プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

英フォーク3美神やヴァシュティ・ブニヤンが好き?米フィメール・フォーク・セレクション

KATHY McCORD

試聴 Click!

女性版ニック・ドレイクと言いたくなるような深遠な佇まいのヴォーカルは、本当に17才!?

HEAVEN & EARTH

試聴 Click!

これをはじめて聴いたとき、米フォークの奥深さに触れた気がして震えました。とにかく女性ヴォーカル2人のハーモニーのミスティックで美しいこと。聴いてください。

TIA BLAKE

試聴 Click!

Vashti Bunyanの素朴さと無垢さに、Bridget St.Johnの凛とした透明感をブレンドしたようなヴォーカルのなんと素晴らしいこと!米女性SSWがパリで録音した作品だって!?

THESE TRAILS

試聴 Click!

な、なんとハワイはホノルル出身!? これが英フォークのプライヴェート・プレスだったら、とんでもない人気作になっていたはず!

NAOMI LEWIS

試聴 Click!

清楚な女性SSWが好き?川のせせらぎのような木漏れ日フィメール・フォークだなぁ、これ。この米女性SSW、チューダー・ロッジあたりの英フォークのファンも気に入っちゃうだろうな。

SANDSTONE

試聴 Click!

こ、これ、アメリカのフォークなの? まるでブリティッシュじゃない!バーバラ・ガスキンやジュディ・ダイブルを彷彿させる女性ヴォーカルにはびっくりですよ。

HENDRICKSON ROAD HOUSE

試聴 Click!

ファズ・ギターが渦巻いているのに、女性Voはかまわずソフト・サイケ調。なかなかありそうでないカリフォルニアだからこそ鳴らされるサイケ/アシッド・フォーク!

SEVENTH DAWN

試聴 Click!

ヴァシュティ・ブニヤンをより神秘的にしたような麗しのヴォーカルだって!? この質感、アメリカというより英フォークに近いですね。

J.JASMINE

試聴 Click!

1977年の作品。スティーヴ・ライヒと民族音楽、そして古き良きサロン・ミュージックが空中融和したかのような、エクスペリメンタル・ポップの奇跡的傑作。

Facebookコメント

在庫一覧

  • J.JASMINE / MY NEW MUSIC

    米電子音楽家プロデュースによる、異色の30年代サロン音楽風、フィメール・ミクストメディア・アーティスト、個性豊かな77年作…!

    米フィメール・ミクストメディア・アーティスト/エクスペリメンタル・ヴォーカル・ポップの決定盤…!彼女が自身のレーベルからリリースした、30年代サロン音楽の流儀を借用した、洒脱で幻のような音像が印象的な77年作…!ピアノと演劇がかったヴォーカル、キーボード、バック・コーラスの中で展開されるオールド・タイミーな楽曲群は、一見イージー・リスニングなリラックス感覚を感じさせますが、よくよく聴いてみると、謎のリズム・ボックス?の導入等、何処かにいびつな歪みを現出させる実験感覚を偲ばせています。プロデューサーには、バイオ・フィードバック・ミュージック「脳波の音楽」で知られる米電子音楽家、David Rosenboom。同じく米実験音楽の巨匠、Robert Ashleyの作品にJacqueline Humbert名義での参加がある彼女ならではの、幻想的な実験オールド・タイミー・ミュージック!

  • SANDSTONE / CAN YOU MEND A SILVER THREAD ?

    71年のプライヴェート・プレスの檄レア・フォーク盤、こ、これは、アメリカというよりブリティッシュ!

    71年作、米プライヴェート・プレスの激レア・フォーク盤。まずバーバラ・ガスキンやジュディ・ダイブルを彷彿させる陰影のある女性ヴォーカルにびっくり。気品漂うストリングスやハープシコードの調べと霧がかったフルートが描く幻想的な音世界は、アメリカというよりまるでブリティッシュ。英フォークの発掘盤と言われれば誰もが信じてしまうでしょう。英フォーク三美神やトレイダー・ホーンあたりのファンは驚きの一枚であること間違いなし!

  • THESE TRAILS / THESE TRAILS

    ハワイはホノルル出身のグループが73年にリリースしたアシッド・フォークの名盤

    ハワイはホノルル出身のグループ、73年のアシッド・フォーク名盤。いきなり左右チャンネルに録音されたリコーダーが鳥のさえずりのようにのどかに響き、その間をミスティックな女性ヴォーカルがたゆたう。これぞアシッド・フォークと言える完璧なオープニング!2曲目も「エア・エア〜」と歌われるハワイらしいユラユラとしたメロディと、陽光にゆらめくような男女コーラスがたまりません。3曲目以降もストリングスが入った神秘的な曲など、メロディ&アレンジともにただならぬ雰囲気をまとった佳曲ぞろい。アシッド・フォークのファンはもちろん、ミスティックな男女ヴォーカルは、メロウ・キャンドルやチューダー・ロッジなど英フォークのファンにもオススメ。これが英フォークのプライヴェート・プレスだったら、とんでもない人気作になっていたはず!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!