プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

トラフィック2ndからスタートする世界のR&B/サイケ・フィーリング溢れるロック探求

雲ひとつない快晴が広がる、ここ寄居町。

寄居町にある鐘撞堂山に登ったら、景色が綺麗だろうなぁ。
1時間弱で山頂に登れるんですが、空気が澄んでいる日には、新宿の高層ビル街やスカイツリーが遠くに見えるんです。

そんな景色を眺めながら、トラフィックの2ndなんか爆音で聴いたら最高だろうなぁ。

というわけで、R&Bフレイヴァーとサイケフィーリングがまじりあう、レイト60s〜70年代初期ならではの世界のロックをピックアップしてまいりましょう。

今週末は山に登るリスナーも多いかもしれませんね。こんな音源を携帯プレイヤーに入れていったら、楽しいこと間違いなし!

まずは、トラフィック2ndのオープニング・ナンバーを聴いて、気分を盛り上げていきましょう。

英国

TRAFFIC/TRAFFIC

試聴 Click!

まずは英国からピックアップしてまいりましょう。

ART/SUPERNATURAL FAIRY TALES

SPOOKY TOOTHの前身グループはご存知? アメリカン・ルーツ・ロックへの憧れとサイケデリックな時代の空気が融合したサウンドは、同時代のTRAFFICやSMALL FACESと同傾向のアプローチ!

試聴 Click!

マイナーなグループもピックアップしましょう。

ソウルフルなヴォーカル、グルーヴィーなオルガン、ブルージー&メロウなギター、もったりとしたリズム、むせび泣くブラス。良いですね~。

JUNCO PARTNERS / JUNCO PARTNERS

試聴 Click!

さぁ、英国を離れ、R&Bの本場、アメリカの作品をピックアップいたしましょう。

アメリカ

LINN COUNTY / FEVER SHOT

69年作の2ndをピックアップ。デビュー作でのサイケデリック色が薄まり、本場ならではの濃厚なブルース・フィーリングが注入され、コクが増しています。

マイナーなグループながら、1stも2ndもかなりオススメです。

試聴 Click!

【関連ジュークボックス】

米ブルース・ロック〜ニッチ&ディープ編

次はユーロを周っていきますよ〜。

まずは北欧!

スウェーデン

TASAVALLAN PRESIDENTTI / TASAVALLAN PRESIDENTTI

北欧を代表するギタリストと言えばJUKKA TOLONEN。彼が60年代に在籍していたグループがこちら。

TRAFFICのファンは必聴といえる作品!

試聴 Click!

なになに、北欧を代表するギタリストだって?俺を忘れてもらっちゃこまるぜ。

DREAM / GET DREAMY

あのテリエ・リピダルが在籍で、ジェフ・ベックばりに尖ったギターを炸裂させてるし、トラフィックや米BS&Tの1stに負けない素晴らしさ!

67年作なので、サイケ色が強いですが、これは凄い作品です。

試聴 Click!

デンマーク

DELTA BLUES BAND / DELTA BLUES BAND

なぜ、このジャケに・・・。ジャケはとぼけ過ぎて酷いけど、音は北欧レイト60sハード屈指の名作!英国で言えば、初期フリートウッド・マック、トラフィックのごとき素晴らしさっ!

試聴 Click!

オランダ

WAVE/WAVE

トラフィック(特にデイヴ・メイスン)やフェアフィールド・パーラーやピンク・フロイドのフォーク・ロックな楽曲あたりが好きなら、このオランダのマイナー盤は掘り出し物間違いなし!

試聴 Click!

オランダからはもう1枚!

FAIRY TALE/ONCE UPON A TIME

スティーヴ・ウィンウッドばりのソウルフルな歌声、キレ味鋭いリズム隊をバックにピアノとオルガンとエッジの立ったギターが疾走するR&B/サイケなアンサンブルに痺れます!

試聴 Click!

ラストはなんと旧ユーゴから!

ユーゴスラビア

TIME / TIME

旧ユーゴにVertigoの名作にも比肩する、陰影に富んだオルガン・プログレがあったとは。トラフィックに通じるR&BフィーリングにVertigo直系のくすんだヘヴィネスを加えたサウンドは本格感ぷんぷん。

試聴 Click!

いかがでしたか?
カケレコはロック探求のワクワク感を合い言葉に、世界のロックをカケハしてまいります。

みなさまにとっての新たな音楽の扉が開けば嬉しいです。

関連カテゴリー

R&B/サイケ・フィーリング濃厚な世界のロック

  • ART / SUPERNATURAL FAIRY TALES

    SPOOKY TOOTHの前身グループ、67年作、アーシーかつサイケデリックな懐深い逸品!

    SPOOKY TOOTHの前身として知られるグループ。67年唯一作。Mike HarrisonによるR&Bが根っこにあるアーシーなヴォーカルは、Steve Winwwodを彷彿とさせる存在感。Luther Grosvenorのブルージーかつスリリングなギター、霧の向こうから音が立ち上がるようなアグレッシヴかつ混沌としたドラム、テープ逆回転などのサイケデリックなエフェクトも印象的。アメリカン・ルーツ・ロックへの憧れとサイケデリックな時代の空気が融合したサウンドは、同時代のTRAFFICやSMALL FACESと同傾向のアプローチ。それほど有名な作品ではありませんが、数ある67年の名作にも引けを取らない逸品。ジャケットにピンと来たら是非!

  • TIME / TIME

    旧ユーゴを代表するオルガン・プログレ名作、72年作

    旧ユーゴで、現クロアチアはザグレブ出身のオルガン・ロック・グループ、72年のデビュー作。トラフィックに通じるR&Bフィーリングに、VERTIGO勢に通じる陰影やハードさを加えたサウンドが持ち味。手数多くタイト&グルーヴィーなドラムと地を這うようにヘヴィなベースによる屈強なリズム隊、くすんだトーンのオルガン、ここぞでファズ・ギターを炸裂させるブルージー&ソリッドなギター、ちょっぴりアクの強い声のソウルフルなヴォーカル。各楽器ともテクニック抜群で、一体感もあり、本格感ぷんぷん。ズシリと重いアンサンブルを軸に、変拍子による細かなキメも織り交ぜた展開も見事。フルートがむせび泣くジャジーでアコースティックなパートなど、表現力も特筆です。これは、素晴らしいグループ!英ロックのファンは必聴と言える名作!

  • TASAVALLAN PRESIDENTTI / TASAVALLAN PRESIDENTTI

    フィンランド、JUKKA TOLONEN率いるグループ、69年デビュー作、北欧サイケ・ブルースの傑作!

    北欧を代表するギタリストJUKKA TOLONEN率いるグループ。69年作の1st。TRAFFICからの影響が感じられるサイケデリックなブルース・ロック。スティーヴ・ウィンウッドにそっくりなブルージーなヴォーカル、デイヴ・メイスンやクラプトンに引けを取らない雄弁なギター、ジャジーにむせび泣くフルート&サックスによるスケールの大きなサウンドは、驚くほどの完成度。60年代後期の英サイケ/ブルース・ロックの名作と比べても全く遜色ない名作。

  • LINN COUNTY / FEVER SHOT

    米国産、渋く濃密なブルース・ロック、69年2nd

    シスコで活動したグループ、69年作の2nd。1stに比べ、サイケデリックなテイストが薄れ、Peter Green’s Fleetwood Macばりのホワイト・ブルースや、粘っこくファンキーなブラス・ロックによる濃密なサウンドが印象的。Stephen Millerも渋い喉を聴かせています。相変わらずレベル高いです。R&Bテイストのブルース・ロック・ファンは聴いて損はない好盤。

  • DREAM / GET DREAMY

    あのテリエ・リピダルが参加していたノルウェー産サイケ・ポップ/アート・ロック、同年代の英米名作に引けを取らない67年の唯一作

    北欧を代表するギタリスト、テリエ・リピダルがVANGUARDSの後に参加したグループ。北欧屈指のサイケ・ポップと評価される67年の唯一作。グルーヴィーなオルガン、ブルース〜ジャズを飲み込んだ表現力豊かなギター、ソウルフルなヴォーカル、渦巻くエコーや逆回転、というスタイルで、トラフィックやプロコル・ハルムに匹敵するアーシーなサイケ・ポップを展開。ジャジーで洗練された管弦楽アレンジも印象的で、アル・クーパーがブラッド・スウェット&ティアーズでやろうとしていたロックとジャズとの融合を先取りしたようなセンスを感じさせます。ゾンビーズ『オデッセイ&オラクル』のような幻想的なハーモニーも特筆。そしてやはり素晴らしいのが、テリエのギター。ファズ・ギターがアグレッシヴに牙をむくフリーキーなフレーズから流麗なタッチのジャジーなフレーズまで、ジェフ・ベックにも引けを取らない先鋭的なギターを聴かせています。67年のノルウェーにこれほどまでにアーティスティックなロック作品が生まれていたとは。英米の同年代のサイケ・ポップ/ロック名作にも負けない傑作。必聴です。

  • DELTA BLUES BAND / DELTA BLUES BAND

    北欧レイト60s屈指の名作と言われるデンマーク産ブルース・ロック作品、69年作

    デンマークのグループ、北欧レイト60s屈指の名作と言われる69年作。ピアノ、オルガンが弾け、ファズ・ギターがブルージー&メロディアスなフレーズを奏でる、R&Bフィーリング豊かでグルーヴィーなブルース/サイケデリック・ロック。英国で言えば、ブルースブレイカーズ、初期フリートウッド・マック、トラフィックあたりを彷彿とさせます。滑らかなテクニックとセンス。完成度高いです。英国ブルース・ロックのファンは是非。

  • WAVE / WAVE

    オランダのバンド、72年唯一作、トラフィック(特にデイヴ・メイスン)が好きならチェック是非!

    オランダ出身、マルチ奏者の2人によるデュオ・グループ。72年の唯一作。ふくよかなリズム隊を土台に、豊かなトーンの端正なアルペジオから高速の単音リードまで卓越したアコースティック・ギターが要となり、クラシックの素養を感じさせるピアノをはじめとするキーボードが気品を添えるアンサンブルが印象的。クラシカルな格調高さとサイケ・ポップ的なキャッチーさとが同居したフックに富んだメロディとジェントルなヴォーカル&ハーモニーも絶品です。テクニック、メロディ・センスともにハイ・レベルで、トラフィック(特にデイヴ・メイスン)やフェアフィールド・パーラーやピンク・フロイドのフォーク・ロックな楽曲あたりが好きなら気にいるでしょう。ポップな楽曲は、キャパビリティ・ブラウンあたりも彷彿。ニッチ・ポップのファンもチェック是非。歌詞は英語です。

  • FAIRY TALE / ONCE UPON A TIME

    トラフィックやプロコル・ハルムを彷彿させるオランダのオルガン・ロック・バンド、69年作

    オランダのサイケ・ポップ/オルガン・ロック・グループ、69年作。オープニング・ナンバーを聴いて驚きました。スティーヴ・ウィンウッドばりのソウルフルな歌声(英語)、キレ味鋭いリズム隊をバックにピアノとオルガンとエッジの立ったギターが疾走するR&B/サイケなアンサンブル。これは1stの頃のトラフィックがビートルズの「ヘイ・ブルドッグ」をカヴァーしたような楽曲にはただただ痺れるばかり。気品ある楽曲は、プロコル・ハルムのファンはたまらないでしょうし、淡いオルガンをフィーチャーした曲はクレシダの1stも思い出しますし、R&B〜サイケを通過して、プログレ&ハード・ロック前夜の69年の空気を刻んだ野心に満ちたサウンドはかなり完成度高いです。音質もクリアでダイナミック。これはオススメです!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。