、彼が構想するサウンドはいずれも十数分~数十分に及ぶ長尺の曲で、作品全体は当時のレコードには収まりきらないものだったために、そのままレコーディングされることなく眠っていたのだと言います。やがてCDの登場により長時間の収録が可能になった現代になって、彼の当時の楽曲を一家によってアレンジし直して発表することを目的としたプロジェクトとして発足したのがこのINTROITUSだったそうです。

そうして出来上がったのが、07年にリリースされた彼らのデビューアルバム『FANTASY』でした。

試聴 Click!

一家4人を含むパーマネントメンバーに加え、サックス、フルート、チェロ、アコーディオン、コーラスなど合わせて10数名の大所帯でレコーディングされた本作は、荘厳に溢れだすシンセやメロディアスに駆けるギターが印象深い、メランコリックな中にも北欧らしい凛とした透明感が息づくシンフォニック・サウンドが素晴らしい一枚。情感たっぷりに伸び伸びと歌い上げるAnnaのヴォーカルも、楽曲をドラマティックに彩っています。それにしてもスケール感のあるモダンなアレンジが施されているとは言え、とても30年以上前(70年代中頃)に作られた曲とは思えないですよね~。現代にも通用する洗練された曲作りからは、当時からのMatsの作曲能力の高さがよくわかります。


デビュー作より3年を経た11年にリリースされたのが、2nd『ELEMENTS』。目玉おやじかレジデンツかというジャケットにまず面食らいますが、中身は前作を上回るスケール感で展開していくまさに圧巻の出来。前作とは異なり新規に作曲されたナンバーで構成された本作ですが、前作での北欧らしいメランコリックかつ透明感のあるシンフォ・サウンドはそのままに、Matsのキーボードとギターがよりアグレッシヴに躍動。Annaのヴォーカルも持ち前の美声を生かしたドラマティックな歌唱はもちろん、パワフルなパートでも生き生きとした歌いぶりを発揮しており、全体としてサウンドにさらなる幅と厚みが生まれています。息子Mattiaのタイトなドラミングが演奏をしっかりと引き締めている点も特筆!一家のプレイヤーとしての技量も際立った傑作に仕上がっていますね。

試聴 Click!

試聴 Click!

それから3年を経てリリースされたのが、14年作『ANIMA』です。凛とドラマティックな北欧的叙情美と重厚感たっぷりに突き進むアグレッションが織り成すメリハリの効いた北欧シンフォニック・ロックは前作を引き継ぐものですが、前作以上に父Matsが八面六臂の活躍を見せているのが印象的。ここぞという場面で厳粛に溢れだすシンセサイザ-、澄み切ったトーンのピアノ、そしてムーグ・シンセを巧みに操るスリリングなソロプレイと、キーボードプレイが全編で冴え渡っています。へヴィネスを担うギターとドラムも相まって、インストの充実度がこれまでになく高まっていますよね。滑らかで深みのある美声ヴォーカルも相変わらず素晴らしく、聴き応えたっぷりの新たな傑作に仕上がっています。これはおすすめ!

試聴 Click!


そして、前作より4年。待望の4thアルバム『SHADOWS』がついにリリース!パーマネント・メンバーだった奥様のJohannaさんは今回ゲスト・ヴォーカルとしての参加ですが、BENDER一家が作り上げるスケール大きな音世界はもちろん健在です。

いつも以上にダークな感じのジャケが目を引きますが、サウンドはキャッチーかつ圧倒的にドラマチックなさすがの絶品シンフォに仕上がっておりお見事。

シンセサイザーを使いこなした色彩豊かなキーボードワークを軸とする従来の作風に、アコーディオンやオカリナやフルートが哀愁たっぷりに奏でられる北欧然としたトラッド風味も織り込んだ、懐の深いシンフォニック・ロックを提示する意欲作です!



BENDERファミリーによるシンフォニック・ロック・バンドINTROITUS、いかがでしたか?
リリースを重ねるごとにますます完成度を高めてきている彼ら。これは次回作はさらに期待できそうですね~!



近年続々と登場している北欧新鋭の実力派バンドたち、どうぞチェックしてみてください☆
北欧新鋭プログレの在庫リストへGo!

北欧だけでなく世界各国の新鋭を探求したい?人気順でどうぞ~☆
世界の新鋭プログレ在庫リストへGo!


2014年プログレ/シンフォ注目の新譜特集【新鋭編】

【関連記事】

2014年プログレ/シンフォ注目の新譜特集【新鋭編】

90年代以降にプログレ新鋭シーンが盛り上がり、00年代に入っても注目の作品が続々とリリースされています。その勢い衰えず、次々と優れたプログレ新譜が届く2014年。入荷した注目作をピックアップいたしましょう。

INTROITUSの在庫

  • INTROITUS / FANTASY

    北欧シンフォ、07年1st、アコースティック・アンサンブルが強調され、より繊細な叙情性が際立ったデビュー作

    スウェーデン出身のシンフォ・グループ。07年デビュー作。バンド編成に加えてサックス、フルート、チェロ、アコーディオンなど大所帯で録音。ヘヴィなギター、伸びやかなキーボード、タイトなリズム隊による荘厳なパートと、浮遊感のあるギター・アルペジオやシンセ、アコーディオンなどによる北欧らしい叙情を描くパートとがめくるめく、奥行きのあるドラマティックなシンフォニック・ロックが印象的。美しく胸に響くメロディと情感をこめて伸び伸びと歌い上げる女性ヴォーカルも素晴らしい。デビュー作とは思えないスケールを感じる好作品。

  • INTROITUS / ELEMENTS

    北欧シンフォ・プログレ11年2nd、女性ヴォーカルの美声を生かした圧巻のドラマティック・サウンド

    スウェーデン出身のシンフォ・グループ、11年作2nd。女性ヴォーカルとヘヴィーなギターを軸としたドラマティックなシンフォニック・ロック。硬質なリフから伸びやかに泣きまくるソロまで弾き倒すギター、手数多くテクニカルなドラム、不思議な浮遊感をもたらすキーボードによるモダン・ヘヴィネスなパートと、フルート&チェロによる叙情的なパートとが静と動の対比を成し、ドラマティックに展開。表情豊かな美声の女性ヴォーカル、透明感溢れる叙情性を持った北欧らしいメロディーも特筆ものです。大作群に挟まれたキャッチーな小曲やアコースティックな楽曲も魅力的。FLOWER KINGSなど、北欧シンフォの名グループにも比肩するドラマティック・シンフォの傑作です!

  • INTROITUS / ANIMA

    スウェーデン出身、父・母・息子・娘のBender一家4人を中心とするシンフォニック・ロック新鋭、2014年作3rd、澄み切った女性ヴォーカルが美しい北欧らしい逸品

    キーボード奏者でコンポーザーのMats Benderを中心に、妻のAnna Jobs Bender(リードVo)、息子のMattias Bender(ドラム&バッキングVo)、娘のJohanna Bender(バッキングVo)を配した、Benderファミリーを中心とするスウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ。2014年作の3rd。北欧らしい叙情がこぼれる澄み切ったトーンのピアノ、そして、厳粛にたなびくキーボードをバックに、高らかに鳴り響くムーグ・シンセのリード。そんなシンフォニックなキーボード・ワークを軸に、モダンなトーンのギターがヘヴィネスや明瞭さを加えるアンサンブルが持ち味。クリアなハイトーンの伸びやかな女性ヴォーカルも絶品です。北欧らしいヒンヤリと透明感あるシンフォニック・サウンドに、女性ヴォーカルとメランコリックなメロディが美しく映える北欧シンフォの快作!

  • INTROITUS / SHADOWS

    スウェーデン、父・母・息子・娘のBender一家を中心とするシンフォニック・ロック新鋭、キャッチ―かつ圧倒的にドラマチック、完成度の高いシンフォを聴かせる19年作

    キーボード奏者でコンポーザーのMats Benderを中心に、息子のMattias Bender(ドラム&バッキングVo)、娘のJohanna Bender(リードVo)、そしてゲスト・ヴォーカルとしてMatsの妻Johanna Benderが参加という、Benderファミリーを中心とするスウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ。19年作4th。アグレッシヴに疾走するリズム、シンセサイザー、オルガン、ピアノを幾重にも折り重ね圧倒的なスケールを生み出すキーボード、ゴリゴリとヘヴィにもメロディアスにも自在なギター、そして声量豊かに少し厳かな表情で歌い上げる女性ヴォーカル。従来の作風を踏襲しつつも、アコーディオンやフルートが哀愁たっぷりに奏でられる北欧然としたトラッド風味も織り込んだ懐の深いシンフォニック・ロックを提示しています。特に素晴らしいのが多彩な音色で色彩豊かに演奏を彩るシンセサイザー。スピード感ある曲での怒涛のごとき早弾きから、リリカルな曲でのフワッと柔らかいタッチまで、幅のあるプレイでイマジネーション溢れるサウンド作りに貢献します。どの曲もドラマチックでキャッチ―なメロディが満載で、同系シンフォの中でも抜群に聴きやすい点も好印象。ファミリーバンドならではの呼吸の良さにも注目の快作です。

    試聴は下記ページで可能です!
    https://introitus.bandcamp.com/album/shadows

「INTROITUSの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事