プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ドラマティック・シンフォ&ハードの秘境、ハンガリーへようこそ

ハンガリー・プログレの特徴を3つ上げるとすれば、東欧ならではの異国情緒に溢れた叙情的なメロディ、ジプシー音楽に根ざした変拍子バリバリのテクニック、ひんやりとしたトーンの透明感あるシンセサイザーによるシンフォニックな味付け、になるでしょう。そんなハンガリー・プログレの特徴が感じられる作品をここにセレクト。大きく、シンフォニックな作品とハード・ロックな作品に分けられますが、どちらも70年代英国プログレからの影響を軸に独自の発展を遂げた、これぞ辺境プログレ!という何ともくすんだ雰囲気を持つサウンドを聴かせてくれます。ユーロ・ロックの秘境地帯と言えるハンガリーのプログレ!どうぞ、ご堪能ください。

SOLARIS

試聴 Click!

84年作の1stより。荘厳なシンセ、格調高いピアノ、たおやかなフルート、スリリングな泣きのギターを中心に、1音1音が有機的に結びついたダイナミックなアンサンブル。叙情性と緊張感が調和した圧倒的な構築美、これぞシンフォニック・ロックの一大傑作。

OMEGA

試聴 Click!

73年作の代表作となった5thアルバムより。ハードなパートでの重厚なオーケストラ、メロディアスなパートでのクラシカルなストリングスともに特筆もの。楽曲の振幅がグッと増しています。東欧プログレを代表する傑作。

EAST

試聴 Click!

82年作の2ndより。陰鬱な美しさを湛えた叙情性は間違いなく日本人好み!透明感溢れるシンセサイザー、エッジの効いたギターを中心とする洗練されたバンド・アンサンブルに被さる荘厳なオーケストレーション。爽快です!

COLOR

試聴 Click!

78年作1st。アコースティック・ギターとピアノによるリリカルなパートを巧みに配したドラマティックな構成美。胸を打つセンチメンタルなヴォーカルと詩情豊かなメロディ。溢れ出すソリーナとストリングスによるクラシカルな叙情美。

PIRAMIS

試聴 Click!

77年作の1stより。ジャズのエッセンスを感じさせるエレピからシンフォニックなシンセまで幅の広いキーボード。土台を築くギター&リズム隊は思いのほかゴリゴリとタイト&ハード。この雑食サウンドこそハンガリー・プログレの醍醐味。

LOCOMOTIV GT

試聴 Click!

元OMEGAのKey奏者、Presser Gaborによるグループ、72年作の2ndより。緩急自在にアグレッシヴに畳みかけるナンバー。変則的なリズムのギター、クラシカルなピアノなどによる、起伏に富んだせわしない展開は聴き応え充分。

AFTER CRYING

試聴 Click!

94年の3rdより。Keith Emersonが乗り移ったかのような躍動感溢れるアグレッシヴなピアノを中心とするテンション溢れるシンフォ・プログレ。複雑な変拍子を軽々とこなすシャープなドラムなど、他メンバーの力量も半端ではありません。

AFTER CRYING

試聴 Click!

96年の6thより。室内楽的な管弦楽器や壮大なオーケストラはそのままに、クリムゾンばりの凶暴性や現代的なヘヴィネスを加えた圧倒的なダイナミズムを聴かせます。鋭利な攻撃性とオーケストラの瑞々しさが共存したサウンドは、唯一無二!

RUMBLIN\' ORCHESTRA

試聴 Click!

00年作の2ndより。表情豊かに全編で引き倒しているキーボードを中心に、瑞々しく躍動する管弦楽器、爽快なコーラス隊が織りなすアンサンブルはスケールが大きくダイナミックなもの。止めどなく溢れ出る叙情的なフレーズの数々には圧倒されます。

YESTERDAYS

試聴 Click!

07年のデビュー作より。たおやかなアコギをバックにフルートがリリカルに舞い、溢れんばかりにメロトロンが鳴らされる!極めつけは、美声の女性ヴォーカル!ファンタスティックなシンフォニック・ロックとして一級品の傑作。

FUGATO ORCHESTRA

試聴 Click!

管弦楽器奏者を含む大所帯グループ、2010年作2ndより。「動」と「静」の対比が鮮やかな『鮮烈』なシンフォニック・ロック!クラシック、民族音楽を中心に、ロックのダイナミズムを加えた、西洋音楽史を総括したような壮大な作品。

KORMORAN

試聴 Click!

08年作より。シンフォニックなキーボードを軸に、優美なリコーダーやフルート、哀愁溢れるヴァイオリンが舞い上がるパートは言葉を失う美しさ。そこにクラシカルなタッチのギターがダイナミズムを注ぎます。ノスタルジックかつ鮮烈!

HUMBLE GRUMBLE

試聴 Click!

96年結成のハンガリー産ジャズ/チェンバーロックグループ。11年作。多国籍構成のメンバーが奏でる異国情緒に溢れた叙情的な旋律と、カンタベリー影響下のしなやかなテクニカルさ、そしてチェンバー/レコメン影響下のユーモアが鮮やかに融和した大傑作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • AFTER CRYING / FOLD ES EG

    ハンガリーのシンフォニック・ロック・グループ、94年作

    直輸入盤のため、ジャケットに若干ツメ跡等ある場合があります。ご了承ください。

    東欧を代表するハンガリーのプログレ・グループ。94年の3rd。室内楽的な1st&2ndとは異なり、本作で聴けるのは、キース・エマーソンが乗り移ったかのような躍動感溢れるアグレッシヴなピアノを中心とするテンション溢れるシンフォ・プログレ。複雑な変拍子を軽々とこなすシャープなドラムなど、他メンバーの力量も半端ではありません。1stからの持ち味であるクラシカルな優美さも相変わらずで、格調高くリリカルなアコギや管弦楽器もたいへん魅力的。全ての音に息吹きが感じられる圧巻の構築美。凄まじいテクニックと豊かな音楽性を誇る圧巻の名作です。

  • AFTER CRYING / 6

    東欧を代表するハンガリーのプログレ・グループ、96年リリース、90年代シンフォを代表する傑作!

    直輸入盤のため、ジャケットに若干ツメ跡等ある場合があります。ご了承ください。

    東欧を代表するハンガリーのプログレ・グループ。96年の6th。室内楽的な管弦楽器や壮大なオーケストラはそのままに、クリムゾンばりの凶暴性や現代的なヘヴィネスを加えた圧倒的なダイナミズムを聴かせる作品。鋭利な攻撃性とオーケストラの瑞々しさが、これほど違和感無く共存したサウンドは、他に聴いたことがありません。90年代以降の数あるシンフォニック・ロックの名作の中でも、群を抜く傑作。AFTER CRYING恐るべし!

  • COLOR / COLOR

    78年リリース、驚くほど完成度の高いドラマティックなハンガリー・プログレ、名作!オススメ!

    ハンガリーのプログレ・グループ、78年作1st。シャープかつふくよかなリズム隊、タメの効いたハード&メロウなギター、東欧的なメランコリックなキーボードを中心に、弦楽器が彩るスタイルの東欧プログレ。アコースティック・ギターとピアノによるリリカルなパートを巧みに配したドラマティックな構成美。胸を打つセンチメンタルなヴォーカルと詩情豊かなメロディ。ここぞで溢れ出すソリーナとストリングスによるクラシカルな叙情美。ほぼ無名のグループですが、びっくりするほどの完成度。抜群の音楽性を誇る名作。ドラマティックなプログレのファンにはかなりオススメ!

  • EAST / HUSEG

    ハンガリーを代表するシンフォ・グループ、82年2nd

    ハンガリー出身、82年作の2nd。基本的には1stと同傾向のシンフォニック・ロックですが、アンサンブルは洗練され、スケール感が増した印象。辺境的な奥ゆかしさでは1stですが、ワールド・ワイドなシンフォニック・ロックとしての完成度では本作でしょう。陰鬱な美しさを湛えた叙情性は間違いなく日本人好み。名作です。

  • FUGATO ORCHESTRA / NOE (NOAH)

    ハンガリー、管弦楽器が鮮やかに舞う壮大なシンフォニック・ロック!2010年作

    82年にブダペストで生まれ、6歳から本格的なクラシックの教育を受けたBalazs Alparを中心に、多数の管弦楽器奏者を含む編成で結成されたハンガリーの大所帯グループ。04年作に続く2010年作2nd。ひとことで言って『鮮烈』なシンフォニック・ロック!とにかく「動」と「静」の対比が鮮やか。「動」のパートでは、シャープでダイナミックなリズム隊、早いパッセージのヴァイオリンが躍動し、「静」のパートでは、格調高くクラシカルなピアノ、リコーダーやフルートなど管楽器が舞い上がります。クラシック、民族音楽を中心に、ロックのダイナミズムを加えた、西洋音楽史を総括したような壮大な作品。エレクトリック・ギターやキーボードがないのに、これほどまでにロック的なダイナミズムを出せるんですね。傑作です。

  • HUMBLE GRUMBLE / FLANDERS FIELDS

    ベルギーを拠点に活動する多国籍ジャズ・ロック・グループ、2011年発表の傑作

    96年に結成されたベルギーのジャズ・ロック/チェンバー・ロック・グループ。2011年作。ベルギー/ハンガリー/フィンランド/チリといった多国籍構成のメンバーが奏でる異国情緒に溢れた叙情的な旋律と、カンタベリー影響下/エストニアの新鋭PHLOXらに通じるしなやかなテクニカルさ、そしてチェンバー・ロック影響下のユーモアが鮮やかに融和した傑作。冒頭曲から特筆もの。これぞ東欧というエスニックで叙情的なテーマ、シュールなクラリネットと艶やかなアルトサックスが響き合うドラマティックで人懐っこいブラス・アンサンブル、ロック的ダイナミズムを注入するハードなギターとダイナミックなドラム、そして程良くアヴァンギャルドで華麗に転調してゆくユニークな曲構成に、思わず引き込まれてしまう名曲です。以降も男女混声のエレクトリック・フォークや、ヴァイオリンやマリンバをフィーチャーしたレコメン系チェンバー・ロック等、先人たちの遺伝子と各々が育んできた音楽的素養を遺憾なく発揮した機知に富んだ楽曲の数々。全プログレ・リスナーに推薦の、東欧期待の新鋭です。

  • KORMORAN / GASPAR ALMOS BALVANYOSVAR LEGENDAJA

    ハンガリーのベテラングループ、ノスタルジックかつ鮮烈、ドラマティックなシンフォニック・ロックの傑作!

    70年代から活躍するハンガリーを代表するプログレ・グループ、08年作。シンフォニックなキーボードを軸に、優美なリコーダーやフルート、哀愁溢れるヴァイオリンが舞い上がるパートは言葉を失う美しさ。そこにクラシカルなタッチのメタリックなギターがダイナミズムを注ぎます。アコースティックな管弦楽器とメタリックなギターが全く違和感なく同時に鳴らされ、鮮やかでドラマティックなアンサンブルで聴き手を終始圧倒。すべての音に力がみなぎっています。演奏の振幅がもの凄いです。ノスタルジックかつ鮮烈!シンフォニック・ロックの傑作です。

  • LOCOMOTIV GT / RINGASD EL MAGAD

    ハンガリーのグループ、せわしない展開のテンション溢れるプログレ・ハード、72年作

    元OMEGAのKey奏者、Presser Gaborによるグループ。72年作の2nd。1stに比べ、だいぶプログレ度が増しています。緩急自在にアグレッシヴに畳みかける1曲目のダイナミズムがとにかく凄いです。変則的なリズムのスリリングなギター、クラシカルなピアノ、ダークなオルガンなどによる、起伏に富んだせわしない展開は聴き応え充分。

  • OMEGA / SZVIT

    ハンガリー出身、東欧を代表するプログレ・グループ、73年の代表作

    ハンガリー出身、東欧を代表するプログレ・グループ。73年作の代表作となった5thアルバム。オーケストラが導入され、スピーディーかつ分厚いドラマティックなアンサンブルにさらに磨きがかかりました。ハードなパートでの重厚なオーケストラ、メロディアスなパートでのクラシカルなストリングスともに特筆もの。楽曲の振幅がグッと増しています。東欧プログレを代表する傑作。

  • PIRAMIS / 1

    ハンガリーを代表するプログレ・ハード・グループ、77年作の名作

    ハンガリーのプログレ・ハード・グループ。77年作の1st。ジャズのエッセンスを感じさせるエレピからシンフォニックなシンセまで幅の広いキーボードを中心とするプログレ・ハード。土台を築くギター&リズム隊は思いのほかゴリゴリとタイト&ハード。その雑食な感じがこの作品の魅力であり、これぞ辺境プログレの醍醐味。ハード・エッジなパートから、突然、ひんやりともの悲しいトーンのシンセによるシンフォニックなパートへと切り替わったり、振幅の激しさは聴いていてワクワクします。センチメンタルなヴォーカルも聴き所。好作品です。

  • RUMBLIN' ORCHESTRA / KING'S NEW GARMENT

    ハンガリー、圧倒的なスケールを誇るシンフォニック・ロックの一大傑作、00年リリース

    Key奏者のBela Ellaを中心に、そのファミリーの管弦楽器奏者で結成されたハンガリーのグループ。00年作の2nd。表情豊かに全編で弾き倒しているキーボードを中心に、瑞々しく躍動する管弦楽器、爽快なコーラス隊が織りなすアンサンブルは前作以上にロック度を増しており、ダイナミックな曲展開とスケール感はRick Wakemanの諸作品を彷彿とさせる他、コミカルなフレーズも挿入、朗らかなエンターテインメント性にはNICEにも通じる魅力があります。時折目の覚めるような速弾きフレーズを繰り出すギターもポイント。止めどなく溢れ出る叙情的なフレーズの数々には圧倒されます。前作をさらにスケールアップしたような一大シンフォニー。文句なしの傑作。

  • SOLARIS / MARSBELI KRONIKAK (MARTIAN CHRONICLES)

    圧倒的な構築美、東欧シンフォニック・ロックの一大傑作、84年作

    ハンガリーを代表するプログレッシヴ・ロック・グループ。84年作の1st。クラシカルで荘厳なシンセ、格調高いピアノ、たおやかなフルート、スリリングな泣きのギターを中心に、1音1音が有機的に結びついたダイナミックなアンサンブルは雰囲気抜群。叙情性と緊張感が見事に調和した圧倒的な構築美。シンフォニック・ロックの一大傑作。

  • YESTERDAYS / HOLDFENYKERT

    ハンガリー、メロトロンとフルートをこれでもかとフィーチャーした必殺シンフォニック・ロック!06年作

    ハンガリーのグループ。06年のデビュー作。たおやかなアコギをバックにフルートがリリカルに舞い、溢れんばかりにメロトロンが鳴らされる!極めつけは、流れるように美しいメロディとスッと入ってくる美声の女性ヴォーカル!全体的に柔らかな音像でハードさは無いものの、タイトなリズム隊のせいか、演奏はダイナミズムに溢れています。全員がテクニック抜群ですが、特にアコギ奏者はかなりの腕前で、格調高くリリカルなリードは必聴。ファンタスティックなシンフォニック・ロックとして一級品の傑作。本当に素晴らしいです。

    • SCR1010SEACREST OY

      新装ジャケット&オリジナル・オーディオでの2014年新規リイシュー盤。バンドサイトでは、MUSEA盤と異なる06年にハンガリーでリリースされた音源で、LPのようなアナログのフィーリングを最大限に活かし、アコースティックやメロトロンが魅力的に響くようにミックスされているそうです

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!