プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

CSN&Yやバーズのファンに贈る、マイナーながら愛すべき米フォーク・ロック・セレクション

フォーク・ロック・サウンドを高らかに宣言したバーズの名曲「ミスター・タンブリン・マン」。

12弦ギターによるマジカルなアルペジオ、アメリカのルーツ・ミュージックも香る哀愁いっぱいのメロディ、そしてビートルズ直系のコーラス・ワーク。

バーズ「ミスター・タンブリン・マン」を基点に百花繚乱となったアメリカン・フォーク・ロック・シーンに浮かんでは消えて入ったフォーク・ロック・バンドをご紹介いたします。



BOLD

試聴 Click!

グレイトフル・デッド『アメリカン・ビューティー』が好きで、バーズが好き?そしたら、このマイナーなグループ、絶対気に入っちゃいますよ〜。

SHILOH

試聴 Click!

ドン・ヘンリーがイーグルス以前に在籍していたバンドによる69年唯一作。イーグルスへと通じる叙情性とともに、無骨なルーツ・フレイヴァーがたまらないグッとくる佳曲ぞろいで、ルーツ・ロックのファンは必聴ですよ〜。

STILLROCK

試聴 Click!

バングラデシュ・コンサートにも参加したG/Voのドン・プレストン在籍のグループによる、まるでホリーズが南部で録音したようなマジカルアーシーなフォークロック快作!Proはドン・ニックス!

ROHRBACKER HENDREN & KINGEN

試聴 Click!

な、な、なんだ、この曲の良さ、ヴォーカルのピュアさ、そして、リードギターの歌心!自主制作ながら驚くべきクオリティのオレゴン産フォーク・ロックで、バーズや英ヘロンのファンはたまらないはず☆

BEARFOOT

試聴 Click!

リック・ダンコの弟が在籍しているカナダのフォーク・ロック・バンド、73年デビュー作。このオープニング・ナンバーを聴いて泣きそうにならないルーツ・ロックのファンは居ないと断言!2曲目以降もあまりの良さに思わず笑みがこぼれる佳曲ぞろいで凄い名盤!

SILVER LAUGHTER

試聴 Click!

米アイオワ出身のドマイナーなバンドですが、バーズやラズベリーズのファンはきっとグッときちゃうだろうし、英ニッチ・ポップのファンにも激レコメンド!

MORNING

試聴 Click!

プロデューサーとしても後に活躍するギターのJay Lewisを中心とするバンドの72年作。アーニー・グレアムやイアン・マシューズやヘロンが好きなら、このアメリカのフォーキー・ロック・バンドはグッときちゃうはず。マイナーだけど、柔らかな美メロいっぱい。

TWO FRIENDS

試聴 Click!

モータウン傘下のレーベルから、こんなにも美麗なCSN&Y的フォーク・ロックがリリースされていたとは。72年の唯一作。

PEOPLE

試聴 Click!

60年代末のカリフォルニアの空気をたっぷり吸い込んだアンサンブルは、サイケ・ポップあり、ガレージ・サイケあり、カントリー・ロックあり、ブルース・ロックありのレイト60s見本市というべき万華鏡っぷり。マイナーながら、きらめくメロディとハーモニーが光る佳曲ぞろい!

Facebookコメント

在庫一覧

  • BEARFOOT / BEARFOOT

    リック・ダンコの弟が在籍しているカナダのルーラル・ロックの73年デビュー作なんですが、マイナーながらあまりの名盤ぷりにびっくり!

    リック・ダンコの弟、テリー・ダンコが在籍していたカナダのルーラル・ロック・グループ、73年のデビュー作。オープニング・ナンバーから必殺!木漏れ日に包まれながら軽快に駆け抜けつつも憂いたっぷりのアコギとピアノのバッキング、ハイ・ポジションでよく動くテリー・ダンコによるメロディアスなベース、後ノリのタイトなドラム、郷愁を誘う黄昏色のオルガン。そしてそして、カナダらしくたゆたうような透明感のあるジェントルなヴォーカルとウェストコースト・ロックにも通じる爽やかなコーラス。男性ヴォーカルながら、ちょっぴりキャロル・キングを思い出す洗練された流麗なメロディ。この曲を聴いて泣きそうにならないルーツ・ロック・ファンは居ないと断言!開始5秒で心奪われ、最後まで引き込まれる圧倒的な名曲!2曲目はザ・バンド直系のゴキゲンかつ陰影たっぷりのルーラル・ロックでたまらないし、ディランの「I Want You」を彷彿させる弾むようなフォーク・ロック・アンサンブルにエミット・ローズもびっくりのような美しくキャッチーなメロディが乗っちゃう3曲目もあまりの良さに笑みがとまらない佳曲だし、おいおい、この作品凄すぎるぞ!4曲目以降も最高で、米フォーク・ロック/スワンプ・ロック/SSWのファンはもちろん、ビートリッシュなニッチ・ポップのファンもだし、ヘロンなど木漏れ日英フォーク・ロックのファンも本当にオススメの大名盤!

  • BOLD / BOLD

    ボストン出身のフォーク・ロック・グループ、69年作、このグループは良いです、かなりオススメ!

    ボストン出身のフォーク・ロック・グループ、69年作。2曲目でいきなりバーズでも知られるディラン作の「All I Really Want To Do」をカバーしてますが、これが素晴らしい出来映え!個人的には、バーズ・バージョンより良いかも!ゆる〜くルーラルな雰囲気がたまりません。デッドの名作『American Beauty』に通じる心に響くギター・アルペジオも印象的。ギタリストが2人居ますが、他の曲でもこのコンビネーションが素晴らしく、アルペジオの美しい絡みあいに、バッファロー・スプリングスフィールドばりに元気いっぱいなリズム・ギターを応酬したり、かなりグッときます。4人のメンバーが曲が書けるため、フォーク・ロックだけでなく、繊細なアコギと優美なストリングスによる端正な楽曲もあったり、幅の広さも特筆もの。レビューを書きながらワクワクしてしまいました。これは素晴らしいグループ!ポップなフォーク・ロックのファンは是非、聴いてみてください。

  • ROHRBACKER HENDREN & KINGEN / ROHRBACKER HENDREN & KINGEN

    自主制作ながらこれはメロディアスなフォーク・ロックのファンは必聴!驚くべきメロディとハーモニーの素晴らしさ!

    オレゴンのクリスチャン・フォーク・ロック・トリオ、75年に自主制作された唯一作。な、な、なんだ、この曲の良さ、ヴォーカルのピュアさ、そして、リードギターの歌心!オープニング曲を聴いて、英国の初期フェアポート・コンヴェンションやソロでお馴染みのイアン・マシューズを思い出しました。ハーモニーを付けるジェントルで憂いたっぷりのヴォーカルも最高だし、バーズやグレイトフル・デッド直系のギターのアルペジオも素晴らしいなぁ。コーラスも良くて、S&GやCSN&Yの域に達してます。このピュアな歌心とハーモニーと哀愁は、ヘロンのファンにも是非オススメしたい!これは掘り出し物ですよ〜。オススメ!

  • SHILOH / SHILOH

    若きドン・ヘンリー在籍のカントリー・ロック・バンド、哀愁と郷愁いっぱいの佳曲ぞろいの69年唯一作

    ドン・ヘンリーがイーグルス以前に在籍していたことでも知られるテキサス出身のカントリー・ロック・バンド。69年の唯一作。ドン・ヘンリー以外のメンバーも豪華で、後にフライング・ブリトー・ブラザーズなどで活躍するペダル・スティールの名手アル・パーキンス、セッション・マンとして活躍するベースのマイケル・バウデン、プロデューサーとして名を成すジム・エド・ノーマンといった面々。さすがのタイトなリズム、カントリーの軽やかさとスワンピーな土臭さとが絶妙にあわさった哀愁溢れるアンサンブル、そして、郷愁を誘うメロディと憂いいっぱいのヴォーカル&ハーモニー。イーグルスへと通じる叙情性とともに、無骨なルーツ・フレイヴァーがたまらないグッとくる佳曲ぞろい。これはルーツ・ロックのファンはマスト!

  • SILVER LAUGHTER / SAILING ON FANTASIES

    米アイオワ出身のフォーク・ロック&パワー・ポップ・バンド、フックに富んだメロディ&ハーモニーが素晴らしい78年2nd

    米中西部はアイオワ州のダベンポートで69年末に結成されたフォーク・ロック・バンド。76年のデビュー作に続く78年作2nd。オープニング・ナンバーから、ラズベリーズやトッド・ラングレンあたりを彷彿させる胸キュンなメロディと爽やかなハーモニー(後追いコーラスにグッとくる!)が最高!ラストもビートルズへのオマージュたっぷりで良い感じ!エッジの立ったパワー・ポップな2曲目も良いし、リズムは凝ってるけど弾けんばかりにポップな3曲目なんかトッド・ラングレンのファンは「おっ」となるはずだし、前作にも増してメロディに磨きがかかった佳曲ぞろい。ラズベリーズが好きなら、間違いなく愛聴盤になるでしょう!マイナーなバンドですが、オススメの好バンドです。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!