プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

世界の女性ヴォーカル/SSW大特集!

冬めく青空のようにクリアな歌声、甘酸っぱい気持ちになるアンニュイな歌声、透徹とした神秘的な歌声など、麗しの女性ヴォーカル/SSSWを特集いたしましょう。

まずは、トップ・バッターは、アメリカのLAURA NYROから!

【冬めく青空のようにクリアな歌声編】

LAURA NYRO / ELI AND THE THIRTEENTH CONFESSION

R&Bやソウルのコクとジョニ・ミッチェルばりの色彩感覚を持つ天性の歌声。そして、自由自在に転調やテンポ・チェンジを繰り返すソングライティング。ただ一言、孤高。米女性SSW屈指の傑作ですね。

試聴 Click!

LAURIE STYVERS / COLORADO KID

米国出身で、英国に渡りフォーク・ロック・バンドJUSTINEに参加した女性SSWの73年作ソロなんですが、ジョニ・ミッチェルとカレン・カーペンターをブレンドしたような、瑞々しさと優美さのバランスが絶妙!

試聴 Click!

JULIE COVINGTON / BEAUTIFUL CHANGES

ジャケのポートレイト写真はちょっとおとぼけですが、純粋無垢な歌声はびっくりの素晴らしさ。透明感があって伸びやかなハイ・トーンは胸に迫るなぁ。アビー・ロード・スタジオ録音で、音も英ポップ・ファンにとってジャスト!

試聴 Click!

DORIS ABRAHAMS / LABOR OF LOVE

山下達郎率いるシュガーベイブばりのウキウキ感いっぱいだったり、荒井由美「ルージュの伝言」ばりにご機嫌だったり、この米女性SSW、マイナーだけどすごい名盤っ!

試聴 Click!

MOTHER HEN / MOTHER HEN

グラム・パーソンズの曲を矢野顕子が歌ったら? クラレンス・ホワイトやダニー・クーチなど熟練ミュージシャンのサポートも注目ですね。

試聴 Click!

RACHAEL YAMAGATA / ELEPHANTS: TEETH SINKING INTO HEART

ブリジット・セント・ジョンの陰影とローラ・ニーロの自由奔放さとが同居したようなスタイルは孤高。日系人の父とイタリア人の母から生まれ、ニューヨークで育った00年代女性SSW、2008年作2nd。この声には聴き手の時間が止まります。

試聴 Click!

【アンニュイな歌声編】

MARGO GURYAN / TAKE A PICTURE

ビル・エヴァンスにも師事していたジャズ・ピアニストが『ペット・サウンズ』に衝撃を受け、ポップSSWに転身。この68年作、ジョニ・ミッチェルばりの感性を、ママパパのピースフルさで包み込んだ、と言えば伝わるでしょうか。マジカル!

試聴 Click!

PAIGE CLAIRE / PAIGE CLAIRE

ウィスパーまじりでそんなにキュートに歌っちゃうの反則っ!終始うっとりしっぱなしのサンシャイン・ソフト・ポップ名作ですね。

試聴 Click!

EVIE SANDS / ANY WAY THAT YOU WANT ME

自らが歌うよりも、いつもカヴァーされたヴァージョンのほうがヒットしてしまう…。そんな不運のアメリカン女性SSWの才能が、ようやく実を結んだ69年作をご紹介。A&M的ソフトロックとサイケデリックなスタジオ実験、そして何より、曲がいいんです!

試聴 Click!

【神秘的かつ透徹とした歌声編】

TURID / I RETUR

透明感溢れる歌声は天上の美しさ、北欧フォーク屈指の傑作!北欧フォーク界のプリンセス!Annie HaslamとVashti Bunyanを足して2で割ったと言っても過言ではない本当に素晴らしい歌声です。

試聴 Click!

SANGER OM KVINNOR / SANGER OM KVINNOR

お次もスウェーデンから。

パブ・ロック・バンドをバックに従えたヴァシュティ・ブニヤンって感じ!? アシッド・フォークのファンは是非!

試聴 Click!

LINDA PERHACS / PARALLELOGRAMS

ヴァシュティ・ブニヤンに通じる透明感 + メロウ・キャンドルに通じるミスティックさ = カリフォルニアの?

試聴 Click!

HEAVEN & EARTH / REFUGE

これをはじめて聴いたとき、米フォークの奥深さに触れた気がして震えました。とにかく女性ヴォーカル2人のハーモニーのミスティックで美しいこと。聴いてください。

試聴 Click!

SWORDEDGE / SWORDEDGE

これ、本当にライヴで手売りされてただけの自主制作盤なの!?英フォーク3美神に匹敵すると言っても過言ではない気品・・・。女性ヴォーカルの美声も必殺ですし。

試聴 Click!

OPEN ROAD / STAINED GLASS

英フィメール・フォークのファンは涙すること間違いなし。ハイ・トーンのクリアで美しいこと。美しいジャケットの世界そのままの英フォーク秘宝。

試聴 Click!

YOON YOUN SUN / WING OF PEACE

隣国である日本人にこそ、是非とも聴いて頂きたい、韓国女性SSWによるアシッド・フォーク傑作!アジアの場末酒場感 meets ソフト・ロックの洗練!?これは素晴らしい!

試聴 Click!

EMILY / EMILY

16歳のアメリカ人少女がなぜかフランスで録音しリリースしたサイケ・フォーク作なんですが、これが、あどけなさの中にも凛とした芯もあって、曲は気品すらあるし、恐るべし少女・・・。

試聴 Click!

CHIMERA / CHIMERA

ニック・メイスンがプロデュースで、リック・ライトが参加していて、メロウ・キャンドルを彷彿させる女性ヴォーカル英フォークだって!?

試聴 Click!

JANCIS HARVEY / TIME WAS NOW

幻の英フィーメール・シンガー。

もの悲しい「ライライ・ラライ・ラーイ」が胸に響くなぁ。マイナーだけど、言葉を失わせる英女性フォーキーSSW。

試聴 Click!

BARBARA DICKSON / DO RIGHT WOMAN and FROM THE BEGGAR’S MANTLE

何処までもしっとりとした柔らかく瑞々しいヴォーカルが、心を和ます、現役のスコティッシュ・フィメール・フォークの歌姫。トラッド・フォークの名手、NIC JONESも参加したり、フィドルの音色も効果的な味わい深い作品。

試聴 Click!

【男女ヴォーカル編】

EPHRAIM & ASTAR SHAMIR / EPHRAIM & ASTAR SHAMIR

ニッチ・ポップ好き?木漏れ日フォーク・ロックが好き?でしたら、このイスラエルのフォーキー夫婦デュオがオススメ!TUDOR LODGEなどの英フォーク・ファンにも気に入っていただけるはず☆

試聴 Click!

TEE & CARA / AS THEY ARE

昼下がりのティータイムにぴったりの男女フォーク・デュオをご紹介!管弦楽器による洗練と長閑さが絶妙にバランスしたイマジナティヴなサウンド、たまらないなぁ。

試聴 Click!

JON & JODI / TWO SIDES OF JON & JODI

サイケフォーク・ファンに愛される男女フォーク・デュオですが、ミスティックで気品ある女性ヴォーカルは、英フォーク三美神のファン、特にメロウ・キャンドルのファンはグッときちゃうだろうなぁ。

試聴 Click!

DAVE & TONI ARTHUR / MORNING STANDS ON TIPTOE

イギリスのトラッド・フォーク夫婦デュオ。すべてトラッド・ソングを2人がアレンジしたもので、無伴奏シンキングを基本にした凛と重く力強いサウンドが特徴。それにしても2人の歌だけ、とは思えない厳かさです。

試聴 Click!

MONTE DUNN & KAREN CRUZ / MONTE DUNN AND KAREN CRUZ

フレッド・ニールやティム・ハーディンなどの作品に参加したセッション・ギタリストによる夫婦デュオ。

ジョニ・ミッチェルの透明感に、英フィメール・フォークの翳りを加えたようなヴォーカル? アーティスティックなジャケ通りのサウンドですね。

試聴 Click!

関連カテゴリー

麗しの世界の女性ヴォーカル/SSW特集

  • LAURA NYRO / ELI AND THE THIRTEENTH CONFESSION

    ソウル/ゴスペルの素養を窺わせるドラマチックな歌唱が持ち味の米女性SSW/ピアニスト、68年発表の代表的傑作2nd!

    キャロル・キングやジョニ・ミッチェルとともに60〜70年代のアメリカを代表する女性SSW。68年作の2nd。キャロル・キングに通ずるR&Bやソウルからの影響が色濃い洗練された感覚、そしてジョニ・ミッチェルばりの奔放さや色鮮やかさとを併せ持つスタイルは、ただ一言、孤高。自由自在に転調やテンポ・チェンジを繰り返すソングライティングもまた鮮烈です。68年にこれほどまでに瑞々しくも崇高な作品が生まれていたとは。60年代の米ロック屈指と言える傑作。

  • JANCIS HARVEY / TIME WAS NOW

    英フィメール・フォーク・シンガー、75年作

    幻の英フィーメール・シンガー、75年作の3rdアルバム。前作からオリジナル曲の比重が増え、コンテンポラリーな雰囲気が強まっています。オリジナル曲はどれも素晴らしく、彼女のソングライター、シンガーとしての才が見事に開花。特に叙情性溢れるメロディーが秀逸なタイトルトラックは彼女を代表する名曲。物悲しいヴォーカルに言葉を失います。ジョン・デンヴァーやザ・バンドなどカヴァー曲の出来も素晴らしく、佳曲、名曲の宝庫で、英国「非トラッド」フォークを代表する名作。

  • BARBARA DICKSON / DO RIGHT WOMAN and FROM THE BEGGAR’S MANTLE

    現役のスコティッシュ・フィメール・フォーク、70年作&72年作

    何処までもしっとりとした柔らかく瑞々しいヴォーカルが、心を和ます、現役のスコティッシュ・フィメール・フォーク、70、72年ソロ作の2in1CD!71年作では、RAB NOAKSのTURN A DEAF EARのメロディが印象的。72年作はより英フォーク色強く、英トラッド・フォークの名手、NIC JONESも参加したり、フィドルの音色も効果的な味わい深い作品となっています。英フィメール・トラッド・フォーク愛好家に大推薦!な逸品!

いかがでしたか?

みなさまにとってぴったりの一枚が見つかれば幸いです。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。