プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【ユーロロック周遊日記】 TRACE『BIRDS 鳥人王国』

本日のユーロロック周遊日記は、オランダが誇るキーボード・プログレ・トリオTRACEの75年作2nd『BIRDS 鳥人王国』をピックアップいたしましょう。

TRACEの中心人物は、あのリッチー・ブラックモアにも敬愛される天才キーボード奏者のRick Van Der Linden。ピアノ、オルガンの他、ムーグ・シンセ、ハープシコード、クラヴィネット、ソリーナなどを操り、クラシカルなフレーズから、R&B~ブルース~ジャズ・フィーリング豊かなフレーズまで、時に格調高く、時にグルーヴィーにダイナミックに鳴らされるキーボードが一番の魅力です。

ハード・ロック的なスピード感とダイナミズムを持ったリズム隊も強力で、彼らのサウンドを一言で言うならば、ずばり「踊れるクラシカル・プログレ」!

TRACEと言えば、EL&Pスタイルのバンドとして紹介されますが、バロックやロマン派クラシック音楽と黒人音楽とが結びついた強靱なサウンドは、EL&Pにはない流麗さとグルーヴ感があります。

彼らのユニークなサウンドの背景を探るべく、Rickの経歴を見て参りましょう。

1946年生まれ(キース・エマーソンの2学年下)で、13才からピアノを本格的にはじめ、ハーグ王立音楽院に進学。ロックンロール、ジャズ、バレエ音楽にも傾倒し、昼間は音楽院でクラシックを学びつつ、夜はバーでブギウギ、ラグタイム、ブルース、タンゴなどを演奏していたようです。卒業後はプロのジャズ・バンドに加入するとともに、オーケストラにも所属し、ソロピアノ奏者としても活躍しました。

68年に、ナイスのロッテルダム公演を見て、バッハのブランデンブルク協奏曲をロック・アレンジで弾くキース・エマーソンに衝撃を受けます。

オランダのナイスというべきEKSEPTIONで活躍した後、よりテクニカルなサウンドを目指して結成したのがTRACEです。

結成時のメンバーは、ドラムに元FOCUS(『FOCUS III』のあと脱退)のPierre Van Der Linden(Rickのまたいとこ)、ベースに技巧派としてオランダ国内では名が知られていたJaap Van Eik。

74年に『TRACE』でデビューした後、メンバー交代を経て、75年にリリースされた2ndが『BIRDS』です。

1stのあと、PierreがFOCUSに復帰するため脱退。その代わりに加入したのは、元ダリル・ウェイズ・ウルフで、後にマリリオンで活躍するIan Mosley!1stのリズム隊も強力でしたが、それに負けず劣らず、よりロック的なダイナミズムを増したリズムが印象的です。

T1: Bourree

いきなり、オルガンとハープシコードのユニゾンによるクラシカルな高速ユニゾンが突き抜けていますね!

バックのキレ味鋭くタイトなリズム隊も特筆。

一転して、クラヴィネットがグルーヴィーに跳ね回るパートへと展開するなど、凄まじい疾走感と躍動感で突き進むサウンドは、これぞTRACE流「踊れるクラシカル・ロック」!

試聴 Click!

T3: Janny -> T4: Opus 1065

艶やかなトーンで奏でられるジャジーなピアノが見事な3曲目「Janny」、そして、あのダリル・ウェイがゲスト参加した4曲目「Opus 1065」へ!

ポップで躍動感あるイントロが秀逸で、まるで90年代以降の米インディー・ピアノ・ロック、ベン・フォールズ・ファイヴばり!

透明感とともに、キース・ジャレットばりに溢れるエモーションもあって、本当に素晴らしい音色です。

右chでは、ワウギターのようにムーグも入っているのが、このグループならではのセンス。

そしてきました、ダリル・ウェイのヴァイオリン!まず最初は変調した音色で自由奔放に奏でたあと、そこから、チェンバロとの目の覚めるようなクラシカルなキメに展開し、ラストは、麗しいトーンの独奏!まるで目の前で弾いているような生々しさで響いてきて感動的。

試聴 Click!

T7: King-Bird

オープニングから荘厳に鳴り響くチャート・オルガンの迫力が凄い!

そして、まるでFOCUSのようなメロディアスなギターが登場。弾くのはベースのJaap Van Eik!

一転して、リズムが跳ねると、クラヴィネットが入ってきて、スリリングなインタープレイを炸裂。時折、ハープシコードとの高速ユニゾンのキメも飛び出して、クラシカル・ロックのファンにはたまらないでしょう。

ゆったりと荘厳でメロディアスなパート、疾走感あるクラシカルなキメ、そして黒っぽいアドリヴ・パートとがめくるめく展開に胸が高鳴ります。

4分を過ぎると、ピアノとチェンバロによる格調高いパートへ。右chで鳴るソリーナがまたドラマティックです。

ベースがブイブイと躍動するハード・ロッキンなパートを挟んで、ピアノとチェンバロの高速のキメへ!まるでリッチー・ブラックモアへのキーボード奏者への回答!

6分を過ぎると、ヴォーカルが登場。1stからずっとインストゥルメンタルでしたが、ここではじめて歌うのは、ギターでも活躍のベースJaap Van Eik!!素晴らしいマルチ奏者っぷりですね。

明朗でジェントルな歌声、人懐っこく流麗なメロディはいかにもオランダと言えます。コロコロとしてトーンのオルガンもまたファンタスティック。

ベースがゴリゴリと疾走し、ハモンドがグルーヴィーかつ幻想的に鳴ると、英国のグリーンスレイドが頭に浮かびます。

それにしても、止めどなく溢れる美旋律、技巧的でいて歌心に溢れたアンサンブル、そして、これでもかとアイデアを詰め込みつつも流れるような展開。

ラストに向けて、もう一度、ギターが泣きのメロディを奏でるあたりは、ビートルズの『アビーロード』B面のような寂寥感も漂わせて、強烈にドラマティック。

ユーロ・プログレ屈指の名曲と言えるでしょう。

試聴 Click!

いかがでしたか?

これを居間で聴いていたら、小学4年の息子が踊り出しました。そこで、「そうか!」と腑に落ちた「踊れるクラシカル・ロック」というキーワード。

もしかすると、ライヴでこそこのバンドの持ち味が生きるんじゃないか、と思って、映像を探してみると、ありましたありました!

う~ん、体を大きく揺らしながら弾きまくるRickがカッコいいですね!

試聴 Click!

【関連ジュークボックス】

ダッチ・プログレ名作選

TRACEの在庫

  • TRACE / TRACE

    技巧派key奏者R.V.D.リンデン率いるオランダのキーボード・シンフォ・グループ、74年デビュー作

    元EKSEPTIONのRick Van Der Lindenが新たに結成したキーボード・トリオ。74年作1st。クラシカルかつテクニカルなオルガン、ピアノ、メロトロンをフィーチャーしたドラマティックな一枚。オランダ・プログレを代表する名作。

  • TRACE / BIRDS

    技巧派key奏者R.V.D.Linden率いるオランダのキーボード・プログレ・バンド、元WOLFのドラマーIan Mosleyが加入し制作された最高傑作75年作2nd、Darryl Wayもゲスト参加

    元EKSEPTIONのRick Van Der Linden率いるオランダのキーボード・トリオ。75年作2nd。クラシカルな美しさはそのままに、ロック的なダイナミズムを増した重厚なアンサンブルは驚異的な完成度。全プログレ・ファン必聴の傑作。Darryl Wayがゲスト参加。

    • CDP1125PSEUDONYM

      デジパック仕様、BIRDSのシングル・バージョン、ライヴ音源9曲の全10曲のボーナス・トラックを収録した2枚組仕様、オリジナル・マスター・テープからのデジタル・リマスター

  • TRACE / WHITE LADIES

    技巧派key奏者R.V.D.リンデン率いるオランダの名キーボード・プログレ・バンド、76年発表の最終作

    Rick Van Der Linden率いるオランダのキーボードロックバンド、TRACEの作品。本作はユーロキーボードプログレ頂点の1枚となった「鳥人王国」から2年を経て77年に発表されたTRACEの最終作3rdです。「鳥人王国」でタッグを組んだドラムのIan MosleyとベースのJaap Van Eikはすでに脱退、クレジット上は「Rick Van Der Linden & TRACE」と表記されており、最終的にRick Van Der Lindenのソロプロジェクトのような形を取るに至りました。サポートは彼がTRACE以前に在籍したEKSEPTIONのメンバーを中心に構成され、前作までのような超破壊的なキーボードロックから作風が変化、コンセプト性の高い「楽曲重視」のシンフォニックロックを展開しています。またストリングス隊やサックス、フルート奏者が参加している点も楽曲に与える影響は非常に大きく、Rick Van Der Lindenのキーボードを中心に勢い重視であった前作までとは打って変わって、構築的なシンフォニックロックという印象。短い曲が切れ目無く続きながらストーリーを築いていく、TRACEの作品中、最も洗練された1枚。

「TRACEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事